「放射線量」とは?

関連ニュース

帰還困難区域で制限 福島の幹線道路 6年半ぶり自由通行 - 09月20日(水)13:41 

東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと、放射線量が比較的高い帰還困難区域となって通行が制限されていた福島県内の幹線道路が、20日から6年半ぶりに自由に通行できるようになりました。
カテゴリー:

浪江-福島の国道再開=帰還困難区域の27キロ - 09月20日(水)06:24 

 福島県浪江町と福島市を結ぶ国道114号のうち、東京電力福島第1原発事故に伴い通行が規制されていた区間で20日午前6時、一般車両の通行が再開された。規制が解除されたのは原則立ち入り禁止の帰還困難区域を通る同町内の約27キロ。114号は全線通行可能になり、沿岸部と福島市の往来の活発化によって復興の加速が期待される。 浪江町は3月末、一部地域で避難指示が解除されたが、福島市と行き来するには迂回(うかい)が必要で、町は利便性向上のため114号の通行再開を国に要望してきた。 通行規制の解除で一般の車は手続きなしで24時間通れるようになったが、放射線量が高いため二輪車や歩行者の通行は引き続き禁止される。 帰還困難区域内の通行が可能になることで、町民からは防犯面などで懸念も出ており、国は脇道にバリケードを設置した。警察のパトロールも強化し、町は防犯カメラ増設などの対策を取る。 【時事通信社】
カテゴリー:

帰還困難区域の双葉町に復興拠点 政府が初認定 - 09月15日(金)13:29 

 政府は15日、東京電力福島第一原発事故で高い放射線量を示した帰還困難区域のうち、福島県双葉町の一部を「特定復興再生拠点」に認定した。拠点の認定は初めてで、除染やインフラ整備を集中的に行い、2022年…
カテゴリー:

富岡-竜田間で試運転=10月21日再開へ-JR常磐線 - 09月14日(木)10:14 

 JR東日本は14日、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故のため不通となった福島県内の常磐線富岡(富岡町)-竜田(楢葉町)駅間で、試運転を開始した。福島第2原発付近を通る6.9キロの区間で、最初の列車が富岡駅に午前10時ごろ到着した。約1カ月の試運転を経て、10月21日に営業運行を再開する。 富岡町は、原発事故による避難指示が4月1日に解除されたが、帰還した住民は8月1日現在で215人と、全体の1.6%にとどまる。線路周辺には、除染のため剥ぎ取った土壌などを詰め込んだ大型の袋が大量に積み上げられている。 常磐線はこれまで順次復旧し、4月には小高(南相馬市)-浪江(浪江町)駅間が再開。残る浪江-富岡駅間の20.8キロは、大半が放射線量の高い帰還困難区域を通っており、JR東は2020年3月末までの再開を目指している。 【時事通信社】
カテゴリー:

広州通関地で越境ECの日本食品107ロットが不合格 - 09月11日(月)15:50 

広州出入境検験検疫局が明らかにしたところによると、同局の空港宅配便中継センター支局がこのほど海外から運ばれた越境EC商品を検査した際、日本製食品107ロットが不合格になったという。いずれも原産地証明書や放射線量検査の合格証明書などの関連文書が不備で、新谷酵素サプリメントの14ロットは放射能汚染地域の東京都が産地であり、同局の作業員が法律に基づいて返品処理を行ったという。 ...
カテゴリー:

原発事故で封鎖の国道、6年5カ月ぶり開放 福島・浪江 - 09月20日(水)11:48 

 東京電力福島第一原発事故で封鎖されていた福島県浪江町の国道114号が20日、6年5カ月ぶりに通行できるようになった。福島市と県沿岸部を結ぶ主要路で、この日は早朝から、放射線量が高い帰還困難区域内の約…
カテゴリー:

国道114号、20日から自由通行=帰還困難区域を通過-福島 - 09月15日(金)18:44 

 政府の原子力災害現地対策本部は15日、福島市と福島県浪江町を結ぶ国道114号のうち、東京電力福島第1原発事故のため帰還困難区域に指定された同町内の約27キロについて、20日午前6時から自由通行を認めると発表した。福島市と被災地をつなぐ幹線道路で、復興の追い風となりそうだ。 浪江町の中心市街地は3月末に避難指示が解除されたが、帰還困難区域とされた山間部への立ち入りには町役場への申請が必要で、時間帯も午前6時~午後7時に限られている。20日以降、自動車の通過は手続きなしで24時間可能となる。放射線量が高い場所があるため、二輪車や歩行者は通行できない。 道路沿いには無人の民家や店舗が散在するため、町は防犯カメラを増設し、県警も車両やヘリコプターによるパトロールを強化する。 【時事通信社】
カテゴリー:

東京23区の大半も原発ゴミの最終処分地になり得る - 09月14日(木)15:00 

"原発ゴミ"の最終処分地はどこになるのか?経済産業省は今年7月下旬、最終処分候補地としてどこが適当な場所かを示すため、日本地図を色分けしたものを発表した。 それによると、以下のように、東京都のほぼ全ての市町村(26市、3町、3村)が候補地になり得る。 <輸送面でも好ましい地域> ○ 江戸川区(臨海地域)、江東区(臨海地域)、中央区(臨海地域)、品川区(臨海地域)、大田区(臨海地域)、港区(臨海地域)○ 世田谷区(西部)、渋谷区(西部)、新宿区(西部)、豊島区(西部)、板橋区(西部)、目黒区(西部)、北区(西部)○ 練馬区(東部)、武蔵野市(東部)、三鷹市(東部)、調布市(東部)、町田市(東部)、稲城市(東部)、西東京市(東部)○ 中野区(全域)、杉並区(全域)、狛江市(全域)○ 神津島村、小笠原村<好ましい特性が確認できる可能性が相対的に高い地域> ○ 府中市、小金井市、小平市、東村山市、東久留米市、立川市、国立市、日野市、八王子市、多摩市、羽村市など上記の地域より西にある全ての市町村の地域では実際、首都・東京は候補地になり得るだろうか? 政治的には大問題かもしれないが、技術的には十分に候補地になり得る。要は、都民や首長がやる気になるかどうかだ。 将来、原発を正しくやめていくには、原発ゴミの最終処分地を現世代の責任で決めておく必要がある。何でもかんでも反対を叫ぶだけでは、脱原発は進...more
カテゴリー:

北朝鮮の核実験、中国に「放射能の影響なし」 緊急測定を終了へ - 09月11日(月)21:32 

【9月11日 AFP】北朝鮮が3日に行った過去最大規模の核実験について、中国政府は10日までに、北朝鮮国境に近い各省の放射線量は通常レベルだとの結論に達した。≫続きを読む
カテゴリー:

【原発】震災6年半 福島第一原発 増え続ける汚染水 - 09月11日(月)13:25  newsplus

震災6年半 福島第一原発 増え続ける汚染水 9月11日 9時59分 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170911/k10011134731000.html 東日本大震災と原発事故から6年半がたったいま、東京電力福島第一原子力発電所では、増え続ける汚染水の取り扱いが課題になっています。 福島第一原発の1号機から3号機では、メルトダウンするなどした核燃料を冷やすため、原子炉と原子炉を納めた格納容器に入れ続けている水が、高濃度の汚染水となって建屋の地下などにたまっています。 さらに、建屋の山側からは、大量の地下水が流れ込み、この汚染...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「放射線量」の画像

もっと見る

「放射線量」の動画

Wikipedia

  • redirect吸収線量...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる