「投資家」とは?

関連ニュース

来週はドルの下値リスク警戒、米税制改革案審議や中国株を注視 - 11月24日(金)15:50 

[東京 24日 ロイター] - 来週の外為市場で、ドル/円は下値リスクが警戒される。米議会上院では税制改革法案審議が始まるが、年内通過の見通しが立たなけば、ドルの上値を抑えそうだ。また、今週急落した中国株を巡り、投資家のリスク回避姿勢が強まる可能性もある。さらに、ロシアゲート問題や北朝鮮リスクが加われば、ドルが110円付近まで下落する余地があるとみられる。
カテゴリー:

個人投資家わらしべ:すかいらーくの12月・6月株主優待は高利回りが魅力【FISCOソーシャルレポーター】 - 11月24日(金)10:47 

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家わらしべ氏(ブログ「テンバガーへGO!わらしべのブログ」)が執筆したコメントです。
カテゴリー:

中国の金利上昇、投資家が歓迎すべき理由とは - 11月24日(金)07:11 

 中国で金利が上昇しているが、当局主導の動きではない。当局はむしろ融資金利の設定で市場原理の役割を高めさせる構えとみられ、投資家には歓迎すべき動きと言える。
カテゴリー:

“バブル”はじける恐れ否定 熱烈投資家「さらに上昇の余地」 - 11月24日(金)05:00 

 ベンチャーキャピタリストのティム・ドレーパー氏は仮想通貨ビットコインのファンだ。2009年の同通貨誕生からまだ日も浅かったころにファンになった。14年2月に日本の仮想通貨取引所マウント・ゴックスがハッキングされ、所有していた4万ビットコインを盗まれた時には、ビットコインはもう終わりだと思った。しかし、ビットコイン価格が10~20%下がったのを見て「ゼロになってもおかしくないのだから、このくらいは何でもない」と思い直した。
カテゴリー:

【GS】東芝6000億増資 単独主幹事のゴールドマン・サックス 手数料200億円 野村證券を抜き初めて首位に - 11月23日(木)19:57  newsplus

(ブルームバーグ)経営再建中の東芝が主に海外のファンドから調達する6000億円規模の第三者割当増資で、単独主幹事を務めた米ゴールドマン・サックスが受け取る手数料が200億円規模になることが、関係者への取材で分かった。 ブルームバーグの集計によれば、米ゴールドマンはこの東芝の案件で、今年の日本株式発行の主幹事ランキングで野村ホールディングスを抜きトップに立った。ゴールドマンが今年首位につけば、過去約20年間で初めてとなる。 ゴールドマンは今回の資金調達で、海外で需要調査を実施。サード・ポイントや サーベ...
»続きを読む
カテゴリー:

「滬港通」導入3周年 香港株の中国A株化が鮮明に、「相場の急騰落に要注意」=専門家 - 11月24日(金)14:19 

香港証券取引所の最新統計によると、過去3年間において中国本土投資家が「滬港通」を利用して、約8088億香港ドル(約11兆3232億円)規模の香港上場株式を保有することになった。本土からの投資資金流入で、香港株式市場での1日の売買代金は3年前と比べて10倍膨らんだ。専門家は、香港株式市場が今後「中国A株化」する傾向が強いと指摘した。同市場での投機リスクが増大し、株価相場が急騰急落する可能性が高いため、リスク管理が必要だと投資家に訴えた。
カテゴリー:

来年より『つみたてNISA』スタート なぜ今積立なのか - 11月24日(金)09:30 

 来年2018年1月より『つみたてNISA」がスタートする。すでに2014年より創設されている少額非課税投資制度「NISA(ニーサ)」の“長期積立版”だ。NISAは年間120万円、5年間の非課税枠であるのに対し、つみたてNISAでは年間40万円、20年間となっており、その名の通り、長期投資に特化した制度であることがわかる。今回、新しい投資制度が創設されるのは、政府が積立投資を推奨しているという背景があるのだが、いったい積立投資にはどれほどの効果があるのだろうか。改めて注目の集まる積立投資の効果を検証する。 新制度“つみたてNISA”2018年スタート 金融庁が推奨する理由 ■「ドル・コスト平均法」が効く  長期投資の利点としてよく取り上げられるのが、「ドル・コスト平均法」の効果だ。ドル・コスト平均法とは、価格の変動する金融商品を定期的に一定額で購入する投資手法のことだ。これにより、価格が高い時には少ない口数を、価格が低い時には多くの口数を購入することができ、平均購入単価を下げる効果がある。では、実際にどのくらい効果があるのか。図表1は投資信託を一括購入した場合と、毎月1万円ずつ積み立てた場合の差を示したものだ。一括購入では基準価額が1万口あたり1万円の時に購入したので、1万口あたりの平均購入単価は1万円だ。一括購入では安く買い高く売ることで利益が出るため、値上がりが期待できる...more
カテゴリー:

香港で本土接続見直し訴え MSCIのA株採用、投資家確認など課題 - 11月24日(金)05:00 

 MSCI主要株価指数への中国人民元建てA株組み入れを来年に控え、香港のトレーダーらは本土の証券取引所との株式注文の相互取り次ぎを担当する香港取引所に対し、株式接続の見直しを働き掛けている。
カテゴリー:

スーパーで10円の価格差に悩む生活から、10ドル以下は考えずに使う生活に変わって見えた「お金」の価値 - 気づいたらフィンテック起業家になっていた公務員の話 - 11月24日(金)04:50 

昼定食の10円単位の価格差に悩む日々から、10ドル以下は意に介さず会社のフリンジベネフィットで高級ホテルや飛行機のアップグレードが当たり前の日々へ。ジェットコースターのような金銭感覚の変化を経験し、「お金」の価値は変わったのか? 財務省、INSEADでの金融工学の勉強、マッキンゼーでの機関投資家の資産運用プロジェクト、資産運用のロボアドバイザーサービス「ウェルスナビ」創業…と一貫して「お金」にまつわるキャリアを積み重ねてきた柴山和久さんに聞きました。
カテゴリー:

岸博幸氏、メガバンクの人員削減は「第4次産業革命の始まり」 - 11月23日(木)17:00 

中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。11月22日(水)放送の「BREAKFAST NEWS」のコーナーでは、慶應義塾大学大学院教授の岸博幸さんに「メガバンクの定員削減」について伺いました。 国内大手メガバンクである三菱東京UFJ銀行は昨日おこなわれた投資家向けの説明会で、2023年度末までにおよそ4万人の従業員のうち6,000人程度を削減する旨を発表しました。また、同じく国内大手メガバンクであるみずほフィナンシャルグループも、2026年度末までに1万9,000人の削減を発表。低金利の長期化による厳しい経営環境への対策としてデジタル化を加速し、業務の効率化を目指す狙いがあるそうです。 今回の金融機関の人員削減について「AIやロボットにより人間の雇用が減っていく第4次産業革命の始まり」だと岸さん。しかし、それは今に始まったことではなく、「金融業界以外ではインターネットが普及し始めた20年ほど前から、すでに雇用への影響が出ていた」と岸さんは言います。 例えば音楽業界。コンテンツのネット配信が始まったことでCDの売上が落ち、企業の業績が悪化。もちろんこれにより雇用にも影響が出ていました。同様の事象が出版社や新聞社にも生じており、岸さんは「これらの業界が受けた変革を、これから金融業界も経験せざるを得ないだろう」と予想。 さまざまなモノ...more
カテゴリー:

もっと見る

「投資家」の画像

もっと見る

「投資家」の動画

Wikipedia

投資家(とうしか、英:investor)は、株式債券不動産通貨商品などに投資する個人、あるいは法人。 概要

個人で投資を行う者もいれば、業務として投資を行う法人も存在し、前者は「個人投資家」、後者は「機関投資家」と呼ばれる。

短期の値動きによる利益を狙う「投機家」「トレーダー」に対して、長期の値上がりによって利益を期待する立場を意味することもある。また江戸期の米相場の時代から昭和初期頃までは一般に相場師と呼ばれていた。

「投機家」「トレーダー」が通常の買いに加え、空売りによる売りからも入るのに対し、投資家はほとんどの場合、買いから入る。個人が投資を行う場合、当面の生活費ではない余剰資金を使って行うのが原則であると言われている。

外国の株式や不動産に投資する者は、投資先の国から「外国人投資家」と呼ばれ、時にその国の投資家以上に存在がクローズアップされる事もある。たとえ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる