「担担麺」とは?

関連ニュース

ホワイトデーの季節に白いお酒を楽しもう!新宿の原価バー「Craft Liquor Stand」で3種ににごり酒が新発売 - 02月23日(金)17:00 

「Craft Liquor Stand(クラフトリカースタンド)」から、ホワイトデーの季節に3種のにごり酒が登場する。 【写真を見る】「Craft Liquor Stand」に、ホワイトデーの季節である3月限定で、3種類のにごり酒が新登場する。 「Craft Liquor Stand」とは、「HangOut HangOver(ハングアウトハングオーバー)西武新宿Brick St.店」の中にある、入場料1000円を支払うとクラフトビールやクラフトリキュール、日本酒などの国産酒を原価相当額で飲める「原価バー」だ。 「Craft Liquor Stand」のコンセプトは「Respect Japanese Craftmanship」。日本にも日本酒や焼酎などの日本伝統の類に限らず、作り手がこだわりを持って生産しているビールやワイン、スピリッツなどがあることをより多くの人に知ってもらうために、気軽に色々と試飲できるようになっている。 日本酒は90ml、果実酒は30mlと少量からの注文が可能で、気になるお酒を試し、お気に入りを見つけるには最適な空間。ハイテーブルとハイチェアが並ぶカジュアルな雰囲気の店内は、仕事終わりのサク飲みや、飲み足りない日の2軒目利用に最適だ。 そんな「Craft Liquor Stand」に、ホワイトデーの季節である3月限定で、3種類のにごり酒が新登場する。すべて日...more
カテゴリー:

札幌で話題の175°DENO担担麺が女性向け店舗としてし新宿にオープン! - 02月20日(火)18:15 

北海道札幌を中心に東京、新潟に担担麺店を6店展開する株式会社175は、世界展開の旗艦店として、和モダンな白を貴重とした女性向け担々麺店「175°DENO担担麺TOKYO」を2月25日(日)にオープンする。オープン当日は、「北海道育成アイドル」として主にインターネット上で活動する札幌市の経済人らにより発案されたバーチャルアイドルキャラクター「北乃カムイさん」が登場し、SNSでの生配信や希望者に辣油をかけるサービスを提供する予定だ。 【写真を見る】女性1人でも入りやすい内観 「担担麺をとことんこだわったらどのようなものが生まれるのか?それを食べてみたい。」と思った店主が、四川省成都から日本の有名店まで食べ歩き、担担麺に通じるさまざまな業態の繁盛店で修行し渡り歩いた集大成として開店した。本格四川料理技術と日本のラーメン技術を融合させ、四川の担担麺でも日本の担担麺でもない、店主オリジナルの「DENO担担麺」が生まれた。こだわりの食材で作られる担担麺を味ってみては。(東京ウォーカー・末次延蔵) 【関連記事】 ・餃子との相性抜群!渋谷餃子に1日限定20食で「汁なし担々麺」登場 ・【千葉】辛さか、しびれか!? カスタム系の四川担々麺が松戸駅近くに登場! ・【埼玉・西浦和】自家製ラー油が味の決め手!本場四川で極めた麻辣を味わいつくす ・【埼玉・川口】担々麺のニューエイジ!真っ赤に燃える川崎発祥...more
カテゴリー:

唐揚げが10円!?馬肉を楽しめる千葉の飲食店が都内にオープン - 02月21日(水)17:00 

飲食店「大衆馬肉酒場ジョッキー」が、2月26日(月)、東京・新小岩にオープンする。 【写真を見る】「馬刺し1名盛り」(600円)など、馬肉フードメニューが楽しめる! 千葉・柏市と船橋市に2店舗を展開する「大衆馬肉酒場ジョッキー」。“僕らができる我が家のおもてなし”をコンセプトにしたレトロな店内では、熊本直送の新鮮な馬肉の馬刺しはもちろん、ステーキや馬肉を使用したおつまみなど、心行くまで馬肉を堪能できる。 名物商品は「10円ウマから」。10円でレア状態の馬のから揚げが、一つを半分に切って提供される。そのほか、「人気ナンバーワン!馬刺し1名盛り」(600円)や「馬肉のユッケ」(600円)、「馬肉とアボカドのタルタル わさび風」(380円)など、馬肉を使用したフードメニューが用意されている。 居酒屋の定番メニューも、25種類以上が提供される。馬肉好き必見の千葉の名店のメニューを、都内で楽しもう!(東京ウォーカー・ホシ) 【関連記事】 ・今話題!横浜・みなとみらいの新名物「オープンカー×石焼き芋」に行ってみた ・札幌で話題の175°DENO担担麺が女性向け店舗としてし新宿にオープン! ・肉汁の滝!創業8周年記念に牛タン圭助で牛タン1kgの定食登場 ・表参道でホストクラブ体験!銀魂の“ホスト倶楽部 高天原”が期間限定でカフェをオープン
カテゴリー:

「担担麺」の画像

もっと見る

「担担麺」の動画

Wikipedia

担担麺(たんたんめん、中国語: ダンダンミェン、成都方言: ダンダルミェン 王文虎、張一舟、周家筠編、四川方言詞典pp69-70、1987年、四川人民出版社、成都、ISBN 7-220-00370-6)は、中国四川省発祥の辛みを利かせた挽肉やザーサイの細切りなどをのせた麺料理である広辞苑 第六版【担担麺】。香港または日本の麺料理の一種としても定着しているが、各地で大きくアレンジし直され、風味などが異なっている。

名称、表記

「担担」または「担担兒」は成都方言で天秤棒を意味し王文虎、張一舟、周家筠編、四川方言詞典pp69、1987年、四川人民出版社、成都、ISBN 7-220-00370-6、元来、天秤棒に道具をぶら提げ、担いで売り歩いた麺料理のためにこの名が付いた。

本来の漢字で書くと「擔擔麪」である。「担」は「擔」の、「麵」は「麪」の発音を示す部品を取り替えて生まれた俗字である。「」は「麵」の偏を崩している。簡体字では「担担面」と書くが、「面」は「麵」の偏を取ってしまった字である。なお、日本においては「担」および「麺」が...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる