「支援策」とは?

関連ニュース

コラム:政府は農業のIT化促進に重点投資すべき、ばらまきは不毛 - 11月22日(水)18:41 

[東京 22日 ロイター] - 政府は環太平洋連携協定(TPP)や欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)で打撃を受ける国内農業の支援策として、生産者支援のための赤字補てんなどを検討しているが、農業支援の抜本策には自動化を含むIT化の促進が重要だ。農業とITは「相性」がよく、米国などでは大規模な自動化・IT化が進行している。カネをばらまくコメ自由化対策が不毛だったことをみれば、同じ轍を踏まない「知恵」の活用を政府に求めたい。
カテゴリー:

【調査】 貧富による学力差は 「小4から拡大傾向」★3 - 11月21日(火)00:28  newsplus

経済的に困窮している世帯とそうでない世帯の子供の学力格差が小学4年生頃に広がる傾向にあることがわかった。 大阪府箕面市が2014~16年度、小中学生らを対象に実施した学力や生活状況の調査データをもとに、日本財団(東京)が分析した。 同財団は、箕面市の生活保護受給世帯とそれ以外の世帯の小学1年生~中学2年生約1万人について、 同市が14~16年度に実施した国語や算数・数学などの学力テストの平均偏差値を比較した。 市の困窮する子供への支援策を検討するため、同財団で分析した。 分析では、国語で差が...
»続きを読む
カテゴリー:

【調査】 貧富による学力差は 「小4から拡大傾向」 - 11月20日(月)17:14  newsplus

経済的に困窮している世帯とそうでない世帯の子供の学力格差が小学4年生頃に広がる傾向にあることがわかった。 大阪府箕面市が2014~16年度、小中学生らを対象に実施した学力や生活状況の調査データをもとに、日本財団(東京)が分析した。 同財団は、箕面市の生活保護受給世帯とそれ以外の世帯の小学1年生~中学2年生約1万人について、 同市が14~16年度に実施した国語や算数・数学などの学力テストの平均偏差値を比較した。 市の困窮する子供への支援策を検討するため、同財団で分析した。 分析では、国語で差が...
»続きを読む
カテゴリー:

河野外相:ロヒンギャ難民視察 21億円の緊急支援決める - 11月19日(日)23:34 

 河野太郎外相は19日午後(日本時間同)、バングラデシュ南東部コックスバザールを訪れ、隣国ミャンマーから大量に流入しているイスラム教徒少数民族ロヒンギャの難民キャンプを視察した。現地のニーズを日本の支援策に反映させ、問題の早期収拾に向けて協力姿勢を示す狙い。これに先立ち、首都ダッカでアリ外相と会談し、食料など総額1860万ドル(約21億円)の緊急支援を決めたと伝達した。
カテゴリー:

外相 ロヒンギャ避難民支援を伝達へ きょうバングラデシュ訪問 - 11月18日(土)04:15 

河野外務大臣は、18日からミャンマーの少数派・ロヒンギャの多くの住民が避難しているバングラデシュを訪れ、外相会談などで避難民への支援策として1800万ドル余りの資金協力を行う考えを伝えることにしています。
カテゴリー:

【調査】 貧富による学力差は 「小4から拡大傾向」★4 - 11月21日(火)12:41  newsplus

経済的に困窮している世帯とそうでない世帯の子供の学力格差が小学4年生頃に広がる傾向にあることがわかった。 大阪府箕面市が2014~16年度、小中学生らを対象に実施した学力や生活状況の調査データをもとに、日本財団(東京)が分析した。 同財団は、箕面市の生活保護受給世帯とそれ以外の世帯の小学1年生~中学2年生約1万人について、 同市が14~16年度に実施した国語や算数・数学などの学力テストの平均偏差値を比較した。 市の困窮する子供への支援策を検討するため、同財団で分析した。 分析では、国語で差が...
»続きを読む
カテゴリー:

【調査】 貧富による学力差は 「小4から拡大傾向」★2 - 11月20日(月)22:01  newsplus

経済的に困窮している世帯とそうでない世帯の子供の学力格差が小学4年生頃に広がる傾向にあることがわかった。 大阪府箕面市が2014~16年度、小中学生らを対象に実施した学力や生活状況の調査データをもとに、日本財団(東京)が分析した。 同財団は、箕面市の生活保護受給世帯とそれ以外の世帯の小学1年生~中学2年生約1万人について、 同市が14~16年度に実施した国語や算数・数学などの学力テストの平均偏差値を比較した。 市の困窮する子供への支援策を検討するため、同財団で分析した。 分析では、国語で差が...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】不妊治療のために2割が退職 仕事との両立困難 支援制度立ち遅れ - 11月20日(月)09:30  newsplus

不妊治療で2割退職 両立困難 支援制度立ち遅れ 東京新聞:2017年11月20日 朝刊 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201711/CK2017112002000101.html  仕事をしながら不妊治療をした人のうち、両立が困難になって退職した人が五人に一人いることが、支援団体の調査で分かった。 検査や治療で頻繁に通院しなければならず、生理周期に合わせて急に診察日が決まるなど、予定を立てにくい。 上司らに相談できないといった精神的な負担もある中で、職場の制度や国の支援は遅れている。 治療を続ける本紙読者らは「...
»続きを読む
カテゴリー:

中小企業の税優遇を軸に 首相、生産性革命の具体化指示 - 11月18日(土)06:04 

 安倍晋三首相は17日開かれた未来投資会議で、目玉政策「生産性革命」の具体化を急ぐよう関係閣僚に指示した。政府はこれを踏まえ、中小企業への支援策を中心に検討する。設備投資を拡大した中小企業への固定資産税優遇のほか、3%以上の賃上げをした企業の法人税減税などが軸となる。これらの政策をパッケージとして取りまとめ、12月8日にも閣議決定する。
カテゴリー:

安倍晋三首相、未来投資会議で「産性革命」の具体化を指示 中小へ税優遇 - 11月17日(金)22:13 

 安倍晋三首相は17日の未来投資会議で、目玉政策「生産性革命」の具体化を急ぐよう関係閣僚に指示した。政府はこれを踏まえ、中小企業への支援策を中心に検討する。設備投資を拡大した中小企業の固定資産税を優遇するほか、3%以上の賃上げを実施した企業の法人税減税などが軸となる。これらの政策はパッケージとして取りまとめ、12月8日にも閣議決定する。
カテゴリー:

もっと見る

「支援策」の画像

もっと見る

「支援策」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる