「技術開発」とは?

関連ニュース

ユニリタ、情報技術開発とビジネスパートナー基本契約締結 マイグレーションビジネスを拡充 - 04月27日(木)13:00 

 株式会社ユニリタ(所在地:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:北野 裕行、以下 ユニリタ)と情報技術開発株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:三好 一郎、以下 tdi)は、この度、マイグレーションビジネスのさらなる拡充のため、ビジネスパートナー基本契約を締結しました。
in English
カテゴリー:

【社会】身近な自然がいつの間にか外来種に置き変わる 日本の外来生物対策最前線 - 04月25日(火)17:15 

経済のグローバル化が進み、人とものの国際的移動が活発化するなか、侵略的外来生物による生物多様性に対する脅威は、日を追うごとに深刻になっているとされます。我が国も明治維新の開国を皮切りに、外来生物の種数と個体群が急増し、身近な自然のほとんどがいつの間にか外来生物に置き換わった状態が広がっています。 外来生物による生態系侵略の進行は、生物多様性を構成する生物・生態系の地域固有性を破壊し、地球規模の生物多様性均一化を招くことなり、最終的に生態系機能の劣化につながるのではないかと懸念されています。 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

暫定二車線区間の長大橋およびトンネル区間における「車線区分柵(仮称)」の技術開発の公募 - 04月25日(火)14:20 

[NEXCO西日本]  東日本・中日本・西日本高速道路株式会社は、平成29年4月25日に、高速道路の暫定二車線区間の長大橋およびトンネル区間における正面衝突事故防止対策として、「車線区分柵(仮称)」の技術開発の公募を開...
in English
カテゴリー:

人工知能研究者が男女の脳の違いから導き出した『女の機嫌の直し方』 - 04月25日(火)10:00 

ささいなことで彼女と口論になったり、何げないひと言でへそを曲げられてしまったりすることが、男なら誰しもあるだろう。そして、相手がなぜそれほど腹を立てているのか、いまひとつピンとこない……というのも、いかにもありがちだ。 そんな男女の間にある“溝”の正体を、人工知能開発に携わった経験から脳の性差に見いだしたのが『女の機嫌の直し方』である。 著者である黒川伊保子(くろかわ・いほこ)氏が初めて男性に向けて知見をまとめた一冊、周囲の女性と良好な関係を維持するためのトリセツとして活用してみては? * * * ―黒川さんが開発に携わり始めた1980年代当時、人工知能はどのようにイメージされていたのでしょうか。 黒川 基本的には現在実現しているものと、大きな違いはありません。私が開発の現場に就いた83年は、日本における「人工知能元年」と呼ばれ、新世代コンピュータ技術開発機構という財団法人の活動が本格化した年でした。この団体の所長が当時、「日本は2015年に人工知能時代に突入する」と宣言しているのですが、これはほぼ実現したといっていいでしょう。 ―そうした経験から、脳の性差に注目することになったというのは、興味深い経歴ですね。 黒川...more
in English
カテゴリー:

UberとLyft、特許侵害で「Hailo」に訴えられる、ただしダイムラー傘下のHailoではない - 04月24日(月)13:26 

“Hailo Technologies, LLC”という会社が、米国特許 5,973,619を侵害したとしてUberとLyftを訴えた。「自動化された配車および支払い履行システム」に関する特許で、Alexis Paredesが1997年に出願し1999年に付与された。ユーザーがメニューから輸送システムを選択し、目的地と乗客数を入力すると、乗車料金の見積もりが表示され、スキャンされたカードによる支払いを受け付けるソフトウェアシステムだ。 当初VentureBeatが報じたように、訴訟の主はタクシー呼び出しサービスのHailoかと思うかもしれないが、実際にはそうではない。Hailo Technologies, LLCは、欧州各地でタクシー呼び出しサービスを展開し、北米進出後にDaimlerに買収され、昨年myTaxiと合併したあのHailoとは全くの別物であり一切関係がない、とDaimlerはTechCrunchに話した。Hailo Technologies, LLCは今年カリフォルニア州で法人化され、”Bring” という商標で事業を行っているらしいが、現在入手可能な製品を販売したという証拠を見つけることはできなかった。 本誌は元の特許保有者と、Hailo Techologiesの代理を務めるCotman IP Groupに接触し、H...more
in English
カテゴリー:

熊本県産いぐさ配合「ROOMBLOOM いぐさペイント」 ~人・環境・地域へのやさしさが詰まったボタニカルペイント誕生~ - 04月26日(水)14:38 

日本ペイントホールディングスのペイントブランド「ROOMBLOOM」(ルームブルーム)から、熊本県産いぐさを原材料として配合した植物由来塗料「ROOMBLOOM いぐさペイント」が4月28日より、カラー組み合わせの提案から、塗装、アフターフォローまで行うペイント施工サービスを通して、2016年4月に発生した熊本地震の被災地の復興支援を目的に、熊本県にて販売を開始します。安心・安全なボタニカルペイント日本ペイントホールディングスが、国産いぐさを原材料として用いる畳の需要減少を背景に、畳以外へのいぐさの活用を目指した産学官連携による研究の結果、いぐさの持つ消臭や吸放湿の機能を活かした天然由来のペイントを製品化しました。本ペイントは、「みんなにやさしい」をコンセプトとし、以下3点を主な特長とした、いぐさの自然の色や質感を感じることのできる安心・安全なボタニカルペイントです。3つの「やさしさ」1.人にやさしい- 消臭効果 汗、たばこ臭や生ごみ臭の原因となるアンモニアや酢酸に対して臭いを低減します2.環境にやさしい- 空気浄化 シックハウスの原因となるホルムアルデヒドを低減します いぐさ配合により石油化学由来原料の割合を低減し、生産時の二酸化炭素排出量抑制に寄与します3.地域にやさしい- 100%熊本産いぐさ配合 いぐさを使った新しい製品を通して熊本を応援し...more
in English
カテゴリー:

SARAスクールの通信教育「ロジカルシンキング 基本コース/プラチナコース」を新規開講しました。 - 04月25日(火)17:00 

[株式会社新生技術開発研究所] [画像: https://prtimes.jp/i/14144/415/resize/d14144-415-826104-0.jpg ] 講座の内容 ロジカルシンキング 基本コース/プラチナコースでは物事の論理的な考え方、問題解決に必要な多角的な視点、様々なシーン...
in English
カテゴリー:

高速道路会社/暫定二車線区間の「車線区分柵(仮称)」の技術開発を公募 - 04月25日(火)14:00 

東日本・中日本・西日本高速道路は4月25日、高速道路の暫定二車線区間の長大橋とトンネル区間における正面衝突事故防止対策として、車線区分柵(仮称)の技術開発の公募を開始した。 暫定二車線区間の反対車線への飛び出し事故防止対 […]
in English
カテゴリー:

豊田家 トヨタを三大財閥に匹敵させた最強の創業家 - 04月25日(火)07:00 

 ここにきて日本の大企業では創業家の存在が見直され、創業家が経営陣の方針に物申したり(出光石油など)、経営トップの座を創業家に“大政奉還”する企業(セブン&アイ・ホールディングスなど)が目立つ。 “大政奉還”で危機を乗り切った嚆矢がトヨタだ。創業者である豊田佐吉のひ孫、豊田章男氏はリーマンショック後の赤字決算という苦境のなかで社長に就任し(2009年)、1年目にさらに大きな危機に直面した。米国を中心に広がった新型プリウスのリコール問題だ。章男氏は米議会の公聴会に呼び出され、激しいバッシングにさらされた。 「創業家社長でなければ、内外のあの批判には精神的に耐えられなかったはずだ」(メガバンク幹部)  トヨタは章男氏の下で結束して立ち向かい、2015年度には過去最高益をあげた。『経済界』編集局長の関慎夫氏が言う。 「章男氏の前任の渡辺捷昭社長の時代のトヨタは『世界シェア10%』という目標を掲げて数字ばかりを追う経営にシフトしてしまい、事業規模の割には人材が育っていないなど、企業としてのバランスを失っていた。  そこへ創業家の社長が登場し、数字だけを追うのではなく、持続的にこつこつと成長する経営に改めた。それによって人材も育つようになり、それで業績が追い付いてくるようになるという、良い循環ができています」  業績の回復だけではない。トヨタは傘下にダイハツ、日野自動車を抱え、スバル(旧・富...more
in English
カテゴリー:

【大学発 日本 人と技術】日本を支える研究活動と技術開発 - 04月24日(月)05:00 

 ≪金沢工業大学≫  地域防災環境科学研究所と間仕切メーカーのコマニー(石川県小松市)は、共同研究の成果として、震度7にも耐える高耐震間仕切を共同で開発した。既設のコマニー製間仕切にも装備可能なため、国内で最も普及している同社製間仕切を地震により強くすることが可能となる。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「技術開発」の画像

もっと見る

「技術開発」の動画

Wikipedia

技術開発(ぎじゅつかいはつ)とは人間産業生活などにおいて、それを一層有効な形で運営をできるための技術を獲得することを目的として、それを成し遂げるための組織的な努力のことを言う。技術開発を行う方法というのは、科学においての知識法則を基盤として、それを社会においてのニーズに当てはまっている製品や製法を発明するという事へと導くということである。そのためには発明が行われる新製品のイメージを明確にした上で、それが社会において受け入れられるための実用化を行っていくまでの過程までも技術開発において行われる事柄である。

外部リンク
  • 技術開発 とは - コトバンク
  • 製品開発と技術開発 – U-Site
  • 技術開発と産業化の歴史的考察

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる