「政府の長」とは?

関連ニュース

【電力】再エネ買取総額累計94兆円、2050年度に 電気料金に上乗せ、国民負担増も懸念 - 07月23日(日)09:27  bizplus

太陽光や風力など再生可能エネルギーで発電された電力を大手電力会社が一定価格で買い取る「固定価格買い取り制度」で、2050年度までの買い取り総額が累計で94兆円に達することが22日、電力中央研究所の試算で分かった。この制度の買い取り価格は火力発電や原子力発電より高く、その分は電気料金に上乗せされる。買い取り総額の膨張は国民負担の増大に直結するため、政府は見直しに着手。制度継続には国民の理解が必要になりそうだ。  制度は、東京電力福島第1原発事故を受けて再生エネの普及を促そうと、12(平成24)年...
»続きを読む
カテゴリー:

「政府の長」の画像

もっと見る

「政府の長」の動画

Wikipedia

政府の長(せいふのちょう、 )とは、行政府の長であり、しばしば内閣における議長でもある。議院内閣制における政府の長は首相である。大統領制および絶対君主制においては、政府の長はしばしば国家元首と同一であり、それぞれ大統領および君主という。

半大統領制においては、政府の長は国家元首と立法府(議会など)の双方に対して責任を負うことがある。例えば、フランス第五共和制(1958年以降)においては、共和国大統領が首相を任命するが、国民議会において政策を通すことができ、その支持を得られる人物を選ぶ必要があるため、反対勢力が国民議会を(すなわち予算とほとんどの立法を)支配するようになれば、大統領は反対勢力から首相を任命することを事実上強いられる。この場合はコアビタシオン(cohabitation、保革共存)とよばれ、政府が国内政策を支配することになり、大統領はほぼ外交関係に限定されることとなる。

政府の長の役...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる