「技術開発」とは?

関連ニュース

AIでCT検査判断を支援 富士通が類似症例検索の新技術開発 - 06月24日(土)05:15 

 富士通は23日、肺疾患を調べるコンピューター断層撮影(CT)検査で、医師らによる画像診断を支援する類似症例検索技術を新たに開発したと発表した。
カテゴリー:

1話目はYouTubeで視聴できるぞ! ガンダム最新作『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』6月23日よりガンダムファンクラブにて独占配信開始 - 06月23日(金)22:00 

株式会社バンダイナムコライツマーケティングが運営する定額制サービス『ガンダムファンクラブ( GUNDAM FAN CLUB )』にてガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』が、6月23日(金)より独占配信スタート。 第1話目はガンダムファンクラブ、矢立文庫、バンダイチャンネル、ガンダムインフォ、YouTubeにて無料配信されているのでガンダムファンはチェックすべし! 【動画】機動戦士ガンダム Twilight AXIS #1 https://youtu.be/Fiuj28Jl_R0(Youtube) ~あらすじ~ 宇宙世紀0096年後半、「サイコフレーム」の存在に脅威を感じた地球連邦政府は、直轄の情報部に所属するメーメット・メルカ中尉に特殊部隊「マスティマ」を編成させ、地球圏を漂う小惑星「アクシズ」の分断された片側に潜入・調査という重要な指令を下す。  メーメットと同行する調査隊のメンバー内には、かつてのジオン公国とネオ・ジオンで、技術者とテストパイロットだったアルレット・アルマージュとダントン・ハイレッグという二人の民間人が加わっていた。 アクシズに潜入した調査隊は、誰もいないはずの基地内で私兵集団「バーナム」の新型「ガンダム」らの強襲を受け、ダントンとアルレットはかつて開発に関わっていた赤い「ザクⅢ改」で応戦するも、様々な危機的局面に遭遇する。...more
カテゴリー:

業界初没入感を追求するIMLの360度VRデモ映像 - 06月23日(金)08:10 

 IMAGICAが昨年8月に立ち上げたイマーシブ・メディア・ラボ(以下IML)。これまでに映像を視聴する際の“没入感”を追求する先進映像技術をリサーチ、開発を続け、いよいよ実写とCGを含む360度VR立体映像と立体音響を融合させた業界初のコンテンツを発表。サービス化に向けて本格始動する。 【写真】HTC VIVEとヘッドホンを装着して体験する様子 ◆3D映像と立体音響の融合で唯一無二の“没入感”を実現  VRコンテンツの分野では近年、グラフィック性能や応答速度、精細度などが向上したヘッドマウントディスプレーの普及により、多種多様なコンテンツが登場。さらなる進化型のサービスが常に求められている。そんななかIMLは、両眼立体視による360度映像とアンビソニック音響に注目。この技術の応用により、これまでよりさらに深い没入感を体感できる新たな映像コンテンツを試作した。6月28日より開催されるコンベンション「コンテンツ東京2017」で発表される同コンテンツをひと足早く体験した。  ヘッドマウントディスプレーHTC VIVEとヘッドホンを装着する、5分程度のデモ映像では、鹿のキャラクターが周囲360度を歩くCG映像、すみだ水族館を映した実写にCGを加えた映像など、5分の間にそれぞれ2Dと3Dの映像、音響を交互に映し出し、その違いを体感できるようになっている。このデモ映像は、360度の立...more
カテゴリー:

熟練工の手仕事、ロボットで再現 安川電機が新技術開発 - 06月21日(水)23:11 

 産業用機械大手の安川電機(北九州市)は、工場の熟練作業者の技を簡単にロボットに再現させることができる技術を開発した。実用化できれば、技術者の確保が難しいものづくりの現場のロボット化が進めやすくなる。…
カテゴリー:

研究アイデアのオープンイノベーションプラットフォーム『L-RAD』に関し、東京都市大学との連携協定締結 ~ 大学等研究機関における新規外部資金獲得を支援 ~ - 06月21日(水)10:00 

株式会社リバネスは東京都市大学と、研究者が持つ技術開発等の研究アイデアの探索・活用を世界で初めて実現したオープンイノベーションプラットフォームL-RAD( エルラド、リバネス-池田 研究開発促進システム powered by COLABORY : https://l-rad.net/ )に関し、積極利用に向けた協定を締結し、産学連携の加速と、研究費不足の問題に取り組みます。https://l-rad.net/2017/06/20/l-rad-tcu/
カテゴリー:

原子炉格納容器、模型使い補修試験 - 06月24日(土)05:00 

 国際廃炉研究開発機構(IRID)と東芝は23日、東京電力福島第1原発で溶け落ちた核燃料(デブリ)の取り出しに向け、楢葉遠隔技術開発センター(福島県楢葉町)で、原子炉格納容器の一部の実物大模型を使って破損部分を補修する試験を前に、現場を公開した。試験は24日から行う。
カテゴリー:

福島第1、廃炉実験施設を公開=コンクリ注入、24日実施 - 06月23日(金)16:55 

 東芝と国際廃炉研究開発機構(IRID)は23日、東京電力福島第1原発の廃炉に向け予定している一工程を報道陣に説明し、実験施設を公開した。東電は、原子炉を水で満たした上で、溶け落ちた核燃料(デブリ)を取り出す方法を検討しており、損傷した圧力抑制室の穴をふさいで水漏れを防ぐ技術を確立する狙いがある。実験は24日に日本原子力研究開発機構の楢葉遠隔技術開発センター(福島県楢葉町)で実施する。 【時事通信社】
カテゴリー:

人工知能システムの技術開発でコーリと豊田工業大学シカゴ校が提携 - 06月22日(木)12:10 

[株式会社コーリジャパン] [画像1: https://prtimes.jp/i/13725/6/resize/d13725-6-870951-1.jpg ] 人工知能(AI)を活用した英語学習システムを開発・販売する株式会社コーリジャパン(本社:東京都港区、代表者:エイソール・エイヨルフ...
カテゴリー:

特許に壁、先進的な大学・研究機関は?他社牽制力ランキング - 06月21日(水)18:00 

 パテント・リザルトは6月21日、「大学・研究機関 他社牽制力ランキング2016」を発表した。トップ3の顔ぶれは、前年から変動がなく、1位は「産業技術総合研究所(産総研)」、2位は「科学技術振興機構(JST)」、3位は「東北大学」であった。 「大学・研究機関 他社牽制力ランキング2016」は、大学・研究機関が対象。2016年の特許審査過程において、他社特許への拒絶理由として引用された件数を機関別に集計してまとめている。 パテント・リザルトによると、このランキングによって、直近の技術開発において競合他社が権利化するうえで、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な機関が明らかになるという。 集計の結果、2016年にもっとも引用された機関は、「産業技術総合研究所(産総研)」。引用された特許数は1,184件であった。産総研でもっとも引用されたのは、「哺乳動物細胞における遺伝子発現の調節」に関する特許。2016年に産総研の特許によって影響を受けた企業は、「東芝」30件、「住友電気工業」27件、「日立製作所」21件の順に多かった。 2位は「科学技術振興機構(JST)」で505件。もっとも引用された特許は「トランジスタおよび半導体装置」だった。JSTの特許で影響を受けた件数がもっとも多い企業は、「半導体エネルギー研究所」の28件であった。 3位は「東北大学」で308件。もっとも引用された...more
カテゴリー:

シンガポール 5G周波数帯の使用料、一時免除 20年実用化へ企業後押し - 06月21日(水)05:00 

 シンガポールは、超高速通信を可能にする第5世代(5G)移動通信方式の技術開発が加速しそうだ。同国の情報通信メディア開発庁(IMDA)が2019年末まで5G向け周波数帯の使用料徴収を免除する方針を示した。20年の実用化に向けて企業による実証実験などを促すのが目的だ。現地紙トゥデーなどが報じた。
カテゴリー:

もっと見る

「技術開発」の画像

もっと見る

「技術開発」の動画

Wikipedia

技術開発(ぎじゅつかいはつ)とは人間産業生活などにおいて、それを一層有効な形で運営をできるための技術を獲得することを目的として、それを成し遂げるための組織的な努力のことを言う。技術開発を行う方法というのは、科学においての知識法則を基盤として、それを社会においてのニーズに当てはまっている製品や製法を発明するという事へと導くということである。そのためには発明が行われる新製品のイメージを明確にした上で、それが社会において受け入れられるための実用化を行っていくまでの過程までも技術開発において行われる事柄である。

外部リンク
  • 技術開発 とは - コトバンク
  • 製品開発と技術開発 – U-Site
  • 技術開発と産業化の歴史的考察

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる