「放射線量」とは?

関連ニュース

山梨大:宇宙マウス、ひ孫まで元気 ISS保管精子で繁殖 - 05月23日(火)04:00 

宇宙放射線量は地上の100倍 外見や寿命に異常なし  山梨大の若山照彦教授(発生工学)らの研究グループは、強い放射線で遺伝子の損傷が起きやすい宇宙空間で約9カ月間保管した精子を使って生まれたマウス「宇宙マウス」が健康な状態で、正常な繁殖能力を持っていたと発表した。宇宙空間でも哺乳類が繁殖できる可能性を示した世界初の報告で、23日(日本時間)付の米国科学アカデミー紀要(電子版)に掲載される。
カテゴリー:

福島県浪江山林火災 放射性物質流出「ない」 - 05月19日(金)09:50 

林野庁は18日、福島県浪江、双葉両町で発生した山林火災の現地調査の結果概要を明らかにした。一帯の空間放射線量は毎時0.8〜1.2マイクロシーベルトで、周囲と変化はなかった。放射性セシウムは土壌に吸着す
カテゴリー:

汚染土:再利用の実証実験 環境省が公開 福島・南相馬 - 05月17日(水)20:56 

 環境省は17日、東京電力福島第1原発事故に伴う除染で出た汚染土の再利用に向けた実証実験を福島県南相馬市で報道陣に公開した。今後、汚染土を他の土で遮蔽(しゃへい)した高さ約5メートルの盛り土を造成し、約1年間かけて定期的に放射線量を計測した上で、安全性が確認できれば公共事業などでの利用を促す。
カテゴリー:

【マスコミ】紀伊民報、福島山火事で「放射性物質飛散」 コラムで陳謝 - 05月08日(月)21:40 

 和歌山県南部の夕刊紙「紀伊民報」(本社・同県田辺市)が、東京電力福島第1原発事故の帰還困難区域で発生した山火事に関し、放射性物質の拡散を指摘するコラムを掲載したところ、福島県の被災者らから「風評被害を助長する」などの声が寄せられ、8日発行の9日付同欄で「心配をかけ、迷惑を与えた」と陳謝した。  問題になったコラムは2日付1面の「水鉄砲」。東電元社員の情報を基に「放射能汚染の激しい地域では森林除染ができておらず、火災が起きれば花粉が飛ぶように放射性物質が飛散するという」と記述し、不安に応える政...
»続きを読む
カテゴリー:

【福島】浪江の山火事、放射性物質拡散による健康不安をあおる情報などネット上でデマ拡散 専門家ら「まどわされないで」 - 05月03日(水)12:57 

浪江の山火事デマ拡散 専門家ら「まどわされないで」 2017年05月03日 08時01分     東京電力福島第1原発事故で帰還困難区域になっている浪江町井手の十万山で4月29日に発生した 山林火災は、2日になっても鎮火しなかった。インターネット上には放射性物質の拡散による 健康不安をあおる信ぴょう性が低い情報や、その情報を否定する書き込みが集中している。 火災に伴う放射線量の上昇による健康への影響はない。 インターネットは誤った情報もネット上に残るのが特徴で対応が課題となりそう。 「浪江町の火災で毒ガス...
»続きを読む
カテゴリー:

【JAEA】土壌のセシウム深さ可視化 上空から放射線測定 JAEA技術開発 - 05月21日(日)20:43 

日本原子力研究開発機構(JAEA)は土壌に含まれている放射性セシウムの深さを可視化する技術を開発した。検出器を搭載した無人ヘリやドローンで上空から放射線を捉える。 従来は採取した土壌を分析するか空間放射線量から推計していた。県や国などは東京電力福島第一原発事故に伴う帰還困難区域などの農地除染、旧避難区域での営農再開の判断に有効な技術として活用の検討に入った。 ■営農再開へ活用検討 測定の仕組みと深度分布マップの例は【図】の通り。検出器はセシウムのガンマ線が土壌粒子などに衝突した際に生じる「散乱...
»続きを読む
カテゴリー:

<旧避難指示区域>木材生産の再開決定 - 05月18日(木)09:41 

東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が解除された福島県内の市町村の国有林について、林野庁は木材生産事業などを7年ぶりに再開することを決めた。原発事故から6年が経過して森林の空間放射線量が下がり、作業
カテゴリー:

【芸能】「私が言わなあかんねん」!? くわばたりえの“一般ママ代表気取り”、やめてほしい - 05月14日(日)08:04 

「クワバタオハラ」のくわばたりえ(41)が、8日放送の『好きか嫌いか言う時間』(TBS系)に出演し、医師に対して持論を展開し、いわゆるプチ炎上状態にある。 この日の放送は「病院の言い分VS患者のクレーム」というテーマで、医療従事者と出演タレントたちが議論を交わすもの。 “治らないなら治療費を返せ”という患者側のクレームを紹介し、ゲストの大竹真一郎医師が「医者と患者さんの契約は必ず(病状を)よくするというものではない。 最善を尽くして診療にあたるというのが契約」であると説いた。 ところが、これに噛み付...
»続きを読む
カテゴリー:

【福島】帰還困難区域の浪江町山火事いまだ鎮火せず 周辺の放射線量に目立った変化はなし - 05月07日(日)10:20 

原発事故の影響で帰還困難区域に指定されている浪江町で起きた山火事は、発生から1週間が過ぎた6日も鎮火には至っていませんが、 福島県によりますと夕方までに火や煙がほとんどみられない状態になったということです。 自衛隊などでは、完全に火が消えるまで7日も活動することにしています。 この山火事は4月29日、浪江町井手の山林から出火したもので、福島県や、県から災害派遣要請を受けた自衛隊のヘリコプターなどが消火活動を続けています。 発生から8日目となった6日も上空や地上から消火活動が行われ、県によりま...
»続きを読む
カテゴリー:

【福島】帰還困難区域の山林で火事 消火活動続く 自衛隊に災害派遣要請 浪江町 - 04月30日(日)18:32 

東京電力福島第一原子力発電所の事故による帰還困難区域となっている 福島県浪江町の山林から煙が上がっていると、29日の夕方、消防に通報があり、丸1日がたった今も燃え続けています。 けが人や建物の被害はありませんが、福島県は自衛隊に災害派遣を要請し、消火活動が続けられています。 29日午後4時半ごろ、福島県浪江町井出の山林から、「煙が上がっている」と消防に通報があり、 30日朝早くから福島県や宮城県などのヘリコプターが出て消火にあたりました。 火は、30日午前7時半すぎに、いったんほぼ消し止めら...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「放射線量」の画像

もっと見る

「放射線量」の動画

Wikipedia

  • redirect吸収線量...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる