「投資家」とは?

関連ニュース

東証午前の終値、51円安の2万0093円 - 07月21日(金)11:51 

 21日の東京株式市場は反発し、日経平均株価の午前終値は、前日終値比51円02銭安の2万0093円57銭だった。前日の上昇で高値警戒感が生じ、当面の利益を確定する売り注文が出た。円相場が対ドルで円高になったことも重荷だった。米株式市場が前日に下げたことも、投資家心理を冷やした。
カテゴリー:

国際社会に逆行する金融緩和。欧米の安倍追い落としが始まった - 07月20日(木)22:00 

米国FRBをはじめ、欧米諸国が金融緩和策からの出口戦略を打ち出す中、日本政府と日銀は金融緩和を継続しています。メルマガ『国際戦略コラム有料版』の著者・津田慶治さんは、「円安になり日本だけが得をすることを先進諸国は許さない」と語り、安倍首相を始めとする「リフレ派」の経済評論家の見通しを「甘い」と断言しています。 グローバル化の中で日銀の金融政策は? 米国FRBの出口戦略に対して、EU・英国・カナダ・オーストラリアなどが中央銀行は一致して出口戦略を取る方向である。しかし、日本とスイスは金融緩和を継続する。スイスは小国であり仕方がないが、日銀の対応はおかしいし、問題を起こすことになる。 景況感と失業率 現時点のニューヨーク株価は、PER30倍まで行っている。割高の水準である。ITバブル時はPER40倍まで行ったが、それ以外ではこの水準はなかった。東京市場はPER14倍とニューヨークに比べて安い水準であるが、海外投資家は株価先物の売りになっている。将来は値下がりすると読んでいる。 円安であるにもかかわらず、海外投資家の東京市場での買いが少ないことで2万円を維持しているが上値が重い。何かが変である。今までは円安になると株高になると思われていたからである。 また、米国商業用不動産価格も過去最高の状態になっている。日本の不動産価格も銀座などの一等地は、1990年頃のバブル時の価格を超え始めている...more
カテゴリー:

コラム:金融安定化策が裏目に、中国投資を敬遠すべき理由 - 07月20日(木)18:05 

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 強大な権力を持つ中国当局は、金融リスクへの備えとして必要とされる対策を取っている。だが、その対策自体がまさに、投資家が中国を敬遠すべき理由となっている。
カテゴリー:

情報BOX:米金融大手の決算は迫力不足、際立つモルガンSの好調さ - 07月20日(木)16:18 

[19日 ロイター] - 米大手金融機関の第2・四半期決算が出そろった。大方の決算は市場予想を上回ったが、一段の好決算と楽観的な見通しを期待していた投資家に強い印象は残せなかった。
カテゴリー:

なぜ女は、社会参加しても家庭に入っても満足できないのか? - 07月20日(木)14:43 

一億層活躍がうたわれ、女性の社会進出が進む現代。選択肢が広がり、女性の生き方はどんどん多様化しています。しかし、専業主婦を選んでも、会社で立派なキャリアを築いていても、どこか不満や迷いのあるひとは多いのではないでしょうか。そんな悩みを抱えた人のために、メルマガ『ちょめの成功脳トレ』の著者である投資家ちょめさんが、本当の成功とは何かについて、オリジナルの寓話で説明されています。 オリジナル寓話 【 2人の女 】 むかーしむかしある所に、デザイアとリタという、2人の女がおったそうな。 2人とも同じ田舎町の生まれで幼馴染、片や女優として、片やデザイナーとして、夢を追い掛け一緒に都会へ。お互い励まし合って日々を懸命に過ごしたそうです。 2人の出会いは高校に入学したての頃、同じ部活に入部したのがきっかけでした。たまたま同じ日に入部届を出しにいき、同じタイミングで部活説明を聞きました。いつも明るく前向きなデザイアと、ひたむきで真面目なリタは、お互い認め合い、いつしか夢を語り合える親友として、無くてはならない存在となっていきました。デザイアは演劇部の花形女優を目指し、リタは裏方として衣装を担当しました。 3年の卒業を前にデザイアは主演女優となり、リタはデザイナーの責任者として、文化祭を大成功させ、その成功体験は2人をさらに大きな夢へと駆り立てました。 高校を卒業するとデザイアは都会の大きな劇団へ...more
カテゴリー:

配当が毎年増える「連続増配株」で、配当+株価の 値上がり益を同時に狙え! 連続増配で配当15倍& 株価5倍の「花王」など、連続増配年数ベスト5を発表 - 最新記事 - 07月21日(金)08:00 

配当が毎年アップする「連続増配株」に投資して、高い配当金+株価の値上がり益を同時に狙え!7月21日(水)発売のダイヤモンド・ザイ9月号では、個人投資家に人気の「高配当株」を大特集している。今回は、配当が毎年アップしている高配当株の中から、連続増配年数の長い銘柄ベスト5を紹介!
カテゴリー:

【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家R:日替わり循環相場に - 07月20日(木)19:10 

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家R氏(ブログ「デイトレードで毎日を給料日にしよう♪」を運営)が執筆したコメントです。
カテゴリー:

株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」運営元が約1.1億円を調達 - 07月20日(木)16:54 

株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」を提供する日本クラウドキャピタルは7月20日、西武しんきんキャピタル、事業会社2社およびエンジェル投資家を引受先とした第三者割当増資により、総額1億1580万100円の資金調達を実施したことを明らかにした。 今回調達した資金はFUNDINNOの機能改善に加えAIやブロックチェーンを活用した新たなシステム開発に当てるという。なお日本クラウドキャピタルはFUNDINNOリリース前の2017年2月28日にも、ECや決済領域で複数の事業を展開するラクーン他2社から資金調達(金額は非公開)を実施している。 FUNDINNOは非上場の中小・ベンチャー企業と、そのような企業に投資したい投資家を結びつける株式投資型のクラウドファンディングサービスだ。投資の見返りとして商品やサービスを受け取るのではなく、未公開企業の株主となれる点が大きな特徴。投資を募る企業側にとっても、事業に共感してくれた投資家から少額ずつ資金を調達できる新たな手段として関心を集めている。 立ち上げのきっかけは、代表取締役CEOの柴原祐喜氏が米国留学時 「株式投資型のクラウドファンディングを通じて資金調達をするのが当たり前となっている環境」を目の当たりにしたこと。帰国後に日本国内でも同様のサービスを展開したいと考えていた矢先、改正金融商品取引法により「...more
カテゴリー:

日経平均は続伸、日銀会合受け安心感 東証1部時価総額は600兆円回復 - 07月20日(木)16:15 

[東京 20日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は続伸した。前日の米国株高が支援材料となる中、日銀の金融政策が現状維持となったことが投資家に安心感をもたらし、後場に一段高となった。TOPIXは年初来高値を更新。東証1部の時価総額は1年11カ月ぶりに600兆円を超えた。
カテゴリー:

【FISCOソーシャルレポーター】もきち♪:企業情報の業績の見方 一口に利益と言われても - 07月20日(木)14:22 

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家もきち♪氏(ブログ「もきちのきもち 株とコンピュータ編」「もきちのきもち ゼロから始めるテクニカル分析編」を運営)が執筆したコメントです。
カテゴリー:

もっと見る

「投資家」の画像

もっと見る

「投資家」の動画

Wikipedia

投資家(とうしか、英:investor)は、株式債券不動産通貨商品などに投資する個人、あるいは法人。 概要

個人で投資を行う者もいれば、業務として投資を行う法人も存在し、前者は「個人投資家」、後者は「機関投資家」と呼ばれる。

短期の値動きによる利益を狙う「投機家」「トレーダー」に対して、長期の値上がりによって利益を期待する立場を意味することもある。また江戸期の米相場の時代から昭和初期頃までは一般に相場師と呼ばれていた。

「投機家」「トレーダー」が通常の買いに加え、空売りによる売りからも入るのに対し、投資家はほとんどの場合、買いから入る。個人が投資を行う場合、当面の生活費ではない余剰資金を使って行うのが原則であると言われている。

外国の株式や不動産に投資する者は、投資先の国から「外国人投資家」と呼ばれ、時にその国の投資家以上に存在がクローズアップされる事もある。たとえ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる