「政務活動費」とは?

関連ニュース

<政活費問題>運転代行費、再議論へ 議会事務局が使途の明確化求める - 08月23日(水)10:49 

政務活動費(政活費)の適正運用を協議する宮城県議会の検討会議が、廃止をいったん見送った運転代行費の取り扱いを議論し直す見通しとなった。昨年相次いだ政活費の不正問題を受け、県議会事務局が「せめて使途の明
カテゴリー:

政務活動費、議会の半数が見直し ネット公開も増加 - 08月16日(水)18:28 

全国の主要99議会を対象に共同通信が実施したアンケートで、ほぼ半数の48議会が昨年9月以降に支出ルールの見直しなど...
カテゴリー:

政活費不正問題:元秘書の堺市議辞職 9月補選へ - 08月09日(水)15:00 

 堺市の小林由佳市議(39)が未配布の政策ビラの印刷代や配布代を政務活動費から支出したとされる問題で、元秘書の黒瀬大市議(41)=西区選出=が9日、議員辞職した。辞職に伴い、9月24日投開票の堺市長選と同日で、西区の市議補選が実施される。
カテゴリー:

【安倍チルドレン今井絵理子不倫】神戸市議、政活費で今井絵理子氏“応援” 自民市議団返還へ - 07月27日(木)07:46  seijinewsplus

神戸市議、政活費で今井絵理子氏“応援” 自民市議団返還へ 7/26(水) 22:01配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-00000010-kobenext-soci  神戸市会自民党市議団の橋本健市議(37)が、今井絵理子参院議員(33)との対談を掲載した市政報告を政務活動費(政活費)で制作し、昨夏の参院選公示前日に配布していたことが26日、分かった。市議団は「税金で選挙応援をしたとの誤解を招く」として、2016年度政活費収支報告書を修正するとともに、印刷費や郵送代など約30万円の返還を申し出た。  今井議員は女...
»続きを読む
カテゴリー:

政活費、半数が見直し 全国主要99議会 ネット公開も増加 - 08月17日(木)09:28 

全国の主要99議会を対象に共同通信が実施したアンケートで、高松市などほぼ半数の48議会が昨年9月以降に支出ルールの見直しなど政務活動費に関する改革を実施したことが16日、分かった。
カテゴリー:

【都民ファーストの会】女性議員2人が妊娠、「産休・育休」制度作り急務も新人多く… - 08月10日(木)06:24  dqnplus

 【どうする!?どうなる!?都民ファースト】都民ファーストの会は都議55人中、18人(32・7%)が女性で、都議会全体の女性議員も前回13年の25人(19・7%)から過去最多の36人(28・3%)に増えた。しかし、都議会には現在、議会欠席理由に出産の規定はあるものの、産休・育休の制度がない。  都民ファには、妊娠4カ月で都議選に臨み当選した新人の後藤奈美氏(31、足立区)、西郷歩美氏(32、中央区)がおり、12月の定例会前後に出産予定。現在、妊娠7カ月目の後藤氏は、スポニチ本紙の取材に書面で「...
»続きを読む
カテゴリー:

【性活費では?】今井絵理子議員との対談報告「政活費」で作成…交際報道の神戸市議 - 07月28日(金)12:40  news

 今井絵理子参院議員(33)との対談を掲載した市政報告を政務活動費(政活費)で作成し 、昨夏の参院選公示直前に配布していた神戸市議会の橋本健市議(37)=自民党神戸市会議員団=が27日、市役所で報道陣の取材に応じた。 「選挙応援に当たらないと思っているが、疑義が生じた以上は全額返還したい」と約30万円を自分で返還する考えを示した。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170728-00000521-san-pol ...
»続きを読む
カテゴリー:

【政治】神戸市議、政活費で今井絵里子氏“応援” 自民市議団返還へ(神戸新聞NEXT) - 07月26日(水)23:48  newsplus

 神戸市会自民党市議団の橋本健市議(37)が、今井絵理子参院議員(33)との対談を掲載した市政報告を 政務活動費(政活費)で制作し、昨夏の参院選公示前日に配布していたことが26日、分かった。 市議団は「税金で選挙応援をしたとの誤解を招く」として、2016年度政活費収支報告書を修正するとともに、 印刷費や郵送代など約30万円の返還を申し出た。  今井議員は女性ボーカルグループ「SPEED」のメンバーとして活動。 昨夏の参院選に自民党公認で立候補し、初当選した。 修正前の神戸市議会の政活費収支報告...
»続きを読む
カテゴリー:

「政務活動費」の画像

もっと見る

「政務活動費」の動画

Wikipedia

政務活動費(せいむかつどうひ)とは、日本における地方議会の議員に政策調査研究等の活動のために支給される費用である。もとは政務調査費(せいむちょうさひ)の名称であったが、2012年の地方自治法改正により改称された。

政務活動費の交付については、地方分権一括法の施行等により地方議会やその議員の活動がより重要となったことから、2000年(平成12年)の地方自治法改正により制度化された。この改正に伴い、2001年(平成13年)以降、各自治体の条例により導入が進んでいる(制度が導入されていない自治体もある)。 具体的には地方自治法第100条第13・14項に規定されている(2001年4月より施行)。

支給内容

政務活動費の詳細は、各自治体の条例により定められている。議会の会派又は議員に対して支給される。交付額や交付方法については、自治体により異なるが、共通している正当な支出は議員活動の範囲に関係する書籍等の購入費用(例:公害問題)、民間主催の議員研修会に参加するための費用、先進地...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる