「戦艦大和」とは?

関連ニュース

技術よりも先見性で遅れを取った日本海軍 - 戦艦大和 設計と建造 - 08月18日(金)04:50 

2016年5月に実施された海底の大和の現状調査の成果を公開した呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)企画展「海底の戦艦大和」で展示中の写真、「戦艦大和の21号電波探信儀(レーダー)」を戸高一成館長が解説する。
カテゴリー:

元特攻隊員「志願じゃなく命令」池上彰が真実に迫る『戦争を考える』特番 - 08月13日(日)08:00 

72回目の終戦の日を2日後に控える本日13日、「池上彰の戦争を考えるSP第9弾~”特攻”とは何だったのか?~」(テレビ東京系)が放送される。(写真提供:テレビ東京)2010年8月からシリーズ化されている「池上彰の戦争を考える」特番。今回は太平洋戦争の末期に日本軍が繰り出した「特攻」を徹底検証。死を覚悟で敵に体当たりする究極の攻撃「特攻」。生き残った元特攻隊員をインタビューして得た貴重な証言を元に、戦争の真の姿を伝えていく内容だ。■特攻隊員の証言池上キャスターと女優の宮崎美子は、特攻隊の出撃基地があった鹿児島県・知覧を訪れ、特攻隊員たちが残した数々の遺書に触れる。23歳の若者が婚約者に残した手紙には「あなたは過去を忘れ、将来に生きて」「会いたい 話したい 無性に」と綴られていた。また、番組では元特攻隊員のインタビューも敢行すると、「特攻隊は志願じゃない。純然たる命令だった」という証言も出たという。特攻を命じられた時、兵士たちは何を考えたのか? 元特攻隊員たちが「今伝えなければ、残すことができない」そんな想いを持って語る、言葉の数々にも注目だ。■戦艦大和の最後の出撃は特攻だった日本の最高技術を結集し建造された、史上最大の戦艦大和。山口県徳山沖から出航して沖縄に向かう途中、鹿児島沖でアメリカ軍の攻撃を受け撃沈。この最後の出撃は「海上特攻」だった。一体どんな作戦だったのか? 戦艦大和の元乗...more
カテゴリー:

池上彰の戦争を考えるSP第9弾、テーマは「特攻」 美化する風潮に警鐘 - 08月13日(日)07:00 

 2010年からテレビ東京系で放送されているジャーナリスト・池上彰氏による『池上彰の戦争を考えるSP第9弾 ~“特攻”とは何だったのか?~』が、きょう13日(後7:54~9:54)に放送される。今回は太平洋戦争末期に日本軍が繰り出した「特攻」を徹底検証する。 【写真】スタジオ出演者が整列  「特攻」とは、「十死零生(じっしれいせい)」という言葉が表すとおり、生きる望みはゼロ、死を覚悟で敵に体当たりする究極の攻撃だ。今回のテーマとした思いを池上氏は次のように語る。  「私たち日本人にとって、8月というとやはり戦争の事を考えざるを得ない季節ですよね。そして戦争を知る人がどんどん少なくなってくると、何かこう、戦争を美化する、そういう動きがあるんですね。ところが、今、特攻隊の生き残りの人たちが次々に声を上げています。そして『特攻隊は決して美化できるようなものではない』と、おっしゃっているんですね。戦争を美化するような動きに対して、『いやいや、本当の戦争を知ってほしい』と、多くの人が今、思うようになったのではないかと思うんです。そういう人たちの話を今こそ聞く必要があるのかな、そういう意識を持ってこの番組を作りました」。  池上氏は、女優の宮崎美子とともに特攻隊の出撃基地があった鹿児島県知覧市を訪問。そこで特攻隊員たちが残した数々の遺書に触れ、特攻隊員の残したメッセージを読み解いていく...more
カテゴリー:

VR:体験できるカフェ 横須賀にオープン - 08月11日(金)16:20 

 バーチャル・リアリティー(VR、仮想現実)の世界を体験できるVRゲームカフェ「グーンドック」が11日、神奈川県横須賀市本町の通称「どぶ板通り」にオープンする。  VRは液晶画面と音響を備えた機器を頭に装着し、パソコン上のソフトウエアを体験するもの。同店にはパソコン15台を配備し、旧海軍の戦艦大和や戦艦三笠の船体を再現したソフトのほか、ジェットコースターやシューティングなどのゲーム約20種類が楽しめる。
カテゴリー:

世界は、核兵器の「個人所有」をこの男に許していいのだろうか? - 08月10日(木)04:30 

8月6日、そして8月9日は、忘れてはならない「人類史上最初と最後の原爆が投下された日」です。メルマガ『マスコミでは言えないこと』の著者でITジャーナリスト宮脇睦(みやわき・あつし)さんは、被爆者の方々に哀悼の意を表するとともに、アメリカ軍の身勝手な「東京大空襲」と「原爆投下」の本当の理由、さらに核弾頭の小型化に成功したと言われる「北朝鮮」の今後の警戒すべき動きについても考察しています。 長崎原爆忌、テレビは何を伝えたか 72年前の8月9日。長崎に原爆が落とされました。広島はもちろん、私たち日本人として忘れてはならない日の1つです。黙祷。 北朝鮮の三代目が開発している核爆弾。すでに弾頭化を実現していると8月8日のワシントン・ポストが伝えています。 すでにICBMも実用化のレベルに達していることはNHKの映像に確認できます。北海道室蘭市に設置してある、いわゆる「お天気カメラ」に、ほぼ垂直に落下する謎の発光体が映っていたのです。 漫画などでミサイルと言えば「びゅーん」と、横とか斜めに飛んでいくように描かれますが、大陸間弾道ミサイルとは、実にざっくりといえば、真上に飛んで、真下に落ちるもの。だから流れ星などとは軌道が異なり、その閃光が北朝鮮のミサイルであることは一目瞭然。 これに核弾頭を搭載すれば「あがり」。どんな形でも北朝鮮の体制は維持されます。現時点で、核保有国同士で全面戦争が行われた...more
カテゴリー:

潜水調査でわかってきた 戦艦大和の全貌と実像 - 戦艦大和 設計と建造 - 08月16日(水)04:50 

2016年5月に実施された海底の大和の現状調査の成果を公開した呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)企画展「海底の戦艦大和」で展示中の写真、「戦艦大和艦首、菊花御紋章」を戸高一成館長が解説する。
カテゴリー:

「池上彰の戦争を考える」シリーズ第9弾、元特攻隊員にインタビューを敢行 - 08月13日(日)07:03 

テレビ東京系列にて、8月19日(日)19時54分から『池上彰の戦争を考えるSP第9弾 ~“特攻”とは何だったのか?~』が放送される。2010年から始まった、この「池上彰の戦争を考える」シリーズ。第9弾となる今回は、太平洋戦争末期に日本軍が繰り出した「特攻」を徹底検証する。「十死零生(じっしれいせい)」という言葉が表す通り、生きる望みはゼロ、死を覚悟で敵に体当たりする究極の攻撃「特攻」。元特攻隊員の貴重な証言を得て、戦争の真の姿を伝える。なぜ元特攻隊員たちは、今声をあげるようになったのか、特攻から得られる教訓を私たちはどう生かしていけばいいのかを、池上が解説する。 また、池上は宮崎美子と共に鹿児島県知覧を訪問。特攻隊の出撃基地があった鹿児島県知覧で見つけたのは、特攻隊員たちが残した数々の遺書。23歳の若者が出撃前に婚約者に残した手紙には「あなたは過去を忘れ、将来に生きて」「会いたい、話したい、無性に」と心の叫びが綴られていた。そして、元特攻隊員にインタビューも敢行。すでに高齢になった元特攻隊員たちが「今伝えなければ、残すことができない」そんな思いで語った真実に迫る。さらに池上と宮崎は、広島県呉市の大和ミュージアムを訪れる。日本の最高技術を結集し建造された史上最大の戦艦大和は、山口県徳山沖から出航し沖縄に向かう途中、鹿児島沖でアメリカ軍の攻撃を受け撃沈した。そんな大和の最後の出撃は、実...more
カテゴリー:

戦艦大和のプラモを沼に浮かべて爆竹で轟沈させていた - 08月12日(土)20:20  news

大和や飛龍、軍艦模型に鎮魂祈る 滋賀・長浜で作品展 http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20170812000099 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「池上彰の戦争を考える」シリーズ第9弾、元特攻隊員にインタビューを敢行 - 08月10日(木)18:29 

テレビ東京系列にて、8月19日(日)19時54分から『池上彰の戦争を考えるSP第9弾 ~“特攻”とは何だったのか?~』が放送される。2010年から始まった、この「池上彰の戦争を考える」シリーズ。第9弾となる今回は、太平洋戦争末期に日本軍が繰り出した「特攻」を徹底検証する。「十死零生(じっしれいせい)」という言葉が表す通り、生きる望みはゼロ、死を覚悟で敵に体当たりする究極の攻撃「特攻」。元特攻隊員の貴重な証言を得て、戦争の真の姿を伝える。なぜ元特攻隊員たちは、今声をあげるようになったのか、特攻から得られる教訓を私たちはどう生かしていけばいいのかを、池上が解説する。 また、池上は宮崎美子と共に鹿児島県知覧を訪問。特攻隊の出撃基地があった鹿児島県知覧で見つけたのは、特攻隊員たちが残した数々の遺書。23歳の若者が出撃前に婚約者に残した手紙には「あなたは過去を忘れ、将来に生きて」「会いたい、話したい、無性に」と心の叫びが綴られていた。そして、元特攻隊員にインタビューも敢行。すでに高齢になった元特攻隊員たちが「今伝えなければ、残すことができない」そんな思いで語った真実に迫る。さらに池上と宮崎は、広島県呉市の大和ミュージアムを訪れる。日本の最高技術を結集し建造された史上最大の戦艦大和は、山口県徳山沖から出航し沖縄に向かう途中、鹿児島沖でアメリカ軍の攻撃を受け撃沈した。そんな大和の最後の出撃は、実...more
カテゴリー:

戦艦大和の15cmの副砲が最大の弱点であった。あそこに敵戦艦の主砲が当たると下まで貫通していく - 08月07日(月)17:46  news

驚きのスゴ技:世界の戦艦が集結、細部までリアルな木製模型 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/07/2017080702304.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「戦艦大和」の画像

もっと見る

「戦艦大和」の動画

Wikipedia

戦艦大和(せんかんやまと)

関連項目

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる