「携帯電話事業」とは?

関連ニュース

楽天携帯、いきなり時代遅れ。設備投資たったの6000億で関係者も失笑 - 02月20日(火)04:45 

先日、携帯業界に「第四のキャリア」として堂々と名乗り出た、三木谷浩史氏率いる楽天株式会社。しかし、2月13日の決算会見では、当初の投資額「6000億円」以上に投資はしなくても充分だと語るなど、その強気発言が物議を醸しています。ケータイ/スマートフォンジャーナリストの石川温さんは、自身のメルマガ『石川温の「スマホ業界新聞」』で、こうした楽天・三木谷社長の見立てを問題視。かつての「イーモバイルの二の舞になる」と警告し、誰か三木谷氏を止めるものはいないのかと疑問を呈しています。 楽天・三木谷社長が「設備投資は6000億円で充分」と強気発言 ━━設備投資4400億円のイー・アクセスは第4の携帯電話会社になれず 【関連記事】 ● 5年遅い。楽天の携帯参入が「約束された負け」と失笑される理由 ● 楽天、その手があったか。遅すぎる携帯参入を挽回する秘策とは? 楽天は2月13日に決算会見を実施。そのなかで、三木谷浩史CEOが参入を予定している携帯電話事業の設備投資計画に言及した(筆者は海外取材中だったため、決算資料やITmediaなどの記事を参照)。 KDDIの田中孝司社長が「その金額(6000億円)で設備投資がまかなえるほど通信事業は甘くない」と語るなか、三木谷社長は「3Gには対応せず、4Gのみを提供することでコストを抑える。かつて、イー・アクセスやUQコミュニケーションズの設備投資額は4000...more
カテゴリー:

ホリエモン×ひろゆきが疑問視する楽天の携帯キャリア参入「4Gのままなら楽天が不利」 - 02月17日(土)10:00 

インターネット通販国内大手の楽天が、携帯電話事業への参入を表明した。果たして勝算はあるのか? 『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」で、“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏が議論する! * * * ホリ 楽天が携帯キャリアへの新規参入を目指すってニュースがあったね。MVNO(仮想移動体通信事業社)の「楽天モバイル」と違って、ドコモやau、ソフトバンクに次ぐ“第4のキャリア”としての参入を目指しているとか。 ひろ まぁ、まだ楽天に電波が割り当てられると決まったわけじゃないですけどね。 ホリ まあね(笑)。それに、無事に認められても絶対に勝てる勝負とは言えないから。三木谷浩史社長は「後発は有利」と言っているけど、どうなることやら。 ひろ 後発が有利かは、どの時代かによって変わってくると思います。例えば2000年以前は、auってアナログで2種類、デジタルで1種類の計3種類の基地局を日本全国(沖縄以外)に設置していたんですよ。んで、時代が進んでデジタルのみになってもアナログの携帯電話を使う人がいたので、基地局の撤去ができなかった。それが負の遺産になっていて、撤去する2012年まで...more
カテゴリー:

楽天、携帯電話事業に勝算はあるのか - 02月14日(水)14:34 

楽天は2月13日、決算発表会を開催した。この中で、2019年にスタートする予定の携帯電話事業についても触れられた。多くの業界関係者が携帯事業への参入を疑問視しているが、楽天はどのような勝算を描いているのだろうか。
カテゴリー:

【物流】集荷から配送まで 楽天が2年以内にネットワーク構築へ - 02月14日(水)03:42  bizplus

物流業界の人手不足が深刻化する中、楽天の三木谷浩史社長は主力のネット通販事業で、商品の集荷から家庭への配送まで、楽天が業者を一元的に確保する物流ネットワークを2年以内に構築する考えを明らかにしました。 楽天が運営する楽天市場に出店する企業は、大半がみずから配送手段を確保しています。しかし、物流会社の人手不足が深刻化する中、物流機能をいかに強化するかが、ネット通販の競争力を左右する大きな要素になっています。 こうした状況を踏まえて、楽天の三木谷社長は13日に開いた決算発表の会見で、現在3か所あ...
»続きを読む
カテゴリー:

楽天、携帯事業参入に自信 - 02月13日(火)20:50 

決算会見する楽天の三木谷浩史会長兼社長。2019年のサービス開始を目指す携帯電話事業について「携帯大手から専門家も採用しており、準備万端だ」と強調した=13日午後、東京都世田谷区の同社本社
カテゴリー:

ホリエモン×ひろゆきが総務省に電波オークションを期待!「でもTV局が猛反対するから…」 - 02月18日(日)11:00 

インターネット通販国内大手の楽天が、携帯電話事業への参入を表明した。果たして勝算はあるのか? 『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」で、“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏が、前編に続き議論する! * * * ひろ あと、ソフトバンクがボーダフォンを買収したときは、ボーダフォンの携帯事業をそのまま引き継げたわけですけど、楽天は一からのスタート。インフラ系のビジネスって設備投資の規模が半端ないので、ネットのサイトを作るのに比べると利益率はめっちゃ悪い。ドコモでさえ、設備投資に年間6千億円くらい使っているみたいですから。 ホリ 楽天カードとかで囲い込みしているお客さんは流れるだろうとは思うけど、まあそう簡単にはいかないよ。 ひろ 楽天的には「5Gまでいかに逃げ切るか?」というところですかね。例えばですけど、ポケベルの周波数帯を使って、SMSやLINEという文字ベースのコミュニケーションなら日本中どこでも使えるみたいな攻め方は可能性がなくはないと思います。 動画や写真を見たいなら街中に行かないとダメになりますけど、そういったアドバンテージを出したほうが正攻法よりはマシな気がしま...more
カテゴリー:

「第4の携帯キャリア」へ参入する楽天は3強の牙城を崩せるのか? - 02月15日(木)06:00 

NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3社寡占が続く携帯キャリア事業に、楽天が風穴をあけそうだ。通信料金、端末、使い勝手など、どんな違いを打ち出せるのか!? 今後の展開を予想する! ■楽天グループの次の成長エンジンに インターネット通販国内大手の楽天が、携帯電話事業への参入を表明した。総務省から認可が下りれば、2007年のイー・モバイル(現・ソフトバンク)以来、13年ぶりとなる「第4の携帯キャリア」が誕生することになり、来年中にもサービスが開始される予定だ。 だが同社はすでに、14年からグループ内でMVNO(=仮想移動体通信事業者、いわゆる格安スマホ)の「楽天モバイル」を展開している。事業は好調で、昨年11月には競合のフリーテルを買収し、格安スマホ業界で3位にのし上がったばかり。なぜここへきて、携帯キャリア事業に乗り出そうというのだろう。 携帯電話ライターの佐野正弘氏が言う。 「楽天は本業のネット通販事業において近年、王者アマゾンに大きく引き離され、下からはヤフーに突き上げられと、頭打ちになっています。FCバルセロナのスポンサーになったりして、懸命に存在感をアピールしていますが、絶対王者であるアマゾンの多種多様なサービスには、とうてい太刀打ちでき...more
カテゴリー:

楽天の三木谷氏 携帯基地局 投資額6000億円で「十二分」 - 02月14日(水)06:02 

楽天の三木谷浩史会長兼社長は13日の決算会見で、2019年のサービス開始を目指している携帯電話事業について「今までにないような効率的なネットワークを引ける」と人…
カテゴリー:

【通信】楽天・三木谷氏「十二分にできる」AI活用で効率的に携帯電話の基地局整備 - 02月13日(火)21:34  bizplus

楽天の三木谷浩史会長兼社長は13日の決算記者会見で、平成31年のサービス開始を目指す携帯電話事業について、人工知能(AI)を活用するなどして基地局整備を進める考えを明らかにした。三木谷氏は「今までにないような効率的なネットワークを引ける」としている。また、最大で6千億円と発表している37年までに借り入れる設備投資額については「十二分に(基地局整備が)できる」と自信を示した。  三木谷氏は携帯電話事業者参入について「(大手から回線を借りる)格安スマホ事業を運営してきて自信を持った」と述べ、格安ス...
»続きを読む
カテゴリー:

楽天・三木谷氏「十二分にできる」AI活用で効率的に携帯電話の基地局整備 - 02月13日(火)20:44 

 楽天の三木谷浩史会長兼社長は13日の決算記者会見で、平成31年のサービス開始を目指す携帯電話事業について、人工知能(AI)を活用するなどして基地局整備を進める考えを明らかにした。三木谷氏は「今までにないような効率的なネットワークを引ける」としている。また、最大で6千億円と発表している37年までに借り入れる設備投資額については「十二分に(基地局整備が)できる」と自信を示した。
カテゴリー:

もっと見る

「携帯電話事業」の画像

もっと見る

「携帯電話事業」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる