「指定金融機関」とは?

「指定金融機関」の画像

もっと見る

「指定金融機関」の動画

Wikipedia

指定金融機関(していきんゆうきかん)とは、日本において地方公共団体が、公金の収納、支払の事務を取り扱わせるために指定する金融機関。議会の議決を経て1つの金融機関が指定される(地方自治法第235条、同施行令第168条)。

概要

都道府県は指定金融機関を必ず指定しなければならず(施行令第168条第1項)、市町村特別区を含む)は必要に応じて指定することができる(施行令第168条第2項)。指定金融機関は銀行であることが多いが、地方の市町村では古くから当地に存在する信用金庫農業協同組合(信連ないしは地域農協の信用事業部門。いわゆるJAバンク)を指定することもある。1つの地方公共団体が指定する指定金融機関は1つに限られるが、複数の金融機関を1年ないし2年交替で輪番指定する場合がある。

指定金融機関となった金融機関は、別途、地方公共団体の長が指定する金融機関を...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる