「支社長」とは?

関連ニュース

話題の新機種&新サービス続々!NTTドコモ 2018夏発表会に行ってきた! - 05月18日(金)10:28 

 株式会社NTTドコモ関西支社(大阪市・北区)で、5月16日に行われた「NTTドコモ 2018夏 新サービス・新商品発表会」。 株式会社ドコモ 紀伊肇 関西支社長による、最新機種とのフォトセッション 今回は、ドコモ専用機種を含む11の新機種の発表を中心に、毎日の生活をより便利に、快適にしてくれるAIエージェントサービス「my daiz(マイデイズ)」、dポイントによるポイント投資サービス、自転車シェアリングサービスの拡充など、多彩で期待感の高まる発表会となった。 3つの周波数帯を束ねたキャリアアグリゲーションで、通信速度が受信時最大約1Gbps、送信時最大75Mbpsに対応したモデルがラインナップした新機種の中で、一番気になったのは、世界初のLEICAトリプルカメラを搭載した「HUAWEI(ファーウェイ) P20 Pro HW-01K」。4,000万画素の超高解像度カラーセンサーとモノクロセンサーで、1眼レフ並みの深みのあるぼかしと、色鮮やかな写真を簡単に撮ることができ、すでに発売されている海外の画像比較サイトでは高い評価を受けている。さらにこの機種は、日本ではドコモ専用でプレミアム感もいっぱい! また人気のXPERIAは、デュアルカメラを搭載した「XPERIA XZ2 Premium SO-04K」や、4K HDR動画撮影に対応したモデルに、前回も女性に好評だったコンパクトタイ...more
カテゴリー:

セブパシフィック航空、日本支社開設 アジア太平洋地域で事業拡大 - 05月17日(木)19:41 

セブパシフィック航空は、5月16日に日本支社を開設した。 アジア太平洋地域での事業拡大戦略の一環として開設するもので、団体予約サービス、航空券販売、顧客サポート、プロモーション活動などを行う。日本支社長にはカタール航空日本支社長、タイガーエア・台湾の日本地区支配人を務めた、松本智彦氏が就任した。 松本知彦日本支社長は、「日本支社をこの度無事に開設できたことを光栄に思っております。日本とフィリピン間において貿易や観光の機会はたくさんあります。我々のミッションは、日本市場とセブパシフィック航空本社との橋渡しをすることです。1年を通して低価格を実現しているセブパシフィック航空では今後も、日本人のお客様に対してより多くの選択肢を提供していきます。そして、多くの日本のお客様にフィリピン旅行に魅力を感じていただき、セブパシフィック航空を、より多くの機会でご利用いただけることを楽しみにしています」とコメントしている。 セブパシフィック航空は、東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・福岡〜マニラ線と東京/成田〜セブ線を週70便運航している。日本就航から10年を迎え、2017年の利用者数は43.5万人以上となった。 ⇒詳細はこちら 投稿 セブパシフィック航空、日本支社開設 アジア太平洋地域で事業拡大 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

オーストリア航空、東京/成田〜ウィーン線の運航再開 年内に5.7万席を供給 - 05月16日(水)15:39 

オーストリア航空は、東京/成田〜ウィーン線の運航を、5月15日(東京/成田発は翌16日)より、再開した。 ボーイング777-200型機を使用して、週5便を運航する。年内の供給座席数は57,000席となる見通し。ウィーンからは、日本人の中で需要が高い乗り継ぎ先である、プラハ、ザグレブ、インスブルック、ミラノへ最大で週37便を運航している。そのほかに世界約130都市、中欧と東欧の35都市を結んでいる。 ルフトハンザグループのシュテファン・リンハルト旅客部門シニアディレクター(オーストリア&スロバキア地区セールス担当)は、「成田〜ウィーン線は経済的な理由から2016年に運航の一時停止を余儀なくされました。市場環境が大幅に改善した現在、同路線には再び需要が生まれています。短期間のうちに日本市場に戻ることができたことを大変うれしく思います」。ドナルド・ブンケンブルク日本・韓国支社長は、「オーストリア航空の新たなフライトはルフトハンザ グループが現在東京から運航している路線を補完するものです。毎日最大4便のフライトや差別化されたスケジュール、多様な3つの機内プロダクト、羽田と成田という東京の両空港をカバーすることなどを通じて、ルフトハンザグループは一層魅力を高めてまいります」とコメントしている。 ■ダイヤ OS52 東京/成田(14:00)〜ウィーン(19:00) OS51 ...more
カテゴリー:

神奈川新聞・前横須賀支社長に執行猶予付き有罪判決 - 05月15日(火)20:09 

 女子高校生のスカートの中を盗撮した罪などに問われた神奈川新聞の前の横須賀支社長に対し、横浜地裁は、執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。
カテゴリー:

【鉄】JR西日本が新保安システム導入 列車が制限速度を超えたりオーバーランをしそうになったりすると自動的にブレーキが掛かります - 05月12日(土)12:12  newsplus

JR西日本が新保安システム導入 *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/hiroshima/20180512/4000000747.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を JR西日本は鉄道事故を防ぐため、列車の走行位置とあらかじめ登録した 制限速度などの情報を照合することで、列車を制御する新たな保安システムを5月から導入します。 この保安システムは、JR西日本が10年前から開発を進めてきたもので、 227系という新型車両に搭載したデータベースを用います。 車輪の回転数などから...
»続きを読む
カテゴリー:

セブパシフィック航空、日本支社開設 アジア太平洋地域で事業拡大 - 05月17日(木)19:41 

セブパシフィック航空は、5月16日に日本支社を開設した。 アジア太平洋地域での事業拡大戦略の一環として開設するもので、団体予約サービス、航空券販売、顧客サポート、プロモーション活動などを行う。日本支社長にはカタール航空日本支社長、タイガーエア・台湾の日本地区支配人を務めた、松本智彦氏が就任した。 松本知彦日本支社長は、「日本支社をこの度無事に開設できたことを光栄に思っております。日本とフィリピン間において貿易や観光の機会はたくさんあります。我々のミッションは、日本市場とセブパシフィック航空本社との橋渡しをすることです。1年を通して低価格を実現しているセブパシフィック航空では今後も、日本人のお客様に対してより多くの選択肢を提供していきます。そして、多くの日本のお客様にフィリピン旅行に魅力を感じていただき、セブパシフィック航空を、より多くの機会でご利用いただけることを楽しみにしています」とコメントしている。 セブパシフィック航空は、東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・福岡〜マニラ線と東京/成田〜セブ線を週70便運航している。日本就航から10年を迎え、2017年の利用者数は43.5万人以上となった。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

セブ・パシフィック航空が日本支社開設。訪日利用者が多いなか日本人旅客増を目指す - 05月17日(木)00:00 

 セブ・パシフィック航空は5月16日、アジア・太平洋地域における事業拡大戦略の一環として、マーケティングやプロモーションを含めた事業活動を行なう日本支社を開設。日本支社長らによる記者会見が行なわれた。
カテゴリー:

オーストリア航空、東京/成田〜ウィーン線の運航再開 年内に5.7万席を供給 - 05月16日(水)15:39 

オーストリア航空は、東京/成田〜ウィーン線の運航を、5月15日(東京/成田発は翌16日)より、再開した。 ボーイング777-200型機を使用して、週5便を運航する。年内の供給座席数は57,000席となる見通し。ウィーンからは、日本人の中で需要が高い乗り継ぎ先である、プラハ、ザグレブ、インスブルック、ミラノへ最大で週37便を運航している。そのほかに世界約130都市、中欧と東欧の35都市を結んでいる。 ルフトハンザグループのシュテファン・リンハルト旅客部門シニアディレクター(オーストリア&スロバキア地区セールス担当)は、「成田〜ウィーン線は経済的な理由から2016年に運航の一時停止を余儀なくされました。市場環境が大幅に改善した現在、同路線には再び需要が生まれています。短期間のうちに日本市場に戻ることができたことを大変うれしく思います」。ドナルド・ブンケンブルク日本・韓国支社長は、「オーストリア航空の新たなフライトはルフトハンザ グループが現在東京から運航している路線を補完するものです。毎日最大4便のフライトや差別化されたスケジュール、多様な3つの機内プロダクト、羽田と成田という東京の両空港をカバーすることなどを通じて、ルフトハンザグループは一層魅力を高めてまいります」とコメントしている。 ■ダイヤ OS52 東京/成田(14:00)〜ウィーン(19:00) OS51 ウィーン(17:...more
カテゴリー:

盗撮“常習”元神奈川新聞支社長に有罪判決 5/15 18:20更新 - 05月15日(火)18:20 

去年から今年にかけて、常習的に、喫茶店のトイレ内に盗撮目的で小型カメラを設置したなどの罪に問われていた神奈川新聞の元支社長に、横浜地裁横須賀支部は15日、懲役2年・執行猶予4年を言い渡した。
カテゴリー:

【横浜地裁】女性宅に盗撮目的で侵入、飲食店トイレには小型カメラを設置 元神奈川新聞支社長(59)、起訴内容認める - 04月25日(水)19:45  newsplus

盗撮目的で女性宅へ侵入したなどとして、住居侵入と県迷惑防止条例違反の罪に問われた元神奈川新聞横須賀支社長、熊坂哲司被告(59)に対する初公判が24日、横浜地裁横須賀支部(植村幹男裁判官)であり、熊坂被告は起訴内容を認めた。 起訴状によると、熊坂被告は2016年11月18日、無施錠だった横浜市内の女性宅に盗撮目的で侵入し、17年10月14日には横須賀市内の飲食店トイレに盗撮目的で小型カメラを設置するなどしたとされる。検察側は冒頭陳述で、今年1月には熊坂被告が毎日のように盗撮を繰り返していたことな...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「支社長」の画像

もっと見る

「支社長」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる