「批評家」とは?

関連ニュース

『デッドウッド』リバイバル、2018年秋に製作開始か - 11月17日(金)11:10 

西部開拓時代のアメリカを舞台に、ガンマンや無法者、娼婦たちが繰り広げる物語を描いた『デッドウッド ~銃とSEXとワイルドタウン』。今夏からリバイバル版製作の可能性が浮上していたが、来年秋の製作開始に向けて企画が本格的に動き始めたことが関係者の話で分かった。米TVLineが報じている。【関連記事】『デッドウッド』あの人、『グッド・ワイフ』ジュリアナ・マルグリーズと新作ドラマで共演そもそもリバイバル版の話が浮上したのは、TCA(TV批評家協会)の夏のプレスツアーで米HBOの番組編成局長ケイシー・ブロイズがこの企画について認めたことがきっかけだった。彼はこのことについて、「私が懸念していることの一つは「『デッドウッド』のファンとそうでない人たち、それぞれの立場に立てる脚本が作れるのか、ということです」とコメント。続けて「私たちにとって理にかなった予算内で、かつ前と同じキャストでできるならば、リバイバル版を製作する可能性はあるでしょう」と語っている。このニュースを報じたTVLineによれば、放送局であるHBOは今回のリバイバル版についてコメントを控えているという。トリクシー役のポーラ・マルコムソンも最近のインタビューの中で、復活版の可能性について「本当に起こると思っているの」と述べており、「いつもはこんなこと言わないのよ。普段は、こういうことについては誰よりもシニカルなんだから」と、本作へ...more
カテゴリー:

広瀬すず(19)映画最新作が大コケ。いよいよ制服を脱ぐ時が来たか - 11月15日(水)22:23  news

これまで主役クラスの映画がことごとくヒットしていた女優の広瀬すず(19)だが、 最新作が思わぬズッコケだ。 先月28日にヒロイン役を務める「先生!、、、好きになってもいいですか?」が公開されたが、 300館以上の大規模公開にもかかわらず公開2日間での興行収入は1億2700万円。 週末興行成績は5位スタートと振るわなかったが、その後も週を追うごとに8位、10位と続落……。 物語は生田斗真(33)演じる高校教師と広瀬演じる女子生徒のコテコテの禁断ラブストーリーながら、 「もはや、飽きられてしまっ...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】映画「先生!」大コケ “脱制服”迫られる広瀬すずの正念場 - 11月15日(水)10:46  mnewsplus

これまで主役クラスの映画がことごとくヒットしていた女優の広瀬すず(19)だが、最新作が思わぬズッコケだ。 先月28日にヒロイン役を務める「先生!、、、好きになってもいいですか?」が公開されたが、300館以上の大規模公開にもかかわらず公開2日間での興行収入は1億2700万円。 週末興行成績は5位スタートと振るわなかったが、その後も週を追うごとに8位、10位と続落……。 物語は生田斗真(33)演じる高校教師と広瀬演じる女子生徒のコテコテの禁断ラブストーリーながら、 「もはや、飽きられてしまった設定な...
»続きを読む
カテゴリー:

【全米映画ランキング】「マイティ・ソー バトルロイヤル」V2 「オリエント急行殺人事件」は3位 - 11月14日(火)13:30 

 先週末の全米ボックスオフィスは、サンクスギビング向けに2本の大作が公開されたが、前週大ヒットデビューの「マイティ・ソー バトルロイヤル」が2週目ながら約5600万ドルの週末興収を記録し、V2を果たした。 ・【全米映画ランキング】1~10位まではこちら  同作の10日間の累計興収は約2億1160万ドル。あっさりと前2作のグロスを上回り、シリーズ最高記録を更新した。  オープニング興収約3000万ドルで2位デビューとなったのは、ウィル・フェレル&マーク・ウォールバーグ共演で、実父VS継父の醜い争いをコミカルに描いたファミリーコメディ「パパVS新しいパパ」の続編「Daddy's Home 2」。今回は2人のそれぞれの父親としてメル・ギブソンとジョン・リスゴーが参加し、サンクスギビング・ホリデーが滅茶苦茶になる。監督は前作同様ショーン・アンダースが担当。  2位と僅差のOP興収約2800万ドルで3位デビューとなったのは、アガサ・クリスティの同名傑作ミステリーを43年ぶりにオールスターキャストで映画化した「オリエント急行殺人事件」。ケネス・ブラナーが名探偵ポワロに扮し、乗客にはジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、ジュディ・デンチ、ペネロペ・クルス、ウィレム・デフォー、デレク・ジャコビに「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のデイジー・リドリーという布陣。ブラナーが監督も務めた。...more
カテゴリー:

ベジタリアン少女は如何にして食人に目覚めたか? 話題作『RAW~少女のめざめ~』2018年2月に日本公開[ホラー通信] - 11月12日(日)23:00 

フランス映画祭2017で上映され、一日限りのチケットが即日完売した話題のフランス映画『RAW(英題)』が、邦題『RAW~少女のめざめ~』として劇場公開が決定。厳格な家庭でベジタリアンに育てられた少女が、入学した獣医学校の新入生いじめで生肉を食べさせられたことから、次第に変貌を遂げていくさまを描く。 “食人”というショッキングな要素を盛り込みながら、2016年カンヌ国際映画祭批評家週間のワールドプレミアではスタンディングオベーションを巻き起こし、批評家連盟賞を受賞した。また、シッチェス・カタロニア映画祭ほか各国の映画祭でも数々の賞を受賞している。 監督・脚本を務めたのは今作が長編デビュー作となる新鋭ジュリア・デュクルノー。彼女の短編映画『Junior』で女優デビューを果たしたギャランス・マリリエが今作に主演した。 『RAW~少女のめざめ~』は2018年2月よりTOHOシネマズ六本木ほかにて全国ロードショー。また、気になるレイティングはR15となっている。15歳以上のめざめたい若者たちもぜひ劇場へ。 公開をどうぞお楽しみに。 <ストーリー> 少女の成長を通じて“究極の愛”が描かれる。 16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす...more
カテゴリー:

腐ったトマトを投げつけブーイング!に由来の評価格付けロッテン・トマトって? - 11月16日(木)07:08 

【興行トレンド】日本にはない格付け指標 11月18日公開『ローガン・ラッキー』が「驚異のフレッシュ度94%」、同日公開の『KUBO クボ 二本の弦の秘密』が「97%フレッシュ」――。映画の宣伝で「ロッテン・トマトで高い評価」をうたうケースが増えている。 ロッテン・トマト(RottenTomatoes.com)とはアメリカの映画評論家による映画批評をまとめ、肯定的な批評が多かったかどうかを集計・数値化したサイト。ロッテン・トマト(腐ったトマト)という名称は、かつて演劇で内容のひどさに怒った観客が腐ったトマトを舞台へ投げつけたことに由来する。 『ローガン・ラッキー』は批評家220人中204人、『クボ』は190人中184人が肯定的な評価をしたため、それぞれ93%、97%という数値になった(『ローガン・ラッキー』は集計時期が異なるため数値に違いが出た)。60%以上を「フレッシュ」としてトマト、59%以下を「ロッテン」として緑のつぶれたトマトのマークを付けている。また75%以上(トップ批評家の5人を含む)を「フレッシュお墨付き」としている。 ロッテン・トマトの対象となる批評家は次のように規定されている(公式サイトより)。 [出版物] ・全米トップ100の日刊新聞 ・全米トップ100の週刊新聞トップ100の雑誌 ・トップ10のエンタテインメント系出版物 [テレビ番組] ・テレビもし...more
カテゴリー:

宗教・原発・家族…木村文洋監督がタブーに挑む問題作2月公開 - 11月15日(水)17:00 

 青森・六ヶ所村を舞台にした「へばの」、オウム真理教の幹部とその男の逃亡を助ける女性の実話をベースにした「愛のゆくえ(仮)」など、社会と個のあり方に問題を投げかけてきた木村文洋監督による最新作「息衝く(いきづく)」が2018年2月下旬に公開する。  映画は、ある政権与党の政治団体でもあるとある大新興宗教団体で育った2人の男と1人の女を巡る、3.11以後の日本を描いた物語。理想と現実の間に揺れ、自らの信念を問い続けながらも団体の中で生きる、則夫と大和。団体を離れ、母親となり、独りで子を育てる慈。3人が絶対的に信頼を寄せる父親的存在でもあるカリスマの森山は、国を捨てて失踪する。特殊な生育環境で育ち、自立を実感できない3人が、森山に再び会いにゆくことで、これまで目を背けていた何かを取り戻そうとする。  演劇・映像界で活躍する、柳沢茂樹、長尾奈奈、古屋隆太(青年団・サンプル)、坂本容志枝(zora)、川瀬陽太、小宮孝泰、寺十吾(tsumazuki no ishi)らが出演。脚本チームに批評家・杉田俊介らを迎え、木村監督は3年を費やし脚本を執筆した。音楽は北村早樹子が担当、演奏は坂本弘道・岡田拓郎(森は生きている)。  「息衝く(いきづく)」は、ポレポレ東中野で2018年2月下旬に公開。 【作品情報】 ・へばの 【関連記事】 ・木村文洋監督作品一覧 ・山崎樹一郎監督、次回作も舞台は...more
カテゴリー:

【日刊ゲンダイ】 映画 「先生!」大コケ “脱制服” 迫られる広瀬すずの正念場 - 11月15日(水)10:25  mnewsplus

これまで主役クラスの映画がことごとくヒットしていた女優の広瀬すず(19)だが、最新作が思わぬズッコケだ。 先月28日にヒロイン役を務める「先生!、、、好きになってもいいですか?」が公開されたが、 300館以上の大規模公開にもかかわらず公開2日間での興行収入は1億2700万円。 週末興行成績は5位スタートと振るわなかったが、その後も週を追うごとに8位、10位と続落……。 物語は生田斗真(33)演じる高校教師と広瀬演じる女子生徒のコテコテの禁断ラブストーリーながら、 「もはや、飽きられてしまった設...
»続きを読む
カテゴリー:

アカデミー賞長編アニメ部門対象作が発表!26本中5本が日本映画 - 11月13日(月)12:00 

 アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミー(AMPAS)が、第90回アカデミー賞長編アニメーション部門の候補対象作26本を選出し、日本映画が5本エントリーを果たすという快挙を成し遂げた。  選出されたのは、ユニバーサル・スタジオとドリームワークス・アニメーションが初タッグを組んだ話題作「ボス・ベイビー」、ディズニー/ピクサーの2作品「カーズ クロスロード」「リメンバー・ミー」(18年3月16日全国公開)、ブロック玩具「レゴ」をモチーフにした3Dアニメ「レゴバットマン ザ・ムービー」、今夏、日本国内でも記録的大ヒットとなった人気シリーズ第3弾「怪盗グルーのミニオン大脱走」など、ハリウッドのメジャースタジオによる作品が過半数を占めている。  そんななか、日本からは第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞に輝いた片渕須直監督の傑作アニメ「この世界の片隅に」を筆頭に、米林宏昌監督がスタジオジブリ退社後に初めて手掛けた長編アニメーション「メアリと魔女の花」、北米を含む世界40の国と地域で公開され、高い評価を得た神山健治監督のオリジナル長編アニメ「ひるね姫 知らないワタシの物語」、大今良時の人気漫画を、「けいおん!」「たまこラブストーリー」などで知られる京都アニメーション×山田尚子監督で映画化した「映画 聲の形」、人気テレビアニメの劇場版「劇場版 ソードアート・オンライン オ...more
カテゴリー:

ビーム創刊22周年、姫乃たまが表紙に登場&夏目房之介とマンガ対談も - 11月10日(金)15:12 

月刊コミックビーム(KADOKAWA)が本日11月10日に発売された12月号で創刊22周年を迎えた。これを記念し、今号では表紙にビーム読者代表の地下アイドル・姫乃たまが登場。巻頭には姫乃とマンガ批評家・夏目房之介による特別対談が掲載されている。
カテゴリー:

もっと見る

「批評家」の画像

もっと見る

「批評家」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 評論家...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる