「拉致被害者」とは?

関連ニュース

北朝鮮メディア、拉致家族・トランプ氏の面会は「茶番」 - 11月19日(日)19:06 

 今月6日、トランプ大統領と北朝鮮による拉致被害者や被害者家族が面会したことについて、北朝鮮の労働新聞は、論評で「日本の新たな『対北制裁』措置を引き出そうと茶番劇を演出した」などと批判しました。北朝鮮の国営メディアが面会に触れたのはこれが初めてです。
カテゴリー:

横田早紀江さんら出席、拉致被害者の救出訴える集会 - 11月19日(日)07:03 

 拉致被害者の救出を訴える集会が18日、新潟市で開かれ、横田めぐみさんの母・早紀江さんは「元気なうちに迎えてあげたい」と訴えました。
カテゴリー:

横田早紀江さん「今がチャンス」 新潟で拉致解決求め集会 - 11月18日(土)19:43 

1977年に拉致被害者横田めぐみさん=失踪当時(13)=が北朝鮮に連れ去られて40年が過ぎ、現場となった新潟市で1...
カテゴリー:

「みわっちのバトン、子供たちへ」=過労死のNHK記者、絵本に-元TBSアナ出版 - 11月18日(土)05:40 

 2013年、過労により31歳で亡くなったNHK記者の佐戸未和さん。その遺志を継ごうと、親交のあった元TBS報道アナウンサーで白鴎大客員教授の下村健一さん(57)が絵本を出版した。多くの情報が飛び交う時代に生きる子供たちに、「みわっちが残したバトンをつなごう」と語り掛けている。 「窓をひろげて考えよう」(かもがわ出版)は、情報を見極め、活用する能力「メディアリテラシー」を学ぶ内容。ニュースを伝えるテレビやスマートフォンの画面部分がくりぬかれ、ページをめくると伝えられなかった事実が分かる仕組みだ。例えば「人里にクマが出た」という報道の背景として、クマの生息地に人間が後から住宅を建てたことが明らかになる。 下村さんがメディアリテラシーを考えるきっかけになったのは、TBS時代に届いた視聴者からの反応だ。「『これは考える材料の一つです』とリポートしても『答えを教えてほしい』という声が多く寄せられ、危うさを感じた」。1999年に退社する直前、リテラシー教育先進国であるカナダを取材。「メディアをうのみにしない教育は、日本にも必要」と実感した。 フリーとなった下村さんは学生放送局で指導役を務め、大学生だった佐戸さんと知り合った。佐戸さんは、04年8月に発生した沖縄国際大の米軍ヘリ墜落事故を取材。「彼女ならではの着眼点があった」という約7分半の映像には、学生だけでなく、米兵と交際する女性や基地の地...more
カテゴリー:

有本香「メディアで朝鮮総連を批判したら凄い圧力を受けた」 - 11月17日(金)17:56  seijinewsplus

http://netgeek.biz/archives/106728 ジャーナリストの有本香氏がメディアのタブーとなっている朝鮮総連について大きな暴露を行った。 朝鮮総連を批判したら凄い圧力を受けた。 有本香「自民党の長尾敬議員が朝鮮総連の破産申し立ての取り組みを行ってる。長尾氏はやる覚悟があるが、猛烈な反撃が予想される。私もTVで朝鮮総連に圧力をかけるべきと言っただけで反発があった」 TVでは触れるなと圧力がかけられてる朝鮮総連… 長尾さん(@takashinagao)頑張って下さい! pic.twitter.com/kWe80jR0WS — DAPPI (@take_off_...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ氏と“拉致”家族面会は猿芝居〜北 11/19 16:01更新 - 11月19日(日)16:01 

北朝鮮の国営メディアは19日、アメリカのトランプ大統領が今月、日本で拉致被害者の家族と面会したことについて「猿芝居」と批判した。
カテゴリー:

横田めぐみさん拉致:母早紀江さん救出訴え 新潟県民集会 - 11月18日(土)21:06 

 1977年に横田めぐみさん(行方不明時13歳)が北朝鮮に拉致された新潟市で18日、「忘れるな拉致 県民集会」(新潟県など主催、毎日新聞新潟支局など後援)があり、めぐみさんの母早紀江さん(81)や2002年に帰国した拉致被害者の曽我ひとみさん(58)=新潟県佐渡市=が、改めて拉致被害者の早期救出を訴えた。
カテゴリー:

安倍首相は金委員長と会談を=拉致解決で早紀江さん-曽我さんも参加、新潟で集会 - 11月18日(土)18:29 

 横田めぐみさん=失踪当時(13)=が北朝鮮に拉致されてから40年がたち、拉致問題の全面解決を訴える集会が18日、新潟市で開かれ、約830人が参加した。めぐみさんの母早紀江さん(81)は、安倍晋三首相と金正恩朝鮮労働党委員長とのトップ会談の実現を求めた。 早紀江さんは、トランプ米大統領と面会したことに触れた上で、「今がチャンス。米国の強い意志がある間に首相が平壌に行き、金正恩氏とけんかではなく、きちんとした話し合いをしていただければどんなにありがたいか」と訴えた。 めぐみさんの弟拓也さん(49)は「両親は高齢。これだけ苦しんで待って、会えないことがあってはならない」と強調。「再び抱き締め合い、お帰り、ごめんねと迎えてあげたい」と姉との再会を願った。 拉致被害者の曽我ひとみさん(58)は、一緒に拉致されて行方が分からない母ミヨシさん=同(46)=を思い、「もう39年会うことができていない。本当に苦しい。一日も早く解決するよう願っている」と話した。めぐみさんには「絶対に元気で帰ってくると誰よりも信じている」と語り掛けた。 加藤勝信拉致問題担当相は、被害者家族とトランプ米大統領との面会について「ひとつの経過点。次へのステップにしないといけない」と述べ、関係各国との連携強化を図る考えを示した。 【時事通信社】
カテゴリー:

【拉致問題】安倍首相「北朝鮮への圧力を一層強化してまいります」 有田芳生「対話なくして解決なし」 - 11月17日(金)18:00  seijinewsplus

https://mobile.twitter.com/aritayoshifu/status/931392081624408064 有田芳生 Verified Account @aritayoshifu 安倍首相のたった15分の所信表明演説を聞いた。拉致問題「御家族も御高齢となる中で、拉致被害者の方が再び故郷の土を踏み、御家族と抱きあうその日まで、私の使命は終りません」。どう解決するか。「そのために、国際社会と共に、北朝鮮への圧力を一層強化してまいります」。対話なくして解決なし。 あ〜るけ〜(RK) @rk_rk_is_no1 たった15分の話を黙って聞けない猿レベルの野党議員がいましたね。今...
»続きを読む
カテゴリー:

「会いたい、一目でいい」 県内特定失踪者家族、苦節の歳月 - 11月16日(木)12:33 

 横田めぐみさん=失踪当時(13)=の拉致から40年の今年は、拉致被害者家族会の結成から20年目の「節目」にも当たる。民間団体が北朝鮮による拉致の可能性が排除できない「特定失踪者」に認定した秋田県関係…
カテゴリー:

もっと見る

「拉致被害者」の画像

もっと見る

「拉致被害者」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 拉致...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる