「撮影現場」とは?

関連ニュース

山崎賢人、麻生周一の言葉で新境地に意欲 新井浩文は予期せぬプレゼントに不満? - 11月18日(土)18:05 

 麻生周一氏の人気ギャグ漫画を実写映画化した「斉木楠雄のΨ難」の大ヒット御礼舞台挨拶が11月18日、東京・新宿ピカデリーで行われ、主演の山崎賢人、共演の新井浩文が出席した。10月21日に公開された本作のイベントは、この日がラスト。場内には2回以上鑑賞したファンが多数見受けられ、山崎と新井は感謝の念をにじませていた。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の同名人気漫画を、「銀魂」などの福田雄一による監督・脚本で映画化。強大な超能力を持つ高校生・斉木楠雄(山崎)が、騒動を避けようと暮らすなかで、妄想美女・照橋心美(橋本環奈)、とんでもないケツアゴを持った自称斉木の“相棒”燃堂(新井)ら変人クラスメイトたちが起こす珍事に巻き込まれ続ける姿を描く。  「かっこいいのに愛嬌があるところが魅力的。それに笑いの防御力も強い」と山崎を評した新井。「でも、意外と我慢していたらしい」という言葉を受けて山崎は「燃堂との屋上でのシーン、あそこはヤバかった(笑)」と振り返りつつ、さらに劇中で笑いを耐えている表情がそのまま使用されているシーンを明かした。「賀来賢人さんが演じられている窪谷須とのシーン。すごい接近戦なんです。斉木楠雄は笑わないというキャラなので、基本的にはカットしていたんですが、そこだけはどうしても使わないといけなかった」と説明すると、新...more
カテゴリー:

山﨑賢人、コメディ路線に意欲?『斉木楠雄』原作者がその素質に太鼓判 - 11月18日(土)17:45 

福田雄一が脚本・監督、山﨑賢人主演で公開中の映画『斉木楠雄のΨ難』の大ヒット御礼舞台あいさつが18日、都内で行われ、山﨑が登壇。この日は原作者の麻生周一から山﨑への手紙が読み上げられるという演出も行われたが、麻生は手紙の中で山﨑と撮影現場で会った際、「斉木楠雄にしておくのはもったいない」と思う程、山﨑に笑いのポテンシャルがあることに気付いたことをコメント。「いつか笑わせる役もやって欲しい」とリクエストしたが、これに山﨑は大感激し、「これだけ面白い作品を描いている麻生さんに褒められて幸せ。今度は笑わせる役をぜひやってみたいです!」と嬉しそうな表情を見せた。週刊少年ジャンプで連載中の異色の大人気ギャグコメディを実写映画化し、生まれながらに与えられたとんでもない超能力を隠して高校生活を送る斉木楠雄の恋や友情をコミカルなタッチで描く本作。その人気から続編の制作がすでに発表されており、山﨑は「期待以上にいいものになって僕は幸せ。今までの自分をいい意味で裏切れた、いろいろな自分を見せることができた作品だと思います。本当に転機のような作品、たくさんの人に見ていただいて嬉しく思います」と感慨深げに語った。壇上には共演の新井浩文も登壇したが、二人はファンからの質問に答える形式でのQ&Aで和やかにトーク。ファンからは互いの印象を聞かれる一幕もあったが、新井は「これだけかっこいいのに愛嬌がある。先輩から...more
カテゴリー:

『孤狼の血』白石和彌監督、役所広司と松坂桃李のサプライズコメントに笑顔 - 11月18日(土)11:17 

役所広司主演、松坂桃李、江口洋介共演で、柚月裕子の同名警察小説を映画化した『孤狼の血』。この映画の業界関係者向けお披露目試写会が11月17日に丸の内TOEIで行われ、上映後に白石和彌監督が登壇しトークイベントが行われた。 本作は昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島を舞台に、暴力団同士の抗争と、捜査のためなら違法行為も厭わないマル暴刑事の大上章吾と、その相棒となった新人刑事の日岡秀一らの血で血を洗うようなせめぎ合いと生き様を、熱く激しく描いたバイオレンス映画。 この日のイベントでは、まず司会から大上章吾役の役所と日岡秀一役の松坂から届いた来場者あてのコメントが読み上げられた。次いで白石監督が登場。主演の役所の演技について聞かれた監督は「役所さんにオファーした時、『年だから、大きく暴れることができないかもしれない』と言われたんですが、実際に演じていただくと、とてもギラギラしていて、役所さんからもいろいろな意見をいただきました」とコメント。 また、その役所と松坂から、監督あてにサプライズでコメントが到着。役所は「本当に楽しい撮影でした。監督のもとに集まった俳優たちが、皆、生き生きとしていて、撮影を楽しんでいました。役者という人種はスクリーンの中で暴れたいんだなぁ〜、普段言えないような言葉を吐きたいんだな〜、とつくづく思いました」と振り返るとともに、「監督の時代劇映画も期待していま...more
カテゴリー:

桐谷健太ら三兄弟役が深谷ネギのサプライズに感激!? 「この映画、ネギの映画なの?」 - 11月17日(金)21:51 

 映画『ビジランテ』の完成披露試写会が17日、都内で行われ、主演の三兄弟を務める大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太、そして入江悠監督が登壇。過酷な撮影を懐かしそうに語り合う3人を“ネギらう”ために入江監督が、映画の舞台となった故郷・埼玉県深谷市の名物・深谷ネギを花束に見立てプレゼントすると、予想外のサプライズに桐谷らは、『え? これネギの映画? ネギランテ?』と大喜びし、会場の笑いを誘った。【関連】映画『ビジランテ』完成披露舞台挨拶フォトギャラリー 本作は、『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』『SR サイタマノラッパー』シリーズの入江監督が、生まれ故郷・深谷市を舞台にしたオリジナル脚本を自ら映画化したバイオレンスドラマ。父の死をきっかけに、高校時代に失踪した長男・一郎(大森)、市議会議員の次男・二郎(鈴木)、デリヘル経営者の三男・三郎(桐谷)と、別々の道を生きてきた三兄弟が再会したことで、それぞれの欲望、野心、プライドがぶつかり合い、やがて3人の運命を狂わせていく。 長男を演じた大森の「僕の役は、薬物中毒の借金まみれの男」という第一声に、桐谷らが「ズドーンと来るなぁ」とどよめく中、「確かに重い映画ではありますが、こういう(挑戦的な)映画がなくならないように、僕たちもがんばりたい」と入江監督にエール。次男役の鈴木は、「三兄弟で一郎、二郎、三郎。他に何かなかったんですか?」と冗談混じりに絡む...more
カテゴリー:

赤川次郎の新シリーズは映画界が舞台 女性スクリプター(記録係)が撮影現場で起こる事件に挑む - 11月17日(金)11:14 

職人が映画を作っていた時代に触れられる 赤川次郎が新たに送り出す新シリーズは映画界、それもスクリプター(記録係)という仕事をテーマにしたミステリー。
カテゴリー:

山﨑賢人、コメディ路線に意欲?『斉木楠雄』原作者がその素質に太鼓判 - 11月18日(土)17:48 

福田雄一が脚本・監督、山﨑賢人主演で公開中の映画『斉木楠雄のΨ難』の大ヒット御礼舞台あいさつが18日、都内で行われ、山﨑が登壇。この日は原作者の麻生周一から山﨑への手紙が読み上げられるという演出も行われたが、麻生は手紙の中で山﨑と撮影現場で会った際、「斉木楠雄にしておくのはもったいない」と思う程、山﨑に笑いのポテンシャルがあることに気付いたことをコメント。「いつか笑わせる役もやって欲しい」とリクエストしたが、これに山﨑は大感激し、「これだけ面白い作品を描いている麻生さんに褒められて幸せ。今度は笑わせる役をぜひやってみたいです!」と嬉しそうな表情を見せた。週刊少年ジャンプで連載中の異色の大人気ギャグコメディを実写映画化し、生まれながらに与えられたとんでもない超能力を隠して高校生活を送る斉木楠雄の恋や友情をコミカルなタッチで描く本作。その人気から続編の制作がすでに発表されており、山﨑は「期待以上にいいものになって僕は幸せ。今までの自分をいい意味で裏切れた、いろいろな自分を見せることができた作品だと思います。本当に転機のような作品、たくさんの人に見ていただいて嬉しく思います」と感慨深げに語った。壇上には共演の新井浩文も登壇したが、二人はファンからの質問に答える形式でのQ&Aで和やかにトーク。ファンからは互いの印象を聞かれる一幕もあったが、新井は「これだけかっこいいのに愛嬌がある。先輩から...more
カテゴリー:

関ジャニ・丸山があ然 宮川大輔の演技プラン絶賛も「違うで」と訂正される - 11月18日(土)15:57 

 人気グループ・関ジャニ∞の丸山隆平(33)が18日、都内で行われた映画『泥棒役者』の公開初日舞台あいさつに参加。宮川大輔(45)の演技プランを絶賛した丸山だったが、本人から「違うで」と即訂正され、あ然とした。  丸山は「きょうという日を迎えられてうれしい」と初主演作の封切りを喜んだ。この日の舞台あいさつも丸山、宮川、市村正親(68)、ユースケ・サンタマリア(46)が永遠とトークを展開するなど撮影現場の雰囲気のよさをうかがわせた。  撮影秘話を明かすことになり、丸山は「濃厚なシーンが撮れたなと思ったのは宮川さんとの最後のシーン」と回想。丸山と宮川が対峙する場面で「あのシーンはしびれましたね」と自画自賛した。  続けて丸山は「実はあのシーン前は寒かったんです。監督と宮川さんは前の作品とかで関係性があって、外で盛り上がって話をしていた。そこに入ろうとしたら『主演は車の中に入っときなさい』と。『おふたりも(車の中へ)』と言ったら『俺らは大丈夫やから』みたいに僕だけ車の中に入れられた。2人が楽しそうに話をしているのを見て『いいなぁ』と孤独だった」と振り返る。  しかし、その直後に関心したという。「『よーい、ハイ』と始まったら、そういうことかと納得した。そこで話をし過ぎると仲良し感が出てしまう。あえて引き離してくれたのかな。そのおかげもあって、いいシーンができた」と、宮川の隠れた気遣...more
カテゴリー:

「陸王」出演決定の木村祐一『興奮と感動を覚えております』 - 11月18日(土)08:00 

TBS系で放送中の日曜劇場「陸王」(毎週日曜夜9:00-9:54)に、木村祐一が「タチバナラッセル」の社長・橘健介役で出演することが分かった。 【写真を見る】「陸王」撮影現場でも愛されキャラの山崎賢人 木村が演じるのは、マラソンシューズ「陸王」のアッパー(靴の足の甲を覆う部分)に適した素材を持つ編み物会社「タチバナラッセル」の社長・橘健介。「タチバナラッセル」は編み方の新技術で特許を持っている会社であり、その素材が「陸王」に使えるのではないかと「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢(役所広司)が橘を訪ねてくる。 そんな「陸王」開発の鍵を握る人物を演じることになった木村は「とてつもなく素晴らしい作品の、とんでもなくすてきな役のオファーを頂戴し、大感謝であります。そして脚本を読むに当たり、全ての登場人物に対し『何ちゅうええせりふや!』と、興奮と感動を覚えております」と喜びを爆発させた。 木村が出演するのは11月19日(日)放送の第5話から。お笑い芸人としてだけでなく、ドラマなど数々の作品に出演し俳優としても活躍する木村の演技に期待が高まる。 ■ 5話あらすじ 「陸王」の開発費がかさみ、当面の資金繰りに悩んでいた宮沢だが、新製品を思い付く。シルクレイのソール技術を応用した、新しい地下足袋の開発だった。 ほどなく製品化に成功し、「足軽大将」と名付けられた地下足袋は大きな反響を得て、ヒット商品へと成...more
カテゴリー:

『ジオストーム』国際色豊かな俳優たちをキャスティングした理由とは? - 11月17日(金)20:10 

天候を操る気象コントロール衛星の暴走が地球に引き起こす超異常気象を描き、人々の想像を遥かに凌ぐディザスター・アクション大作『ジオストーム』が2018年1月19日(金)に全国公開となる。そしてこの度、数かずの大ヒットディザスター映画に携わってきたディーン・デブリン監督が、本作に様々な国籍の俳優をキャスティングした理由を明らかにした。主役ジェイク・ローソンを演じたジェラルド・バトラーはスコットランド生まれ、ジェイクの弟マックス役のジム・スタージェスはイギリス出身、マックスの恋人サラ役のアビー・コーニッシュはオーストラリア人。その他メキシコ、ルーマニア、ドイツ、エジプト、キューバ、アメリカ、中国と『ジオストーム』には多くの国の俳優たちが出演している。その理由を監督は「私たちは、この映画のテーマに対して世界中の人々に関心をもってもらいたかったんだ。だから、それを反映する本当に国際色豊かなキャストにしたかったんだよ」と話し、本作に込めた想いを世界中に届けたいという思惑があることを明かした。 監督が伝えたいメッセージ、それは環境問題だ。監督は「コントロールの効かなくなった自然」というのは今までしばしば映画で描かれてきていることだが、今回は人災を描きたかった。つまり人の手が加わらなければ、こうはなり得なかったという災害を描きたかったんだ。そして気候変動に対処するのが手遅れになったらどういうこと...more
カテゴリー:

「秋田ロケの食事ぜいたく」 山田さん映画、地元は食で支援 - 11月17日(金)10:29 

 秋田県鹿角市などがロケ地となっている映画「デイアンドナイト」(藤井道人監督)の撮影現場で、地元のボランティアが炊き出しを行い、製作をサポートしている。16日には鹿角名物のきりたんぽ鍋を振る舞い、出演…
カテゴリー:

もっと見る

「撮影現場」の画像

もっと見る

「撮影現場」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる