「技術開発」とは?

関連ニュース

【F1】ホンダに託されたF1人気復活と、モノ作りニッポンの誇り - 10月20日(金)12:01  mnewsplus

三重県鈴鹿サーキットで8日まで行われたF1日本GPで「マクラーレン・ホンダ」は11位と14位に沈んだ。 15年、マクラーレンとのコンビを復活させ、F1に再参戦したホンダは3年連続、母国での入賞(10位以内)を逃し、ポイントを獲得できなかった。 88年に16戦中15勝を挙げ、92年まで黄金期を築いたタッグが無残な姿。 今年限りで契約を解消するため、鈴鹿での集大成を期待した日本のファンもガッカリだった。 なぜ、ここまで苦戦するのか-。ホンダの長谷川祐介F1プロジェクト総責任者は2つの誤算を挙げた...
»続きを読む
カテゴリー:

NTT、スタジアムにおけるWi-Fiを高速化する技術開発 - 10月19日(木)15:01 

NTTは、スタジアムなど人が密集し、スマートフォンやタブレット、ノートPCなど無線LAN端末が超過密となる環境において、通信速度を向上させる「分散スマートアンテナ(D-SAS)型協調無線LAN技術」を開発し、スタジアムにおいて従来と比較して2倍以上の通信速度の伝送実験に成功したと発表した。
カテゴリー:

京東初の無人スーパー・コンビニ 北京にオープン - 10月18日(水)17:22 

インターネット通販大手の京東集団が全国で初めて展開する無人スーパーおよび無人コンビニが、北京市の北京経済技術開発区にある京東本社ビルにオープンした。商品が棚から動くと自動的に感知するスマート商品棚、商品を置くと自動的に識別して重さを量り値段を計算するスマートレジ、オーナーが「寝たまま」でも店内の在庫状況を把握する商品管理カメラなどの科学技術が応用されている。 ...
カテゴリー:

「セーフティ・サポートカー割引/ASV割引」の導入について - 10月16日(月)16:00 

[SBI損保] 昨今、先進安全自動車(ASV:Advanced Safety Vehicle)の技術開発や実用化の動きは、国土交通省による推進計画などに基づいてますます加速している他、経済産業省の普及啓発などの後押しも受けて導入台数も日増...
カテゴリー:

アスタリスクは、中国・深セン市に研究開発(R&D)技術センターを開設し、深セン市のRFIDタグメーカーとのアライアンスも開始しました。 - 10月16日(月)13:00 

IoT端末「AsReader」の製造元である株式会社アスタリスク(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:鈴木 規之、以下アスタリスク)は、ハードウェアの技術開拓を促進していくため、2017年10月に技術開発(R&D)センターを中国深セン市に開設いたしました。 また、IoTの重要技術であるRFIDを普及させるため、研究開発技術センターの開設に合わせ、深セン市正華智能科技有限公司(本社:中国深セン市、代表取締役:高 興林、以下正華智能科技)と業務提携を行い、日本における正華智能科技社製のRFタグ(ICタグ)の独占販売権を取得したこともここに発表いたします。
カテゴリー:

EV化に逆走!?マツダが理想のエンジン車開発にこだわる理由 - モビリティ羅針盤~クルマ業界を俯瞰せよ 佃義夫 - 10月20日(金)05:00 

マツダは、8月に2030年を見据えた技術開発の長期ビジョン「サスティナブルZoom-Zoom宣言2030」で、次世代エンジン・次世代プラットフォームを発表しており、内燃機関をマツダ独自に進化させて市場に問うことにしている。
カテゴリー:

NTT、スタジアムにおけるWi-Fiを高速化する技術開発 - 10月19日(木)15:01 

NTTは、スタジアムなど人が密集し、スマートフォンやタブレット、ノートPCなど無線LAN端末が超過密となる環境において、通信速度を向上させる「分散スマートアンテナ(D-SAS)型協調無線LAN技術」を開発し、スタジアムにおいて従来と比較して2倍以上の通信速度の伝送実験に成功したと発表した。
カテゴリー:

【防衛】北朝鮮が言及する「電磁パルス攻撃」に備え研究加速 - 10月17日(火)14:47  newsplus

小野寺防衛大臣は、北朝鮮が、核爆発による強烈な電磁波で通信や電力に障害を与える「電磁パルス攻撃」に言及していることも踏まえ、都内の研究施設を視察し、万が一に備えて攻撃の防御に向けた研究を加速させる考えを示しました。 「電磁パルス攻撃」は、高高度で核爆発を起こし、発生した強烈な電磁波で地上の通信や電力などに障害を与えるもので、北朝鮮がこうした攻撃に言及しています。 これも踏まえ、小野寺防衛大臣は、東京・世田谷区にある防衛装備庁の「電子装備研究所」を訪れ、特殊な装置を使って発生させた電磁波を強め...
»続きを読む
カテゴリー:

「VRで無人の建築現場を実現する」、大成建設の今石氏(ITpro EXPO 2017速報) - 10月16日(月)13:12 

 大成建設 技術センター 生産技術開発部長の今石 尚氏は、2017年10月11日から13日まで東京ビッグサイトで開催された「ITpro EXPO 2017」で、「VRで建機の遠隔操作はどう変わるのか」と題する基調講演を行った。
カテゴリー:

AIで創薬向け細胞培養 産総研と武田子会社が開発へ - 10月16日(月)05:00 

 人工知能(AI)とロボットを組み合わせ、薬の開発に使う質の良い細胞を自動で作る取り組みを、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)と武田薬品工業の子会社が始めることが、15日までに分かった。細胞培養を担う熟練の技術者の人材不足を補うと期待され、年内に共同で技術開発に着手する。2024年度に実用化し、製薬会社向けの培養事業の展開を目指す。
カテゴリー:

もっと見る

「技術開発」の画像

もっと見る

「技術開発」の動画

Wikipedia

技術開発(ぎじゅつかいはつ)とは人間産業生活などにおいて、それを一層有効な形で運営をできるための技術を獲得することを目的として、それを成し遂げるための組織的な努力のことを言う。技術開発を行う方法というのは、科学においての知識法則を基盤として、それを社会においてのニーズに当てはまっている製品や製法を発明するという事へと導くということである。そのためには発明が行われる新製品のイメージを明確にした上で、それが社会において受け入れられるための実用化を行っていくまでの過程までも技術開発において行われる事柄である。

外部リンク
  • 技術開発 とは - コトバンク
  • 製品開発と技術開発 – U-Site
  • 技術開発と産業化の歴史的考察

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる