「技術開発」とは?

関連ニュース

【歴史】繰り返してはならない大日本帝国海軍の失敗 ハイブリッド戦争に無関心な自衛隊が危ない★2 - 12月12日(火)15:31  newsplus

JBpress 2017.12.11(月) http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51767 米ニューヨークの自由の女神の近くを飛ぶドローン(2016年8月5日撮影、資料写真)  クラウゼヴィッツや孫子をはじめとする戦略思想家たちによってしばしば指摘されるのが、「戦争(War)に勝つこと」と「戦い(Battle)に勝つこと」は全くの別物であるという戦争の原則である。これはベトナム戦争やイラク戦争を見ても明らかだ。  この点に関して、米海軍協会の機関紙「プロシーディングス」11月号は、旧大日本帝国海軍の失敗を例に出して「『戦い』に勝...
»続きを読む
カテゴリー:

NEC、ディープラーニングの自動最適化技術開発 - 12月12日(火)14:42 

NECは12月12日、認識精度の向上を実現する、ディープラーニングの自動最適化技術を開発したと発表した。
カテゴリー:

【歴史】繰り返してはならない大日本帝国海軍の失敗 ハイブリッド戦争に無関心な自衛隊が危ない - 12月11日(月)18:55  newsplus

JBpress 2017.12.11(月) http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51767 米ニューヨークの自由の女神の近くを飛ぶドローン(2016年8月5日撮影、資料写真)。  クラウゼヴィッツや孫子をはじめとする戦略思想家たちによってしばしば指摘されるのが、「戦争(War)に勝つこと」と「戦い(Battle)に勝つこと」は全くの別物であるという戦争の原則である。これはベトナム戦争やイラク戦争を見ても明らかだ。  この点に関して、米海軍協会の機関紙「プロシーディングス」11月号は、旧大日本帝国海軍の失敗を例に出して「『戦い』に...
»続きを読む
カテゴリー:

核兵器よりも恐ろしい「北朝鮮AI兵器」が日本を襲う - 12月11日(月)08:51 

核やミサイルの開発を進め、日本に脅威をもたらし続ける北朝鮮。米朝が一触即発状態のなか、日本もかつてないほどの緊張感に包まれている。しかし、核の脅威に加え、今後は北朝鮮の新たな兵器に備える必要がある。各国で開発が進むAI(人工知能)兵器だ。しかも、北朝鮮はかつてAI大国だったのだ! ◆かつて最強を誇った北朝鮮の囲碁AIのDNAが甦る!?  11月中旬、国連で「キラーロボット(自律兵器)」に関する公式会議が開催された。同会議に詳しい、拓殖大学海外事情研究所・佐藤丙午副所長は「この手の話題が国連で議題にされるのは初めて」と、詳しい経緯について説明する。 「そもそも同会議は、特定通常兵器使用制限条約などに基づき、地雷やクラスター弾など非人道的な兵器について議論してきた会議でした。その場所で、(AIを利用した)自律型ロボット兵器関連の話題がいよいよ取り上げられることになったのです」  ここ数年、米国やロシア、中国を中心に、AI兵器を開発しようという動きが盛んになっている。同会議ではその拡散を規制すべきか否かが議論されたという。  人間が手を加えずとも任務をこなすAI兵器は、すでに各国で配備が進む。例えば、北朝鮮との軍事境界線に配置された韓国軍の警備ロボットや、ロシアのICBM施設の警備システムだ。いずれも怪しい対象を自動的に検知し、人間のオペレーターに対して攻撃指示を仰ぐ戦闘マシン...more
カテゴリー:

【製品】コンビニで手軽に「燗酒」 日本盛、商品開発の舞台裏 - 12月10日(日)16:04  bizplus

温かい日本酒が恋しい季節になってきた。大手日本酒メーカーの日本盛(兵庫県西宮市)が10月に業界初の「燗酒ボトル缶」を発売した。温めた状態でコンビニエンスストアや駅売店で販売し、手軽に熱燗を味わいたいときに重宝しそうだ。2週間連続で加温しても品質が低下しない、これまでありそうでなかった熱燗商品。縮小傾向にある日本酒市場の活性化に向けて期待は大きい。開発秘話を聞いた。 寒くなるとコンビニの店頭にペットボトル入りの温かいお茶や缶コーヒーが並ぶ。いまや珍しくない光景だが、意外なことに燗酒はなかった。温か...
»続きを読む
カテゴリー:

イナゴの自然対話型エージェント技術「netpeople」が、富士通株式会社の「ロボットAIプラットフォーム」に搭載 - 12月12日(火)15:00 

ヒューマン・コンピューター・インタラクション(HCI)の技術開発・販売を行うイナゴ株式会社の自然対話型エージェントシステム「netpeople」(ネットピープル)が、富士通株式会社が提供する、快適な対人コミュニケーションを実現する「ロボットAIプラットフォーム」に採用されました。同プラットフォームは、人とロボットの快適なコミュニケーションを実現するサービス基盤として開発されました。富士通株式会社が研究開発を進めてきたロボットの実用化に向けた対人インタラクション技術をベースに、複数の企業による独自の対人コミュニケーション技術を集約し、企業のビジネスイノベーションを支援する共創型ビジネスを推進します。イナゴのnetprople技術は、株式会社富士通研究所が開発した対人インタラクション技術と連携し、ユーザーの利用シーンに対応した柔軟な自然対話コミュニケーション機能を提供します。
カテゴリー:

OKI、アヴネットとAI搭載の高度自動運転技術開発向け新型プラットフォームを共同開発 - 12月12日(火)10:01 

[OKI] OKIグループの設計受託事業会社である株式会社OKIアイディエス(社長:穴田則明、本社:群馬県高崎市、以下OKIアイディエス)は、半導体や組込み分野などで広く事業を展開する技術商社大手のアヴネット株式会社(...
カテゴリー:

SARAスクールジャパンの「和スイーツ基本コース/プラチナコース」通信講座を新規開講しました。 - 12月11日(月)13:00 

[株式会社新生技術開発研究所] 講座内容 和スイーツ 基本コース/プラチナコースでは和菓子の基本的な知識、和菓子の材料や和菓子の種類など和菓子のプロとして必要な内容を基礎から学ぶことが出来ます。初心者で自信がないアナタでも安心して自...
カテゴリー:

【飲食】「パックご飯」賞味期限2倍へ…技術開発を支援 - 12月10日(日)18:51  bizplus

農林水産省は、電子レンジで温めて食べる「パックご飯」について、現在半年程度の賞味期限を2倍以上に延ばすための技術開発を支援する。  パックの気密性などを高めて、ご飯の味や品質を長持ちさせ、日本産米の輸出拡大につなげる。  農水省や加工食品業者、大学などの研究機関が連携し、2018年度から研究を始める。関連経費を18年度予算案に計上する。  パックご飯の賞味期限は半年程度でも国内で消費するには十分だ。しかし、輸出する場合、輸出先の国で通関手続きに長時間かかり、賞味期限切れで廃棄されることもある...
»続きを読む
カテゴリー:

【農林水産省】「パックご飯」賞味期限2倍へ…技術開発を支援 - 12月10日(日)13:47  newsplus

「パックご飯」賞味期限2倍へ…技術開発を支援 2017年12月10日 10時23分 www.yomiuri.co.jp/economy/20171209-OYT1T50076.html  農林水産省は、電子レンジで温めて食べる「パックご飯」について、現在半年程度の賞味期限を2倍以上に延ばすための技術開発を支援する。  パックの気密性などを高めて、ご飯の味や品質を長持ちさせ、日本産米の輸出拡大につなげる。  農水省や加工食品業者、大学などの研究機関が連携し、2018年度から研究を始める。関連経費を18年度予算案に計上する。  パックご飯の賞味期限は半年程度...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「技術開発」の画像

もっと見る

「技術開発」の動画

Wikipedia

技術開発(ぎじゅつかいはつ)とは人間産業生活などにおいて、それを一層有効な形で運営をできるための技術を獲得することを目的として、それを成し遂げるための組織的な努力のことを言う。技術開発を行う方法というのは、科学においての知識法則を基盤として、それを社会においてのニーズに当てはまっている製品や製法を発明するという事へと導くということである。そのためには発明が行われる新製品のイメージを明確にした上で、それが社会において受け入れられるための実用化を行っていくまでの過程までも技術開発において行われる事柄である。

外部リンク
  • 技術開発 とは - コトバンク
  • 製品開発と技術開発 – U-Site
  • 技術開発と産業化の歴史的考察

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる