「携帯電話事業」とは?

関連ニュース

NTT、純利益最高の9096億円 - 05月11日(金)21:32 

NTTが11日発表した18年3月期連結決算(米国会計基準)は、好調な海外事業や国内の携帯電話事業に支えられ、純利益が前期比13.7%増の9096億円と過去最高を更新。写真は決算を発表する鵜浦博夫社長。
カテゴリー:

孫社長「約5兆円のシナジー効果ある」 5/9 22:04更新 - 05月09日(水)22:04 

アメリカで携帯電話事業を展開するソフトバンク傘下の「スプリント」と業界3位の「Tモバイル」の経営統合についてソフトバンクグループの孫正義社長が「約5兆円のシナジー効果がある」と期待感を示した。
カテゴリー:

詐欺事件、男性に逆転無罪=故意や共謀なし-大阪高裁 - 05月10日(木)20:26 

 携帯電話事業者でつくる社団法人「700MHz(メガヘルツ)利用推進協会」から約5300万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた会社員男性(37)の控訴審判決で、大阪高裁(増田耕兒裁判長)は10日、懲役2年6月(求刑懲役4年)とした一審京都地裁判決を破棄し、無罪を言い渡した。 一審判決は、男性が2014年11月~15年1月、同協会派遣従業員だった男と共謀し、男性の勤務先の会社に無線設備を納入したように装い、協会から約5300万円を送金させだまし取ったと認定していた。 【時事通信社】
カテゴリー:

孫正義社長も心が折れたか、米スプリント合併「妥協」の裏事情 - 05月08日(火)05:00 

先ごろ発表された、ソフトバンクの子会社で米国携帯電話4位のスプリントと同3位のT-Mobile USの経営統合。孫正義社長がこだわり続けていた経営権を、手放す決断をしたことについて各方面で大きな話題となりましたが、「孫社長はアメリカ市場を諦めたのではないか」と受け止めたのはケータイ/スマートフォンジャーナリストでメルマガ『石川温の「スマホ業界新聞」』の著者・石川温さん。また同メルマガでは、ソフトバンクKKの主要株主が楽天に取って代わる可能性についても言及しています。 スプリントとT-Mobile USが経営統合へ――孫社長、もはやアメリカ市場は「諦めモード」か 噂通り、スプリントとT-Mobile USの経営統合がまとまった。あれだけ経営権にこだわっていた孫社長。2回目の経営統合交渉は破談となったが、要は、孫社長が首を縦に振れば話が一気に進んだということだろう。このリリースをソフトバンクから受け取ったとき「孫社長はアメリカ市場を諦めたのではないか」。そんな印象を抱いてしまった。 4Gネットワークはなんとか立て直したものの、これから5Gへの投資をするとなれば、途方もない戦いとなる。しかも、アメリカの5Gはどちらかと言えば、固定回線としての需要からまずはスタートする。5Gとして固定回線を売り、そこにコンテンツを配信していくというビジネスモデルが必要となってくる。AT&Tがタイム・ワーナ...more
カテゴリー:

「携帯電話事業」の画像

もっと見る

「携帯電話事業」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる