「支払手数料」とは?

関連ニュース

ピーチ、札幌/千歳〜台北/桃園線開設 国内航空会社の札幌/千歳発着国際線は14年ぶり - 09月24日(日)20:01 

ピーチは、札幌/千歳〜台北/桃園線を9月24日より開設した。週3便を運航する。 ピーチは2018年度にも新千歳空港を、関西国際空港、那覇空港、仙台空港に次ぐ第4拠点化する意向で、北海道路線の拡充に先立ち、ネットワークを強化する。同日には福岡、仙台線の国内線2路線も開設しており、新千歳空港を発着する路線数は4路線に増えた。 日本の航空会社による、新千歳空港を発着する国際線の路線開設は14年ぶり。札幌/千歳〜台北/桃園線は、エバー航空が1日2便、チャイナエアラインが同1便、スクートがの週3便の合わせて週24便を運航している。 新千歳空港発初便となるMM725便は、乗客151名と乳児6名を乗せて、午後5時2分に出発。乗客の約3分の2が外国人だった。 「ハッピーピーチ」の片道運賃は、8,080円から40,480円となる。支払手数料、空港使用料、諸税は別途必要となる。 ■ダイヤ MM725 札幌/千歳(16:45)〜台北/桃園(20:00) MM726 台北/桃園(11:00)〜札幌/千歳(15:55) ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ピーチ、仙台〜札幌/千歳線を開設 第3拠点化で積極的に路線拡大へ - 09月24日(日)17:59 

ピーチは、仙台〜札幌/千歳線を、きょう9月24日より開設した。1日2便を運航する。 仙台国際空港で開催したセレモニーには、井上慎一代表取締役社長のほか、宮城県の村井嘉浩知事、仙台国際空港の岩井卓也取締役社長、ゆるキャラのむすび丸と楽天イーグルスのクラッチが出席した。 仙台国際空港ではピア棟を建設中で来年秋に開業を予定している。運用時間の拡大へ向けた議論も継続しており、ピーチは将来的に路線網を拡大していく計画。当初は夜間駐機を行わない。仙台国際空港は、日本の格安航空会社(LCC)が東北地方で唯一就航しており、LCCの拠点化は初めて。 ハッピーピーチの片道運賃は、仙台〜札幌/千歳線は4,290円から23,190円、仙台〜台北/桃園線は7,580円から39,980円となる。いずれも支払手数料と空港使用料、諸税は別途必要となる。 あす9月25日からは、仙台〜台北/桃園線を週4便で開設する。これにより、ピーチの仙台発着路線は、2013年4月に運航を開始した大阪/関西線を合わせた、国内線2路線、国際線1路線の計3路線に拡大する。 ピーチは、2011年に設立。2012年3月に関西国際空港を拠点として運航を開始した。2014年7月には那覇空港を第2拠点化しており、仙台空港は3つ目の拠点となる。現在は19機のエアバスA320型機を保有しており、1日90便以上を運航している。 ■ダイヤ MM...more
カテゴリー:

目の前のダイナミックなトマムの雲海に感動! 秋の味覚と絶景を楽しむ北海道1泊2日旅 - 09月21日(木)20:00 

9月24日、格安航空会社(LCC)のPeachに福岡~札幌(新千歳)便が就航し、なんと片道5690円~北海道へ遊びに行けるようになりました!(支払手数料、空港使用料等は別途)。ここまでお得だと、お出かけ感覚で1泊2日のプチトリップもいいですね。 オホーツクの塩やチーズなど、5種のトッピングで5品種を味わえる「じゃがいも5品種食べ比べ」 この秋に訪れるなら、十勝エリアにある雲海で有名な星野リゾート トマムがおすすめ。収穫祭が開催されていて、北海道の食と雄大な自然の両方を欲張れちゃいますよ♪ ■ 1日目11:45 ゆっくりめの出発で準備万全! 福岡発、札幌行きはMM456便の1日1便。11:45の出発です。約2時間半の空の旅を楽しみ、北の玄関口・新千歳空港に14:05到着したら、ここからトマムまではJRを利用。快速エアポートで1駅、南千歳駅で乗り換え、特急スーパーとかちなどでトマム駅へ。トマム駅前には星野リゾート トマムの送迎バスが待っています。 ■ 1日目16:00 ジャガイモの食べ比べを楽しもう 2つのホテル「リゾナーレトマム」「ザ・タワー」がランドマークの星野リゾート トマムは、敷地内にインドアビーチや水の教会、アクティビティセンターなど施設が充実し、一日中遊べるリゾート。今秋は、ジャガイモにスポットを当てたイベントを開催中です! 星野リゾート トマム ■住所:占冠村中トマム ■...more
カテゴリー:

ジェットスター・ジャパン、東京/成田〜宮崎線で就航記念セール 片道871円 - 09月20日(水)16:33 

ジェットスター・ジャパンは、東京/成田〜宮崎線の就航を記念し、「チキン南蛮価格に挑戦!セール」を9月21日午後6時より開催する。 871席限定で片道運賃が「チキン南蛮一皿に出せる値段」の全国平均である871円となる。完売次第終了。搭乗期間は12月21日から2018年3月1日まで、12月26日から2018年1月8日までは対象外。セール期間は9月25日午前10時まで。 支払手数料、空港使用料等は別途必要。受託手荷物料金は含まれていない。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

タイガーエア・台湾、日本全路線で30%割引セール あす21日午前11時から - 09月20日(水)16:19 

タイガーエア・台湾は9月21日午前11時から26日まで、日本全路線を対象に「3周年記念セール」を開催している。 対象路線は東京/羽田・東京/成田・大阪/関西・名古屋/中部・函館・仙台・岡山・福岡・沖縄/那覇~台北/桃園線と、東京/成田・大阪/関西・沖縄/那覇~高雄線。予約検索時にプロモーションコード「IT3THBD」を入力すると、往復運賃が30%割引になる。片道のみ購入する場合は対象にならない。割引となるのは運賃部分のみで、空港使用料、諸税、支払手数料は割引対象外となる。対象期間は9月21日から2018年1月15日まで。 タイガーエア・台湾は2014年9月26日に台北/桃園~シンガポール線で運航を開始。日本には2015年4月2日に東京/成田~台北/桃園線で初就航し、2017年現在では東京/成田・東京/羽田・大阪/関西・名古屋/中部・福岡・函館・仙台・岡山・沖縄/那覇に就航している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ピーチ、札幌/千歳〜仙台線の開設でセレモニー コアックマがお見送り - 09月24日(日)19:11 

ピーチは、札幌/千歳〜仙台線を、きょう9月24日より開設した。1日2便を運航する。 新千歳空港で開催されたセレモニーで、森健明副社長は、「北海道はピーチが最初に運航を開始した、特別な想いがある場所。関西と北海道の架け橋となるべく取り組んできた。新千歳空港から仙台、福岡、台北に路線を開設する。これから何度でも東北に出かけて、新しい魅力を発見し、全世界に発信してほしい。仙台の次は他の就航地にもお出かけ下さい。」と話した。セレモニーにはゆるキャラのコアックマも参加した。 ハッピーピーチの片道運賃は7,580円から39,980円となる。いずれも支払手数料と空港使用料、諸税は別途必要となる。 札幌/千歳〜仙台線は、AIRDO(エア・ドゥ)が5便、日本航空(JAL)が5便、全日空(ANA)が4便、ピーチが2便の1日計16便を運航することになる。 ピーチは、2011年に設立。2012年3月に関西国際空港を拠点として運航を開始した。現在は19機のエアバスA320型機を保有しており、1日90便以上を運航している。 ■ダイヤ MM413 仙台(10:00)〜札幌/千歳(11:15) MM417 仙台(14:45)〜札幌/千歳(16:00) MM414 札幌/千歳(12:00)〜仙台(13:05) MM418 札幌/千歳(17:00)〜仙台(18:05) ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

バニラエア、国内線4路線で「わくわくバニラ」セール 片道1,980円から - 09月22日(金)19:15 

バニラエアは、国内線4路線で「わくわくバニラSALE!」を開催している。 設定路線と片道運賃は、大阪/関西~奄美・東京/成田線が1,980円から、東京/成田~函館・奄美線が2,980円から。空港使用料、諸税、支払手数料は別途必要。燃油サーチャージは不要。 搭乗期間は10月11日から2018年1月31日までで、路線により異なっている。座席数には限りがあり、一部設定のない日・便がある。販売期間は9月27日午後11時30分までで、なくなり次第終了となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

スクート、日本発着路線でセール 台北へ片道6,900円など - 09月20日(水)19:41 

スクートはきょう9月20日から24日まで、日本発着路線を対象にセールを開催している。 設定路線と片道運賃は、東京/成田〜台北/桃園線は6,900円から、札幌/千歳〜台北/桃園線と大阪/関西〜高雄線は7,900円から、大阪/関西〜バンコク/ドンムアン線は9,900円から、東京/成田~バンコク/ドンムアン線は12,500円から、東京/成田・大阪/関西〜シンガポール線は12,900円から、札幌/千歳~シンガポール線は14,500円から。スクートビズ運賃の設定もある。 搭乗期間は9月26日から2018年6月30日までで、路線により異なっている。燃油サーチャージは不要、諸税と空港使用料込み、支払手数料や受託手荷物料金、座席指定料金は別途必要。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ジェットスター・ジャパン、東京/成田〜宮崎線就航 12月21日から1日1便 - 09月20日(水)16:19 

ジェットスター・ジャパンは、東京/成田〜宮崎線に12月21日より就航すると発表した。 宮崎空港振興協議会が県民を対象に行った調査では、約67%が格安航空会社(LCC)の宮崎〜東京/成田線の就航を希望していることがわかり、これまで宮崎県と積極的に話し合いを進め、就航を決めた。国内線17路線目で、成田空港発着路線は10路線目。国内線の開設は約2年半ぶりとなる。1日1往復を運航し、片道運賃は5,990円からとなる。 河野俊嗣宮崎県知事は、「宮崎〜成田線は、多くの県民が就航を希望されていることから、県では、これまでLCC各社に対して誘致活動を行ってきたところです。このたび、 ジェットスター・ジャパンによる宮崎〜成田線が新規就航される運びとなり、大変うれしく感じております。成田空港には本県に就航していない多くの国際線が発着しており、 県民の海外渡航がより便利となるほか、旺盛な訪日需要による海外からのインバウンドや首都圏からの観光客の増加も期待されます。県におきましては、今回の就航を契機として、国内外に本県の魅力を発信するとともに、県民に対する利用促進にもしっかりと取り組み、安定的な運航に協力してまいりたいと考えております」とコメントした。 あす9月21日午後2時より航空券の販売を開始し、同日午後6時から就航を記念し、片道運賃を「チキン南蛮一皿に出せる値段」の全国平均である871円としたセール...more
カテゴリー:

ジェットスター、成田=宮崎線就航へ--871円で「チキン南蛮路線」セールも - 09月20日(水)16:11 

LCCのジェットスター・ジャパンは9月20日、東京(成田)=宮崎線を開設することを発表。12月21日から1日1往復2便で運航を開始し、航空券は9月21日14時から片道運賃税込5,990円~で、ホームページ、モバイルアプリ、コールセンター、コンビニエンスストア、旅行会社にて販売する。 宮崎は同社の国内12都市目となる就航地で、約2年半ぶりに開設する国内路線となる。成田空港からは10路線目、同社の国内線としては17路線目となり、引き続き日本のLCCとして最大数の国内線を運航する。また、すでに運航している福岡、大分、熊本、鹿児島に宮崎が加わることで、同社の九州のネットワークがさらに拡充し、九州周遊の旅行に、より便利に利用できるようになる。 宮崎空港振興協議会が県民を対象に行った調査において、約67%がLCCの宮崎=成田線の就航を希望していることが分かり、これまで宮崎県と積極的に話し合いを進め、今回の就航決定に至ったという。 ジェットスター・ジャパン代表取締役社長の片岡優氏は、「一年を通して温暖な気候で南国情緒を味わえる宮崎には、自然が織り成す秘境や神話伝承が残る神社仏閣・パワースポットが点在するほか、ご当地グルメやフルーツに加え、マリンスポーツや野球のキャンプ地としても人気があります。ジェットスターが提供する低運賃で、より多くのお客様が宮崎県の魅力を堪能すると同時に、宮崎から首都圏...more
カテゴリー:

もっと見る

「支払手数料」の画像

もっと見る

「支払手数料」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる