「披露目」とは?

関連ニュース

松坂桃李が「どんなお下劣、変態でもやります」とベタ惚れ!『孤狼の血』白石和彌監督、早くも続編に意欲 - 11月18日(土)18:51 

柚月裕子の同名ベストセラー小説を『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』で多くの映画賞に輝いた鬼才・白石和彌のメガホンにより映画化する『孤狼の血』。 【写真を見る】実力派豪華キャストが魅せる、男の美学『孤狼の血』/[c]2018「孤狼の血」製作委員会 公開日は2018年5月12日(土)とまだ半年も先だが、早くもその出来栄えが口コミで話題となっている本作を一目見ようと、11月17日に銀座・丸の内TOEIにて行われた業界関係者向けお披露目試写および白石和彌監督によるトークイベントには、寒空の下、座席を求めるマスコミ関係者の長蛇の列ができ、あっという間に会場は満員札止めとなった。 本作の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一(松坂桃李)は、暴力団との癒着を噂される大上(役所広司)とともに、金融会社の社員失踪事件を捜査する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化していく…。 126分間、息もつかせぬ熱量に満ちた本編の上映が終わり、場内の明かりが点くや、どこからともなく拍手が起き、次第には歓声までが上がる。MCの呼び込みで白石和彌監督が登壇すると、会場内は一際大きな拍手に包まれた。 客席からの賛辞に照れ笑いを浮かべる監督に、思わぬサプライズが。なんと、主演の役所広司、共演の松坂桃李から文面でコメントが届いており、M...more
カテゴリー:

『孤狼の血』白石和彌監督、役所広司と松坂桃李のサプライズコメントに笑顔 - 11月18日(土)11:17 

役所広司主演、松坂桃李、江口洋介共演で、柚月裕子の同名警察小説を映画化した『孤狼の血』。この映画の業界関係者向けお披露目試写会が11月17日に丸の内TOEIで行われ、上映後に白石和彌監督が登壇しトークイベントが行われた。 本作は昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島を舞台に、暴力団同士の抗争と、捜査のためなら違法行為も厭わないマル暴刑事の大上章吾と、その相棒となった新人刑事の日岡秀一らの血で血を洗うようなせめぎ合いと生き様を、熱く激しく描いたバイオレンス映画。 この日のイベントでは、まず司会から大上章吾役の役所と日岡秀一役の松坂から届いた来場者あてのコメントが読み上げられた。次いで白石監督が登場。主演の役所の演技について聞かれた監督は「役所さんにオファーした時、『年だから、大きく暴れることができないかもしれない』と言われたんですが、実際に演じていただくと、とてもギラギラしていて、役所さんからもいろいろな意見をいただきました」とコメント。 また、その役所と松坂から、監督あてにサプライズでコメントが到着。役所は「本当に楽しい撮影でした。監督のもとに集まった俳優たちが、皆、生き生きとしていて、撮影を楽しんでいました。役者という人種はスクリーンの中で暴れたいんだなぁ〜、普段言えないような言葉を吐きたいんだな〜、とつくづく思いました」と振り返るとともに、「監督の時代劇映画も期待していま...more
カテゴリー:

【ドバイ】「時速480キロ」のスーパーカーお披露目 「デベル・シックスティーン」 - 11月18日(土)03:46  newsplus

https://www.cnn.co.jp/m/business/35110588.html 2017.11.17 Fri posted at 11:44 JST (CNN) アラブ首長国連邦(UAE)ドバイに拠点を置く自動車会社デベルは17日までに、ドバイで開催された国際モーターショーで、スーパーカー「デベル・シックスティーン」の試作版を披露した。試験走行を開始すれば最高速度は時速300マイル(約482キロ)に到達するとされている。 時速300マイルは世界最高速車の称号をゆうに獲得できる速度。デベルの主張が真実と判明すれば、「ブガッティ・ベイロン」が2005年に登場し...
»続きを読む
カテゴリー:

lyrical school「私たちがHIPHOPアイドルって名乗っている強みでもあるのかなって」[ Special Interview ] - 11月17日(金)20:00 

オリジナルメンバーが卒業し、新メンバー加入を経て、2017年5月から新体制でのスタートを切ったHIPHOPアイドルユニット『lyrical school』。新体制になり自由度が増したステージングで、観客を楽しい渦に巻き込み、そのパフォーマンスは日々成長している。12月16日には、LIQUID ROOMで約半年ぶりとなるワンマンライブ『lyrical school one man live 2017 “TAKE ME OUT”』を開催。そして19日には、両A面シングル『つれてってよ/CALL ME TIGHT』をリリースする。そのワンマンライブの意気込みやニューシングルの印象など、lyrical schoolに聞いた。 ――9月から秋の3ヶ月連続ライブハウス対バン企画『MY DATE』を開催し、10月11月はアイドル以外の出演者をブッキングされていました。様々なジャンルの方との対バンは、普段と違うお客さんの反応や雰囲気、学んだ部分などはありますか? risano 今までアイドルイベントに出演することが多かったんですけど、今回の対バン企画でバンドや、HIPHOPアーティストの方々が出演してくださったので、とても新鮮でした。出番の前に演奏やパフォーマンスを観るのも楽しみで、すごくいい経験になったと思います。 minan 『MY DATE』ライブのたびに、毎回新曲を披露していたので、ly...more
カテゴリー:

世界のこどもたちへ手づくりのぬいぐるみを贈ろう!フェリシモハッピートイズプロジェクトのお披露目展示会が神戸で開催 - 11月17日(金)18:30 

[株式会社フェリシモ] [画像1: https://prtimes.jp/i/12759/806/resize/d12759-806-219710-1.jpg ] ~『フェリシモ ハッピートイズプロジェクト』のクリスマス展示会場のご案内~ [画像2: https://prtimes.jp/i/12759/806/resize/d1...
カテゴリー:

大先輩・米倉涼子と初共演 今年の「国民的美少女」 井本彩花、『ドクターX』で女優デビュー - 11月18日(土)18:00 

米倉涼子主演の大ヒットドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』の第9話(12月7日放送)に、「第15回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリに輝いた井本彩花がメインゲストとして出演する。■8万人以上から選ばれた新星井本は、今年8月に行われた本選大会において、応募総数8万150通の頂点に輝いた当時13歳の逸材。デビューからわずか3ヶ月で、早くも華々しいドラマ・デビュー、しかも事務所の大先輩・米倉との初共演となる。本格的な演技に初めて挑戦することになる井本は「本当にビックリしちゃって! 私にできるかなって、不安でいっぱいでした」と、出演が決まったときの心境を吐露。しかし、負けず嫌いの彼女は「自然な演技ができるように」との思いから、撮影に向けて猛特訓。「家族に練習している姿を見られるのは恥ずかしかったので(笑)、『練習中は見ないで』とお願いして、自分の部屋で何回もセリフを練習した」という。■井本の堂々たる初演技を、米倉涼子も絶賛 井本と共演した米倉は、「私がドラマに初出演したときは、たった一言のセリフだったのに、ものすごく緊張してしまって…。最低でも10回はNGを出しちゃったんですよ。でも、彩花ちゃんは堂々とセリフを喋ってお芝居をしていて…! まだ中学生なのに、すごくシッカリしていて根性があるし、スゴいなって思いました」と大絶賛。「『ドクターX』には錚々たる...more
カテゴリー:

上戸彩らのオスカー、男劇団に宇宙事業と積極展開 - 11月18日(土)05:05 

 美の総合商社とうたう芸能事務所オスカープロモーションが、先日、男性だけのエンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」を結成し、お披露目発表会を行いました。  米倉涼子や上戸彩ら、女性タレントが中心のイメージの強かった事務所ですが、…
カテゴリー:

『ファンタビ』最新作、来冬に日本公開へ ダンブルドア役でジュード・ロウ出演 - 11月17日(金)23:39 

 映画『ハリー・ポッター』の新シリーズ『ファンタスティック・ビースト』最新作の放題が、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(原題:Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald)に決定し、2018年冬に日本公開することがわかった。エディ・レッドメイン演じる主人公の魔法使いニュートら、主要キャストのファーストルックがお披露目された。 【写真】エディ・レッドメインら続投するキャストたち  同作では、舞台をニューヨークからロンドンの魔法界に舞台を移し、その先ではパリの魔法界へとつながっていく。脚本は、1作目に続き『ハリー・ポッター』シリーズの生みの親J・K・ローリング氏が執筆。前作と同じくデイビッド・イェーツ氏が監督を務め、『ハリー・ポッター』ファンを喜ばせる、原作・映画シリーズとのつながりも用意される予定。  ダンブルドア校長の先生時代を演じるのは、『コールド・マウンテン』(2003年)『リプリー』(99年)で2度のアカデミー賞ノミネートを誇るジュード・ロウ。マグル(魔法が使えない普通の人間)よりも魔法使いのほうが優れているという思想を持つ、魔法使いグリンデルバルド役でジョニー・デップが出演。ゾーイ・クラビッツが前作で劇中の写真にチラッと登場したニュートの過去に関わる女性リタ・レストレンジを、カラム・ターナーが戦争の英雄で闇...more
カテゴリー:

水木一郎、劇場版「マジンガーZ」オープニング曲を海外ファンに生披露!新ポスターも解禁 - 11月17日(金)20:00 

 画業50周年を迎える永井豪氏原作の「マジンガーZ」シリーズを劇場アニメーションとしてよみがえらせる「劇場版 マジンガーZ INFINITY」で、テレビアニメ版に続きオープニングテーマを歌う水木一郎が、11月16日に東京・六本木のYouTube Space Tokyoで行われたイベントに参加。会場に詰めかけた海外ファンを前に生歌を披露し、大いに沸かせた。 ・「劇場版 マジンガーZ INFINITY」水木一郎イベントの模様はこちら!  1972年にスタートした「マジンガーZ」は、世界征服を目論む天才科学者Dr.ヘル率いる“機械獣”と、巨大ロボット・マジンガーZを操る兜甲児を中心とした“人間たち”の攻防を描いた大ヒットシリーズ。アニメ史上初めて「主人公が乗り込んで操縦するスーパーロボット」を描き、以降の作品に多大なる影響を与えた。今作ではDr.ヘルとの戦いが終結してから10年後が舞台で、科学者の道を歩み始めた兜甲児が、富士山中で巨大構造物と謎の生命体に遭遇し、再び人類の未来を託される姿を映し出す。  水木が登場すると、会場からは「アニキー!」と熱い声援が飛んだ。「俺ってなんでこんなに人気者なんだろうね(笑)」と茶目っ気たっぷりに語った水木は、「アニソンはアニメの顔。作品の代弁者だから、そのヒーローになりきることが大事」と持論を展開。「声が出なくなるまで、俺は歌い続けるゼーット!」...more
カテゴリー:

『ファンタスティック・ビースト』続編、日本公開決定 ビジュアルも解禁 - 11月17日(金)18:30 

 世界中で約900億円の興行収入を記録した人気シリーズの最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が、2018年冬に公開されることが決定した。併せて、エディ・レッドメイン演じる主人公の魔法使いニュート・スキャマンダーや、主要キャストが集結した最新ビジュアルが解禁された。【関連】「エディ・レッドメイン」フォトギャラリー 本作は、人気作『ハリー・ポッター』シリーズの生みの親であるJ・K・ローリングが脚本を務め、同じ世界観で描かれるファンタジーアドベンチャー。舞台を前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のニューヨークからロンドンの魔法界、さらにはパリへと移し、ニュートたちが新たな脅威へと立ち向かうことになる。 解禁された最新ビジュアルではニュートをはじめ、闇払いのティナ(キャサリン・ウォーターストン)、妹のクイニー(アリソン・スドル)、シリーズ初となる人間のジェイコブ(ダン・フォグラー)らおなじみの仲間たちが登場。 さらに、前作で未確認の結末を迎えた、謎めいた人物クリーデンス(エズラ・ミラー)と魔法動物に変えてしまう呪いの血の運び屋マレディクタス(クラウディア・キム)、新キャストのダンブルドア先生(ジュー ド・ロウ)、巨大な敵グリンデルバルド(ジョニー・デップ)、謎の女性リタ・レストレンジ(ゾーイ・クラビッツ)、ニュートの兄テセウス・スキャマンダー(カラム・タ...more
カテゴリー:

もっと見る

「披露目」の画像

もっと見る

「披露目」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 弘メ...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる