「掛け声」とは?

関連ニュース

クラウドファンディングサービス『きびだんご』が海外スタートアップ製品の国内販売をサポートするきびたん(仮)をスタート - 04月27日(木)20:30 

クラウドファンディングサービス『きびだんご』は、海外スタートアップやメーカー製品の国内販売をサポートする事業“きびだんご海外面白商品探索部(仮、略称“きびたん”)を発足。メディア向けに発表会を開催しました。 “きびたん(仮)”は、言語などが理由で日本進出にハードルがある海外企業をサポートし、クラウドファンディングで国内の支援者を事前に募ることにより、少ないリスクで日本での販売展開を実現する事業。 既に日本での販売展開に成功した例として、ビジネス用途とトラベル用途で切り替えて利用できるバックパック『Slicks Backpack』、飛行機の機内などで利用できるトラベルピロー『FaceCradle』を紹介。いずれも200人以上の支援者を集めた成功事例となっています。 4月27日まで支援を受け付けているプロジェクトからは、マイクロファイバータオル『Acteon』、ユーザーの周囲だけ冷却・加湿・空気清浄ができるパーソナルクーラー『Evapolar』を紹介。いずれも200万円以上の資金調達を実現しています。 発表会では今後販売を予定している製品が多数紹介されましたが、その中から気になるものをピックアップしてご紹介します。 『Beasts of Balanceバランスゲーム』は、スマートフォンアプリと連動して遊べるバランスゲーム。生物をかたどったブロックを台の上に積み重ねていき、その順...more
in English
カテゴリー:

志尊淳インタビュー ふんどしに戸惑うも「菅田くんのお尻が気持ち良くて」 - 04月27日(木)10:17 

古屋兎丸原作の同名コミックを実写化した映画『帝一の國』は、総理大臣になり自分の国を作ることを夢みる主人公・赤場帝一が、その夢の第一歩として日本一の超名門・海帝高校の生徒会長を目指す様子を描いた学園コメディ。主役級の若手俳優が集結した本作で、菅田将暉演じる赤場帝一を献身的に支える榊原光明を演じたのが志尊淳。その甘いマスクで女性ファンだけではなく、共演者たちをも虜にした彼が『帝一の國』の賑やかな撮影現場について、そして俳優として"人生をかけて戦うとき"について語ってくれた。 ■「男として女性のことは守りたい」 ーー光明を演じることが決まったとき、どう思われましたか? 志尊:強烈なキャラクターだったので、まじか…!と思いましたね。これをどれくらい映画で表現するんだろう、と。でも、衣装合わせをして、みんなで本読みを重ねていくうちに「あ、ここまで振り切るものなのか」というのが見えてきて、迷いがなくなりました。 ーー全力で原作の光明に近づけようと? 志尊:はい。だけど、それだけだと実写の良さがなくなってしまうので、光明という人物が本当に存在しているかのようなリアリティにもこだわりました。 ーーリアリティを出すためにはどんな工夫をされたのですか? 志尊:大袈裟にならない動作であったり、その動作をしっかりと芝居につなげていくというところ。あとは、声のトーン...more
in English
カテゴリー:

シャマラン監督が語る、予測不能な脚本を生み出す秘訣とは? - 04月26日(水)21:02 

 『シックス・センス』など数々の話題作を生み出してきた鬼才、M.ナイト・シャマラン監督。総毛立つどんでん返しで観客を唸らせた前作『ヴィジット』から早一年あまり、彼がまたとんでもない作品を日本にぶっこんできた!! その名も『スプリット(原題:SPLIT)』。「恐怖は分裂(スプリット)する......」そんな意味深な日本語版予告を観て「頼む......早く公開してくれ!」と待ちきれないシャマラニアンも多いことでしょう。海外ではすでに公開され、本国アメリカでは3週連続週末興収1位を獲得しV3を達成。絶対に予想できない結末に推理好きファンもお手上げ状態なんです。  本作で23の人格を持つ男を演じたのは『X-MEN』シリーズのプロフェッサー役でおなじみ、ジェームズ・マカヴォイ。甘いマスクの持ち主であるマカヴォイの、多重人格を操る驚異的な演技力にも開いた口が塞がりません!  5月12日(金)に迫る待望の日本公開に先立ち、ジェームズ・マカヴォイとM.ナイト・シャマラン監督が来日。日本ラブなシャマラン監督とイケメンマカヴォイが、日本のファンと本作について語りあうトークセッションイベントが開催されました。 ロボットレストランに漫画......日本満喫なお二人。  黄色い声援に迎えられ登壇したシャマラン監督とジェームズ・マカヴォイ。「今日はありがとうございます」「どうぞよろしく」と日本語で挨...more
in English
カテゴリー:

テツandトモ、結成20周年記念ベスト盤7/12発売&14年ぶりの「なんでだろう」厳選ネタ収録 - 04月26日(水)15:49 

1998年2月にコンビ結成以来、今年で結成20年目を迎えたお笑いコンビ・テツandトモ。代名詞的鉄板ネタ「なんでだろう」をはじめとする「お笑い」と、歌唱力に定評がある「歌」のステージを全国各地で開催しているが、この結成20周年目を記念して、「ザ・テツandトモ」とでも言うべき、お笑いと歌を融合した“全部入り”ベスト・アルバムが7月12日に発売することが決定した。ベスト・アルバム1曲目を飾る新曲は、20周年を迎える「なんでだろう」の新旧のネタから、テツandトモが20ヶ厳選した「なんでだろう」(20周年記念厳選バージョン)。あのお馴染みのギターと「なんでだろう〜♪なんでだろう〜♪」のフレーズでテツトモ・ワールドが繰り広げられる。テツandトモにとって、「なんでだろう」ネタを収録したCDは、メジャー・デビュー・アルバムの「テツandトモの『マンボ大漁節』ってなんでだろう」(2003年6月18日発売)以来14年ぶり。さらに、結成直後の1999年に自主制作でリリースした幻の8cmCDシングル「テツandトモのなんでだろう」(廃盤)より、「色んななんでだろうpart1」(1999年6月20日のシアターDでのライブ録音)と、「なんでだろうカラオケバージョン」を18年ぶりに収録する。また、ワーナーミュージック・ジャパン移籍後の、全5曲のシングル曲も2017年リマスタリングにて完全収録。また、既に...more
in English
カテゴリー:

活動再開の175R ギター・KAZYAが脱退も「歩みを止めず前を向いて」 - 04月24日(月)20:00 

“ライブ音楽とビールが生み出すゆたかなひととき”をテーマに、あなたのすぐそばで素敵なアーティストたちが生ライブで生きた音楽を届けるTOKYO FMの番組「KIRIN BEER “Good Luck” LIVE」。4月22日(土)の放送には、ロックバンド・175Rが登場しました。 昨年末から約6年ぶりに活動を再開した175R。4月5日(水)には約7年ぶりのオリジナルフルアルバム「GET UP YOUTH!」を発売しました。同アルバムについて、ボーカルのSHOGOさんは「新しいバンドを組み直したイメージで作った。“新生175R”のような感じ」と語ります。そんなSHOGOさんがライブで大切にしているのは「まず自分たちが楽しむこと」。この日も言葉通り、全力でステージを盛り上げました。 「今日は短い時間ですが楽しんでいってください。OK!?」SHOGOさんの掛け声とともにライブパーティーはスタート! 楽曲「ハッピーライフ」「これから」「ビューティフルデイズ」を続けて披露した後には、4月15日(土)をもってバンドを脱退したギター・KAZYAさんについて触れる一幕も。 SHOGOさんは「活動再開を発表したばかりなのに、皆さんの盛り上がりに水を差すようなことになって本当に申し訳ないと思っています」とこの件を謝罪し「『4人で175R』ではなくなりましたが、歩みを止めず3人でやっていこうと前...more
in English
カテゴリー:

武田玲奈「制服プールは憧れ」主演のVR映画「交際記念日」がいよいよ公開 - 04月27日(木)14:00 

日本初、泣けるVR(バーチャル・リアリティ)映画「交際記念日」が完成。5月1日の公開を控え、同作に主演した武田玲奈がその魅力について語った。 武田玲奈が制服プールで全身ずぶ濡れ?/(C)2017『交際記念日』プロジェクト ■ ――専用のゴーグルで360度映像が楽しめる映画になっていますが、ご覧になった感想をお聞かせください。 武田:映画の中で自分と目が合うのがとても不思議な感覚でした。VR映画は360度が見渡せるので、周りをキョロキョロしたりして、『ここで撮影したなぁ』って、そのときのことを思い出しました。印象的だったのはプールのシーン。制服で水の中に飛び込むんですが、「ザ・青春」って感じで、すごく楽しかったです。プライベートではしたことがなかったので、”制服でプールに飛び込む”っていうことに憧れもあって嬉しかったです。でも、時間が経つに連れて寒くなってきましたね(笑)。 ■ ――通常の映画やドラマの撮影と違った点はありましたか? 武田:VR映画は、360度を撮影するので、共演の西銘さん意外、私の周りにはまったく人がいないんです。通常の撮影では、相手側の後ろにカメラさんがいるのですが、ほんとに誰もいなくて不思議でした。カメラは遠くにあって、「スタート」の掛け声もないので、自分たちのタイミングで演技を始めたり。終わりの合図もないので、西銘さんと「長いですね」「カットかからないですね」...more
in English
カテゴリー:

乙ちゃん「ただのじゃんけんだろ」三太郎が男のプライドをかけて、いざ勝負! - 04月27日(木)00:15 

ある物をかけて、じゃんけんで勝負する三太郎。 「桃ちゃんグー!浦ちゃんパー!金ちゃんチョリース!」と楽しげな掛け声で勝負が始まります。 そこに訪れた乙ちゃん。「何やっているの?」と声をかけたところ、「男のプライドをかけた […]
in English
カテゴリー:

ジェームズ・マカヴォイ、9年ぶりの来日!『スプリット』口外禁止のトークセッション - 04月26日(水)18:00 

恐怖と緊張と興奮がスパイラルを織りなす、鬼才M・ナイト・シャマランの最新作『スプリット』。5月12日(金)の公開を前に、主演を務めるジェームズ・マカヴォイ(『つぐない』『X-MEN』シリーズ)とシャマラン監督が来日し口外禁止のトークセッションが開催された。本作をいち早く鑑賞したファンが待ちわびる会場に現れたジェームズと監督。「こんばんは。ジェームズ・マカヴォイです」と日本語での挨拶でセッションはスタート。監督も「私はナイトです。はじめまして! どうぞよろしく」と続けた。9年ぶり、2度目の来日となるジェームズは「今回は初来日の時とは違った時間を過ごしているよ。みんなフレンドリーだし、スタイリッシュな街だよね」と自身のInstagramに写真をあげていたように、日本滞在を楽しんでいることを明かした。一方のシャマラン監督は、どこに行きたいかを尋ねられると、「いい質問だね。実はコミック本屋に行きたいと思っているんだけど、誰かおススメの場所を知っているかな?」と観客に問いかける一幕も。毎回、手掛ける作品で観客を驚かせてきたシャマラン監督だが、「ミステリーやスリラー系の脚本を書くんだけど、そうすると主人公がどっちの展開に進んでいるかわからないということがよく起きるんだ。そういう状況で正しい情報が瞬時に入ってくると、自然とサプライズに繋がっていく。確かに皆さんがわからないように最初は情報を制限し...more
in English
カテゴリー:

乃木坂46次世代エース山下美月「ジャスティス!!」モノマネで思い切りの良さ評価 - 04月25日(火)11:50 

4月24日の「NOGIBINGO!8」(日本テレビ)では、乃木坂46の3期生が「全員一緒ゲーム」に挑戦した。数々のお題に対し、12名のメンバーが全部同じ答えを出すか、全員不一致の答えを出すことができれば成功という企画。 【写真を見る】“次世代エース”山下美月ら3期生総チェック! 「アントニオ猪木の顔マネ」で全員一緒ゲームを行ったところ、まったく別人の表情をするメンバーが続出。なぜか両手を使って交えてキメ顔を作った16歳の中村麗乃は「アクション(俳優)の人かと思って…」とコメント。同じく、まったく別の表情を見せた13歳の岩本蓮加ともどもアントニオ猪木を知らないというまさかの事実が判明した。 「古今東西ゲーム」で個々のメンバーが好きな食べ物を言い、全員の答えが不一致になれば成功というお題にも挑戦。こちらは見事に成功したが、見守り役を務めていた1期生の秋元真夏がトップバッターを務めた山下美月の“好物”について言及。「最初だから(何を言ってもかぶらないという)余裕があるのに、『あん肝』って(笑)」とツッコんだ。 続いて、「サンシャイン池崎のポーズ」で全員一致を目指したところこれも成功。 カウントダウンに合わせて一斉にポーズを決めたが、なぜか山下だけポーズと共に「ジャスティス!」の掛け声を。 普段から特技として披露していることもあり、MCのイジリー岡田からサンシャイン池崎のモノマネを振られる...more
in English
カテゴリー:

激しさはサッカーを超え。ブラインドサッカーは選手の勇気を観戦するスポーツ - 04月24日(月)15:51 

~今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪 第45回~ ※前回の話…スポーツ好きブロガーのフモフモ編集長が、東京五輪でチケットが買えそうな穴場競技探訪へと出かけました。今回のターゲットはパラリンピックのブラインドサッカー。チケット争奪戦確実な男女サッカーに比べると地味ながら、パラリンピックとはいえ、サッカー的な魅力に溢れた穴場に違いない。そんな目論見から国内最高峰の大会を訪れたフモフモ編集長だったが、その内容は予想をはるかに上回る地味さであった…… ◆試合展開が単調になりがちな理由  国内トップの選手たちはもちろん、世界一のブラジル代表でさえ、ボールの場所は正確に察知できていません。転がってきたボールを目の前でスルーしたり、足の間をボールが転がって抜けていくのは当たり前。ボールの転がる音だけではよくわからないので、フェンスに当たってボーンという音がしたところで、ようやくボールの場所をみんなが気づくといった具合。  フェンスに当たる⇒音がする⇒フェンスを手すりのようにして選手が移動しボールに触る⇒そこからプレー開始 というのが基本線。  ブラインドサッカーというよりは「手探りサッカー」でした。 ⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1320150  もちろんブラジル代表ともなれば、手探りのスピードも早く、...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「掛け声」の画像

もっと見る

「掛け声」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 大向う...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる