「指定管理者制度」とは?

関連ニュース

新・道の駅ふたつい、運営会社設立へ 来夏移転へ準備進む - 08月13日(日)09:48 

 来年夏ごろ移転整備される能代市二ツ井町小繋の「道の駅ふたつい」の運営を目指す株式会社が9月、二ツ井町商工会の会員を中心とする発起人により設立される。市は新道の駅を「公設民営」として指定管理者制度を導…
カテゴリー:

「指定管理者制度」の画像

もっと見る

「指定管理者制度」の動画

Wikipedia

指定管理者制度(していかんりしゃせいど)は、それまで地方公共団体やその外郭団体に限定していた公の施設の管理・運営を、株式会社をはじめとした営利企業・財団法人・NPO法人・市民グループなど法人その他の団体に包括的に代行させることができる(行政処分であり委託ではない)制度である。

概要

地方自治法の一部改正で2003年6月13日公布、同年9月2日に施行された。小泉内閣発足後の日本において急速に進行した「公営組織の法人化・民営化」(いわゆる「公設民営」)の一環とみなすことができる。

公の施設」には、いわゆるハコモノの施設だけでなく、道路水道公園等も含まれるとされている。ただし、道路・河川・公園・港湾・空港・下水道などでは、個別の法律によって、管理者は...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる