「放射線量」とは?

関連ニュース

【IT】原子力規制委員会、不安払拭 被ばく量試算できるアプリ開発へ - 01月20日(土)17:11  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180120/k10011295501000.html 原発事故で避難している人たちのうち、帰還を考えている人などの不安を少しでも払拭(ふっしょく)しようと原子力規制委員会は、福島県内での生活パターンを踏まえて被ばく量を試算できるスマートフォンのアプリを開発することになりました。 福島県では、7年前に起きた福島第一原発の事故のあと、避難指示が解除されても住民の帰還が進まない状況が続いていて、被ばくのリスクを避けるため避難し続けているケースもあります。 そこで原子力規制委員会は、帰還を...
»続きを読む
カテゴリー:

【福島第一原発】空間線量「1時間当たり0.23マイクロシーベルト」の除染基準について「引き上げるべき」 原子力規制委員長が表明 - 01月18日(木)15:28  scienceplus

原子力規制委員会の更田(ふけた)豊志委員長は17日の定例会合で、 除染の目安とされている空間線量「1時間当たり0.23マイクロシーベルト」について 「実証データから1マイクロシーベルトの所に居住しても年間の被曝(ひばく)線量は1ミリシーベルト以下になる」と指摘し、 「改めないと帰還や復興を阻害する」として環境省は引き上げを検討すべきとの考えを示した。  更田氏によると、帰還者らが身につけた線量計の実測値で判明したという。自ら同省に働きかける考えを示したほか、 事務局の原子力規制庁は「どのような...
»続きを読む
カテゴリー:

【原子力規制委委員長】 福島県内の空間放射線量基準 議論すべき - 01月17日(水)20:13  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180117/k10011292551000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001 1月17日 20時05分 原子力規制委員会の更田委員長は、福島県内で行われている除染の基準となっている1時間当たりの空間の放射線量が実態に即さない厳しい数値ではないかとの認識を示し、関係省庁などが連携して議論すべきとの考えを示しました。 福島県内で行われている除染では、住民の被ばく線量にして、年間1ミリシーベルト以下を目標とし、これを計算式に当てはめ、1時間当たりの空間の放射線量は0.23マイクロ...
»続きを読む
カテゴリー:

2号機内部調査、来週後半にも=デブリ撮影再挑戦-福島第1 - 01月11日(木)19:16 

 東京電力は11日、福島第1原発2号機で原子炉格納容器内部の調査を来週後半にも開始すると発表した。作業用の貫通部から伸縮式のパイプを格納容器内に挿入。先端から容器底部に向けてカメラをつり下げ、溶け落ちた核燃料(デブリ)の撮影に挑戦する。 東電は昨年2月、2号機で自走式ロボットによる内部調査を試みたが、作業用レールの上でロボットが動けなくなり、途中で断念した。 今回つり下げるカメラは東芝などが開発。温度計と線量計を備えており、内部の映像や温度、放射線量のデータを組み合わせてデブリの有無を判断する。 【時事通信社】
カテゴリー:

【北朝鮮】核実験場近くで染色体異常 住民被ばくか - 01月09日(火)06:45  newsplus

https://mainichi.jp/articles/20180109/k00/00m/030/134000c 毎日新聞 2018年1月9日 06時30分(最終更新 1月9日 06時30分)  北朝鮮の地下核実験場=咸鏡北道(ハムギョンプクド)吉州(キルジュ)郡豊渓里(プンゲリ)=付近に住み、2度の核実験後に脱北した元住民2人に、原爆被爆者にみられるような染色体異常が生じている。韓国の研究者が収集したデータを広島の専門家が確認し判明した。推定される被ばく線量は高い人で累積394ミリシーベルトに達し、核実験による放射線の影響が疑われる。この数値は、広島に投下された原子...
»続きを読む
カテゴリー:

【中川環境相】 除染基準発言確認し対応検討 「空間放射線量1時間当たり0.23マイクロシーベルトは厳しい基準」福島第一原発事故 - 01月19日(金)21:59  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180119/k10011295001000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_019 1月19日 19時24分 原発事故に伴う除染の基準になっている1時間当たりの空間の放射線量について、原子力規制委員会の更田豊志委員長が、実態に即さない厳しい数値ではないかとの認識を示したことについて、中川環境大臣は、19日の記者会見で、「発言の趣旨を確認して対応を考えたい」と述べました。 政府は、原発事故のあと、住民の被ばく線量が、年間1ミリシーベルト以下になることを長期的な目標としていて、これを...
»続きを読む
カテゴリー:

【福島第1原発】福島県内の「帰還困難区域」で測定、空間放射線量8マイクロシーベルトも - 01月18日(木)04:23  scienceplus

原子力規制委員会は17日、 東京電力福島第1原発事故で立ち入り制限が続く福島県内の「帰還困難区域」で昨年測定した空間放射線量を公表した。 最も高かったのは双葉町の路上で、1時間当たり約8.48マイクロシーベルトだった。 全体として減少傾向にあるという。測定は2016年に続き2回目。  第1原発事故後、国は除染の長期目標を年間1ミリシーベルトとしている。 1時間当たりの空間放射線量に換算すると、0.23マイクロシーベルトとなる。  測定は17年7~9月、要望があった福島県双葉、大熊、浪江、富岡の4町と葛尾村で実施。 主...
»続きを読む
カテゴリー:

被ばく線量の目安検討=「毎時0.23」実測と合わず-規制委 - 01月17日(水)19:20 

 原子力規制委員会は17日の定例会合で、東京電力福島第1原発事故後に事実上の安全基準として浸透している空間放射線量「毎時0.23マイクロシーベルト」の妥当性を検討する方針を示した。更田豊志委員長は「事故後は手探りで保守的に設定したが、いつまでも改めないのは問題だ」と述べた。 政府は原発事故後、避難指示解除の基準として、事故による追加被ばく線量を年間20ミリシーベルト以下とし、除染などで実現する長期目標を同1ミリシーベルトに設定した。毎時0.23マイクロシーベルトは、ここから逆算した試算値だが、福島県内では安全の目安と受け止められている。 【時事通信社】
カテゴリー:

【北朝鮮】核実験場近くで染色体異常 住民被ばくか - 01月09日(火)07:20  news

https://mainichi.jp/articles/20180109/k00/00m/030/134000c 毎日新聞 2018年1月9日 06時30分(最終更新 1月9日 06時30分)  北朝鮮の地下核実験場=咸鏡北道(ハムギョンプクド)吉州(キルジュ)郡豊渓里(プンゲリ)=付近に住み、2度の核実験後に脱北した元住民2人に、原爆被爆者にみられるような染色体異常が生じている。 韓国の研究者が収集したデータを広島の専門家が確認し判明した。推定される被ばく線量は高い人で累積394ミリシーベルトに達し、核実験による放射線の影響が疑われる。 この数値は、広島に投下され...
»続きを読む
カテゴリー:

北朝鮮:核実験場近くで染色体異常 住民被ばくか - 01月09日(火)06:30 

 北朝鮮の地下核実験場=咸鏡北道(ハムギョンプクド)吉州(キルジュ)郡豊渓里(プンゲリ)=付近に住み、2度の核実験後に脱北した元住民2人に、原爆被爆者にみられるような染色体異常が生じている。韓国の研究者が収集したデータを広島の専門家が確認し判明した。推定される被ばく線量は高い人で累積394ミリシーベルトに達し、核実験による放射線の影響が疑われる。この数値は、広島に投下された原子爆弾の爆心地から約1.6キロの初期放射線量に相当する。豊渓里周辺では近年、核実験の影響が疑われる体調不良を訴える住民が増えており、被害の実態把握を求める声が上がっている。
カテゴリー:

もっと見る

「放射線量」の画像

もっと見る

「放射線量」の動画

Wikipedia

  • redirect吸収線量...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる