「戦国時代」とは?

関連ニュース

【芸能コラム】現地調査!龍潭寺から井伊谷城まで、歩いて何分? 「おんな城主 直虎」 - 10月23日(月)16:57 

 「寺にこのような書状が届いてな…」  そう口にしながら、直虎(柴咲コウ)を訪ねてくる龍潭寺の南渓和尚(小林薫)…。「おんな城主 直虎」の中で何度か見られた光景だ。直虎たちが日常を過ごす井伊家居館や菩提寺の龍潭寺、戦に備えるための井伊谷城などは、視聴者にとっておなじみの場所となっている。  そうした場所で繰り広げられるドラマを見ていて、ふと疑問に思ったことがある。劇中ではあっという間にあちこちに移動するが、実際はどのぐらい時間がかかるのだろうか。  そんな疑問を解決するため、静岡県浜松市内の現地を歩いて時間を測ってみた。龍潭寺を出て、直虎に会えるまでの所要時間は、果たして?  ドラマを見ている方ならご存じとは思うが、直虎たちが日常を過ごしたり、家臣たちと話し合いをしたりする場所は、城とは別の居館となる。残念ながらこの居館は現存しないが、住宅街の中にある“井伊氏居館跡”には、目印の案内板が立っている。  その居館跡まで、龍潭寺からは徒歩でおよそ15~20分。途中まで、井伊谷城跡がある山を正面に見ながら進む格好となるため、何となく気分も上がる。  だが、電話などの通信手段がなかった時代のこと、会いに行った居館に直虎がいないことも考えられる。戦の時などは、裏手の小高い山頂にある井伊谷城にこもって戦ったからだ。 こうして、居館から井伊谷城へ向かうこととなる。その“井伊谷城跡”がある山...more
カテゴリー:

ともさかりえ 『アシガール』撮影終了、息子が黒島結菜を前に固まる - 10月21日(土)20:35 

女優のともさかりえが、現在放送中の土曜ドラマ『アシガール』(NHK)の撮影が終了したことをアメブロで報告している。 ともさかは、オールアップしたという状況の写真を紹介し「原作漫画の『お袋さま』そのイメージを出来るだけ崩さずに演じられたらいいなと心がけました」と役作りについて明かしている。続けて「昨夜は珍しく息子が撮影現場に。本物の黒島結菜ちゃんを目の前にして、息をするのも忘れ固まる息子。分かるぜよ、その気持ち」と現場に来て黒島を見た息子の様子を打ち明けた。 また「『テレビで見ると一瞬なのに、あんなに何回も何回も撮るなんて大変だね、ママ』」とのことでした」とつづっており息子は、ドラマ撮影の大変さをしみじみと感じたようだ。 同ドラマは、戦国時代が舞台となる物語。女優の黒島結菜が演じる、足が速いことが取り柄の女子高生、速川唯/唯之助がタイムスリップしてしまい、そこで出会った若君・忠清(健太郎)に一目惚れし、足軽となって彼を必死に守り抜こうとする姿を描く。 ともさかは、唯之助を息子として引き取る農民の寡婦、吉乃を演じている。ほか、川栄李奈、古舘寛治、お笑いコンビ・はんにゃの金田哲などが出演している。原作は漫画家の森本梢子の漫画で少女漫画誌『ココハナ』で現在も連載中だ。 【関連記事】 ・「アシガール」無事にオールアップ。原作漫画の「お袋さま」そのイメージを出来るだけ崩さずに演......more
カテゴリー:

色気がなくても彼氏はできる!? ドラマ『アシガール』に見る元気女子の魅力♡ - 10月21日(土)17:00 

“元気系女子”はみんなの人気者。でもこと恋愛となると、「色気がないからモテない」「男子から、友達としてしか見られない」なんて悩む女子は少なくないようです。でも実際のところ、男子から見ればモテ系女子に勝るとも劣らない魅力があるもの。この秋始まったNHKドラマ『アシガール』を題材に、元気女子が恋を勝ち取る秘訣をご紹介します!”アシガル”な女子高生が、若君に恋をする!『アシガール』は、走るのが速いことが取り柄のボーイッシュな女子高生・速川唯(黒島結菜さん)が、発明家の弟のマシーンで戦国時代にタイムスリップしてしまうお話。ひょんなことから、足軽兵と間違われて隊に加わり、そこで出会った若君・羽木九八郎忠清(健太郎さん)に一目惚れしてしまいます。窮地に陥る彼を守り抜くために、唯は足軽として野を駆けめぐる……といったストーリーです。唯はボーイッシュで、スポーティーで、ショートカットの女の子。戦国時代では「唯之助」と名乗り、男の子のフリをしています。好きになった若君にも最初は男の子だと思われていますが、若君も唯之助のことを悪からず思っている。なんだか面白い、心に残る存在として気にかけています。最初はただ「会いたい」という理由でタイムスリップしていた唯ですが、そのうちに「若君をなんとか守りたい!」と頑張るようになります。元気系女子の魅力って?唯は色気とはほど遠い、元気キャラ。でも「こんな子が側にいて...more
カテゴリー:

マッチョなヘヴィメタル・シーンで繰り広げられる嬢メタル戦国時代…Aldious、DESTROSE、BRIDEARらがシノギを削る - 10月21日(土)15:53 

<文/山野車輪 連載第8回> マッチョな洋楽ヘヴィメタル・シーンにも男女平等の波が  2010年頃から女性ヴォーカルのヘヴィメタル“嬢メタル”が大ブレイクした。バンドがあまりにも多く、正直なところ筆者も押さえることができ [...]
カテゴリー:

青木さやかの「インパクトがスゴイ!」綾瀬はるか主演『奥様、取り扱い注意』第3話 - 10月19日(木)15:00 

綾瀬はるかが主演を務める日本テレビ系の水曜ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(毎週水曜22:00~)。10月18日放送の第3話に、青木さやかと小野ゆり子がゲスト出演し、ネット上で話題を集めていた。金城一紀の原案・脚本で描かれる本作の主人公・伊佐山菜美(綾瀬はるか)は、人も羨むちょっとセレブな専業主婦。ワケありの人生をやり直して穏やかな幸せを手に入れるため、合コンでゲットした旦那・勇輝(西島秀俊)と結婚し、閑静な高級住宅街に引っ越す。そこで出会った主婦友の大原優里(広末涼子)と佐藤京子(本田翼)とともに、主婦たちの様々な問題を解決していくことになる。ある日、カツアゲの現場を通りかかった菜美は、いつものようにコッソリ事件を解決するが、そこに居合わせた主婦・理沙(小野)にその様子を動画で撮影されてしまう。菜美がただ者でないことを確信した理沙は数日後、動画を手に菜美の前に現れて「幼稚園のママ友からいじめを受けていること」を告白する。元女子プロレスラーのボスママ・貴子(青木)に立ち向かう“強さ”を手に入れるために、ケンカの作法を教わりたいと菜美に頼み込むのだった。その後、“ケンカをしないこと”を条件に理沙とトレーニングを開始。菜美のスパルタな指導によって、少しずつ体と心の強さと柔軟さを手に入れていく。「ストレス発散にピッタリ!」とトレーニングに参加することになった優里と京子のお陰で賑やかさを増し...more
カテゴリー:

【芸能】「一生一緒にいてくれや」でブレイクした三木道三は今何をしているのか? - 10月22日(日)23:22  mnewsplus

いわずと知れたジャマイカ発祥の民族音楽「レゲエ」。“神様”ボブ・マーリーらの働きによって、 1960年代頃より欧米を中心にさまざまな国へと拡散し、今や世界的なポピュラーミュージックの1つに数えられています。 レゲエはいつから日本に広まった? 我が国においても、昔からフォロワーは存在しました。古くは70年代後半、内田裕也率いるフラワー・トラベリン・バンドや 『悲しい色やね』でお馴染みの上田正樹が、レゲエのエッセンスを自分たちの曲に取り入れています。しかし、ヒットチャートを賑わすまでには至っていません。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【※🌾】牙城守るか新潟 下克上なるか東北・北陸…ブランド米“戦国時代”到来 減反廃止見据え、農家の収入確保狙う - 10月21日(土)17:21  newsplus

 各地から高級米が続々と登場している。国内最高級の新潟・魚沼産コシヒカリに迫る価格帯で勝負に出るブランドも出現。コメ消費量が低迷する中、競争力を維持し、販路開拓を狙う。国による生産調整(減反)の平成30年廃止を見据え、農家の収入確保につなげたい意向もにじむ。  「金、銀の二枚看板で自信を持ってお届けしたい」  今年、新銘柄の「金色(こんじき)の風」をデビューさせた岩手県の担当者は胸を張る。昨年の「銀河のしずく」に続くブランド米の投入だ。  軽やかな食感の銀河のしずくに対し、金色の風はふんわり...
»続きを読む
カテゴリー:

マッチョなヘヴィメタル・シーンで繰り広げられる嬢メタル戦国時代…Aldious、DESTROSE、BRIDEARらがシノギを削る - 10月21日(土)15:53 

<文/山野車輪 連載第8回> ◆マッチョな洋楽ヘヴィメタル・シーンにも男女平等の波が  2010年頃から女性ヴォーカルのヘヴィメタル“嬢メタル”が大ブレイクした。バンドがあまりにも多く、正直なところ筆者も押さえることができていないのだが、90年代のジャパメタ冬の時代を通過し、これまで女性ヴォーカル・ジャパメタのレコードやCDを買い漁ってきた筆者から見ると、喜ばしいことだ。  しかし同時に、バンド数が増えてリスナーの選択肢が増えた状況は、バンド側としては、一部マニアによる問答無用の買い支え支援がなくなったと見ることもできよう。  嬢メタル激増の要因は、大きく分けて2つある。まず1つ目は、洋楽ヘヴィメタル・シーンでの女性ヴォーカリストの勃興だ。「今や世界が熱狂する『ジャパニーズ・メタル』 長らく押し込められた暗黒の時代を振り返る」でも述べたが、ヘヴィメタルは、元々マッチョでマッスルな男臭い男性社会である。かつてヘヴィメタルの女性ミュージシャンは、女性であるというだけで問答無用で劣るものとされてきた。 ◆女性ヴォーカルのヘヴィメタル・バンドの活躍  だが、海外では90年代後期頃から女性ヴォーカルのヘヴィメタル・バンドが目立ち始めた。オランダのThe Gatheringは、3rdアルバム『Mandylion』(1995年)で、アネク・ヴァン・ガースバーゲンを加入させ、彼女をメイ...more
カテゴリー:

青木さやかの「インパクトがスゴイ!」綾瀬はるか主演『奥様、取り扱い注意』第3話 - 10月19日(木)15:04 

綾瀬はるかが主演を務める日本テレビ系の水曜ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(毎週水曜22:00~)。10月18日放送の第3話に、青木さやかと小野ゆり子がゲスト出演し、ネット上で話題を集めていた。金城一紀の原案・脚本で描かれる本作の主人公・伊佐山菜美(綾瀬はるか)は、人も羨むちょっとセレブな専業主婦。ワケありの人生をやり直して穏やかな幸せを手に入れるため、合コンでゲットした旦那・勇輝(西島秀俊)と結婚し、閑静な高級住宅街に引っ越す。そこで出会った主婦友の大原優里(広末涼子)と佐藤京子(本田翼)とともに、主婦たちの様々な問題を解決していくことになる。ある日、カツアゲの現場を通りかかった菜美は、いつものようにコッソリ事件を解決するが、そこに居合わせた主婦・理沙(小野)にその様子を動画で撮影されてしまう。菜美がただ者でないことを確信した理沙は数日後、動画を手に菜美の前に現れて「幼稚園のママ友からいじめを受けていること」を告白する。元女子プロレスラーのボスママ・貴子(青木)に立ち向かう“強さ”を手に入れるために、ケンカの作法を教わりたいと菜美に頼み込むのだった。その後、“ケンカをしないこと”を条件に理沙とトレーニングを開始。菜美のスパルタな指導によって、少しずつ体と心の強さと柔軟さを手に入れていく。「ストレス発散にピッタリ!」とトレーニングに参加することになった優里と京子のお陰で賑やかさを増し...more
カテゴリー:

淡路島の穴場は洲本!? 野生ザルの楽園と絶景温泉宿が全力で癒やしてくれる - 10月18日(水)11:02 

●洲本城の天守は絶景とよく似合う--歴史を語る赤レンガの建物群も 6月に阪急交通社が発表した「全国の離島ランキング」第6位にランクインした淡路島。淡路島の平成27年度の観光入込客数は1,372万人(兵庫県観光客動態調査より)となっている。遠くからわざわざ出かけるなら島の中央部、洲本温泉を有し、島内随一の宿泊客数を誇る洲本市がオススメ。今回は、知られざる穴場・洲本の魅力をたっぷり紹介しよう。 ○洲本ってどんなところ? 淡路島は瀬戸内海で最大の島であり、関西では花や渦潮、温泉や海水浴等が人気の観光地だ。一方、関東からの観光入込客の比率はやや低く、東京ではまだまだその魅力を知らない人もいる。淡路島は淡路市、洲本市、南あわじ市の3市からなる。離島としての面積では国内第4位、琵琶湖に匹敵する大きさを誇り、地域によって個性や魅力も異なる。 島北部から中央部に位置する淡路市では、雄大な明石海峡大橋と瀬戸内海を一望できる「淡路ハイウェイオアシス」や、パワースポットの「伊弉諾(いざなぎ)神宮」がある。島南部の鳴門海峡に面す南あわじ市では、クルーズ船から間近に眺められる「渦潮観光」や、淡路産のタマネギを使った全国ご当地バーガーグランプリ受賞の「あわじ島バーガー」が人気だ。 いずれも一度ゆっくり訪れてみたいが、その中でも洲本市をオススメするのは、ここには「ミシュランガイド兵庫2016特別版」にも...more
カテゴリー:

もっと見る

「戦国時代」の画像

もっと見る

「戦国時代」の動画

Wikipedia

戦国時代(せんごくじだい)とは、地方政権が群雄割拠して互いに相争った戦乱の時代のことを指す。また、同じコンセプトの商品が各社から一斉に売り出され、凄まじい競争が起こっている状況を指して、戦国時代と呼ぶこともある。

その他の用例

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる