「放射性降下物」とは?

関連ニュース

核攻撃を受けた時に生き延びる方法 by スプートニク - 11月15日(水)23:02  news

世界に核兵器が存在するあいだ、核戦争の危機は残る。有事にどう備え、核攻撃の際には何をすべきなのか、スプートニクが紹介する。 核攻撃の場合、日本では全国瞬時警報システム(Jアラート)が接近を伝える。防災無線によって、いかに行動し、着弾まで何分あるかが知らされる。 警報はあなたがどこにいようと起きる可能性がある。家でも職場でも、道端でもだ。 あなたが最初に行うべきことは、避難所を見つけることだ。近くにシェルターがあれば運がいい。救われるチャンスは何倍にも跳ね上がる。 もしなければ、必要なものを...
»続きを読む
カテゴリー:

「放射性降下物」の画像

もっと見る

「放射性降下物」の動画

Wikipedia

放射性降下物(ほうしゃせいこうかぶつ、)またはフォールアウト()爆発で生じた物質がいったん上空に舞い上がった後、地上に「降下する」ことからフォールアウトと名づけられた。爆発地点から遠く離れた所に落下するものを放射性降下物といい、爆発地点に落ちてきたものを戻り降下物という。とは核兵器原子力事故などで生じた放射性物質を含んだ塵を言う服部(2001) 。広域な放射能汚染を引き起こす原因はこの放射性降下物である。

一般には死の灰という俗称で知られるカール・セーガンらは、全面核戦争の際には、大量に発生した放射性降下物が大気中に拡散し、太陽光線を遮る影響で「核の冬」が起きると主張している。。日本では第五福竜丸事件が有名である。

概要

核実験については、米ソを中心として大気中での核実験が1950年代から1963年に部分的核実験禁止条約が締結されるまで行なわれた1945年7月16日にア...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる