「政務活動費」とは?

関連ニュース

<元議長政活費訴訟>オンブズ訴え取り下げ - 06月27日(火)12:01 

元宮城県議会議長の安部孝自民党県議(61)=宮城選挙区、5期=が支出した政務活動費(政活費)の一部が違法だとして、仙台市民オンブズマンが安部氏らに約545万円を返還させるよう村井嘉浩知事に求めた訴訟で
カテゴリー:

自民党市議、他人の領収書でガソリン代不正請求 これには民進党も - 06月26日(月)19:21 

他人の領収書でガソリン代請求 市議、辞職意思なし(テレビ朝日系(ANN))  長崎市議会の議員がとんでもない不正請求をしていました。  吉原日出雄長崎市議(59):「(Q.辞職の意思は?)ありません」  吉原長崎市議は自分の車にガソリンを給油する際、前の人が取り忘れた領収書を持ち帰り、昨年度 11回、合わせて約2万円分を政務活動費で請求し、不正に受け取っていました。吉原市議は故意では なかったと主張しています。26日、自民党に離党届を提出し、即日受理されました。長崎市議会は吉原 議員に対し、辞職勧告決議...
»続きを読む
カテゴリー:

<政活費>ネット公開検討会議設置へ 秋田県議会 - 06月23日(金)11:33 

秋田県議会は22日、政務活動費の収支報告書のインターネット公開に向けた検討会議を設ける方針を固めた。7月6日の本会議で議決する。 検討会は各会派が推薦する議員8人で構成。政活費制度の透明性と公平性を高
カテゴリー:

<政活費>仙台市議会 ネット公開へ - 06月22日(木)06:05 

仙台市議会総務財政委員会は21日、政務活動費(政活費)の使途のインターネット公開に向け、6月定例会に5会派が共同提出した政活費交付条例改正案を賛成多数で可決した。23日の本会議で可決成立する見通し。 
カテゴリー:

33県議、職員を労災保険加入させず 「義務だと知らなかった」 15年度 - 06月14日(水)08:30 

 県議会議員に支給されている政務活動費に関し、2015年度、前職を含む県議47人の内33人が雇い入れた事務員を労災保険に加入させていなかったことが13日までに分かった。労災保険は雇用形態や就労時間の長短にかかわらず加入が義務付けられている。本紙取材に対し、未加入だった県議らは全てが事務員の労働時...
カテゴリー:

【長崎】前の人が取り忘れた領収書でガソリン代請求(11回2万円) 市議(59)、辞職意思なし - 06月26日(月)23:18 

長崎市議会の議員がとんでもない不正請求をしていました。 吉原日出雄長崎市議(59):「(Q.辞職の意思は?)ありません」 吉原長崎市議は自分の車にガソリンを給油する際、前の人が取り忘れた領収書を持ち帰り、昨年度11回、合わせて約2万円分を政務活動費で請求し、不正に受け取っていました。 吉原市議は故意ではなかったと主張しています。26日、自民党に離党届を提出し、即日受理されました。長崎市議会は吉原議員に対し、辞職勧告決議を出す方針です。 配信 (2017/06/26 17:22) テレb朝ニュース http://news.tv-asahi....
»続きを読む
カテゴリー:

自民市議、ガソリン代を過大請求 政活費「誤って」 - 06月26日(月)12:25 

 政務活動費でガソリン代を過大に請求していたとして、吉原日出雄(ひでお)・長崎市議(59)が26日、自民党を離党し、所属する市議会会派「創生自民」も離脱する意向を示した。ガソリンスタンドにあった他人の…
カテゴリー:

政活費ネット公開、検討組織に8氏 県議会議運委 - 06月23日(金)10:47 

 県議会の議会運営委員会は22日、政務活動費のインターネット公開を検討する組織8人の顔触れを決めた。組織設置は7月6日の本会議で議決し、早ければ同日にも1回目の会合を開く。 組織名は「政務活動費等検討…
カテゴリー:

<政活費問題>領収書開示請求 県が棄却求める - 06月14日(水)12:16 

元宮城県議会議長の安部孝自民党県議(61)=宮城選挙区、5期=の政務活動費(政活費)の領収書を一部非開示とした議長の決定は違法だとして、仙台市民オンブズマンが県に決定の取り消しを求めた訴訟の第1回口頭
カテゴリー:

【沖縄】県議雇用の職員 労災保険未加入 議員「保険の加入が必要だとは知らなかった」 - 06月08日(木)18:01 

http://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/5093973351.html 平成27年度時点で沖縄県議会議員だった33人が、法律で義務づけられているにもかかわらず、事務作業などを手伝う職員やアルバイトを労災保険に加入させていなかったことが分かりました。 沖縄県議会議員に支給された平成27年度の政務活動費についてNHKが調べたところ、47人のうち40人が政務活動費を使い、事務作業などを手伝う職員やアルバイトを雇用していました。 このうち、当時議員だった33人が勤務中のけがなどに備えて、法律で義務づけられている労災保険...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「政務活動費」の画像

もっと見る

「政務活動費」の動画

Wikipedia

政務活動費(せいむかつどうひ)とは、日本における地方議会の議員に政策調査研究等の活動のために支給される費用である。もとは政務調査費(せいむちょうさひ)の名称であったが、2012年の地方自治法改正によりに改称された。

政務活動費の交付については、地方分権一括法の施行等により地方議会やその議員の活動がより重要となったことから、2000年(平成12年)の地方自治法改正により制度化された。この改正に伴い、2001年(平成13年)以降、各自治体の条例により導入が進んでいる(制度が導入されていない自治体もある)。 具体的には地方自治法第100条第13・14項に規定されている(2001年4月より施行)。

支給内容

政務活動費の詳細は、各自治体の条例により定められている。議会の会派又は議員に対して支給される。交付額や交付方法については、自治体により異なるが、共通している正当な支出は議員活動の範囲に関係する書籍等の購入費用(例:公害問題)、民間主催の議員研修会に参加するための費用、先進...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる