「指導要領」とは?

関連ニュース

水泳の部活動でプールに飛び込み、底に頭をぶつけて障害→8500万円支払い和解 大阪地裁 - 08月15日(火)22:19  news

大阪府八尾市の市立中学校のプールで平成26年、水泳部の練習でプールに飛び込んだ際、 底に頭を打ちつけて重い身体障害を負ったとして、当時中学3年だった元男子生徒(17)と両親が、 同市に計約1億6千万円の損害賠償を求めた訴訟で、市が元生徒に8500万円を支払う内容で大阪地裁(大島雅弘裁判長)で和解したことが15日、分かった。9日付。  市はすでに2千万円を支払っており、賠償総額は計1億500万円。両親は和解を受け請求を放棄した。 市教育委員会は「詳細なコメントは控えるが、再発防止に務めたい」と...
»続きを読む
カテゴリー:

ロボットやプログラミングの教材がずらり、第2回関西教育ICT展(ITpro Report) - 08月10日(木)05:00 

 「関西教育ICT展」が2017年8月3日~4日の2日間、大阪市で開催された。教育関連の企業展示に加え、多数のセミナーやパネルディスカッションが開かれ、延べ約7700人が会場を訪れた。企業展示では、新学習指導要領で2020年度から小学校で必修化されるプログラミング学習に対応した展示が目立った。
カテゴリー:

学校のICT環境整備、必要な機器や課題は…有識者会議まとめ - 08月04日(金)20:15 

 文部科学省は8月2日、「学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議 最終まとめ」を公表した。学校現場でのICT環境整備の考え方や必要な機器、今後の課題などをまとめている。 「学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議」は、第3期教育振興基本計画(平成30~34年度)を見越した学校のICT環境整備の在り方などを検討するため、平成28年11月に発足。3月には会議内に設置した検討チームが「次期学習指導要領で求められる資質・能力等とICTの活用について」と題し、教科や学年ごとの学習活動のイメージを報告している。 最終まとめでは、ICT環境整備の在り方について「最低限、検討チーム報告に例示されるような学習活動を可能としていくようなICT環境の実現を保障していくことが重要」と説明。「最低限必要とされ、かつ、優先的に整備すべきICT機器など」として、大型提示装置、実物投影装置、児童生徒用コンピューター、教員用コンピューター、充電保管庫、ネットワーク、学習用ツール、学習用サーバを示した。 今後に向けた対応事項としては、児童生徒の情報活用能力や教員のICT活用指導力の育成、外部専門スタッフの活用、情報セキュリティーの確保などを盛り込んでいる。今後の課題では、「ICT機器などの低価格化が進むことが重要」とし、情報不足や高コスト調達などの課題を指摘した。【関連写真】学校のICT環境...more
カテゴリー:

みんなのコード、文科省「次期学習指導要領」に対応した国内初のプログラミング教材「プログル - 多角形コース - 」を提供開始 - 08月03日(木)13:00 

[一般社団法人みんなのコード]  本教材は、本年4月の発表以来、のべ約6,000名が利用し好評を得ている「プログル - 公倍数コース ー」の続編として提供されるものです。  本日より、みんなのコードが運営する「プログル公式サイト( https://p...
カテゴリー:

【社会】英語 公立高入試にも民間検定試験 大阪府、3種類採用(毎日新聞) - 07月31日(月)09:23  newsplus

大阪府の活用は「英検」「TOEFL」「IELTS」  公立高校の入試に、英語の民間検定試験を導入する自治体が出始めた。現行入試で測れない「話す力」を評価するのが狙いで、大阪府が今春から導入し、福井県も来春に取り入れる。 民間検定試験は、大学のセンター試験に代わって2020年度に始まる新共通テストでも活用されることが決まったが、受験機会の公平性が確保できないとの指摘もある。高校入試でも同様の観点から、 導入を巡る各教育委員会の可否判断が分かれている。【金秀蓮、水戸健一、岸川弘明】  大阪府は、...
»続きを読む
カテゴリー:

東京23区でICT教育に力を入れている自治体は? - 08月14日(月)11:30 

東京23区の小中学校でICT(情報通信技術)の導入が進んでいる。背景にあるのは、2020年度から順次始まる新学習指導要領。プログラミング体験の導入が示され、ICT環境の整備が求められているのだ。 23区のうち、千代田区、新宿区、江東区、杉並区などは、今年度予算にパソコンやタブレット端末の導入費用を計上。渋谷区では、区内の全小中学生を対象に、人数分の端末などを一斉導入する。これらの動きについて、区の担当者に取材した。 ○渋谷区は1人1台のタブレット 渋谷区は今年度、ICT教育関連の事業費として7億8,200万円の予算を確保した。内訳は児童・生徒・教職員に貸与するタブレット端末と、データ通信用のSIMカードが8,600台分。それに加え、電子黒板機能付きプロジェクターなどの機器や、教職員の業務負担を減らすための統合型校務支援システムの導入費用などをあげている。 これらの一斉導入により、区内の児童・生徒・教職員1人につき1台の端末が行き渡ることになり、授業時間内のみならず、端末を自宅に持ち帰って利用することも可能になるという。 区ではタブレットを使った学習として、協働学習用ソフト「コラボノート」やオンライン学習教材「スタディサプリ」の利用を予定している。「コラボノート」は、大人数が同時に意見を書き込むことのできる掲示板機能や、写真・説明を地図上に加えて共同で編集する機能などが授業...more
カテゴリー:

【戦前回帰/教育勅語?】「道徳」、正式な教科に~安倍政権が推進する「教育再生」とは[08/06]【国旗/国家】 - 08月06日(日)11:11  seijinewsplus

アジアプレス 2017年8月6日 http://www.asiapress.org/apn/author/japan/post-54889/ 来年度から小学校で「教科」に格上げされることとなった「道徳」。戦後70年を経て初めて教科化されるに至ったその過程には、保守派の一貫した願いと、それを受けた安倍首相の強い働きかけがあった。(新聞うずみ火/栗原佳子) ◆態度変えた《中教審》 現行の「道徳の時間」は「教科外の活動」という扱い。教科書はなく、検定を受けない「副読本」や教師が作った教材などが使われている。それが今後は、国の検定した教科書によって、子どもの「心...
»続きを読む
カテゴリー:

進むグローバル化 子供の英語教育は何歳から始めているか? - 08月04日(金)08:26 

文部科学省は、グローバル化や変化の激しいこれからの社会を生きるために、確かな学力、豊かな心、健やかな体の知・徳・体をバランスよく育てる「生きる力」を育む施策として、2020年度以降の小中学校の教育内容を定めた次期学習指導要領改定案を発表した。
カテゴリー:

【滋賀】公立中学校の30代の男性教諭 教員免許の更新手続きを怠ったまま4年間勤務 採用無効、退職 - 08月01日(火)13:37  newsplus

痛すぎる「うっかり」 教員免許更新せず採用無効、退職 講習受けたが手続きせず…滋賀の公立中学校男性教諭 2017年8月1日 8時17分 産経新聞 http://news.livedoor.com/article/detail/13413758/  滋賀県教委は31日、県内の公立中学校の30代の男性教諭が教員免許の更新手続きを怠ったまま4年間勤務していたと発表した。  男性は平成25年に採用されていたが、県教委は同日付で採用は無効と通告し、男性は退職した。  県教委によると、男性は数年間県内の公立中で臨時講師として勤めた後、25年4月1日に公立中で採用...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】静岡県吉田町の「夏休み16日間に短縮」の衝撃 子や保護者からは不満……全国でも異例の短さ - 07月28日(金)04:44  newsplus

 静岡県吉田町が来年度から、町立小中学校の「夏休み」をお盆前後の16日間に短縮する。全国でも異例の短さ。町は「子どもにも、親にも、教員にもメリットがある」と理解を求めているが、「子どもの夏が一変してしまう」と懸念も出ている。  吉田町の浅井啓言教育長は今回の改革の狙いについて、「新学習指導要領をいち早く先取りした」と説明する。2020年に実施される指導要領では、小学校中学年で「外国語活動」、高学年で「英語」が導入されることもあり、授業時間数が今と比べて年35時間増える。どこで捻出するか。町が出...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「指導要領」の画像

もっと見る

「指導要領」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる