「戦闘機」とは?

関連ニュース

台湾で「神様」として祀られた日本人・小林巡査の数奇な運命 - 12月16日(土)08:00 

日本統治時代に台湾人のために尽力した日本人が、のちに「土地神様」として祀られたという話をご存知でしょうか? 今回、台湾出身の評論家・黄文雄さんが自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の中で、最近判明した、台湾で「神様」として祀られている小林三武郎という巡査について詳しく紹介しています。※本記事はMAG2 NEWSで掲載された記事です(2017年12月13日)   【台湾】埋もれた歴史を発掘!! 台湾で神様になった日本人はまだいた 日本統治時代に台湾人のために尽力した日本人が、後に土地神様として祀られたという話はいくつかあります。拙著『日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか』(徳間書店刊)でも、そうした日本人を紹介しています。   日本人は、魏志倭人伝の昔から、逆境でも不平不満を言わない、盗みを嫌う、名誉に命をかける、貧しくとも高貴である、災害や不幸に負けずまたたくうちに復興する…といった美徳を持っています。そうした美徳を具現化した人物も、歴史上には数多く存在します。第二次大戦中、ナチスの脅威からユダヤ人たちを救った杉原千畝などは、その代表例として書籍化、ドラマ化などで広く知られています。   日本統治時代の台湾でも、そうした日本人たちは各地で活躍し、台湾人のために自分を犠牲にした人々は多くいました。中でも、公職として台湾各地に赴任した日本人の美談...more
カテゴリー:

【準同盟国】日英、新型ミサイル「JNAAM(ミーティア改)」の共同研究へ - 12月15日(金)21:14  newsplus

日英、ミサイル共同研究へ 「準同盟」の色合い強める ロンドン=相原亮、下司佳代子2017年12月15日0時18分  日英両政府は14日、戦闘機に搭載する新型ミサイルの開発に向けた共同研究を具体的に進めることに合意した。 日本政府がミサイルの共同研究をするのは米国以外とでは初めて。 海上自衛隊と英海軍、陸上自衛隊と英陸軍がそれぞれ、初の共同訓練を実施することでも一致。 両国関係は「準同盟」の色合いをさらに強めている。  ロンドンで同日午後(日本時間同日深夜)、開かれた両国の外務・防衛閣僚会合(2プラス2...
»続きを読む
カテゴリー:

シリアで米軍機がロシア軍機に緊急対応、有志連合の空域に進入 - 12月15日(金)11:56 

【12月15日 AFP】シリアで米主導の有志連合が設定した管轄空域に13日、ロシア軍のスホイ25攻撃機2機が進入し、米軍のステルス戦闘機「F22ラプター」2機が対応に当たった。≫続きを読む
カテゴリー:

Aurora Flight Sciencesが完全自律型ヘリコプターのデモンストレーションを行った - 12月14日(木)16:42 

Aurora Flight Sciencesは、本格的な自律型戦闘機を実現することに取り組んでいる企業だが、いよいよその成果の一部が実用化されようとしている。同社は、1機の自律型ヘリコプターを披露したが、それは同社によるAutonomous Aerial Cargo Utility System(AACUS:自律型航空貨物運用システム)をデモンストレーションするために作成されたものだ。これは海軍による現在進行中の計画の一部である。そして今回UH-1Hヘリコプターを、離陸からミッションの完遂まで無事制御することに成功した。行われたミッションでは海兵隊員を搭乗させ、補給をタブレットで要求した他の人物の元へと、空中を移動した。これはUberで注文を出すやり方と似通っている。 この自律型パイロットシステムは、(垂直離着陸機ならば)特定の航空機には依存しないため、今回利用された、UH-1Hのような軽輸送ヘリコプター以外にも利用することができる。航空機には、障害物回避や経路計画を行うための、LiDARやカメラセンサーなどを含む、追加のハードウェアとソフトウェアが搭載されているが、それ以外は通常のヘリコプターと同様のものである。 Aurora社(同社は、ボーイングが自社の自律飛行への取り組みを促進するために、買収手続きを進めている)による今回のデモは、AACUSプログラムの締めくくりとし...more
カテゴリー:

「スター・ウォーズ」新キャラ、ローズの背景をライアン・ジョンソン監督が明かす! - 12月13日(水)17:00 

世界中に「スター・ウォーズ」旋風が吹き荒れる中、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)で来日したライアン・ジョンソン監督を直撃。今回は監督に、新キャラクターのローズ・ティコ役に大抜擢されたアジア系アメリカ人女優・ケリー・マリー・トランについて質問してみた。 【写真を見る】ケリー・マリー・トラン演じる新キャラクター、ローズ/[c]2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. 伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)の口から驚くべき真実を聞かされたレイ(デイジー・リドリー)。フォースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーの遺志を継ごうとするカイロ・レン(アダム・ドライバー)はどう対峙していくのか!? 本作で初登場する注目の新キャラクターは、ローラ・ダーン演じるレジスタンスの幹部・ホルド、ベニチオ・デル・トロ演じる謎めいた男DJ、ケリー・マリー・トラン演じるレジスタンスの整備士、ローズの3人だ。 ライアン・ジョンソン監督によると、3人の中で一番大きな役どころとなるのがローズのようだ。気になったのは、冒頭のバトルシーンで強烈な印象を残す、アジア系女優が演じたペイジというキャラクターだ。ケリー・マリー・トランも「スター・ウォーズ」シリーズの主要キャストに初めてアジア系女優が起用されたと話題を呼んだが、果たしてペイジとローラ...more
カテゴリー:

【米ロ】米軍ステルス戦闘機「F22」、ロシア軍機「Su-25」に警告フレア シリア上空で接近 - 12月15日(金)22:29  newsplus

https://www.cnn.co.jp/m/world/35112016.html (リンク先に動画ニュースあり) 2017.12.15 Fri posted at 11:35 JST (CNN) 米国防当局者は、シリア上空で米軍のステルス戦闘機「F22」2機が、ロシア軍機の進路を遮ったことを明らかにした。ロシア軍機はユーフラテス川上空を横断し、ロシア軍の飛行区域と米軍率いる有志連合の飛行区域を分ける「衝突回避線」の東側を飛行したとしている。 複数の米当局者によれば、ロシア軍の「Su-25」2機は13日、複数回にわたって衝突回避線を越えたため、米軍機が警告フレアを発...
»続きを読む
カテゴリー:

安倍晋三首相、新防衛大綱は「従来の延長上でない」 敵基地攻撃視野に検討 - 12月15日(金)20:44  seijinewsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00000567-san-pol  安倍晋三首相は15日、共同通信社で講演し、改定作業を進める防衛力整備の基本指針「防衛計画の大綱」について「従来の延長上ではなく、国民を守るために真に必要な防衛力のあるべき姿を見定めていきたい」と述べた。平成25年末の前回改定時に見送った敵基地攻撃能力など新たな装備体系の整備を念頭に抜本的見直しを行う考えを示した。  首相は「年が明ければ防衛大綱の見直しに向けた議論も本格化する」と説明。新大綱策定に当たり「専守防衛を当然の大前提と...
»続きを読む
カテゴリー:

米軍戦闘機、ロシア軍機に警告フレア シリア上空で接近 - 12月15日(金)11:35 

米国防当局者は、シリア上空で米軍のステルス戦闘機「F22」2機が、ロシア軍機の進路を遮ったことを明らかにした。ロシア軍機はユーフラテス川上空を横断し、ロシア軍の飛行区域と米軍率いる有志連合の飛行区域を分ける「衝突回避線」の東側を飛行したとしている。 複数の米当局者によれば、ロシア軍の「Su-25」2機は13日、複数回にわたって衝突回避線を越えたため、米軍機が警告フレアを発射した。 当局者のうち...
カテゴリー:

イギリス 「親中路線は失敗だった、これからは日本との関係を強化します」 - 12月13日(水)22:38  news

「英中蜜月」修正→21世紀の「日英同盟」? 日本とイギリス急接近のワケ http://www.sankei.com/world/news/171212/wor1712120003-n1.html 1世紀あまり前、帝政ロシアの南下を防ぐため結ばれた「日英同盟」(1902~23年)復活に向けた防衛と安全保障協力などの動きが加速している。 物品役務相互提供協定(ASCA)や次世代ステルス戦闘機での技術協力に続き、 14日にロンドンで開く外務・防衛担当閣僚級会議(2プラス2)では、戦闘機に搭載する新型空対空ミサイル(AAM)の共同開発で合意する見通しだ。 欧州...
»続きを読む
カテゴリー:

米と通商摩擦のカナダ、ボーイングからのF18購入を撤回 - 12月13日(水)16:18 

カナダ当局は12日、米ボーイングからFA18戦闘機「スーパーホーネット」18機を購入する計画を撤回し、代わりにオーストラリアから中古の旧型FA18戦闘機を購入する方針を発表した。52億3000万ドル(約5900億円)規模の取引を失ったボーイングにとっては大きな打撃となる。 カナダのサージャン国防相は記者会見で、「オーストラリア政府から正式な申し出を受けた」と言及。この取引を推進する意向を表明し...
カテゴリー:

もっと見る

「戦闘機」の画像

もっと見る

「戦闘機」の動画

Wikipedia

戦闘機(せんとうき)とは敵対する航空機との空対空戦闘を主任務とする軍用機。現在では空対空戦闘にとどまらず、場合によっては対地攻撃や対艦攻撃、爆撃などの任務を行う場合もある。なお、地上や洋上の目標の攻撃を主任務とするのが攻撃機である青木謙知ミリタリー選書1現代軍用機入門 (軍用機知識の基礎から応用まで)イカロス出版12頁。

フランス空軍ローラン・ギャロスが1915年モラーヌ・ソルニエ Lの中心線に固定銃を装備したことで思想が生まれ、ドイツによるフォッカー アインデッカーの量産によって、固定銃を装備して敵の航空機を撃墜する機体として登場した。河野嘉之図解戦闘機新紀元社46頁時代が進むにつれて技術の発達、戦訓により戦闘機の任務は多様化し、技術的、思想的にも違いが生まれていった。また、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる