「放送法」とは?

関連ニュース

【テレビ】「ワイドショー政治」の罪 相手から反撃がないという麻薬 - 02月11日(日)11:41  mnewsplus

小泉純一郎首相の就任(2001年4月)を境に、テレビのワイドショーが「政治ネタ」を扱うことが増えたことは間違いない。 「政局の天才」である小泉氏は、前例を破って「ぶら下がり」と呼ばれる取材を毎日受け、ワイドショーの主役となることで「政敵」を次々と倒していった。  小泉劇場を放送すれば、そこそこ数字(視聴率)が稼げ、制作費が格安で済んだ。 おまけに、政治家をイジったり、たたいたりする分には、相手から反撃がない。民間人や一部芸能人をネタにするのと違い、リスクがない。 まさに良いことづくめ。テレビは...
»続きを読む
カテゴリー:

客室テレビのNHK受信料、ホテル側の敗訴確定=最高裁 - 02月09日(金)17:46 

 ホテルの客室などに設置したテレビの受信契約に応じない運営会社(東京)に対し、NHKが契約締結と受信料の支払いを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(戸倉三郎裁判長)は9日、運営会社側の上告を棄却した。支払いを命じた一、二審判決が確定した。 受信契約をめぐっては、最高裁大法廷が昨年、テレビを持つ人に契約締結を義務付けた放送法の規定は合憲だと判断。第3小法廷も、大法廷判決の趣旨に沿って上告を退けた。 NHKによると、ホテルなど未契約の事業所に対する同種訴訟は1月末までに24件あったが、うち20件は勝訴や和解などで受信料が支払われている。 【時事通信社】
カテゴリー:

【安倍首相】「放送事業の大胆な見直しが必要」 電波有効利用で - 02月03日(土)04:06  newsplus

安倍晋三首相は1日、首相官邸で開かれた「未来投資会議」(議長・首相)の会合で、電波の有効利用を巡り「技術革新によって通信と放送の垣根がなくなる中で、周波数の割り当て方法や、放送事業の在り方の大胆な見直しが必要だ」と述べた。テレビ局や通信会社などへの周波数の割り当て方法の見直しなどについては、総務省の有識者会合で検討されており、首相が電波制度改革への強い決意を示したとみられる。 首相は1月31日のIT(情報技術)企業中心の経済団体「新経済連盟」の新年会で「インターネットテレビは放送法の規制はかか...
»続きを読む
カテゴリー:

【裁判】NHK受信料訴訟、ホテル経営会社の敗訴確定へ 最高裁が2月9日に判決★2 - 02月01日(木)16:30  newsplus

http://www.sankei.com/affairs/news/180131/afr1801310041-n1.html  客室などにテレビを設置しながら受信契約を結んでいないホテル経営会社にNHKが受信料支払いなどを求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(戸倉三郎裁判長)は、判決期日を2月9日に指定した。2審の結論を変更するのに必要な弁論が開かれていないため、経営会社に受信料支払いを命じた2審判決が確定する見通し。  受信料制度については、最高裁大法廷が昨年12月、NHKが受信契約を拒んだ個人を相手取った訴訟で、「表現の自由を実現するという放送法...
»続きを読む
カテゴリー:

【電波行政】首相、放送法の改革に意欲 新経連であいさつ - 02月01日(木)01:20  bizplus

 安倍晋三首相は31日、IT(情報技術)企業などでつくる経済団体「新経済連盟」が都内で開いた新年会であいさつした。ネットテレビについて「放送法の規制がかからないが、見ている人には地上波などと全く同じだ。日本の法体系が追いついていない。大きな改革をしなければならない」と述べた。  首相は「電波においても思い切って改革が必要だ」とも語った。政府の規制改革推進会議は国や自治体に割り当てられている公共用の電波の民間開放や、価格競争で電波の割り当てを決めるオークションの導入を検討している。「どうかリスクを...
»続きを読む
カテゴリー:

【放送】NHK受信料、事業者に支払い命令 最高裁で初めて - 02月10日(土)04:24  bizplus

受信契約を拒むホテル運営会社(東京)に対し、NHKが受信料の支払いを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(戸倉三郎裁判長)は9日、会社側の上告を棄却した。ホテルに置くテレビの受信料約620万円の支払いを命じた一、二審判決が確定した。 事業者に対する受信料の支払い訴訟で、最高裁判決が出るのは初めて。 最高裁大法廷は2017年12月、個人に対する訴訟で、契約を義務付ける放送法の規定を「合憲」と初判断。契約成立の時期について「裁判でNHK勝訴が確定すれば成立する」と結論づけた。 9日の判決は大法廷判...
»続きを読む
カテゴリー:

【公共放送】眞子さまの拙速な結婚、NHK報道のせいか 突然のスクープで小室家の“身体検査”不十分に - 02月07日(水)23:42  newsplus

 宮内庁は6日、秋篠宮家長女の眞子さまと、都内の法律事務所にパラリーガルとして勤務される小室圭さんの結婚が延期されると発表した。 おふたりは3月4日に一般の結納に当たる「納采の儀」、11月4日に結婚式を執り行う予定だったが、 天皇陛下の退位、皇太子さまの即位など一連の皇位継承行事が終了した後の2020年に延期する。 小室家をめぐっては、昨年12月に「週刊女性」(主婦と生活社)が、小室圭さんの母親・佳代さんが 元婚約相手から受けた金銭的援助にかかわる400万円超の借金トラブルを抱えているとスクープし、 先月2...
»続きを読む
カテゴリー:

【安倍首相】電波の有効利用を巡り、周波数の割り当て方法や、放送事業の在り方の大胆な見直しが必要 - 02月02日(金)06:50  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000112-mai-pol  安倍晋三首相は1日、首相官邸で開かれた「未来投資会議」(議長・首相)の会合で、電波の有効利用を巡り「技術革新によって通信と放送の垣根がなくなる中で、周波数の割り当て方法や、放送事業の在り方の大胆な見直しが必要だ」と述べた。テレビ局や通信会社などへの周波数の割り当て方法の見直しなどについては、総務省の有識者会合で検討されており、首相が電波制度改革への強い決意を示したとみられる。  首相は1月31日のIT(情報技術)企業中心の経済団...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】<NHK受信料>ホテル側の敗訴確定へ 客室テレビ巡り - 02月01日(木)12:52  mnewsplus

客室にテレビを設置しているのに受信契約に応じないとして、NHKがホテル運営会社(東京)に受信料の支払いを求めた訴訟で、最高裁第三小法廷(戸倉三郎裁判長)は判決期日を2月9日に指定した。 結論を見直す際に必要な弁論を開かないため、運営会社側を敗訴とし支払いを命じた一、二審判決の結論が維持される見通し。  受信料制度を巡っては、テレビがあるのに契約していない男性の訴訟で最高裁が昨年12月、制度は「合憲」と判断。NHKが裁判を起こし、勝訴が確定すれば契約が成立するとした。  一、二審判決によると、...
»続きを読む
カテゴリー:

【宮内庁】毎日放送(教えてもらう前と後)の放送法に基づく訂正放送への対応について - 02月01日(木)01:00  newsplus

平成30年1月31日 宮内庁 毎日放送は,平成30年1月9日,TBS系列全国ネットで放映された「教えてもらう前と後」と題する番組において,天皇陛下が既にご成婚後の昭和38年10月に栃木県奥日光で撮影された皇后陛下のお写真を取り上げ,「ご・成・婚・前・に・陛下が撮影された美智子さまのお写真」と紹介し,その取り違いに重ね,撮影に至る経過として,「軽井沢での出会いからおよそ2か月。美智子さまは陛下から東京で開かれるテニス大会に招待され,・・・そこで,陛下から『美術展に出品する写真を撮らせてほしい』とお願いされた」と...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「放送法」の画像

もっと見る

「放送法」の動画

Wikipedia

放送法(ほうそうほう)は、放送日本放送協会放送事業者の規律に関する内容を規定する、日本の法律である。

概要

日本での公衆によって直接受信される目的とする電気通信の送信を行う者は、すべてこの法律によって定められたところにより規律される。

放送法は、戦前の無線電信法に代わるものとして電波法電波監理委員会設置法とともに電波三法の一つとして1950年(昭和25年)5月2日に公布、同年6月1日より施行された。これによって日本放送協会は同法に基づく特殊法人と規定されて公共企業体へと改組されることとなった。また、日本放送協会以外の事業者(民間放送事業者)の設置が認められて以後の放送に関する基本法となった。その後、1959年(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる