「政府の長」とは?

関連ニュース

「隠す」「封殺」「ゴリ押し」…安倍政権の低レベルな閣議決定をパターン別に分析すると? - 06月21日(水)06:00 

「低レベル」「もはやコント」と散々言われつつ、それでも乱発される、安倍政権のトホホな閣議決定。 「最も格式が高い内閣の決定」のはずのものが、いつしか首相の方針を正当化し、権威づけするためのツールに成り下がってしまった。 * * * 安倍政権のお粗末な閣議決定にジャーナリストの川村晃司氏が言う。 「安倍政権の閣議決定の数は、歴代の政権に比べても明らかに多い。乱発気味といってもいいほどです。粗製乱造のきっかけとなったのは、2014年7月1日の閣議決定でしょう」 この日、安倍政権はそれまでの憲法解釈を変えて、集団的自衛権の行使容認を閣議決定してしまった。 「集団的自衛権の行使は国会で論議し、憲法を改正してから着手すべきこと。安倍政権はその手続きをすっ飛ばして、一内閣の閣議決定だけで切り抜けてしまった。それからです、閣議決定の乱発に拍車がかかったのは。首相はその成功体験に味を占め、閣議決定さえ出せば、たいていのことは押し通せると増長しているのでしょう」 こうした安倍政権のトホホな閣議決定を眺めると、いくつかのパターンがあることがわかる。 【パターン1 ミス隠蔽型】安倍首相のキャラなのか...more
カテゴリー:

「政府の長」の画像

もっと見る

「政府の長」の動画

Wikipedia

政府の長(せいふのちょう、 )とは、行政府の長であり、しばしば内閣における議長でもある。議院内閣制における政府の長は首相である。大統領制および絶対君主制においては、政府の長はしばしば国家元首と同一であり、それぞれ大統領および君主という。

半大統領制においては、政府の長は国家元首と立法府(議会など)の双方に対して責任を負うことがある。例えば、フランス第五共和制(1958年以降)においては、共和国大統領が首相を任命するが、国民議会において政策を通すことができ、その支持を得られる人物を選ぶ必要があるため、反対勢力が国民議会を(すなわち予算とほとんどの立法を)支配するようになれば、大統領は反対勢力から首相を任命することを事実上強いられる。この場合はコアビタシオン(cohabitation、保革共存)とよばれ、政府が国内政策を支配することになり、大統領はほぼ外交関係に限定されることとなる。

政府の長の役...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる