「抗がん剤」とは?

関連ニュース

【今年一番の感動話】右足を失いながらもセンターに…“片足のアイドル”が駆け抜けた18年 - 11月19日(日)17:04  news

東京・浅草の小さな遊園地「浅草花やしき」。ここを拠点とする「花やしき少女歌劇団」にかつて、小児がんで右足を失いながらもセンターで歌う少女がいた。  少女の名は木村唯さん。  私は2014年秋、初めて彼女の存在を知った。東京・築地にある国立がん研究センター中央病院の院内学級の取材で、闘病中だった唯さんの歌声を聞いたのだ。 「ママ、産んでくれてありがとう」。抜群の歌唱力と、歌に込められたメッセージに強く心を揺さぶられた。  いつか唯さんのことを書きたいと思いながら果たせずにいた。15年秋に亡くなった...
»続きを読む
カテゴリー:

肝機能改善に抗がん作用も!? 「ウコン」の健康効果が改めて注目される - 11月17日(金)16:30 

【写真】クルクミンを体内へ吸収されやすく加工したサプリも登場。 みなさん、「ウコン」をご存知でしょうか? ウコンとはターメリックとも呼ばれるスパイスの一種で、鬱金(うこん)色という鮮やかな黄色が特徴です。この色を活かして、からしやたくあんなどの着色料としても使われており、カレーが黄色いのもウコンが使われているからなんです。 じつはいま、このウコンが、健康や医療の分野でも注目され始めています。ウコンの中に含まれる「クルクミン」という成分が、肝臓の機能改善やがん治療に役立つことがわかってきたのです。   ■ 肝臓の働きを高める効果が! コンビニなどでよく見かける、二日酔い対策の健康ドリンク。この中にも、ウコンの成分が使われているものがあります。ウコンに含まれるクルクミンには、肝臓が持つ「消化・吸収を助ける」「アルコールなどを分解・解毒する」機能を高める働きがあることがわかっているため、有効成分として配合されているようです。 一方で、クルクミンはそのままでは体内に吸収されにくいという欠点もあります。しかし、最近では吸収率が上がるように加工されたクルクミンも開発されており、それを使ったサプリメントが、肝機能に不安を感じる人に注目されています。   ■ 抗がん剤としての活用も期待される 2017年9月、京都大学などの研究チームが、クルクミンを元にした抗がん作用のある化合物を開発したと発表し...more
カテゴリー:

大島康徳 大腸がん手術から一年、感謝記す「一歩ずつ一歩ずつを重ねる毎日だった」 - 11月16日(木)14:16 

今年2月、大腸がんのステージ4であることを告白した元日本ハム監督の大島康徳が15日に自身のアメブロを更新。1年前に手術を受けたことを振り返った。 「一年前の 今日の今頃は… 手術室に呼ばれるのを 家族みんなで 病室で待っていた頃です。」「今日と、えらい違いだ。」と感慨深げにつづり、「今、私はこんなに元気で 美味しくご飯をいただけている。 本当にありがたいことです。」と感謝も。 さらに更新した記事では、「一日一日、一歩ずつ一歩ずつ を重ねる毎日だったと思います。」「手術から間もなくして抗がん剤治療も始まり… 手術然り、その後だって 私も家族も先が読めない所からスタートした日々を 皆でよく頑張ってきたな と、改めて思います。」「まずは家族に そして支えて下さった全ての皆様に 心から感謝しております。」と再び感謝の言葉を記した。 そして、「これからも 今まで通り、普段通りの毎日をたくさん重ねて行きたいと思います。」とコメントし、この日は障子の一面全部の張替えを一人でやったことも報告。「そんな風に始まった2017年11月15日。いい一日となりました。」とつづった。 今年2月7日に自身のアメブロを開設、昨年秋に大腸がんのステージ4であることが発覚し、既に手術を終えたことも明かした大島。 それ以降は、『癌発覚から手術・治療へ』と題した投稿をこれまで20回に渡り更新し、これまでの闘病生...more
カテゴリー:

国内30店舗目となる病院内ヘアサロンを帝京大学医学部附属病院内に出店 患者さまに寄り添った新移動式理美容イスを導入 - 11月14日(火)11:00 

[株式会社アデランス]  病院で療養中の患者さまには、抗がん剤や放射線治療等の副作用による脱毛や爪の変色など外見の変化に悩まれる方が多くいらっしゃいます。当社が2002年9月から展開する病院内ヘアサロンは、患者さまのQOL(Quali...
カテゴリー:

肌の変色、手術痕をカバー 化粧品各社が専用品開発、相談員も - 11月14日(火)05:59 

 医療の補助手段として、顔のあざや肌の変色、手術痕といった傷を化粧で目立たないようにカバーする取り組みが注目されている。化粧品会社は専用品を開発し、色素沈着やむくみなど抗がん剤治療の副作用にも対応、NPO法人もアドバイザーを全国に展開する。
カテゴリー:

廃棄される抗がん剤、年間720億円分 慶大教授が試算 - 11月17日(金)16:32 

 使い切れずに残り、廃棄された抗がん剤が使用量の約7%あり、年間約720億円分にあたるとの試算を慶応大の岩本隆・特任教授(経営学)がまとめた。高額な抗がん剤が増える中、効率よく使うことができれば医療費…
カテゴリー:

【野球】半分切除した胃痛み「筋力50%」…がん手術の広島・赤松真人外野手、一軍復帰目指す - 11月17日(金)14:02  mnewsplus

2017年11月17日 半分切除した胃痛み「筋力50%」…がん手術の広島・赤松、一軍復帰目指す 復帰に向けて体を動かす広島・赤松(手前)  1月に胃がんの手術を受けた広島・赤松真人外野手(35)が来季の契約を結び、一軍復帰に向け、オフも汗を流している。  手術後、抗がん剤治療を経て7月に練習を再開した。当初は筋力が衰え、器具を使ったウェートトレーニングは出来なかった。それでも地道にランニングなどを続け、再開から約4か月が過ぎ、二軍の練習で投手の球を打ち始めた。「投手は真剣(に投げて)、僕も真剣に打ちま...
»続きを読む
カテゴリー:

がん遺伝子変異、高速解析=新薬開発に効果-東大 - 11月16日(木)06:17 

 がんの発症につながる可能性がある遺伝子変異を短時間で解析する手法を開発したと、東京大の間野博行教授や高阪真路特任助教らの研究グループが発表した。論文は15日付の米医学誌サイエンス・トランスレーショナル・メディシンに掲載された。 遺伝子の研究が進んだことで多くの変異が見つかるようになったが、発がん性の有無など詳しい分析は追い付いていない。新たな解析手法は、抗がん剤の開発などを促進すると期待される。 新たな手法は、調べたい遺伝子変異に目印を付け、細胞に導入。培養して細胞が増殖すれば目印も増え、発がん性があると分かる。一方、細胞に抗がん剤を投与して目印が減れば、薬の効果を確認できる。同時に100種類以上の変異を解析できるため、1種類ずつ調べる従来の手法より大幅に早く結果が分かる。 【時事通信社】
カテゴリー:

薬を飲む知恵・飲まぬ知恵 (8) 医薬品の適応外使用の問題点と課題 - 11月14日(火)10:25 

薬剤師として30年以上のキャリアを誇るフリードリヒ2世さんが、日常のさまざまなシーンでお世話になっている薬に関する正しい知識を伝える連載「薬を飲む知恵・飲まぬ知恵」。今回は薬の適応外使用に関するお話です。 ○高山病対策としてCoQ10を持参 2001年9月、大阪から中国チベット自治区の古都ラサ市(拉薩市: 世界遺産のポタラ宮殿がある市)に旅行したことがあります。中国南部の大都市・成都に一泊して翌日に空路でラサに入りました。成都⇔ラサ間に定期便があるのです。今でこそ北京からラサに鉄道で行けるようになりましたが(行程時間は42時間20分)、当時は成都から飛行機に乗るか成都から鉄道以外の陸路を使ってラサに行くしか方法がなかったのです。北京⇔ラサの定期航空便はありません。 飛行機でラサ入りする際は、高山病に注意するように言われていました。ラサの標高は3,700m程度あり、日本の富士山頂の標高とほぼ同じです。ふだん登山訓練をしていない筆者のような人間が、低地からいきなりそんな高地に入ると体に変調をきたすケースは珍しくありません。 旅行前にあらかじめ日本で医療関係の知人にアドバイスを受けたところ、高山病予防薬として「コエンザイムQ10(うっ血性心不全治療薬で、サプリメントとしても市販)」と「アセタゾラミド(炭酸脱水酵素阻害剤)」を持参するとよいといわれました。ただし、どちらの薬の添付文...more
カテゴリー:

【医療】がん治療の光免疫療法、国内でも治験へ 米で実績 - 11月12日(日)23:14  newsplus

http://www.asahi.com/articles/ASKCB4J9VKCBUBQU00M.html  光を当ててがん細胞を壊す新たながん免疫療法の安全性を患者で確かめる臨床試験(治験)が、国内でも年内開始を目指して準備されていることがわかった。開発した米国立保健研究所(NIH)の小林久隆主任研究員が11日、朝日新聞の取材に答えた。手術や抗がん剤で治らないがん患者の治癒につながる治療法の実用化への第一歩と期待を集める。  この治療法は「光免疫療法」。近赤外光を当てると反応する化学物質と、特定のがん細胞に結びつく性質があるたんぱく質(抗体...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「抗がん剤」の画像

もっと見る

「抗がん剤」の動画

Wikipedia

抗がん剤(こうがんざい、英語:Anticancer drug)とは、悪性腫瘍(がん)の増殖を抑えることを目的とした薬剤である。抗癌剤制癌剤とも。がんの三大治療である手術化学療法放射線療法のうち化学療法に入る。

概説

抗がん剤とは悪性腫瘍の増殖を抑えることを目的とした薬剤のことである。抗がん剤を用いた療法は、「化学療法」に分類されている。

作用機序

抗がん剤の作用機序としては、DNA合成阻害、細胞分裂阻害、DNA損傷、代謝拮抗、栄養阻害などがある。

腫瘍細胞はいくつかの種類のものが混在しており、更に耐性を得やすく、抗癌剤の持つ毒性のため投与量に制限があることが多く、単剤投与は失敗に終わることが多いため一般に多剤併用療法となる。多剤併用療法であっても、やみくもに組み合わせればよいというものではなく、いくつかの重要な経験則がある。標的とする分子が異なる薬物、有効とされる細胞周期の時期が異なる物質、用量規定毒性が異なる薬物を併用するのが一般的である。さらにできるだけ相乗効果(シナジー)を得られる投薬を工夫する。このようにすることで、結果として最小の毒性で最大の結果が得...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる