「所定給与」とは?

関連ニュース

【賃金】 「団塊ジュニア(40代)」は賃下げ世代・・・氷河期就職で人余り★4 - 02月14日(水)10:28  newsplus

緩やかながら起こり始めた賃上げ。しかし世代別に分けてみると、その機運にも温度差がある。 「団塊ジュニア」と呼ばれる40代だけが取り残されている。 厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2016年の正社員の所定内給与(6月分)は32万1千円と、4年前から4700円増えた。 ところが、45~49歳は7千円減り、40~44歳は4500円減った。20~34歳や55~64歳といった年齢層は7千~8千円程度増えているのと対照的だ。 SMBC日興証券の牧野潤一チーフエコノミストは「経営者は比較的収入の低い若年層を優先して賃上げしてい...
»続きを読む
カテゴリー:

ちょっとこの図を見て欲しい 団塊ジュニアの現実 - 02月14日(水)06:33  news

賃上げ、取り残される団塊ジュニア 若い世代優先で 緩やかながら起こり始めた賃上げ。しかし世代別に分けてみると、その機運にも温度差がある。「団塊ジュニア」と呼ばれる 40代だけが取り残されている。 厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2016年の正社員の所定内給与(6月分)は32万1千円と、4年前から4700円増えた。 ところが、45~49歳は7千円減り、40~44歳は4500円減った。20~34歳や55~64歳といった年齢層は7千~8千円程度増えているのと対照的だ。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26847110...
»続きを読む
カテゴリー:

【賃金】 「団塊ジュニア(40代)」は賃下げ世代・・・氷河期就職で人余り - 02月13日(火)20:09  newsplus

緩やかながら起こり始めた賃上げ。しかし世代別に分けてみると、その機運にも温度差がある。 「団塊ジュニア」と呼ばれる40代だけが取り残されている。 厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2016年の正社員の所定内給与(6月分)は32万1千円と、4年前から4700円増えた。 ところが、45~49歳は7千円減り、40~44歳は4500円減った。20~34歳や55~64歳といった年齢層は7千~8千円程度増えているのと対照的だ。 SMBC日興証券の牧野潤一チーフエコノミストは「経営者は比較的収入の低い若年層を優先して賃上げしてい...
»続きを読む
カテゴリー:

【賃金調査】人事院/民間給与の実態(確報) 課長級のピーク60万円強 - 02月05日(月)10:06 

フルタイム再雇用者 正規との賞与格差50% 新人レベルに比べ2.8倍 事務系、技術系ごとに職階別賃金を調べている人事院・職種別給与実態調査によると、課長級の所定内給与のピークは、事務課長が48~52歳未満61.0万円、技術課長が同60.3万円だった。新人レベルの係員級20~24歳未満の水準と比べると、いずれも2.81倍となっている。標準的なフルタイム再雇用者の給与水準を聞いた設問では、定年前常勤者……[続きを読む]
カテゴリー:

【賃金】 「団塊ジュニア(40代)」は賃下げ世代・・・氷河期就職で人余り★3 - 02月14日(水)06:39  newsplus

緩やかながら起こり始めた賃上げ。しかし世代別に分けてみると、その機運にも温度差がある。 「団塊ジュニア」と呼ばれる40代だけが取り残されている。 厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2016年の正社員の所定内給与(6月分)は32万1千円と、4年前から4700円増えた。 ところが、45~49歳は7千円減り、40~44歳は4500円減った。20~34歳や55~64歳といった年齢層は7千~8千円程度増えているのと対照的だ。 SMBC日興証券の牧野潤一チーフエコノミストは「経営者は比較的収入の低い若年層を優先して賃上げしてい...
»続きを読む
カテゴリー:

【賃金】 「団塊ジュニア(40代)」は賃下げ世代・・・氷河期就職で人余り★2 - 02月13日(火)23:00  newsplus

緩やかながら起こり始めた賃上げ。しかし世代別に分けてみると、その機運にも温度差がある。 「団塊ジュニア」と呼ばれる40代だけが取り残されている。 厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2016年の正社員の所定内給与(6月分)は32万1千円と、4年前から4700円増えた。 ところが、45~49歳は7千円減り、40~44歳は4500円減った。20~34歳や55~64歳といった年齢層は7千~8千円程度増えているのと対照的だ。 SMBC日興証券の牧野潤一チーフエコノミストは「経営者は比較的収入の低い若年層を優先して賃上げしてい...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】実質賃金2年ぶり減 17年通年0.2%マイナス - 02月07日(水)12:37  bizplus

厚生労働省が7日公表した毎月勤労統計調査(速報値)によると、物価変動の影響を除いた2017年通年の実質賃金は16年に比べて0.2%減った。2年ぶりのマイナスとなった。名目賃金にあたる現金給与総額は0.4%伸びたものの、物価の伸びに賃金の伸びが追いついていない。  17年の現金給与総額は月平均で31万6907円で4年連続で増加した。基本給を示す所定内給与は0.4%増の24万1228円、残業代を示す所定外給与も1万9565円と2年ぶりに増えた。ただ夏のボーナスの伸びが16年夏に比べると鈍った影響で、名目賃金全体の伸び率は0.1ポイント...
»続きを読む
カテゴリー:

「所定給与」の画像

もっと見る

「所定給与」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる