「指導死」とは?

「指導死」の画像

もっと見る

「指導死」の動画

Wikipedia

指導死(しどうし)とは、学校において教師の指導により肉体的、精神的に追い詰められた生徒が自殺に追い込まれること「指導死」――追いつめられ、死を選んだ七人の子どもたち 大貫隆志編著・住友剛・武田さち子著、高文研、2013年。大貫隆志による造語である。

概要

指導死の定義としては、 「指導死」親の会・大貫隆志の定義によると、「生徒指導をきっかけとした子どもの自殺」として、具体的には以下のように定義づけている。

  • 一般に「指導」と考えられている教員の行為により、子どもが精神的あるいは肉体的に追い詰められ、自殺すること。
  • 指導方法として妥当性を欠くと思われるものでも、学校で一般的に行われる行為であれば「指導」と捉える(些細な行為による停学、連帯責任、長時間の事情聴取・事実確認など)。
  • 自殺の原因が「指導そのもの」や「指導をきっかけとした」と想定できるもの(指導から自殺までの時間が短い場合や、他の要因を見いだすことがきわめて困難なもの)。
  • 暴力を用いた指導が日本では少なくない。本来「暴行・傷害」と考えるべきだが、これによる自殺を広義の「指導死」と捉える場合もある。
  • この定義によると、体罰を苦にしての自殺も指導死に含まれるが、「指導死」概念は直接的な有形力行使の有無を問わずに精神的に児童生徒を追い詰める例も含めた広い概念となっている。

    指導死では学校や教師の指導のあり方が問題となるため、学校へのダメージが大きく...

    ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる