「担担麺」とは?

関連ニュース

冷蔵庫で3日~1週間保存可能! 作り置きできる肉のおかずのもと5選 - 12月11日(月)11:30 

何かと忙しい12月には、保存できるおかずを用意しておくと便利。ちょっと時間ができた時などに作っておけば、いざという時に手間をかけずにサッと出しできます。今回は作り置きできる肉のおかずのもと5選をご紹介。ソースをもみ込んだりマリネ液に漬け込んだりして、バラエティ豊かな味つけを楽しみましょう。 ほかにもいっぱい!「作り置きできる肉のおかず・おかずのもとのレシピ」をチェック!   ■ 【麻婆肉みそ】(1117Kcal、塩分11.3g) <材料・作りやすい分量> 牛切り落とし肉 250g、花椒(ホアジャオ) 大さじ1、豆板醤(トウバンジャン) 大さじ1、サラダ油、一味とうがらし、酒、しょうゆ <作り方> 1. 花椒はフライパンでからいりし、香りが立ったらペーパータオルで包んで、上からめん棒などで押して細かくつぶす。 2. 牛肉は7~8mm幅に切る。 3. フライパンまたは鍋に油大さじ2を熱し、2を入れて炒める。色が変わったら中央をあけて一味大さじ1を入れて軽く炒め、油がまわったところに豆板醤を加えて軽く炒める。全体を炒め合わせてからめ、酒、しょうゆ各大さじ3を加えて混ぜ、1の花椒も加えて混ぜる。牛肉を炒めたらまん中をあけて、そこに一味とうがらしを入れて炒める。炒めることでより辛みや香りが立つようになる。 ※冷蔵庫で4~5日保存できる。 ピリ辛では満足できない激辛好き...more
カテゴリー:

鶏がらと和だしのダブルスープが光る「塩ラーメン」 - 12月04日(月)13:10 

12月1日放送の「じゅん散歩」(テレビ朝日系、午前09時55分~)では、東京・武蔵小山のグルメを特集した中で、「はいむる珈琲店」(東京都品川区)が紹介された。 同店は東急目黒線武蔵小山駅西口から徒歩5分の所にある喫茶店。「姫」(1,069円)や「柿ゆずヨーグルト」(961円)など寒い季節にも提供しているかき氷とラーメンが看板メニューだ。 お店を訪れた高田純次さんは「塩ラーメン」(853円)を注文。鶏がらスープと鯖などを使った和だしのダブルスープに、野菜の旨味を加えた塩だれ、鶏の脂を加えて素材の味が際立つように仕上げた一杯だ。 高田純次さんは「塩ラーメン」を見て、「へぇーこの上品な感じのねぇ!プースーが」とコメント。スープを一口頂くと、「おぉー熱くて、あっさり系でね。目瞑ってやったらあさりスープぽい感じもするね。プースーは好きな感じのプースーですね」と気に入った様子。続いて麺を勢いよくすすると、「大将、がっつりじゃないですか!なかなか!すっくすっく、これはね美味しいときに言うことばなんですよ。これだけの味がしたら氷屋さんだと思って間違ってラーメン頼んでも正解だねぇ」と太鼓判を押した。 ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。【関連記事】・ニュースのお店を見る:はいむる珈琲 武蔵小山店(...more
カテゴリー:

炭火で焼き上げる熟成牛たんが味わえるお店 - 12月04日(月)13:10 

12月3日放送の「日曜ビッグバラエティ「ごちそうヒッチハイク旅」」(テレビ東京系、午後19時54分~)では、車に乗せて貰うお礼に食べたい物をごちそうするヒッチハイク旅の中で、「牛たん炭焼・利久・東七番丁店」(宮城県仙台市宮城野区)が紹介された。 同店は仙台で人気の牛たん料理の専門店。 訪れたのはEvery・Little・Thingの伊藤一朗さんと、TIMのレッド吉田さん。 紹介されたのは「牛たん『極』定食(5枚10切)」(3,834円)。炭火で焼き上げる牛たんは、1ヶ月熟成させることで肉の旨味がギュッと凝縮されるのだそう。 そのボリュームに驚きながら、いただいたのはレッド吉田さん。しっかりと味わった後「柔らかい!」と力強くコメント。 次に運ばれてきたのは「牛たんちょっとぜいたくなシチュー」(1,728円)。シチューが大好きだという伊藤一朗さんは早速スプーンを入れると「サクッと割れる」とコメント。いただくと「うん!」と大きくうなずいて、「深い。もう、牛たん屋さんとは思えないです。」と本格的な味に感激した様子だった。 ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。【関連記事】・ニュースのお店を見る:牛たん炭焼 利久 東七番丁店(ぐるなび)のお店紹介・周辺のお店を見る:仙台のお店紹介・同じジャン...more
カテゴリー:

辛いけどウマイ「真赤激ラーメン」 - 12月04日(月)13:10 

12月1日放送の「昼めし旅~あなたのご飯見せてください!~」(テレビ東京系、午前11時40分~)では、広島県・広島市のお昼ご飯を調査した特集で、「呉麺屋・カープロード店」(広島県広島市南区)が紹介された。 JR広島駅から徒歩約3分の、呉冷麺などが味わえるお店。 紹介されたのは「真赤激ラーメン」(800円)だ。スープはとんこつベースで、粉末の唐辛子とラー油を配合した味付けとなっている。スープに良く絡む細麺をおよそ30秒茹で、スープに合わせる。運ばれて来た「赤餃子」(280円)と「真赤激ラーメン」に、店を訪れた金子貴俊さんは「赤いどちらも!」と驚きの様子。 細麺と、麺に絡むスパイシーで真っ赤なスープは相性抜群だ。頂いた金子貴俊さんはスープに「あ、美味しい!辛い!けど心地良い!これ食欲増しますね、辛いけど、しっかりとラーメンの旨味があるから」と笑顔をみせ、続いて麺をすすると「く~、くるね~!スープは細麺によく絡まってますね、あ、でも旨いわ。旨辛ですね、とっても」とコメントした。 続いて紹介されたのは「赤餃子」。並んだ餃子の中に一つだけ赤い餃子があるが、皮が赤いだけで味は一緒なのだとか。赤いラーメンも餃子も、広島のプロ野球球団の赤を意味しているのだそうだ。 ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承く...more
カテゴリー:

甘みと食感が味わえる「ミナミマグロ丼」 - 12月04日(月)13:10 

12月3日放送の「ぐっさん家~THEGOODSUNHOUSE~」(フジテレビ系、午後13時00分~)では、静岡県・焼津市へマグロを食べに、ジープで旅をした中で、「てっか丼・山もと」(静岡県焼津市)が紹介された。 同店は、JR東海道本線(熱海-米原)焼津駅から徒歩23分程にある海鮮丼のお店。焼津で水揚げされた新鮮なまぐろを使った「本まぐろ大とろ丼」(3,500円)や「まぐろ食べくらべ丼」(1,500円)などの丼料理が味わえる。 お店を訪れた山口智充さんはイチオシメニューであるという「ミナミマグロ丼」(1,500円)を頂く事に、南半球で獲れる、濃厚な甘みとまろやかな舌触りが特徴の良質なまぐろの赤身をたっぷりとのせた一品。 「ちょっと醤油をね。垂らしましょうかね」と言いながら山口智充さんは小皿にのせたわさびを醤油で溶かし、丼の上に掛けてから箸でまぐろとご飯をとり「やった・・・やったぜ・・・!頂きます!」とコメント。その後、豪快に口にいれて「う~ん・・・美味い!美味しい!大好きなまぐろが食べれる!それも赤身の・・・溶けるんじゃなくて、身としての存在感がありながらでも繊細な柔らかさ・・・ミナミマグロは美味いですね!もう・・・ザ・赤身!!」と太鼓判を押した。 ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承くださ...more
カテゴリー:

福島県の地鶏「川俣シャモ」専門店 - 12月04日(月)13:10 

12月3日放送の「日曜ビッグバラエティ「ごちそうヒッチハイク旅」」(テレビ東京系、午後19時54分~)では、車に乗せて貰うお礼に食べたい物をごちそうするヒッチハイク旅の中で、「シャモとワインの店・陽風水」(福島県福島市)が紹介された。 JR福島駅の東出口から徒歩で約10分の場所にある同店は川俣シャモを使った料理の専門店。江戸時代に盛んだったという闘鶏のために飼われていた軍鶏が食用になったのが川俣シャモだという。 ご当地焼き鳥を食べるために同店を訪れた4人は阿武隈山地の自然の中で育てられた軍鶏を使った料理を注文。 最初に運ばれてきた「シャモの正肉」(390円)は串の真ん中にムネ肉、両端にはモモ肉を使っている。乗せて貰った車の男性は「シャモの正肉」(390円)を食べて「めっちゃうまい!」とコメントし、他の人も「プリプリ!」「めっちゃ美味しい!」などとコメントした。次に「シャモのレバー」(300円)を食べた男性は「柔らかい」と一言。そして「シャモの月見つくね」(340円)を食べた伊藤一朗さんは「ハンバーグより美味しい!」とコメントした。 同店で4人は他に「川俣シャモのからあげ」(1,300円)、「シャモメンチ」(600円)、「シャモのクリームコロッケ」(650円)、「シャモの生春巻」(590円)、「シャモの皮」(260円)、「シャモの前菜」(400円)を食べた。 ※当記事は本放...more
カテゴリー:

「辛さ」と「痺れ」が調節できる担担麺 - 12月04日(月)13:10 

12月2日放送の「王様のブランチ」(TBS系、午前11時59分~)では、こだわりの担担麺専門店を特集した中で、「雲林坊・日本橋室町店」(東京都中央区)が紹介された。 JR総武本線(東京-銚子)新日本橋駅の2番口から3分ほど歩いたところにある同店は、担担麺と麻婆豆腐を味わうことができてクセになる「痺れ」が評判のお店。メニューの「辛さ」だけでなく「痺れ」のレベルもレベル1~5と5段階で調整が可能で、レベル5の激増しはプラス100円で注文することができる。 尾上松也がオーダーした「辛さ」も「痺れ」も激増しのレベル5「神田雲林の汁あり担担麺」(880円/税込み・辛さ5&痺れ5・各+100円)は、四川から取り寄せる2種類の山椒「四川漢源山椒」と「青山椒」の山椒油と老鶏・干し貝柱をベースに強めに焙煎した胡麻スープを合わせ、そこに国産小麦を100パーセント使った全粒粉麺を入れてから4種類の唐辛子がブレンドされたラー油と粉末の唐辛子をたっぷりとかけて完成する一品だ。ちなみにお店のおすすめレベルは「辛さ」「痺れ」ともにレベル3とのこと。 まず「神田雲林の汁あり担担麺」のスープを口にした尾上松也さんは「あっ!うまい!全然いけますわ。辛いけど山椒の風味っていうのがすごい強くて、めちゃくちゃうまいですね。痺れも多少ありますけど、何か心地いい。」と絶賛。続いて麺をすすり「んっ、山椒の香りがもう1ランク上...more
カテゴリー:

「担担麺」の画像

もっと見る

「担担麺」の動画

Wikipedia

担担麺(たんたんめん、中国語: ダンダンミェン、成都方言: ダンダルミェン 王文虎、張一舟、周家筠編、四川方言詞典pp69-70、1987年、四川人民出版社、成都、ISBN 7-220-00370-6)は、中国四川省発祥の辛みを利かせた挽肉やザーサイの細切りなどをのせた麺料理である広辞苑 第六版【担担麺】。香港または日本の麺料理の一種としても定着しているが、各地で大きくアレンジし直され、風味などが異なっている。

名称、表記

「担担」または「担担兒」は成都方言で天秤棒を意味し王文虎、張一舟、周家筠編、四川方言詞典pp69、1987年、四川人民出版社、成都、ISBN 7-220-00370-6、元来、天秤棒に道具をぶら提げ、担いで売り歩いた麺料理のためにこの名が付いた。

本来の漢字で書くと「擔擔麪」である。「担」は「擔」の、「麵」は「麪」の発音を示す部品を取り替えて生まれた俗字である。「」は「麵」の偏を崩している。簡体字では「担担面」と書くが、「面」は「麵」の偏を取ってしまった字である。なお、日本においては「担」および「麺」が...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる