「放射線量」とは?

関連ニュース

福島の4町村、3万人の避難解除へ 今月末から - 03月26日(日)18:18 

政府は、東京電力福島第1原発事故で福島県浪江町、川俣町、飯舘村に出ている避難指示を31日に、富岡町への指示を4月1日に解除する。対象は放射線量が高い帰還困難区域を除く、居住制限区域と避難指示解除準備区域で、計1万1944世帯、3万1822人(2月末~3月初め時点)に上る。 しかし、病院や商業施設といった生活に必要な環境整備が不十分で、課題は多い。帰還に向け、夜間も含め自宅に長期滞在ができる準...
in English
カテゴリー:

核燃料(デブリ)撮影できず 福島第1原発 - 03月24日(金)11:11 

東京電力は23日、福島第1原発1号機の原子炉格納容器の底部にたまった高濃度汚染水の中を自走式ロボットに搭載したカメラや線量計で22日に調べた結果、新たに3カ所で最大毎時9・4シーベルトの高い放射線量を測定したと発表した。調査は22日にロボットを回収して終了。5日間で計10カ所を調べたが、溶け落ちた核燃料(デブリ)を撮影することはできなかった。 1号機では、圧力容器の土台の開口部を通じて外側に...
in English
カテゴリー:

溶融燃料、確認できず=1号機格納容器の水中-福島第1 - 03月22日(水)18:23 

 東京電力は22日、福島第1原発1号機の格納容器に投入した自走式ロボットによる調査で、新たに底部付近4カ所の画像や水中の放射線量を公表した。いずれも溶け落ちた核燃料(デブリ)が存在する可能性があると見込んだ場所だったが、飛び抜けて高い線量は測定されず、デブリらしきものも見つからなかった。 東電によると、4カ所は21日に調査した。汚染水の中の放射線量は、底部から高さ0.9~1.6メートルで毎時3~7.4シーベルト。最大値の毎時7.4シーベルトは人間が浴び続ければ1時間弱で死亡する線量だが、19日には水中の別の所で毎時11シーベルトを測定している。 岡村祐一原子力・立地本部長代理は水中の放射線量について「水面から少し潜るとぐっと下がる。底から1メートルぐらいになると上がる」と説明した。 公表された画像では水中に砂のような堆積物が写っているが、調査の最大の目的であるデブリの所在は把握できていない。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

<原発避難訴訟>福島地裁結審 判決10月10日 - 03月22日(水)06:05 

東京電力福島第1原発事故時に福島県内にいた住民ら3864人が、空間放射線量を事故前に戻す原状回復などを国と東電に求めた訴訟が21日、福島地裁(金沢秀樹裁判長)で結審した。判決は10月10日。今月17日
in English
カテゴリー:

【福島第1原発】格納容器内は広範囲に汚染 水中で毎時11シーベルト=格納容器30センチ底 - 03月21日(火)21:02 

東京電力は21日、福島第一原子力発電所1号機のロボット調査で、 原子炉格納容器の底から約30センチの高さの水中で放射線量が毎時11シーベルトあったと発表した。 周囲に溶融燃料は確認できず、格納容器内が広範囲に汚染されていることが分かった。 水は放射線を遮る効果が高いことから、東電は「格納容器底部の線量は、おおむね毎時数十シーベルトとみられる」と分析している。 また、格納容器内の金網状の作業床の上でも、人が20分間ほどで死亡する恐れがある毎時12シーベルトに達していた。 東電は18日から4日間...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【福島】放射能への不安、残ったまま 前例のない除染事業完了へ - 03月26日(日)10:42 

http://www.asahi.com/articles/ASK3B0CX9K39UGTB017.html  原発事故から6年。飛散した放射性物質を除去するという前例のない除染事業が3月末でほぼ完了する。 約2・6兆円を投じた一大事業となったが、放射線への住民の不安は残ったままだ。いまなお避難する約8万人の住民の帰還を促すテコにはなっていない。 避難指示区域の除染、3月末で完了へ 福島の11市町村  3月中旬、避難指示解除と除染計画の期限を控えた福島県浪江町では、追い込みの除染作業が急ピッチで進められていた。  「町中どこもかしこもダンプカー...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

溶融燃料撮影できず=1号機内部の線量に差-福島第1 - 03月23日(木)18:55 

 東京電力は23日、福島第1原発1号機の格納容器にロボットを入れて実施した調査で、新たに汚染水がたまった内部の映像や放射線量を公表した。ロボットの調査は22日に終了したが、溶け落ちた核燃料(デブリ)とみられるものは撮影できなかった。 東電は、デブリがあると見込んでいた場所の周辺は放射線量が高いと説明。デブリの存在を類推できる可能性もあるとしている。 東電によると、22日の調査で、デブリがあると見込んだ場所の放射線量は、格納容器の底から高さ約90センチの水中で毎時9.4シーベルト。人間が浴び続ければ45分程度で死亡する線量だった。堆積物があり、底は撮影できなかった。 一方、デブリがないと想定した場所では、底から約60センチで毎時1.6シーベルト、約30センチで同5.4シーベルトだった。 政府と東電は今年夏にデブリの取り出し方針を決める予定だが、1~2月に調査した2号機もデブリの位置を特定できなかった。3号機の内部調査はまだ実施されていない。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

玄海原発の防災、業務計画を修正 九電 - 03月22日(水)10:07 

九州電力は21日、玄海原発(東松浦郡玄海町)で事故が発生した場合の対応をまとめた「原子力事業者防災業務計画」の一部を修正し、首相と原子力規制委員会に届けた。 主な修正点は3点。基準以上の放射線量の検出といった、原子力災害対策特別措置法(原災法)第10条に基づく異常通報の前段階の「警戒事態」に該当する事象が起きた際の連絡先に、オフサイトセンターと各自治体の災害警戒本部を追加。避難用の車両を配備...
in English
カテゴリー:

頭に東京~とつく名の会社は糞多いよな 11Sv/h - 03月21日(火)23:23 

東京電力は21日、福島第1原発1号機の原子炉格納容器内部に自走式ロボットを投入した20日までの調査の結果、格納容器底部の水中で最大毎時11シーベルトの 高い放射線量を測定したと発表した。水中で撮影した画像には、何らかの構造物が溶けて固まったような堆積物が写っていたが、溶け落ちた核燃料(デブリ)の可能性 は低いという。  デブリが付近にあるかどうかについて、東電は「これまでの画像と線量だけでは判断できない」としている。  東電が新たに公表したのは19日と20日に調査した計2カ所。 https://www...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

福島第一原発1号機の内部調査延長へ 燃料デブリ確認できず - 03月21日(火)20:50 

東京電力福島第一原子力発電所1号機で行われている内部調査について、東京電力は、ロボットが配管などの構造物に阻まれ、21日に終える予定だった調査を22日まで延長することにしました。内部にたまっている水中で、1時間当たり11シーベルトと高い放射線量が計測されましたが、燃料デブリは確認できていないということです。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「放射線量」の画像

もっと見る

「放射線量」の動画

Wikipedia

  • redirect吸収線量...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる