「指導要領」とは?

関連ニュース

高校中退者の厳しい現実…「高卒」でないとあらゆる道が閉ざされる - 03月29日(水)15:37 

http://president.jp/articles/-/21650 高校への進学率は、毎年98%前後を推移しています。一方で、学業不振や家庭の事情、進路変更などさまざまな理由で中途退学する人がいます。 その数は1990年前後に、年間で12万人を超えるほどに膨れ上がっていました。現在は少子化の影響もあり、5万人ほどになっています。 しかし、高校中退者が置かれている状況はこの数十年、大きくは変わっていません。依然として大きなハンデを負い、生きていかざるを得ないのです。 文部科学省が毎年実施する「高等学校卒業程度認定試験」は、かつては...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【道徳教科書検定問題】文科省がネット上の批判に反論 「パン屋が和菓子屋に変更になったのは出版社の判断」 - 03月28日(火)23:31 

「パン屋」は「和菓子屋」に、「アスレチック」は「和楽器店」に――3月24日に発表された小学生向け道徳教科書の検定結果に、ネットが騒然としている。国や郷土を愛する心を育む上で不適切とされ、変更になったというものだ。朝日新聞などが報じ、ネットでは「戦前かよ」「さっぱり意味が分からない」など、批判と驚きの声が相次いでいる。 いったい何がどうなっているのか。キャリコネニュースでは、文部科学省初等中等教育局の教科書課に取材を申し込んだところ、担当者からこうした声が返ってきた。 「色々なことが言われていますが...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【忖度】道徳教科書の検定問題、文科省がネット上の批判に反論 「パン屋が和菓子屋に変更になったのは出版社の判断」 - 03月28日(火)19:02 

https://news.careerconnection.jp/?p=33419 「パン屋」は「和菓子屋」に、「アスレチック」は「和楽器店」に――3月24日に発表された小学生向け道徳教科書の検定結果に、 ネットが騒然としている。国や郷土を愛する心を育む上で不適切とされ、変更になったというものだ。 朝日新聞などが報じ、ネットでは「戦前かよ」「さっぱり意味が分からない」など、批判と驚きの声が相次いでいる。 いったい何がどうなっているのか。キャリコネニュースでは、文部科学省初等中等教育局の教科書課に 取材を申し込んだところ、担当者からこうし...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

『新学習指導要領に関する教師、保護者の意識調査』結果を発表 - 03月27日(月)14:00 

[株式会社ジャストシステム] 【調査結果のポイント】 ■「新学習指導要領」により、小学校の外国語(英語)教育が変わることについて、保護者の最大の懸念は「教師の英語力」。対して、外国語授業実践に、75.2%の教師は「自信がない」。 ■教...
in English
カテゴリー:

尾木ママが語る「親は『アクティブ・ラーニング』を勘違いしている」【わが子のために親が知っておくべきこと 2017 第3回】 - 03月27日(月)06:30 

尾木ママが語る「子どもを学校に行かせたらいけないとき」尾木ママが語る「親が受けてきた教育とはガラリと変わる!」 の続きです「ママ自身が気がつくためには、学校現場に関心を持ってください」と語る尾木ママテレビでおなじみの“尾木ママ”こと、尾木直樹さんが、いまぜひママたちに伝えたいメッセージ! 尾木ママは、新著『取り残される日本の教育 わが子のために親が知っておくべきこと』の本の中で、「入試で問われることが、変わってきているんですよ!」と、話しています。■授業参観でチェックしたいポイント―― 前回、国際的な学力調査が、2018年からガラッと変わることを受けて、日本でも入試問題に変化が出てきたというお話を伺いました。この変化に対して、いま、ママたちができることは?まず、学校現場に関心を持ってほしいですね。昨年の4月から、お子さんたちの学校も、変化してきていると思います。その変化は、授業参観に行ったりしないとわからない。もしご自身のお子さんの学校が変わっていないならば、「うちの子どもの学校は、遅れている」と、ママ自身が気づくことができます。―― 「変化している」というのは?知識を詰め込む「だけ」の教育は、もう終わり。前回お話した世界標準の「キー・コンピテンシー」(※)を身につける教育への転換が急がれています。これからは、子どもの主体性に働きかけることで、発想力や想像力、多角的な分析力、協働性...more
in English
カテゴリー:

【学歴】高校中退者の厳しい現実…「高卒」でないとあらゆる道が閉ざされる - 03月29日(水)13:18 

http://president.jp/articles/-/21650 高校への進学率は、毎年98%前後を推移しています。一方で、学業不振や家庭の事情、進路変更などさまざまな理由で中途退学する人がいます。 その数は1990年前後に、年間で12万人を超えるほどに膨れ上がっていました。現在は少子化の影響もあり、5万人ほどになっています。 しかし、高校中退者が置かれている状況はこの数十年、大きくは変わっていません。依然として大きなハンデを負い、生きていかざるを得ないのです。 文部科学省が毎年実施する「高等学校卒業程度認定試験」は、かつては「...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

両親が早婚、子どもも20-24歳に結婚希望…厚労省13年間の追跡調査 - 03月28日(火)21:15 

 厚生労働省は3月28日、「21世紀出生児縦断調査(平成13年・2001年出生児)」について、特別報告を発表した。同一個人約3万人を13年にわたり追跡縦断調査する内容で、今回は、このデータを改めて分析した結果をとりまとめ、報告を行った。 おもな項目として、「幼児期の歯磨き習慣、食生活習慣等とその後のう歯(虫歯)との関係」「乳児期の受動喫煙の有無と成長の関係」「子どもの生活環境、健康状態が保護者の育児負担感に与える影響」「結婚などを希望する時期に対する中学1年生の意識」について分析を行った。 このうち、「子どもの生活環境、健康状態が保護者の育児負担感に与える影響」において、出生順位別では、保護者の育児負担感は第1子、第2子、第3子以降の順に強い傾向が見られた。また、出生順位に関係なく、双子、三つ子などの多胎児の場合、乳幼児期において保護者の育児負担感が強い傾向も見られた。 同居の家族構成別では、「両親と祖父母」世帯と「両親のみ」世帯を比較すると、第1回調査(生後6か月)と第4回調査(3歳6か月)~第6回調査(5歳6か月)では「両親のみ」世帯において、保護者の育児負担感得点が高い傾向が見られた。「両親と祖父母」世帯に比べて「両親のみ」世帯の場合、保護者は「子育てによる身体の疲れが大きい」「子育てで出費がかさむ」「仕事や家事が十分にできない」などの項目を選択する割合が多かった。 健康状態...more
in English
カテゴリー:

新学習指導要領の外国語教育、保護者4割が賛成も教師は異論 - 03月27日(月)20:30 

 2020年度から小学3・4年生で「外国語(英語)活動」が前倒し、小学5・6年生で「外国語が教科化」することについて、保護者の4割以上が「良いこと」と回答したが、教師は異論を唱えていることが、ジャストシステムが提供する「スマイルゼミ」の調査により明らかになった。 「新学習指導要領に関する教師、保護者の意識調査」は、公立小学校でクラス担任をしている、管理職を除いた教師250名と、2017年4月より小学1~4年生になる児童の母親1,116名を対象に実施したもの。教師編は3月15日~20日、保護者編は3月14日~18日に、ジャストシステムのセルフ型ネットリサーチ「Fastask」によるアンケート調査を行った。 新学習指導要領の改訂により小学校での外国語活動が大きく変わることに対して、保護者の41.3%が「英語を教える教師の英語力」が最大の懸念点と回答。将来、外国語の授業をする可能性がある教師のうち、新学習指導要領で求められる外国語授業の実践に、「自信がない」と答えた教師が75.2%にのぼった。 教師の英語力は、「初歩的な単語やフレーズが言える」35.6%がもっとも多く、「単語や定型句を並べてコミュニケーションがとれる」27.5%、「自信がない」20.7%、日常会話以上の英語力を有する教師は16.3%だった。また、教師が取得している英検の級は「3級」28.8%が最多。「3級以下」は41.9...more
in English
カテゴリー:

『新学習指導要領に関する教師、保護者の意識調査』結果を発表 - 03月27日(月)14:00 

[株式会社ジャストシステム] 【調査結果のポイント】 ■「新学習指導要領」により、小学校の外国語(英語)教育が変わることについて、保護者の最大の懸念は「教師の英語力」。対して、外国語授業実践に、75.2%の教師は「自信がない」。 ■教...
in English
カテゴリー:

【教育】「高校中退」はハンデになると分かった - 03月26日(日)19:21 

高校への進学率は、毎年98%前後を推移しています。 一方で、学業不振や家庭の事情、進路変更などさまざまな理由で中途退学する人がいます。 その数は1990年前後に、年間で12万人を超えるほどに膨れ上がっていました。 現在は少子化の影響もあり、5万人ほどになっています。 しかし、高校中退者が置かれている状況はこの数十年、大きくは変わっていません。 依然として大きなハンデを負い、生きていかざるを得ないのです。 文部科学省が毎年実施する「高等学校卒業程度認定試験」は、かつては「大学入学資格検定(大検)高等学校」...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「指導要領」の画像

もっと見る

「指導要領」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる