「放射線量」とは?

関連ニュース

廃炉研究の拠点完成=福島・富岡町に-原子力機構 - 04月23日(日)19:20 

 東京電力福島第1原発の廃炉に必要な研究開発や人材育成の拠点として、日本原子力研究開発機構の廃炉国際共同研究センター「国際共同研究棟」が福島県富岡町に完成し、開所式が23日行われた。 東電は事故で溶け落ちた核燃料(デブリ)を取り出すため状況把握を急いでいるが、原子炉内は放射線量が非常に高く、作業は難航している。 完成した国際共同研究棟では、デブリにレーザーを照射して成分を調べる技術を開発したり、核燃料と制御棒を溶かす模擬実験で事故過程を推定したりして課題の解決を目指す。 同センターは昨年4月、楢葉町で「楢葉遠隔技術開発センター」の本格運用を開始。大熊町には放射性物質を分析する「大熊分析・研究センター」を建設中。 廃炉国際共同研究センターの小川徹センター長(元長岡技術科学大教授)は「福島第1原発に近く、現場の情報にすぐアクセスできる。溶融金属の分析は冶金(やきん)学、ロボットの放射線対策は半導体など、さまざまな分野の専門家と一緒に研究を進める」と報道陣に説明。「国内外の研究者や学生による会議を年5、6回開きたい。若い人に素晴らしいアイデアを出してほしい」と話した。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

夜の森、桜満開=大半は立ち入り禁止-福島・富岡 - 04月12日(水)17:06 

 東京電力福島第1原発事故による避難指示が解除された福島県富岡町で、桜の名所として知られる夜の森地区の桜並木が12日、ほぼ満開となった。桜並木は全長2.2キロ。このうち1.9キロは放射線量が高いため原則立ち入り禁止の帰還困難区域に含まれ、訪れる人はほとんどいない。 50年間暮らした帰還困難区域内の自宅を引き払うことになり、後片付けのため移転先の同県郡山市から一時帰宅した小椋春男さん(81)は「昔はもっと立派だった。手入れをしないから枝が傷んで少なくなってしまった」と嘆いた。妻富美子さん(76)は「原発事故後に桜並木を見たのは初めてで感無量」と語った。 富岡町の避難指示は、帰還困難区域を除いて今月1日に解除された。桜並木のうち、立ち入り可能な300メートルの区間では、7年ぶりのライトアップを16日まで実施する。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

【社会】住民の半数「戻らない」 福島・飯舘村の帰還困難地区 - 04月05日(水)17:42 

東京電力福島第1原発事故で、放射線量が高い帰還困難区域にある福島県飯舘村の長泥地区住民に新潟県立大などがアンケートした結果、 回答者のほぼ半数が地区に戻らない意向を示したことが4日、分かった。  飯舘村の大部分では3月31日に避難指示が解除された。だが村の総面積の約5%、人口の約4%に当たる長泥地区の住民約260人だけは避難が続く。 長泥地区全域で除染が行われるか見通しは立っておらず、74%が村内の他地域と同様に全域除染を希望するとも回答した。  アンケートは昨年12月、新潟県立大の山中知彦教授(地域...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【原発事故】廃炉作業員の「危険手当」中抜きで1万円→300円に★4 - 04月03日(月)12:07 

東京電力福島第一原発の収束、廃炉作業で、事故直後から放射線量の高い現場で働く作業員らに支払われてきた危険手当が大幅に中間搾取(中抜き)され、 支給時に日額「三百円」に減額された事例があったことが、本紙が入手した内部資料や関係者の証言で分かった。 これまでも中抜きの横行は公然とささやかれてきたが、具体的に裏付けられたことはほとんどなかった。 東電によると、危険手当は「(工事の)設計上の労務費の割り増し分」と位置付けられる。 工事費に上乗せする形で支払っており、事故直後からの「従来分」と、二〇一...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【原発事故】廃炉作業員の「危険手当」中抜きで1万円→300円に★2 - 04月02日(日)14:10 

東京電力福島第一原発の収束、廃炉作業で、事故直後から放射線量の高い現場で働く作業員らに支払われてきた危険手当が大幅に中間搾取(中抜き)され、 支給時に日額「三百円」に減額された事例があったことが、本紙が入手した内部資料や関係者の証言で分かった。 これまでも中抜きの横行は公然とささやかれてきたが、具体的に裏付けられたことはほとんどなかった。 東電によると、危険手当は「(工事の)設計上の労務費の割り増し分」と位置付けられる。 工事費に上乗せする形で支払っており、事故直後からの「従来分」と、二〇一...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【福島】学校の給食に地元食材復活、福島県産の割合は震災前の水準に 県「風評の払拭進みつつある」 - 04月20日(木)15:04 

東京電力福島第一原発事故と東日本大震災から復興途上にある福島県の公立学校の給食に県産食材が復活している。 事故後、放射線への不安から使用割合は急落したが徐々に回復、二〇一六年度は震災前の水準に迫った。 県は「安全性への理解と、風評の払拭(ふっしょく)が進みつつある」とみており、地元産の利用を今後も推進し、 地産地消と食育に役立てたい考えだ。 「このイチゴ甘いよ」「おいしいね」。児童の顔に思わず笑みが浮かぶ。 三月中旬、福島県の沿岸部に位置する新地町の新地小学校。この日の給食のデザートは同町産...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【福島】<原発事故>無施錠放置 オフサイトセンター - 04月09日(日)12:31 

 東京電力福島第1原発事故の対策拠点でありながら、事故発生直後に閉鎖された福島県大熊町のオフサイトセンターは、無人のまま施錠されずに2カ月半も放置されていた。 証言したのは当時、県議だった小沢隆さん(76)=会津坂下町=。「状況を確かめて冷静に行動できなかった今回の原発事故を象徴する。歴史的な教訓にしなければいけない」と戒める。 ◎施設機能せず行政の責任感問う  小沢さんは同僚議員らと2011年5月29日、自主調査で福島第1、第2原発のオフサイトセンターである県原子力災害対策センターを訪れた...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【社会】住民の半数、“戻らない”…福島・飯舘村の帰還困難地区 - 04月05日(水)07:14 

東京電力福島第1原発事故で、放射線量が高い帰還困難区域にある 福島県飯舘村の長泥地区住民に新潟県立大などがアンケートした結果、 回答者のほぼ半数が地区に戻らない意向を示したことが4日、分かった。 *+*+ NIKKEI NET +*+* http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG04H7J_U7A400C1000000/  VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【原発事故】廃炉作業員の「危険手当」中抜きで1万円→300円に★3 - 04月02日(日)22:01 

東京電力福島第一原発の収束、廃炉作業で、事故直後から放射線量の高い現場で働く作業員らに支払われてきた危険手当が大幅に中間搾取(中抜き)され、 支給時に日額「三百円」に減額された事例があったことが、本紙が入手した内部資料や関係者の証言で分かった。 これまでも中抜きの横行は公然とささやかれてきたが、具体的に裏付けられたことはほとんどなかった。 東電によると、危険手当は「(工事の)設計上の労務費の割り増し分」と位置付けられる。 工事費に上乗せする形で支払っており、事故直後からの「従来分」と、二〇一...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【原発事故】廃炉作業員の「危険手当」、中抜きで1万円→300円に - 04月02日(日)09:51 

東京電力福島第一原発の収束、廃炉作業で、事故直後から放射線量の高い現場で働く作業員らに支払われてきた危険手当が大幅に中間搾取(中抜き)され、 支給時に日額「三百円」に減額された事例があったことが、本紙が入手した内部資料や関係者の証言で分かった。 これまでも中抜きの横行は公然とささやかれてきたが、具体的に裏付けられたことはほとんどなかった。 東電によると、危険手当は「(工事の)設計上の労務費の割り増し分」と位置付けられる。 工事費に上乗せする形で支払っており、事故直後からの「従来分」と、二〇一...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「放射線量」の画像

もっと見る

「放射線量」の動画

Wikipedia

  • redirect吸収線量...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる