「指定医」とは?

関連ニュース

【医師監修】子ども&大人のADHD、セルフチェックリスト - 06月16日(金)07:00 

子どものみならず大人を苦しめることもあるADHD。今回は子どもと大人の両方ADHDの症状とともに、2つのチェックリストも用意しました。 この記事の監修ドクター 森若奈 先生 精神保健指定医、日本精神神経学会専門医、日本医師会認定産業医。精神単科病院、総合病院、クリニック、産業医等様々な場での経験を活かし、現在は予防医学や早期介入にも力を入れている。 女医+(じょいぷらす)所属。 子どもばかりじゃないADHD 何歳に現れやすいのか ADHDは発達障害の一種です。ADHDの症状は「不注意」「多動・衝動性」のいずれか、もしくはその両方が、7歳までに出現します。 大人でもなりえる可能性がある ADHDは大人でも現れる可能性が充分にありえます。学童期の子では5%前後おり、女性よりも男性のほうが数倍に上ります。ただし有病率に関しては、女性は年齢とともに変化せず、一方男性は、青年期に低くなるとされます。 年齢でみるADHDの特徴 幼児の場合 5歳未満のADHDについては「多動」が目立ちます。以降は、多動から「不注意」へと症状が移ってゆくとされます。 (「発達障害児者支援とアセスメントに関するガイドライン P170」特定非営利活動法人 アスペ・エルデの会 http://www.as-japan.jp/j/file/rinji/ass...more
カテゴリー:

【医療】精神科病院には、患者の権利を守る第三者が必要 - 06月02日(金)19:03 

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170602-OYTET50019/ 2017年6月2日  いろいろな原因でメンタルをやられる人、精神的な障害に苦しむ人が増えました。厚生労働省「患者調査」によると、「精神及び行動の障害」に分類される病気・障害の総患者数は2014年で318万人。1999年の182万人に比べ、1.7倍になりました。  しかし日本の精神科医療、とくに入院医療には大きな問題がいくつもあります。中でも重要なのは、患者の人権です。人身の自由を奪う強制入院がかなりあるし、本人の同意に基づく任意入院でも、保...
»続きを読む
カテゴリー:

「指定医」の画像

もっと見る

「指定医」の動画

Wikipedia

指定医(していい)とは、日本において医療機関の広告に用いてよいと法律で定められている名称の一つである。

医療法第六十九条第一項第十一号の規定に基づき医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関して広告し得る事項(平成10年8月28日 厚生省告示第224号)」に定められているものは以下の場合である。

参考文献 関連項目 外部リンク
  • 医療法広告改正(Medical Watcher)

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる