「政府の長」とは?

関連ニュース

【安倍首相】「改憲議論は義務」 国会での与野党協議促す 野党からの反発も - 02月01日(木)11:31  newsplus

 安倍晋三首相は31日の参院予算委員会で、憲法改正について「国民が(改憲の)権利を実行するために、国会で真摯な議論を深めることが必要であり、私たちにはその義務がある」と述べ、与野党協議を促した。「義務」という強い表現を使って議論を加速させる狙いがあるとみられるが、行政府の長である首相が国会での議論を主導することには野党から反発も出そうだ。  首相は「党利党略や党が割れるからとかではなく、前向きに取り組んで良い案が出ることに期待したい」とも強調。安倍政権下での改憲議論に反対の立憲民主党や、9条改...
»続きを読む
カテゴリー:

「政府の長」の画像

もっと見る

「政府の長」の動画

Wikipedia

政府の長(せいふのちょう、 )とは、行政府の長であり、しばしば内閣における議長でもある。議院内閣制における政府の長は首相である。大統領制および絶対君主制においては、政府の長はしばしば国家元首と同一であり、それぞれ大統領および君主という。

半大統領制においては、政府の長は国家元首と立法府(議会など)の双方に対して責任を負うことがある。例えば、フランス第五共和制(1958年以降)においては、共和国大統領が首相を任命するが、国民議会において政策を通すことができ、その支持を得られる人物を選ぶ必要があるため、反対勢力が国民議会を(すなわち予算とほとんどの立法を)支配するようになれば、大統領は反対勢力から首相を任命することを事実上強いられる。この場合はコアビタシオン(cohabitation、保革共存)とよばれ、政府が国内政策を支配することになり、大統領はほぼ外交関係に限定されることとなる。

政府の長の役...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる