「投資家」とは?

関連ニュース

企業の賃上げ56.4% 過去最高も「大企業だけ......」と冷めた声 - 02月19日(月)10:20 

帝国データバンクの「2018年度の賃金動向に関する企業の意識調査」によると、正社員の賃金改善が「ある」と見込む企業は56.5%(前年度は51.2%)にのぼり、過去最高を更新した。2月16日の発表。「ない」と答えた企業は18.4%にとどまった。賃上げを見込んでいる企業の割合が高い業種は、製造、運輸・倉庫、建設などで、背景には業績改善や人手不足がある。2018年度の従業員の給与や賞与は、総額で約3.7兆円(平均2.65%)増加すると試算している。 業績改善と人手不足が背景 賃金改善の具体的内容は、ベースアップが45.4%で、2017年度と比べて5.1ポイント増えた。賞与(一時金)は31.8%で、3.0ポイント増となり、ベア、賞与とも過去最高を更新した。 賃金改善の理由は、「労働力の定着・確保」が79.7%と4年連続で増加。人材の定着、確保のために賃上げを実施する傾向は一段と強まっている。また、「自社の業績拡大」が47.0%と、5年ぶりに増えた。 改善しない理由は、「自社の業績低迷」が55.6%を占めた。「人的投資の増強」は20.2%と横ばいで推移した一方、「内部留保の増強」が17.9%となり、3年連続で増えた。 とはいえ、インターネットのホームページ掲示板などには、 「連合の存在価値ってあるの? ねえ、あるの?」 「5年間で最低賃金たったの100円だもんなあ」 「まあ大企業だけだよな...more
カテゴリー:

マザーズ先物見通し:投資家心理の改善を背景に持ち直し続く - 02月19日(月)09:24 

本日のマザーズ先物は、日経平均の続伸スタートにつれてリバウンドの動きが続きそうだ。
カテゴリー:

国内相場を動かす「外国人投資家」が買う日本株の傾向とは? - 02月19日(月)08:45 

 先物(短期)⇒現物(長期)に資金がスライドする買いトレンドは本物だ。昨年秋、日経平均株価は21年ぶりとなるバブル後最高値を更新した。この上昇を支えていたのが、東証の売買代金の6割以上を占めるとされる外国人投資家だ。圧倒 […]
カテゴリー:

NYの視点:円売り持ち高増:今週注目はFOMC議事録、カーニーBOE総裁証言 - 02月19日(月)07:39 

短期投機家・投資家の円の売り持ち高は前々週からさらに増加した。
カテゴリー:

【マーケット トレンド】日経平均 懸念和らげば2万2000円回復も - 02月19日(月)05:00 

東京株式市場は、米長期金利上昇に伴う景気減速懸念が和らいで投資家の安心感が高まるかが注目される。割安感のある銘柄に順調に買い注文が入れば、日経平均株価(225種…
カテゴリー:

日経平均 2万2000円台回復 - 02月19日(月)09:35 

19日の東京株式市場は先週末のニューヨーク市場でダウ平均株価が値上がりしたことを受けて、投資家の先行きに対する不安感がいくぶん和らいだことからほぼ全面高の展開となり、日経平均株価は、およそ2週間ぶりに2万2000円台を回復しました。
カテゴリー:

【株主優待】資産1億3000万円「300銘柄」を持つ男の生活費ほぼゼロ生活。「贅沢したいというのとは思考が真逆なんです」★4 - 02月19日(月)08:58  newsplus

http://news.livedoor.com/article/detail/14314684/ 「JRで往復したら308円もする。それでは利回りが下がってしまうじゃないですか」 隅田川にかかる両国橋。小走りで追う本誌記者とカメラマンに、早足の山口三尊氏は涼しい顔で語った。 新宿でランチや買い物をすませ、その後、錦糸町で映画を観るという山口氏は、なぜか秋葉原で下車したのだ。 「アキバまでは定期券があるので」 山口氏は、都内の資格予備校で講師を務める50歳。カネボウやレックス(当時、焼き肉チェーン「牛角」を展開)などを相手取った訴訟で名を馳せ、“...
»続きを読む
カテゴリー:

FXトレード日本一決定戦「WTC(ロビンスカップ)」ランキングTOP5更新 - 02月19日(月)08:16 

投資家向けデリバティブ情報メディアである「エムトレ」を運営するRFSManagement株式会社(本社:東京都中央区代表取締役:千代田憲明以下、当社)が、2017年10月2日から実施しているFXトレーダー日本一を競うコンテスト「WorldTradingChampionship(以下、WTC)」(通称ロビンスカップ)のランキングTOP5を更新した。
カテゴリー:

リーマン・ショック以上の大暴落…日銀とGPIFの日本株買い支えはもう限界!  - 02月19日(月)06:00 

アメリカ株の大暴落! そのニュースが世界を恐怖に陥れた。 悪夢の再来――今後、世界経済はどう動くのか? そして、日本はどのような道を進むのか? * * * それは、リーマン・ショック以上の大暴落だった。 2月5日、アメリカの株価はNYダウで過去最大となる1175ドルの下げ幅を記録(リーマン・ショック時は777ドル)。この影響を受けて世界の株式市場は大混乱し、日本も一時、日経平均で1600円以上も下落する異常事態となった。 いったい何があったのか? 金融ジャーナリストの森岡英樹氏が語る。 「今回の暴落の大きな原因は、アメリカ連邦準備制度理事会(FRB=米国の中央銀行にあたる機関)の議長が、2月4日にドナルド・トランプ大統領と親しいジェローム・パウエルに代わったことです。通常、FRBの議長はエコノミストが就任しますが、パウエルは法律家。それを市場が不安がった。そのために大暴落が起きたのです」 実は、これと似たようなことが1987年にもあった。 「87年8月にFRBの議長がポール・ボルカーから、アラン・グリーンスパンに代わりました。グリーンスパンは、サックス奏者としても知られる経済コ...more
カテゴリー:

【ニュースレビュー】2.11~17 海外 - 02月19日(月)05:00 

■アイカーン氏、買収反対で声明米事務機器大手ゼロックスの大株主の米著名投資家、カール・アイカーン氏は12日、別の大株主とともに、ゼロックスの株主に対し富士フイル…
カテゴリー:

もっと見る

「投資家」の画像

もっと見る

「投資家」の動画

Wikipedia

投資家(とうしか、英:investor)は、株式債券不動産通貨商品などに投資する個人、あるいは法人。 概要

個人で投資を行う者もいれば、業務として投資を行う法人も存在し、前者は「個人投資家」、後者は「機関投資家」と呼ばれる。

短期の値動きによる利益を狙う「投機家」「トレーダー」に対して、長期の値上がりによって利益を期待する立場を意味することもある。また江戸期の米相場の時代から昭和初期頃までは一般に相場師と呼ばれていた。

「投機家」「トレーダー」が通常の買いに加え、空売りによる売りからも入るのに対し、投資家はほとんどの場合、買いから入る。個人が投資を行う場合、当面の生活費ではない余剰資金を使って行うのが原則であると言われている。

外国の株式や不動産に投資する者は、投資先の国から「外国人投資家」と呼ばれ、時にその国の投資家以上に存在がクローズアップされる事もある。たとえ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる