「政府の長」とは?

関連ニュース

【森友学園問題・共産党“爆弾質問”詳報(2)】 安倍晋三首相「妻を犯罪者扱いするのは不愉快ですよ!」 - 03月02日(木)06:15 

2017.3.1 23:00 (1/3ページ) 安倍晋三首相=1日午前、国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影)  ⇒詳報(1)から続く  共産党の小池晃書記局長「事実を示した。それが違うというのであれば、自民党総裁として(森友学園の籠池泰典理事長の)国会招致に賛成してください」  安倍晋三首相「どういう文書かも分かりませんよ。それを真実だとして、われわれに言えといわれても、それが真実だということは、小池さん側が証明することが必要ですね。 かつて偽メール事件がありましたね。それは結局、証明できなかったわけですよ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【社会】朝日新聞は新たにファクトチェックコーナーを設け、「内容は本当か」という疑問があることを点検します ★2 - 02月10日(金)14:18 

(ファクトチェック)安倍首相 参院予算委員会 1月30日 2017年2月10日05時00分  安倍晋三首相「どのような条文をどう変えていくかということについて、私の考えは(国会審議の場で)述べていないはずであります」 参院予算委員会(1月30日)  ■《誤り》改憲手続きの96条、13年に言及  自民党憲法草案を元に、憲法観をたずねた民進党の蓮舫代表に対し、「行政府の長としてお答えする立場にない」「逐条的、具体的な案については憲法審査会で議論すべきだというのは私の不動の姿勢だ」と述べ、答弁を避けた際の発...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【ことば】伯理璽天徳←読める? 1853年、ペリーが浦賀に来たときの大統領(president)の和訳です - 02月07日(火)01:05 

 「ヨッ、大統領!」。宴席でのそんなかけ声は死語になりつつありますが、日本では、トランプ氏のアメリカを始め、フランスやフィリピンなど多くの国の行政トップを「大統領」と呼んでいます。 英語では「president」(プレジデント)ですが、「大統領」に落ち着くまではいろんな訳語があったようです。(朝日新聞校閲センター・菅野尚/ことばマガジン)  presidentは、ラテン語の「前に座る(人)」が語源です。アメリカが1787年に憲法を起草した時、行政府の長の呼び名として初めて採用したとされています。  このpresident...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

NHKニュース、維新丸山議員の質疑から『マスコミ社屋・朝鮮学校』の部分だけ報道せずwwwwwww - 02月24日(金)16:41 

維新・丸山議員「明日の国会で森友学園に関連しマスコミ社屋と朝鮮学校の土地について追及します!」 http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1487866665/ ↓ https://www.youtube.com/watch?v=YNfSxUo1xn4 7:00~ ↓ 国有地売却 首相「議員などからの不当な働きかけ一切ない」 安倍総理大臣は衆議院財務金融委員会で、大阪・豊中市の国有地が学校法人に鑑定価格より低く売却されたことをめぐり、 与党の国会議員などからの不当な働きかけは一切なかったという認識を示しました。 この中で、日本維新の会の丸山穂高...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【社会】朝日新聞は新たにファクトチェックコーナーを設け、「内容は本当か」という疑問があることを点検します - 02月10日(金)09:10 

(ファクトチェック)安倍首相 参院予算委員会 1月30日 2017年2月10日05時00分  安倍晋三首相「どのような条文をどう変えていくかということについて、私の考えは(国会審議の場で)述べていないはずであります」 参院予算委員会(1月30日)  ■《誤り》改憲手続きの96条、13年に言及  自民党憲法草案を元に、憲法観をたずねた民進党の蓮舫代表に対し、「行政府の長としてお答えする立場にない」「逐条的、具体的な案については憲法審査会で議論すべきだというのは私の不動の姿勢だ」と述べ、答弁を避けた際の発...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「政府の長」の画像

もっと見る

「政府の長」の動画

Wikipedia

政府の長(せいふのちょう、 )とは、行政府の長であり、しばしば内閣における議長でもある。議院内閣制における政府の長は首相である。大統領制および絶対君主制においては、政府の長はしばしば国家元首と同一であり、それぞれ大統領および君主という。

半大統領制においては、政府の長は国家元首と立法府(議会など)の双方に対して責任を負うことがある。例えば、フランス第五共和制(1958年以降)においては、共和国大統領が首相を任命するが、国民議会において政策を通すことができ、その支持を得られる人物を選ぶ必要があるため、反対勢力が国民議会を(すなわち予算とほとんどの立法を)支配するようになれば、大統領は反対勢力から首相を任命することを事実上強いられる。この場合はコアビタシオン(cohabitation、保革共存)とよばれ、政府が国内政策を支配することになり、大統領はほぼ外交関係に限定されることとなる。

政府の長の役...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる