「放射線量」とは?

関連ニュース

東日本大震災:福島で避難解除の町村議員ら課題報告 - 07月17日(月)13:19 

 東京電力福島第1原発事故の避難指示が解除された町村の議員らが復興の課題を報告するシンポジウムが16日、福島市内であった。議員らは営農再開や避難者の住環境、空間放射線量など地域が抱える課題を挙げ、「行政の施策が、住民の思いと乖離(かいり)している」と指摘した。
カテゴリー:

運転中の川内原発 地震による異常なし - 07月11日(火)12:10 

九州電力によりますと、震度4を観測した鹿児島県薩摩川内市にある川内原子力発電所は、現在、2機が運転中ですが、地震による異常はなく、運転を続けているということです。また、原発の周辺の放射線量を計測するモニタリングポストの値にも変化はないということです。
カテゴリー:

福島県・大熊町長の土地に「31億円の町役場」のあきれた復興計画(下) - 07月08日(土)06:00 

本来、行政をチェックすべき議会では、問題にならなかったのだろうか。 大熊町議会の鈴木光一議長に尋ねてみた。 「6月の議会で土地所有者の名簿や売買価格が公表されましたけど、反対したのはひとりだけ。町長の認識はわかりませんが、議会で法律的にも問題だという議論はありませんでした。都市計画区域に、たまたま町長の土地があるっていうくらいの意識ですよ」 今回の土地取引に問題があるという認識は感じられなかった。鈴木議長によると、土地の価格は決定しており、地権者の合意もとれているが、売買契約を結ぶのは、これからだという。気になるのは、土地の評価額だ。 本誌が独自に入手した内部資料によると、町長の土地を含む大川原地区の土地売買価格は、〈田1千700円/平方メートル、畑1千500円/平方メートル、雑種地1千200円/平方メートル〉。 町長の所有地の地目は、「田・畑・雑種地」で、総面積は8,756平方メートル。ざっと計算すると、1千500万円近くが町長の懐に入ることになる。 この評価額に関しては、町民からこんな不満の声もある。 「大川原地区の田畑は、過去にほとんど売買された実績がなく、したがって公示価格もありません。バブル期終盤の91年に、畑が1,500円/平方メートルで取引されたことがあるので、今回の売買価格は、そのバブル期と同程度。町民の土地を買い上げた放射性廃棄物の中間貯蔵施設の土地...more
カテゴリー:

【ウクライナ】チェルノブイリ周辺で火災 放射線レベル上昇 - 07月01日(土)13:51 

【モスクワ共同】ロシア通信などによると、1986年に爆発事故を起こしたウクライナ北部のチェルノブイリ原発周辺で、6月30日までに森林火災が発生した。 現場は放射性廃棄物などが保管されている立ち入り制限区域内で、火災の影響で大気中の放射線量が基準値の2.5倍に上昇したという。負傷者などは伝えられていない。 火災は29日の日中に発生。一時は25ヘクタールまで広がった火災の面積は、消火活動により30日夜までに7ヘクタールまで減少した。 現場では鉄道敷設のための森林伐採が行われており、木材などに引火したのが原因とみら...
»続きを読む
カテゴリー:

鹿児島で震度5強 - 07月11日(火)12:37 

 11日午前11時56分ごろ、鹿児島湾を震源とする地震があり、鹿児島市で震度5強の揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは約10キロ、地震の規模(マグニチュード)は5.2と推定される。この地震による津波の心配はないという。 九州電力によると、運転中の川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)に異常はなく運転を継続中。周辺の放射線量にも変化はないという。 指宿南九州消防組合によると、同県南九州市川辺町で崖崩れがあったと通報があった。けが人など巻き込まれの情報はなく、消防が確認を急いでいる。 主な各地の震度は次の通り。 震度5強=鹿児島市 震度5弱=鹿児島県指宿市 震度4=鹿児島県薩摩川内市 震度3=鹿児島県いちき串木野市、宮崎県日南市 震度2=宮崎市、長崎県南島原市、熊本県八代市。 【時事通信社】
カテゴリー:

【福島】「知らねがった」 放射線量が高く住人が戻れない大熊町 町長の土地に「31億円の町役場」のあきれた復興計画 - 07月08日(土)11:10 

「町民のアンケート調査じゃ、1割しか『大熊町に戻らない』って答えているのに、税金31億円もかけて、大熊町に新庁舎をつくるなんて、おかしいですよ。しかも、建設予定地は町長の土地らしい。町長は自分に利益を誘導したいんじゃないでしょうか」 今年3月、ある大熊町民から、そんな訴えを受けた本誌取材班は、町役場新庁舎建設について取材を進めてきた。 すると、住民不在のまま「復興」の青写真が描かれ、巨額の税金がつぎ込まれている大熊町の現状が見えてきた。 大熊町は福島第一原発の立地自治体。町の96%が、年間被ばく量2...
»続きを読む
カテゴリー:

福島県・大熊町長の土地に「31億円の町役場」のあきれた復興計画(上) - 07月08日(土)06:00 

「町民のアンケート調査じゃ、1割しか『大熊町に戻らない』って答えているのに、税金31億円もかけて、大熊町に新庁舎をつくるなんて、おかしいですよ。しかも、建設予定地は町長の土地らしい。町長は自分に利益を誘導したいんじゃないでしょうか」 今年3月、ある大熊町民から、そんな訴えを受けた本誌取材班は、町役場新庁舎建設について取材を進めてきた。すると、住民不在のまま「復興」の青写真が描かれ、巨額の税金がつぎ込まれている大熊町の現状が見えてきた。 大熊町は福島第一原発の立地自治体。町の96%が、年間被ばく量20ミリシーベルト(※1)を超える恐れのある“帰還困難区域”で、約1万人の大熊町民は会津若松市や、いわき市をはじめ全国に避難中だ。役場の出張所も会津若松市、いわき市、郡山市、大熊町と4カ所に設けられている。 震災から丸6年たち、高い放射線量や廃炉作業中の原発に対する不安や、避難先での生活が長くなったことなどから、すでに「大熊町には戻らない」と決め、避難先で居を定めた町民も少なくない。 そんな状況のなか、大熊町の渡辺利綱町長(69)は今年1月、町の中心部から離れた田畑が広がる大川原地区にある“大川原復興拠点”というエリアに役場新庁舎を建設すると発表した。 新庁舎建設にかかる総事業費は約31億円(河北新報3月26日付け報道)。その資金の出...more
カテゴリー:

【社会】原子力機構の被曝事故、規定違反の疑い 届け出せず作業 担当課長「認識が不足していた」 - 06月24日(土)06:44 

 茨城県の日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターで作業員が被曝(ひばく)した事故で、原子力機構が作業員が高い放射線量を浴びる可能性がある場合に必要な届け出などをしないまま作業を行っていたことが23日、原子力規制委員会の同センターへの立ち入り検査で分かった。規制委は、保安規定違反の疑いがあるとみて調べている。  規制委によると、原子力機構は、作業員が1回に1ミリシーベルトを超える放射線を浴びる可能性がある作業を行う場合、想定される放射線量を届け出て、承認を受けることを保安規定で定めている。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「放射線量」の画像

もっと見る

「放射線量」の動画

Wikipedia

  • redirect吸収線量...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる