「技術開発」とは?

関連ニュース

「障がい者の可能性を広げたい」義手・義足を作る義肢装具士に話を聞いた! - 03月23日(木)19:01 

昨年、ブラジルのリオデジャネイロで開かれたパラリンピック。障がい者アスリートたちの活躍が話題になった。高校生のみんなの中にも、義足をつけてハイスピードで走ったり高く跳躍する選手の姿に、目が釘付けになった人がいるのでは? そんなスポーツ用義足などを作るのは義肢装具士。3年後の2020年開催の東京パラリンピックに向け、注目されている職業だ。その仕事の魅力を詳しく探るべく、義肢装具士の神谷大地さん(22歳)に話を聞いた。 身体の一部を失ってしまった人のために義足や義手を作り、社会復帰を支える 「ぼくら義肢装具士は、病気や事故で手足を失ってしまった人のために、日常生活全般を支える義足や義手を作るという仕事。その中にスポーツ用義足の製作があります」 と、神谷さん。ちなみに「装具」とは、身体にまひや変形などの障がいがある人が身体機能の回復や低下防止のために装着するもので、例えば、ギブスやコルセットなどのことを言う。 神谷さんが勤める「公益財団法人鉄道弘済会義肢装具サポートセンター」(東京都荒川区)では現在26人の義肢装具士がいて、義肢(義足、義手)、装具を合わせて年間約6000件を製作している。 同じ建物の中には手足を切断した患者の診療・リハビリテーションを行う付属診療所を併設。医師やリハビリを担当する理学療法士と連携しながら、ひとりの義肢装具士がひとりの患者を受け持ち、...more
in English
カテゴリー:

企業の技術開発、人材育成で協定 産業支援財団と香川大 - 03月23日(木)09:20 

かがわ産業支援財団と香川大工学部、同大大学院工学研究科は22日、地域の産業振興などに関する連携・協力協定を締結した。
in English
カテゴリー:

ホンダとサムスンメソッド、どう違う? - 03月22日(水)15:00 

サムスンは世界的に名の知られた韓国企業でしょう。韓国の大学生にとってサムスンは人気企業です。倍率も高く、サムスンに入るための予備校まであるほどです。 ホンダメソッド 一方で、日本にも多くの有名企業があります。その一つがバイク、自動車メーカーとして知られるホンダでしょう。佐藤登による『人材を育てるホンダ 競わせるサムスン』(日経BP社)は、ホンダとサムスンの両方の会社に勤務した著者が、双方の大企業のメソッドを実用的に比較したものです。さらに日本企業と韓国企業の違いについても目をくばっています。 何が違う? 著者は、1978年にホンダに入り、26年4ヶ月にわたり技術開発に従事してきました。その後、韓国へ渡りサムスンへ入社し、8年4ヶ月にわたり勤務します。そこで感じた両社の違い、なによりも日韓の企業のメソッドの違いを比較しています。タイトルにもある「新人を育てるホンダ、競わせるサムスン」事例からは、サムスンの方が成果主義のため働きやすいように見えます。しかしながら、一方で「キャリアアップを本人に任せるホンダ、上司が決めるサムスン」といった傾向があり、どっちもどっちといえるでしょう。「責任の取り方が曖昧なホンダ、峻烈なサムスン」と日韓の企業風土の違いがわかるエピソードもあります。 どちらが正しい? 本書で述べられていることは、どちらが正しいというわけではありません。だから日本が遅れてい...more
in English
カテゴリー:

VRヘッドセットを付けて現実のボールをキャッチする技術開発 ボールを見ずにキャッチすることも可能 - 03月21日(火)16:56 

 ディズニーリサーチが、VRヘッドセットを付けていても現実世界で投げられたボールをキャッチできる技術を開発しました。ボールをキャッチする様子はYouTubeにも投稿されています。 【画像】ボールを見ずにキャッチ  ボールにはモーションキャプチャー用のマーカーが付いており、センサーで捉えたボールの位置や予測軌道、予測到着点をVR上に表示しているようです。VRヘッドセットを装着したテスターは、現実世界を一切見ていませんが、投げられたボールを完璧にキャッチしています。  リアルタイムでVR上に反映されるため、比較的速いボールでもキャッチすることが可能。両手のグローブもVR上に表示される仕組みになっており、予測到着点にグローブを重ねることで、ボールを見ずにキャッチすることもできてしまいます。未来予知しているみたいでカッコイイ。  どのような用途で使用されるかは不明ですが、スポーツゲームやディズニーのアトラクションでこの技術が活用される日が来るのかも知れません。 【関連記事】 ・電脳ハックVRをスマホで体験可能に 「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」アプリ配信開始 ・「サマーレッスン」宮本ひかりの等身大フィギュアが270万円で登場 マネーパワーでVRからリアルに召喚しよう ・VRでホストクラブ体験ができる「うちホス」をガチのホス狂に遊んでもらった結果 ・先端...more
in English
カテゴリー:

日独がIoTやインダストリー4.0で協力、ハノーバー宣言に署名(ニュース) - 03月21日(火)12:27 

 経済産業省は2017年3月20日、日独両政府がIoTの活用で協力する「ハノーバー宣言」に19日(現地時間)、署名したと発表した。技術開発や活用に関する標準規格の策定や、規制改革などで連携する。
in English
カテゴリー:

人事は「人材管理」から「人財活用」の時代! - 03月23日(木)15:00 

日本人にはとても優秀な人が多いのに、個人の能力を100%引き出せているとは言い難いのが現状です。社会の宝となる人財は「管理」から「活用」へ。今、日本の組織マネジメントは大きな分岐点に立っているのです。 人事という仕事の難しさと面白さ 私は、バブル景気真っただ中の1989年に入社し、倒産の危機に至るまでの10年と、その後の企業再生の17年間、日本を代表する自動車会社である日産自動車で働いてきました。技術開発部門、そして、商品企画部門に在籍し、会社員最後のキャリアとなった人事部では、ヒトに関わる課題の難しさと、人事部という仕事の面白さを同時に学びました。 日本が誇れる資源は「人財」だけ 日本は天然資源がほとんどなく、世界に誇れる資源は「人財」だけと言える国です。今後ますます、経営戦略と人財マネジメントを連動させ、競争優位を目指す動きは高まるでしょう。それを実現できる部署は、人事部をおいてほかにはないことは明らかです。 すべての経営資源はヒトが源流 経営資源の3大要素は「ヒト、モノ、カネ」と言われます。しかし、考えてみれば、モノは、ヒトが造り、調整し、メンテナンスします。そして、カネは、ヒトが生み出した付加価値の対価として、お客様からいただくものです。つまり、すべての経営資源はヒトが源流だと言えるのです。そして、働く人の付加価値を向上することができる人事部こそが、すべてのビジネスの源...more
in English
カテゴリー:

ソフトバンク・テクノロジー IoTデバイスを用いたストレス度計測に関する実証実験プロジェクトを発足 - 03月22日(水)15:00 

ソフトバンク・テクノロジー<4726>は22日、ダイキン工業<6367>の技術開発拠点であるテクノロジー・イノベーションセンターと、青山商事<8219>の100%子会社である青山キャピタルと共同で、職種や職場環境と人が感じるストレスの関係性などに関する実証実験プロジェクトを2017年7月より開始すると発表した。
in English
カテゴリー:

ディズニーの祭典が再び日本に! 「D23 Expo Japan 2018」東京ディズニーリゾートで2018年2月開催 - 03月22日(水)12:45 

 ウォルト・ディズニー・ジャパンが、大規模ファンイベント「D23 Expo Japan 2018」の開催を発表しました。期間は2018年2月10日〜12日の3日間。2013年・2015年に続いて3回目となります。 【画像】2015年のアメリカでのD23の様子  ディズニー本社が設立した公式ファンクラブ「D23」によるイベント。アメリカでは2年おきですが、日本では独自の形で不定期に開催されています。  取り扱うのはテーマパークだけに留まらず、アニメーションや実写映画、ピクサーやルーカスフィルムといった傘下企業のコンテンツを含む「オール・ディズニー」。2015年のアメリカ開催時には、新アトラクションや未公開作品の最新映像など、サプライズ的な発表が盛大に行われました。  以前の開催ではイベント限定グッズの販売も多数。今回もさまざまな特別展示やイベントが予定されており、詳細は夏ごろから随時公式サイトで公開されます。 【関連記事】 ・ディズニーランドだけがディズニーじゃない:全ての“ディズニー”が一堂に集まる大イベント「D23 Expo」を体験してきた ・VRヘッドセットを付けて現実のボールをキャッチする技術開発 ボールを見ずにキャッチすることも可能 ・ディズニー初のLGBTキャラ登場「美女と野獣」、「ゲイ的瞬間」にシンガポールの教会が注意喚起 マレーシアでは公開延期に ・これはディズニー...more
in English
カテゴリー:

ライブ体験の拡張をテーマにしたハッカソン「Live Music HACKASONG」最終審査・表彰式を開催 - 03月21日(火)13:28 

ビルボードジャパンとCiP協議会が共同で開催する「ライブ体験の拡張」をテーマにしたハッカソン「Live Music HACKASONG」の最終審査と表彰式が、1月26日にビルボードライブ東京で開催された。「Live Music HACKASONG」は、ライブとテクノロジーを組み合わせた新しい技術やアイディアを競い合うもので、約3ヶ月間かけて制作するロングラン・ハッカソンとなる。今回は、Dentsu Lab Tokyo、TOSHIBA、napster、レコチョクの4社が技術を提供し、より実用的なサービスを目指した技術開発が行われた。この日審査員を務めたのは、中村伊知哉氏(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授)、岡崎卓氏(東急不動産次世代技術センター)、佐々木渉氏(クリプトン・フューチャー・メディア)、平山善成氏(クリエイティブマンプロダクション)、野崎良太氏(Jazztronik)の5名。左から:平山善成氏、野崎良太氏、岡崎卓氏、佐々木渉氏、中村伊知哉氏最終審査には10チームが参加。バンドやアーティストのライブ演奏を交えたデモンストレーションなど、各チームとも趣向をこらしたプレゼンで、新たな演出技術やライブ会場以外での疑似体験といった独創的な作品を披露した。また、プレゼンの合間には、野崎良太(Jazztronik)による音楽カルチャープロジェクトMusilogue、さらにシン...more
in English
カテゴリー:

SARAスクールの通信教育「 食育 基本コース/プラチナコース」を新規開講しました。 - 03月20日(月)14:10 

[株式会社新生技術開発研究所] [画像1: https://prtimes.jp/i/14144/409/resize/d14144-409-513070-1.jpg ] 講座の内容 食育 基本コース/プラチナコースでは食育の基本的な知識から、食事と健康の関係性、更に栄養学まで学習できます。「食育...
in English
カテゴリー:

もっと見る

「技術開発」の画像

もっと見る

「技術開発」の動画

Wikipedia

技術開発(ぎじゅつかいはつ)とは人間産業生活などにおいて、それを一層有効な形で運営をできるための技術を獲得することを目的として、それを成し遂げるための組織的な努力のことを言う。技術開発を行う方法というのは、科学においての知識法則を基盤として、それを社会においてのニーズに当てはまっている製品や製法を発明するという事へと導くということである。そのためには発明が行われる新製品のイメージを明確にした上で、それが社会において受け入れられるための実用化を行っていくまでの過程までも技術開発において行われる事柄である。

外部リンク
  • 技術開発 とは - コトバンク
  • 製品開発と技術開発 – U-Site
  • 技術開発と産業化の歴史的考察

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる