「担保責任」とは?

関連ニュース

雨漏りすしやすいのはどんな家?一級建築士が教える「住宅トラブルの多い家」とは!? - 05月24日(水)08:11 

  みなさんのお宅には軒や庇はありますか? 軒や庇の役割は、建物の外壁や窓などの開口部を強い日差しや激しい風雨から保護することです。 しかし、最近では軒や庇のない住宅がデザイン的にシンプルであることから、特に建築家と建てる家や注文住宅で採用されることが多くなっています。 軒や庇がなくても、大丈夫なものなのでしょうか? 今回は雨漏りや、その他の様々なトラブルを招く住宅についてのお話しです。   ■「軒なし住宅」は雨漏りしやすい!? 軒や庇のない住宅は、窓ガラスや外壁に直接雨が当たるため、窓周りや配管などの開口部から雨漏りしやすくなります。 国土交通省によると、平成21年10月から平成26年12月末までにおきた住宅保険(瑕疵担保責任保険)の保険事故3261件で、その8割が雨漏りなどによる防水事故が占めていると発表しています。 また、住宅瑕疵保険会社が雨漏り事故案件を分析した結果、雨漏り事故のうち、7割が軒や庇のない住宅での雨漏りであったという調査結果も出ています。   ■「夏場の直射日光」の影響を受けやすい 軒や庇のない住宅は、窓ガラスや外壁に直射日光が当たることになり、特に夏場は室温が上昇しやすくなり暑くなります。 一方、冬場は太陽の日射角度が低いため、軒があっても日射しを遮ることがなく、窓からの日射しのおかげで室温が下がりすぎることはありません。 軒...more
カテゴリー:

「担保責任」の画像

もっと見る

「担保責任」の動画

Wikipedia

担保責任(たんぽせきにん)とは、主に売買などの有償契約において、給付した目的物または権利関係に瑕疵がある場合に、当事者間の公平を図る目的で、契約の一方当事者が負担する損害賠償等を内容とする責任である。

  • 民法の条文は、以下で条数のみ記載する。
概説

担保責任は主に有償契約において権利の供与あるいは目的物に瑕疵がある場合に、相手方の保護を図るため売主など給付義務者が負うべき責任である。債務不履行責任が過失責任であるのとは異なり、担保責任の性質は無過失責任である(通説)近江幸治著 民法講義Ⅴ 契約法 第3版 成文堂、2006年10月、130頁遠藤浩・原島重義・水本浩・川井健・広中俊雄・山本進一著 民法6 契約各論 第4版 有斐閣〈有斐閣双書〉、1997年4月、38頁。担保責任の内容は、契約の解除、代金減額請求、損害賠償である。

担保責任は民法の561条から572条に規定がある(このうち562条については他人の権利の売買における善意の売主の保護を目的とする規定であり本質的には担保責任の問題ではない)。担保責任について定める以上の条文は...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる