「拉致事件」とは?

関連ニュース

北朝鮮、食堂従業員の送還要求=集団亡命は「拉致」 - 05月20日(日)07:23 

 【ソウル時事】朝鮮中央通信によると、北朝鮮の朝鮮赤十字会中央委員会報道官は19日、2016年4月に中国の北朝鮮運営レストランの女性従業員が集団で韓国に亡命した事件について、韓国の情報機関、国家情報院(国情院)が仕組んだ「拉致」だったことが韓国テレビ局の報道で暴露されたと主張した。その上で、文在寅政権に対し、関係者の厳重な処罰と女性従業員の送還を要求した。 また、先の南北首脳会談で署名された「板門店宣言」に南北離散家族など「人道問題の解決」が盛り込まれたことに関連し、「『集団拉致事件』をどのように処理するかが人道問題解決の展望に大きな影響を与える」と指摘。韓国政府の対応次第では、離散家族の再会行事実施に支障が出かねないと警告した。 韓国のJTBCテレビは最近、レストランの男性支配人のインタビューを放映。支配人は自分が国情院の協力者だったと告白し、国情院の指示で女性従業員をだまして連れ出したと証言していた。 【時事通信社】
カテゴリー:

岡村隆史、『オールナイト』とNHK音楽番組の異色コラボに大興奮 - 05月09日(水)20:00 

 5月3日深夜に放送されたラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)が、NHK総合テレビの人気音楽番組『シブヤノオト』とコラボレーション。岡村隆史(47)が、『シブヤノオト』のMCを務めるチュートリアルの徳井義実(43)と渡辺直美(30)と一緒に、音楽とトークで盛り上がった。  今回のテレビとラジオ、さらに放送局の壁を超えた異例のプログラムは当日の12時59分、まずは『シブヤノオト』の徳井と渡辺がテレビ画面に大写しになってスタート。ニッポン放送と見られるラジオブースにいる岡村の姿をテレビカメラが捉えた瞬間にカウントダウンを始め、午前1時ジャストに岡村が「さあ、始まりました。言うてました『シブヤノオト』と『岡村隆史のオールナイトニッポン』コラボスペシャルということでございます」と切り出して始まった。  いつもはここでトークを挟んだ後に、おなじみのオールナイトニッポンのテーマソング『ビタースウィート・サンバ』が流れるのだが、今回はNHKのスタジオにいる東京スカパラダイスオーケストラが、生演奏で『ビタースウィート・サンバ』を披露した。岡村はこれに「ほんま最高ですね。ひとつ夢叶いましたよ」と、感激した様子。岡村はこの後もテンションが高く、将来、音楽番組のMCをやりたいと夢を語ると、「曲紹介ってのを、どうしてもやりたい」と何度も繰り返した。  し...more
カテゴリー:

渡辺直美、ネット騒然の驚異的な食欲 「肉が吸い込まれてる」 - 05月09日(水)19:00 

 5月6日放送の『バナナマンのせっかくグルメ!!』(TBS系)に、お笑い芸人の渡辺直美(30)が出演。その豪快な食べっぷりが、視聴者に好評だったようだ。  この番組は、タレントが自らご当地グルメに関する聞きこみを行い、おすすめの絶品料理を食べまくるという内容。今回は、渡辺が神奈川県横須賀市を訪問。横須賀は米軍の施設がある地域でもあり、「巨大アメリカングルメ」を食べ歩くことに。通称「ネイビーバーガー」と呼ばれる巨大なハンバーガーや、海上自衛隊にちなんだ「よこすか海軍カレー」など、ボリューム満点の横須賀グルメを次々とたいらげていく。  そしてその後、アメリカの海軍兵士から薦められた「アメリカンバーベキュー」のお店に到着。さっそく渡辺がおすすめ料理のスペアリブを注文すると、1.5キロもある巨大な肉料理が運ばれてきた。  店員が言うには、この料理はアメリカ人が2人で食べるのだという。巨大なお肉を前にして、渡辺は「2人でこれ? 量多いって!」とビックリ。しかし、スペアリブが大好物という渡辺は、食べ始めるとそのスペアリブの味を絶賛。2人前とは思えない特大サイズだったが、渡辺は1人で完食してしまう。  そんな渡辺の豪快な食べっぷりに、視聴者は驚嘆。ネットには「店員も苦笑いしてるじゃん」「すごいな、肉が吸い込まれていってる」「これだけおいしそうに食べるのを見ると、明日にでも行きたく...more
カテゴリー:

滝沢カレン、黒柳徹子の言葉に感動の涙 - 05月09日(水)09:30 

 5月3日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)にモデルでタレントの滝沢カレン(25)が出演。幼少期からの家族の思い出を語り、司会の黒柳徹子(84)にかけられた優しい言葉に、涙する場面が見られた。  ウクライナ人の父と日本人の母を持つハーフの滝沢は、「生まれも育ちも日本なのに日本語が苦手」と、“不思議な日本語”キャラで注目を集めている。滝沢は生まれる前に両親が離婚しており、「逆に良かったというか、お父さんという存在を知らなかったんで、(父親を)欲しいとも思ったことがない」と振り返り、父親代わりの祖父は、自分と目が合えば500円をくれるような優しい人だったと語ると、黒柳は「あら、いい~」と笑った。  黒柳が、『徹子の部屋』出演は滝沢の念願だったことに触れると、『徹子の部屋』は滝沢の祖母が大好きな番組で、小学生の頃から一緒に見ていたと説明。続けて、母親が通訳の仕事で忙しかったため、祖母が母親代わりだったとし、「いろんなことを知っていて」「(祖母ほど)すべてをやりきって生きたっていう女はいない」と、3年前に80歳で亡くなった祖母のことを語り、大好きで尊敬していたと続けた。  また滝沢は、これまでテレビで見せたことは一度もないという、祖母の形見の指輪を紹介。黒柳がこれを指につけて「ちょっと質素なんだけど、気持ちがこもってて、すてきだと思います」と微笑むと、滝沢は「泣いちゃいます…...more
カテゴリー:

新垣結衣は「噛むのが面倒」、思わず心配になるズボラ芸能人たち - 05月09日(水)08:30 

 やらなければいけないと思っていても、つい面倒になりがちな日常生活のあれこれ。ましてや仕事で多忙なうえ、生活が不規則になりがちな芸能人であれば、なおさらだろう。しかし、中にはただ単に性格がズボラすぎて、私生活が心配になるレベルの芸能人もいる。ここではそんな芸能人たちのズボラエピソードを紹介しよう。  まず中居正広は、自身の冠番組『なかい君の学スイッチ』(TBS系)にて、共演したフリーの神田愛花アナウンサーから「バスタオルって何日使ったら洗う?」と質問され、「ぶっちゃけ10日ぐらいですよ。でも、こういう話になったとき、“えっ、10日ってスゴイ菌!?”って言われるのが嫌で、テレビでは1週間って言ってます」と驚きの回答をしていた。  さらに中居は「(風呂上りの)キレイな体の水分を取ってるだけであって、バスタオルは汚くないんじゃないか」と持論を展開するも、残念ながら共感する人は誰もいなかった。その後、菌に詳しい研究者から、複数日使ったバスタオルの衛生面でのデメリットを聞いても、「でも、なんだろう……大丈夫な気がする」と最後までマイルールを崩さず。我が道を貫きとおす姿勢は、さすがと言うべきか。 新垣結衣は心に闇を抱えている!?  続いては意外なあの人。なんと女優の新垣結衣も、2017年に出演した『しゃべくり007』(日本テレビ系)で、ズボラすぎるエピソードを告白して話題になっ...more
カテゴリー:

G3平和島レディースCで万舟券的中!岩崎芳美が豪快にV - 05月10日(木)12:30 

 先日行われたG3平和島レディースカップ(4~9日)。最終日、この優勝戦のメンバーは凄まじかった。こりゃ、一筋縄ではいかんぞ、というワクワク感が充満していたのである。  1号艇も調子はいいが、2~5号艇も実力者揃い。いったい、誰が勝つのか!? 万舟券も出るのではなかろうか!? 予想していて、とても楽しかった。 【5月9日 平和島第12R優勝戦】 (1)落合 直子/121131141 (2)浜田亜理沙/212111111 (3)長嶋 万記/112132231 (4)岩崎 芳美/212132122 (5)細川 裕子/252112612 (6)西村美智子/113611632 ※(号艇)選手名/節間着順  そんな中、この激烈戦を制したのは岩崎芳美選手だ(登録番号3611 71期 徳島支部 1972年8月17日生まれ B型)。スタートして4コースから強襲! インの落合直子選手が残しかけたものの、第2ターンマークで外から豪快にブン回し、抜き去った。3着には細川裕子選手が入り、3連単415=128.1倍の万舟券決着。  岩崎選手は、2015年下関戦(11月23日)以来のVゴール。お見事でした。優勝、おめでとうございます! ■優勝戦と初日に高配当GET!  優勝戦を的中させてご満悦だった平和島レディースC。私は、初日にも万舟券をいただいた。第9レース、前田紗希選...more
カテゴリー:

江頭2:50、伝説の水中息止め対決の真実告白「失神してた」 - 05月09日(水)19:30 

 5月3日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に“エガちゃん”こと、お笑いタレントの江頭2:50(52)が出演。高校時代の意外な写真や数々の伝説が紹介され、MCの雨上がり決死隊の宮迫博之(48)と蛍原徹(50)らを驚かせた。  今回の放送は、“緊急!! 江頭2:50SP”と題して、江頭のことが大好きなお笑いタレント6名がスタジオに集結。その中でリーダー格の出川哲郎(54)は、江頭と出会って25年以上で、世間の女性から「気持ち悪い」「生理的に無理」「死んでくれ」と、ずっと言われていたと振り返り、江頭は一緒に戦っていた戦友だと語った。  まずは、江頭がこれまで出演したテレビ番組の中から、数々の伝説を出川が紹介することに。『「ぷっ」すま』(同局系)で、角度50度の壁を駆け上がる挑戦をする企画で、成功後に自ら頭から坂を滑り落ちるという大ケガの可能性もあった江頭の姿がVTRで流れると、スタジオは騒然。蛍原が「アレは何の意味があったの?」と問うと、江頭は「危ないことをするのが芸人でしょ。コンプライアンスなんかいらないんだよ!」と、現在のお笑い業界を批判するように言い放った。  さらに、出川が近くで見ていて一番感動したエピソードとして、『浅草橋ヤング洋品店』(テレビ東京系)での「水中息止め対決」を挙げ、お笑いタレントの清水圭(56)の3分20秒という記録を破り、4分14秒という驚...more
カテゴリー:

釈由美子「トレーニングで体がムキムキになってきちゃって(笑)」ズバリ本音で美女トーク - 05月09日(水)18:00 

 今回は、00年代のグラビア界を席巻し、現在もドラマなどで大活躍する釈由美子さんにご登場いただきました。5月に舞台の初主演を控えた釈さんに、その意気込みと、一児の母となったプライベートを、たっぷり語ってもらいました! ■ドラマと舞台の演技は違う ――5月23日からの初主演舞台『まっ透明なAsoべんきょ~』の初日が迫ってきましたね。 釈 そうですね。ずっと舞台をやりたいと思っていて、事務所にもお願いしていたので、実現して感無量です。今は顔合わせも終わり、稽古も始まって、とても充実した毎日を送らせていただいています。 ――そこまで釈さんをひきつける舞台の魅力は? 釈 舞台って、毎日が生き物なんです。目の前にお客様がいらっしゃって、すべて一発勝負です。毎回、状況は異なるし、その中で、どう演じるか。演技力、集中力など、とても勉強になるし、映像作品とはまた違った楽しさがあるんですよ。 ――なるほど。ドラマの演技とはだいぶ違うんですね。 釈 ドラマだと、場合によっては、そのシーンだけ現場に来て撮影して帰るみたいなこともあって、同じドラマに出ていてもお会いできないキャストの方もいたりするんですけど、舞台はそういうこともなく、一つのものを皆で作り上げている感覚が、より強く味わえますよね。そういうチーム感と言いますか、昔の部活動をやっているようなワクワク感が、とても好きで...more
カテゴリー:

木村祐一「サラダの概念がひっくり返った」師と仰ぐシェフの驚きレシピ - 05月09日(水)09:00 

 5月5日放送の『人生最高レストラン』(TBS系)にお笑いタレントの木村祐一(55)が出演。18歳のときに出会った、忘れられないおいしさのサラダを紹介し、MCを務めるチュートリアルの徳井義実(43)らをうならせた。  京都で生まれ育った木村は、ディープでおいしい京都の味として、祇園白川の路地裏にある、山口西店の“とろろ鉄火メシ”。三条通沿いの老舗食堂、篠田屋のカレールーの代わりにカレーうどんの餡をかけた和風カツカレー“皿盛”。新京極の大衆食堂、京極スタンドの“えんどう豆の卵とじ”などを紹介していった。そして最後に、木村は“人生最高の一品”は現在も師匠と仰いでいるシェフ、西村眸(ひとみ)さんが作る“シェフサラダ”だと明かし、「サラダの概念がホンマにひっくり返りましたね。一品として十分。それだけで完成されたシェフのスペシャリテですから、これはメチャクチャうまかったですね」と絶賛した。  高校卒業後、料理人を目指していた木村は、京都センチュリーホテルに就職し、オープニングスタッフとして18歳で働き始めたという。そこで出会ったのが、ホテル内のコーヒーハウス、ラポーの料理長だった西村さんだった。しかし、ラポーは現在閉店しており、西村さんは京都ブライトンホテルで総料理長を務めた後、今は滋賀県草津市のクサツエストピアホテルで特別顧問を務めながら厨房に立ち続けているのだが、“シェフサラダ”...more
カテゴリー:

『イッテQ!』、芸人キラー木村佳乃に称賛の嵐! - 05月09日(水)08:00 

 5月6日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に、女優の木村佳乃(42)が登場。女優らしからぬ姿を披露して、視聴者から称賛の声が上がったようだ。  この日は、ふだんのレギュラーコーナーの出演者をシャッフルして放送。いつもはロッチの中岡創一(40)が出演している「Qtube」のコーナーに、いとうあさこ(47)、森三中の大島美幸(38)、イモトアヤコ(32)、そして木村の4人が挑戦した。  コーナーの冒頭、3人の女芸人たちは中岡のコスプレ姿で登場。しかし、そこにリムジンが到着し、車内からゴージャスな毛皮をまとった木村が現れる。外国人SPを引き連れ、レッドカーペットの上を歩いて3人に近づいてくる木村を見て、大島は「経費使いすぎじゃね?」とツッコミ。  さらにいとうが、木村が身につけた派手なアクセサリーの値段を尋ねると、木村はブルゾンちえみ(27)のネタをまねて、「35ドル」と決めポーズ。その金額を聞いた3人は「安い!」とツッコみながら、大爆笑していた。  その後もブルゾンのネタを続けた木村は、「“いばらぎ”じゃなくて、“いばらき”です」と、木村が出演していた連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)の名セリフを披露するなど、芸人顔負けのネタを繰り出し、共演した女芸人たちを笑わせていた。  そんな木村の姿に、視聴者も大ウケ。放送後、ネットには「佳乃さんがさらに好...more
カテゴリー:

もっと見る

「拉致事件」の画像

もっと見る

「拉致事件」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる