「抗がん剤」とは?

関連ニュース

診察室から= 前立腺がんの「監視療法」 経過見守り、必要時に治療 - 09月23日(土)09:04 

がんの治療というと、手術、放射線、抗がん剤といった方法が思い浮かびますが、「監視療法」というのをご存じでしょうか。どのようながんにおいても早期発見や早期治療が原則ですが、この監視療法は、前立腺がんのうち早期がんのごく一部の病期のケースで選ぶことができる方法で、がんが発見されてから、しかるべき時期が来るまでは積極的な治療をせずに経過をみましょう、というものです(決して放置するものではありません...
カテゴリー:

「体内病院」はついにここまで来た。病気はカラダが自動で発見し、治してくれる時代に - 09月21日(木)15:00 

Image: Shutterstock まさにミクロの決死圏。体調を崩したら病院に行く。そんな当たり前の風景が、もう過去のものになってしまうかもしれません。超小型のカプセルを体内に投与し、がんなどの病気を早期発見。さらには治療までしくれるという革新的な仕組み、「体内病院」の時代がもうそこまで来ているんですから。ちょっとにわかには信じられないお話ですが、IBMのWebメディアMugendai(無限大)にて、その詳細が紹介されていましたよ。体内病院の正体は超小型の「ナノマシン」。体の中から異常を感知まるで映画かおとぎ話かといった壮大過ぎる話ですが、着々とその時は来ているんです。研究開発を主導するのは、東京大学教授で、川崎市産業振興財団・ナノ医療イノベーションセンター(iCONM)のセンター長も務める片岡一則さん。プロジェクトには26の大学、企業、研究機関が集結し、日本発の医療イノベーションを目指しているそうです。 体内病院(in-Body Hospital)とは、50ナノメートル(1mmの5万分の1)という超極小の「ナノマシン」を体内に投与するもの。「マシン」といっても機械ではなく、内部に薬...more
カテゴリー:

AI、クローン研究…倫理なき中国ハイテク技術の暴走――中国だけが悪いわけではない!? - 09月18日(月)08:54 

世界に先駆けてキャッシュレス社会を実現させた中国だが、人工知能や先端医学の分野でも中国は今、アメリカを抜く勢いで発展しようとしている。しかし、その裏に大きな懸念材料があった。日本も無関係ではないのだ! ◆中国ハイテク技術の暴走をどう食い止めるか  人工知能(AI)やロボティクス、フィンテックなど世界的に注目を集める次世代産業において、中国の存在感が急激に増している。その勢いはすでに米国を抜き、世界的な主導権を握りつつある。しかし背景には、司法や治安維持の場へのAI導入、自動走行の安全基準、ゲノム解析やクローンの研究など、議論を後回しにしてテクノロジー優先で突っ走る中国の倫理や安全性を軽視した研究・開発があり、世界は危機感を持つべきなのだが、一方でこんな見方もある。 「中国国内では、おおらかな国民性によって非倫理的な企業でも受け入れられるかもしれませんが、海外市場では取引先や消費者から厳しい目で見られるので、相応の報いを受けることになるのでは」  また、中国人の考え方も徐々に変わるかもしれない。 「今の中国のテクノロジー業界は、欧米に留学して帰ってきた“海亀”と呼ばれる若い世代が牽引している側面もあります。彼らは欧米流の倫理観やルールを理解しており、それが徐々にではありますが、中国のビジネス界に流れ込んでいるのもたしかです。また、海亀の思考法として、海外で実績をつくって中国...more
カテゴリー:

東北大、抗がん剤が腎臓病の症状改善に有効であることを発見 - 09月14日(木)13:45 

東北大学は9月14日、抗がん剤の1つであるミトキサントロンが転写因子「GATA2」の活性を阻害することで、腎臓病の症状を改善することを明らかにしたと発表した。
カテゴリー:

アデランス × GUNZE 患者さまのQOL向上を目的にグンゼと企業連携 - 09月12日(火)11:30 

[株式会社アデランス]  当社では2002年9月から、患者さまのQOL向上を目的に、病院内に理美容室を展開しています。病院で療養中の患者さまの中には、抗がん剤や放射線治療等の副作用による脱毛や爪の変色など外見の変化に悩まれる方が...
カテゴリー:

幻冬舎MC新刊のご案内『余命宣告からの希望の「がん治療」』 - 09月22日(金)10:00 

がんを叩く三大治療(手術・抗がん剤・放射線)に限界を感じている人必見!“細胞正常化”でがんに負けない身体を取り戻す「希望の三大治療」を徹底解説
カテゴリー:

【社会】がん代替医療、リスク2・5倍 標準治療と比較、米エール大 - 09月19日(火)10:27  newsplus

 がん治療でハーブやビタミン投与などの代替医療を選んだ米国の患者が5年以内に死亡するリスクは、外科手術や抗がん剤などの標準的な治療を選んだ患者の2・5倍になるとの研究結果を米エール大のチームが19日までに発表した。  一定の効果が証明された標準治療を拒否して、科学的根拠のない代替医療を選んだことで死亡率に差が出た可能性がある。日本でもがん患者が代替医療に頼るケースは多い。チームのスカイラー・ジョンソン医師は「米国では代替医療の市場規模が数千億円になるとみられる。徹底した検証が必要だ」と話す h...
»続きを読む
カテゴリー:

「がんのママをささえ隊」女性医師 企画のきっかけは後輩の死 - 09月17日(日)11:00 

「ウィッグがこんなに暑いなんて。帽子みたいにパッと取っちゃって、うちわであおぎたい~」 「でも幼稚園でいきなりウィッグをはずしたら、ほかのママたちが驚くだろうなぁ」 身ぶり手ぶりを交えながらの会話に、さざ波のような笑い声が重なる。スチール製の丸いすに座り「ウィッグ」を話題に盛り上がるのは、30代や40代の若さで乳がんを発症したママたちだ。全員、抗がん剤の副作用で脱毛を経験した。そんなママたちを穏やかに見つめるのは金城舞さん(38)。福岡県内の大学病院に勤務する乳腺外科医だ。 「今、女性の11人に1人が乳がんになるといわれています。そのなかで最近増えているのが、子育て中の若いママなんです」(金城さん・以下同) 金城さん自身も8歳の息子と5歳の娘を持つママ。だから、母親の患者ならではの不安はよくわかる。家事や育児をどうするか。病気のことを子どもにどう伝えたらいいんだろう。もし、自分に万が一のことがあったら――。 「ママたちの不安を安心に、涙を笑顔に変えたい」 昨年10月、金城さんはNPO法人「がんのママをささえ隊 ETERNAL BRIDGE」(以下・ささえ隊)を立ち上げた。 「スタッフは6人。私はプロジェクトリーダーとして、ホームページでの情報発信やイベントを企画します。とくに力を入れているのが月に1度の交流会。味噌づくりとか、お話会とか、家族ぐるみで参加してもらいます...more
カテゴリー:

がん遺伝子:血液から特定へ 東京医科歯科大が臨床研究 - 09月13日(水)20:14 

 東京医科歯科大病院は13日、がん患者の血液で73種類の遺伝子を一度に調べ、治療につなげる臨床研究を始めたと発表した。最適な抗がん剤を選べる可能性がある。がん細胞を取って遺伝子を網羅的に調べる研究は実施されているが、採血で済むので体への負担は少なくなる。
カテゴリー:

小野薬品が出直り強める、抗がん剤「オプジーボ」の適用拡大を好感 - 09月11日(月)09:23 

■新たな併用療法に加え胃がんにも適用拡大と伝えられ期待広がる 小野薬品工業(東1)は11日、出直りを強めて始まり、取引開始後に2420.5円(98.0円高)をつけて約8月3日以来の2400円台回復となった。
カテゴリー:

もっと見る

「抗がん剤」の画像

もっと見る

「抗がん剤」の動画

Wikipedia

抗がん剤(こうがんざい、英語:Anticancer drug)とは、悪性腫瘍(がん)の増殖を抑えることを目的とした薬剤である。抗癌剤制癌剤とも。がんの三大治療である手術化学療法放射線療法のうち化学療法に入る。

概説

抗がん剤とは悪性腫瘍の増殖を抑えることを目的とした薬剤のことである。抗がん剤を用いた療法は、「化学療法」に分類されている。

作用機序

抗がん剤の作用機序としては、DNA合成阻害、細胞分裂阻害、DNA損傷、代謝拮抗、栄養阻害などがある。

腫瘍細胞はいくつかの種類のものが混在しており、更に耐性を得やすく、抗癌剤の持つ毒性のため投与量に制限があることが多く、単剤投与は失敗に終わることが多いため一般に多剤併用療法となる。多剤併用療法であっても、やみくもに組み合わせればよいというものではなく、いくつかの重要な経験則がある。標的とする分子が異なる薬物、有効とされる細胞周期の時期が異なる物質、用量規定毒性が異なる薬物を併用するのが一般的である。さらにできるだけ相乗効果(シナジー)を得られる投薬を工夫する。このようにすることで、結果として最小の毒性で最大の結果が得...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる