「改定案」とは?

関連ニュース

年金受給開始70歳超、就労環境と共に検討 厚労相 - 01月19日(金)13:12 

 「高齢社会対策大綱」の改定案に盛り込まれた年金の受給開始年齢を70歳を超えても選択可能とする制度変更の検討について、加藤勝信厚生労働相は19日の閣議後の会見で、「7割近くが65歳を超えても働きたいと…
カテゴリー:

年金開始、70歳超可能に 政府 - 01月18日(木)12:54  news

政府は17日、中長期的な高齢者施策の指針「高齢社会対策大綱」の改定案を、自民党内閣・厚生労働部会の合同会議に示し、 了承された。公的年金の受給開始年齢を遅らせ、70歳を超えても選べる制度を盛り込むことが柱。60~64歳の就業率目標も引き上げる。 元気な高齢者の就業を促し、年金財政の安定につなげる。 政府は月内に大綱を閣議決定する。その後、厚労省で年金の具体的な制度設計を検討し、2020年までに関連法改正案の 国会提出を目指す。 現行の年金の受給開始年齢は原則65歳で、60~70歳の範囲で選...
»続きを読む
カテゴリー:

終末期指針:在宅も適用の改定案 延命意思、何度も確認を - 01月17日(水)20:41 

 厚生労働省は17日、終末期医療の指針の改定案を有識者検討会に示した。在宅でのみとりを望む人の増加などを踏まえ、医療機関だけでなく在宅や介護施設での対応にも適用されることを明確化した。本人の意思確認の際には繰り返し話し合うよう促してもいる。改定は2007年の策定以来初めて。年度内に改定する。
カテゴリー:

韓国大統領の年収が確定 今年は約2340万円 - 01月16日(火)11:53 

【ソウル聯合ニュース】韓国の閣僚や公務員の報酬や手当に関する規定の改定案が16日に閣議決定され、大統領の今年の年収(手当除く)は2億2479万8000ウォン(約2340万円)に決まった。昨年に比べ500万ウォン上がった。人事革新処が伝えた。
カテゴリー:

【ネパール】エベレストの単独登山を禁止、安全対策で規制改定 - 12月31日(日)00:57  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3157116?cx_position=3 2017年12月30日 20:48 発信地:カトマンズ/ネパール 【12月30日 AFP】ネパール当局は、事故を減らすための措置として、世界最高峰エベレスト(Mount Everest)を含め、同国内の山に単独で登ることを禁止した。当局者が30日、明らかにした。  ネパール内閣は28日、同国の登山規制の改定案を承認。来春の登山シーズンを前に示されている一連の対策の一つとして、国内の山の単独登山を禁止した。  AFPの取材に応じたマヘショア・ニューペーン(Maheshwor Neupane)文化・...
»続きを読む
カテゴリー:

安倍政権vs小泉元首相。国民が迫られる原発ゼロか新設かの選択 - 01月19日(金)05:00 

未だ収束の見通しが立たない福島第一原発事故から7年が経とうとしていますが、この春にも経産省の有識者会議によるエネルギー基本計画の改定案がまとまる見通しです。メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者で元全国紙社会部記者の新 恭さんによれば、その狙いは「原発の新設、建て替えを計画に盛り込むこと」とのこと。新さんは今回の記事中、国会への「原発ゼロ法案」の提出を目指す小泉・細川両元総理や立憲民主党の動きを紹介しながら安倍官邸のエネルギー政策を批判するとともに、脱原発の可能性を探っています。 原発ゼロか新設か、国民は選択を迫られる 安倍政権で原発ゼロは難しい。原発への依存度を低くするという公約の逆のことをやっている。よく恥ずかしくないな。あきれるよ。 超党派で原発ゼロ法案の国会提出をと呼びかける小泉純一郎元首相は、1月10日、安倍政権のエネルギー政策について激しい言葉で批判した。 昨年夏以降、経産省はエネルギー基本計画の見直しにとりかかった。狙いは原発の新設、建て替えを計画に盛り込むことだ。再稼働できても、いずれ原子炉の寿命は尽きる。新たに造らない限り、この国の電源から原発はなくなる。 現在、日本の全電源のうち、原子力発電の占める割合はわずか2%ていど。それを、2030年に20~22%まで復活させるというのが政府のエネルギー計画だ。 全国43基のうち稼働中なのは、川内原発1、2号機と高...more
カテゴリー:

人生最後の医療、繰り返し話し合うべき 指針改定へ - 01月18日(木)05:13 

 人生の最終段階で、望んだ医療を受けられるようにするための指針の改定案を厚生労働省がまとめた。積極的な治療を望まない、自宅や介護施設で最期を迎えたいといった希望に沿えるように患者や家族、医療者らが繰り…
カテゴリー:

終末期医療のガイドライン改定案 専門家会議に提示 厚労省 - 01月17日(水)18:58 

住み慣れた自宅で人生の最期を迎えたいという高齢者が多いことから、厚生労働省は、終末期の治療方法を選ぶ手順などを定めたガイドラインの改定案をまとめ、17日に開かれた専門家会議に提示しました。
カテゴリー:

【看取り】終末期医療、国のガイドラインを初の改定へ 病院から自宅・施設での看取りに対応 - 01月07日(日)13:21  newsplus

厚生労働省は、終末期医療に関し治療方針の決定手順などを定めた国の指針(ガイドライン)を改定する方針を決めた。2007年の策定以来、内容の改定は初めて。現在は主に病院を念頭に置いているため、自宅や施設でのみとりに活用できるよう見直す。患者が最期の過ごし方を周囲と話し合い、意思決定できるよう医師らが支援することの重要性も盛り込む。  国は住み慣れた場所で最期まで暮らせるようにする「地域包括ケア」や在宅医療の普及を進めており、それらに合わせて指針の見直しが必要と判断した。  今月中に改定案を有識者...
»続きを読む
カテゴリー:

エベレストの単独登山を禁止。両脚or両腕が無い人や目の見えない人もだめ - 12月30日(土)22:04  news

ネパール当局は、事故を減らすための措置として、世界最高峰エベレスト(Mount Everest)を含め、 同国内の山に単独で登ることを禁止した。当局者が30日、明らかにした。 ネパール内閣は28日、同国の登山規制の改定案を承認。来春の登山シーズンを前に示されている 一連の対策の一つとして、国内の山の単独登山を禁止した。 AFPの取材に応じたマヘショア・ニューペーン(Maheshwor Neupane)文化・観光・民間航空相によれば、 今回の規制改定は登山をより安全にし、死亡事故を減らすための措置だという。 エベレストにはこれ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「改定案」の画像

もっと見る

「改定案」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる