「我が家」とは?

関連ニュース

ハイカライケメンの街、神戸の秘密のあんこメニュー「あん食」がこんなに地味でいいのか - 02月23日(金)19:21 

2月22日放送の「秘密のケンミンSHOW」は「秘密のあんこ祭り」。山形県庄内地方の「いとこ煮」、熊本県の「いきなり団子」とともに、神戸市民が愛するという「あん食」が紹介された。「あん食」とは「あんこ入り食パン」のこと。そう聞くと、ちょっとどうなんだろう?とひるんでしまう。だってあんこでしょ?食パンでしょ?何か特別なおいしさがあるように思えない。そこいら中に「あんパン」が売られているのに、パンが食パンになることがどういう発明なのかと思ってしまう。なんだか地味だ。それに神戸といえばつい先週紹介したイケメンタウンだ。あのさりげなくシックなおしゃれ服を着こなすメンズが「あんこ入り食パン」を頬張るというのか。なんだか幻滅しちゃうんじゃないか。番組に登場したのはまさしく食パンの中にあんこが練り込まれた物体。黒いあんこが渦巻き状に入った状態で焼かれた食パンだ。なんというか、食パンにあんこを塗ればほぼ同じ味になるんじゃなかろうか。どうやら食パンだけにトーストしてバターをつけて食べるのが定番らしい。と言われるとちょっとおいしそうに思えてくる。「パン=洋」+「あんこ=和」+「バター=洋」という洋和洋の組み合わせも神戸らしく思えてきた。そう、洋のいいところをとりこんで和と合わせる。あのイケメンたちとおなじ組成でできているのだ。街を歩く神戸市民に聞いても「地味」とか「神戸っぽくもない」と決して褒めないが、...more
カテゴリー:

「専業主婦」の妻に絶対に言ってはいけない言葉とは? - 02月23日(金)19:00 

専業主婦の妻に向かって「誰のおかげでメシが食えていると思っているんだ!」とつい口走ってしまった旦那さん、いませんか? 住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「Blue Ocean」。2月9日(金)放送の「オトナのなんでも相談室」では、妻と喧嘩をして「専業主婦のくせに!」と言ってしまい、どう謝るべきかわからないと悩む男性リスナーからの相談を紹介しました。 【リスナーの相談】 先日、妻と喧嘩をして「専業主婦のくせに! 俺が仕事しているおかげで生活できているんだろうが!」と、つい言ってしまいました。もともとあまり手伝っていなかった家事ですが、最近忙しかったこともあり何もやっていなかったことに妻の不満も爆発。一度起業して失敗した経験があり、家族を路頭に迷わせまいとの思いが強く、仕事優先でがむしゃらになりすぎて家庭はおざなり。自分のエゴだというのもわかっているつもりですが、どう謝っていいかわかりません。(28歳・男性) この相談に対し、数多く寄せられたアドバイスの中からその一部を紹介! ◆それだけは言っちゃダメ 「誰のおかげで生活できているんだ!」という発言を反省しているとのことですが、それだけは言っちゃダメ。それを言われたら黙るしかないのが奥さんなのです。奥さんにしてみれば「じゃあ、誰のおかげで子どもたちが安全で健康に暮らせているんだ」と言いたいはず。心の底から...more
カテゴリー:

中村江里子、娘におにぎりを15個持たせる理由「それ以上はダメ!!」 - 02月23日(金)16:52 

フランスを生活拠点にしているフリーアナウンサーの中村江里子が23日、自身のアメブロを更新。娘におにぎりを15個持たせていることを明かし、その理由を説明した。 フランスにはお弁当を持っていく習慣がないため、子どもたちは給食の世話になっていると説明した中村。「本当に日本のお弁当の習慣は素晴らしいけれども、同じ母親としてこれは想像を絶する大変さ」と思っていたところ、長女から金曜日のランチの時間が30分しかないため、おにぎりを持参したいと言われたという。 中村が「それは大変!!」とおにぎりを3個持たせたところ、娘の友人たちにも好評だったため、来週からは友達の分もお願いされることに。中村は「それはよかった!!おにぎりなんてあっという間にできるからいいわよ!!」と答えたものの、「回数を重ねるごとに“おにぎりファン”が増え・・・現在は15個ほど、作っています。正確にはそれ以上はダメ!!と言っています」と明かした。 大人気は鮭フレークを混ぜたおにぎりで、次にふりかけ、塩の順番といい、「中味がわかりやすいように、ホイルの柄を変えたりして(笑)」と大量のおにぎりの写真を公開。フランスは和食ブームではあるものの、まだまだ子供たちの間でおにぎりはメジャーではなく、中村も「マンガを読んでいる子はおにぎりの存在を知っていますが、そうでない子は「これは何だ?」と思うでしょうね」とつづり、「かくして・・・お...more
カテゴリー:

選択制夫婦別姓に賛成が●●% 子どもと別姓になるのは違和感も【パパママの本音調査】 Vol.226 - 02月23日(金)08:00 

(c)gstockstudio - stock.adobe.com2018年1月にサイボウズの青野社長ら4人が、「選択制夫婦別姓」を求める裁判を起こしました。改姓には、手続きや手間だけでなく費用もかかり、生活に支障をきたしていると主張。共働きも増えるなか、みなさんはどう考えますか?Q.「選択制夫婦別姓」、賛成?反対?1.賛成         47.5%2.反対         24.4%3.わからない・その他  28.1%選択制夫婦別姓に賛成という人が47.5%と半数近い結果になりました。反対よりわからないという意見の方が上回っているのには、別姓にするにしてもメリットデメリットもあることがわかっているパパママ世代ならではかもしれません。■子どもと親で姓が違うという事態にも!?夫婦別姓に反対の人の多くが、子どもと親が別姓になってしまうということに対して違和感を覚えています。パパやママと姓の違う子どもがどう思うかを考えると、多少の面倒は受け入れるのが当然という人もいるようです。「これって大人の事情ですよね? 子どもが生まれたらどっちの姓にするか、子どもが決めるのかな? 各家庭にいろんな事情があるとは思いますが、子どものことを考えたら親は同じがいいかな」(鹿児島県 40代男性)「姓が変わったことが仕事上でなんでデメリットになるのかが分からない。何かデメリットになるなら、通称名として仕事で...more
カテゴリー:

愛猫家だった大杉漣さん 猫好き芸能人たちから悲しみの声 - 02月22日(木)20:00 

2月22日は猫の日だが、その前日急性心不全で亡くなった大杉漣さん(享年66)は大の猫好きだった。 猫の日を記念したドラマ「猫とコワモテ2(にゃん)」に主演する田中要次(54)は、大杉さんとよく猫の話をしたという。22日に同ドラマの取材に応じた田中は、大杉さんの話を振られると「翌日なのであれですが、すみません」と言葉に詰まった。 「トラちゃん(大杉さんの愛猫)のことを話したり、先週もお会いしたばかりだったので……」 同じく“猫好き”である石田ゆり子(48)も22日、自身のインスタグラムで大杉さんを偲んだ。 「蓮さんがトラちゃんを家族に迎え入れてすぐの頃 ドラマの撮影で久々にご一緒し 子猫のトラちゃんの可愛さにメロメロな溶けそうな笑顔を見せていた蓮さん(原文ママ)」 そして、「心の整理がつきません」と心境を吐露した。 大杉さんはもともと犬派だったが、2008年に公開された映画「ネコナデ」に出演することで猫の魅力に開眼したそうだ。同作の撮影をするうちに“共演者”のメス猫“トラ”に情が移ってしまったと昨年3月、スポーツ紙のインタビューで明かしている。 「クランクアップのとき、トラが僕の顔をじっと見るんですよ。そうしたらね、涙がポロポロ出てきちゃって…。『この子を譲...more
カテゴリー:

ハイカライケメンの街、神戸の秘密のあんこメニュー「あん食」がこんなに地味でいいのか - 02月23日(金)19:15 

2月22日放送の「秘密のケンミンSHOW」は「秘密のあんこ祭り」。山形県庄内地方の「いとこ煮」、熊本県の「いきなり団子」とともに、神戸市民が愛するという「あん食」が紹介された。「あん食」とは「あんこ入り食パン」のこと。そう聞くと、ちょっとどうなんだろう?とひるんでしまう。だってあんこでしょ?食パンでしょ?何か特別なおいしさがあるように思えない。そこいら中に「あんパン」が売られているのに、パンが食パンになることがどういう発明なのかと思ってしまう。なんだか地味だ。それに神戸といえばつい先週紹介したイケメンタウンだ。あのさりげなくシックなおしゃれ服を着こなすメンズが「あんこ入り食パン」を頬張るというのか。なんだか幻滅しちゃうんじゃないか。番組に登場したのはまさしく食パンの中にあんこが練り込まれた物体。黒いあんこが渦巻き状に入った状態で焼かれた食パンだ。なんというか、食パンにあんこを塗ればほぼ同じ味になるんじゃなかろうか。どうやら食パンだけにトーストしてバターをつけて食べるのが定番らしい。と言われるとちょっとおいしそうに思えてくる。「パン=洋」+「あんこ=和」+「バター=洋」という洋和洋の組み合わせも神戸らしく思えてきた。そう、洋のいいところをとりこんで和と合わせる。あのイケメンたちとおなじ組成でできているのだ。街を歩く神戸市民に聞いても「地味」とか「神戸っぽくもない」と決して褒めないが、...more
カテゴリー:

杉田かおる、母の四十九日法要を報告「厳かな気持ちになれました」 - 02月23日(金)17:52 

女優の杉田かおるが23日、自身のアメブロを更新。1月6日に亡くなった実母の四十九日法要を無事に終えたことを報告した。 1月14日更新のブログで「1月6日6時30分母が永眠しました。おじいちゃんが美しく年をとってほしいと美年子とかいてミネコと読ませる名前をつけました。美しく生き美しく旅立ちました」と長年介護をしていた母親が亡くなったことを報告していた杉田。「今日は母の77日忌。初七日から毎週お寺で御経を唱えて頂いて厳かな気持ちになれました」と四十九日法要を迎えた心情をつづった。 杉田は母親を偲んで食事にいったようで、「一緒に来たかった素敵なカレー屋さんで庭の小鳥達を眺めながら遅めのランチを食べています」とつづり、「ジャズが好きだったので絶対に気に入ってくれたであろうこの店に今日は色々な鳥が遊びに来ています」「ヒヨドリ、ムクドリ、ちょっとした縄張り争い」と思い出をかみ締めた。また、「こんなゆったりした気持ちのいい日はお昼から飲んじゃおう。ママと一緒に」とお酒を飲んだようで、「お仕事してるご主人様にはちょっと悪いけど。今日だけは許してね」と締めくくっている。 この投稿に「お母様のご冥福をお祈りいたします。私も数年前に、母を亡くしました。淋しいと思いますが、元気になってくださいね」「杉田さんのような経験をされている方々のブログや記事を読み、自分のことを考えております」「我が家も父の四...more
カテゴリー:

三男が長男・菅田将暉のライブへ「かなりの衝撃的だったよう」 - 02月23日(金)13:19 

俳優・菅田将暉の父で経営コンサルタントの菅生新氏が22日、自身のアメブロを更新。三男の新樹(あらき)くんが菅田のライブを訪れたことをつづった。 「昨日は長男の誕生日、そして大阪凱旋ライブでした」と、菅田にとって初のライブツアーとなる『菅田将暉 Premium 1st TOUR 2018』の報告をした菅生氏。菅生氏と妻は東京に滞在していたため、新樹くんに仲間のアテンドをお願いしたという。「周りの女子にアラキが囲まれたらしく少し大変だったとの報告電話がアラキから母にありました」とモテモテだったよう。 菅田のライブを観た新樹くんの反応については「色々な意味でかなりの衝撃的だったようで…」とつづり、「若い頃はどんどん出かけて刺激のある人物をナマで見聞きするべきだ!と思います」と持論を述べた。 ブログの最後で菅生氏は「ちょうど一年前のアラキは北海道への修学旅行で着くなりインフルエンザにかかり現地にて点滴三昧だったのでした」とエピソードを紹介。雪景色の中の新樹くんや点滴姿の新樹くんの写真を公開するとともに、菅田の初ライブを報じた新聞記事も紹介した。 【関連記事】 ・バースデーライブ案内人アラキ(菅生新オフィシャルブログ) ・菅田将暉3兄弟の次男は「我が家の実質リーダー」的な存在 ・菅田将暉の弟、家族に志望大学の合格を報告「本当に感謝感謝です」 ・菅田将暉の父、“大好き”な広瀬香美のライ...more
カテゴリー:

「キャベツ」と「ひき肉」で子供が喜ぶおうちごはん5選! - 02月23日(金)07:00 

子供に何が食べたいか聞くと、ハンバーグやから揚げ、オムライス…など子供っぽいものばかりが続くことはありませんか?「「キャベツ」と「ひき肉」で子供が喜ぶおうちごはん5選!」のレシピリンク付きの記事を見るそれでは大人は飽きてしまうもの。そこで今回は、寒い冬に旬を迎える甘くておいしいキャベツと、何かと使い勝手のいい「ひき肉」を使って、子供が喜ぶ料理5選をご紹介します。・メンチカツ粗みじん切りにしたキャベツ、玉ねぎとひき肉、卵、塩、ナツメグなどを混ぜて小判型に成型し、バッター液とパン粉を付けて油で揚げます。お惣菜コーナーで買うよりも、やっぱり揚げ立てが美味しいですよ!・ロールキャベツひき肉、玉ねぎ、卵、パン粉などでタネを作り、俵型に整えたタネを茹でたキャベツで包み、お好みのスープで煮込みます。トマトベースやホワイトソース、コンソメスープなど色々な味付けで楽しめるので、レパートリーも広がります。・炒め物キャベツとひき肉の他に、ピーマン、もやし、人参など冷蔵庫で余りがちな野菜と一緒に炒めれば、冷蔵庫整理にもなる炒め物。甘辛い味付けなら、ご飯がすすむ嬉しいおかずになります。・餃子みじん切りにしたキャベツとひき肉、にんにく、しょうが、塩などと混ぜ、餃子の皮で包みます。焼き餃子や茹で餃子など、好みのタレで味わえます。・パスタキャベツとひき肉をオリーブオイルで炒め、茹でたパスタと和えます。ペペロンチー...more
カテゴリー:

<福岡酒場放浪記>今宵はカウンターでまったり呑み!オトナが酔える隠れ家店5選 - 02月22日(木)19:15 

■ 隠れ家スタンディングで最高の日本酒とワインを「酒場 みんなの黄ちゃん」 【写真を見る】“黄ちゃん”こと黄 小晃(こう しょうこう)さん。とにかくお酒に詳しく、新たなワイン&日本酒ワールドを広げてくれる 警固の裏通りにあるマンションの1室でひっそりと営業する「酒場 みんなの黄ちゃん」(福岡市中央区)。外からは中のようすはうかがい知れず、金庫のようなドアノブの付いたエントランスが印象的だ。 ドアを開けると、店内はスタンディングがメインの小バコで、店主や隣客との距離が近く、まるでワイン屋台のような雰囲気だ。 ドリンクは特に定まったメニューはなく、“その日に出合ったワインや日本酒を気ままに楽しむ”をコンセプトに選んだ、ナチュラルワインが並ぶ。「全国地酒」(グラス500円~、3種類テイスティング1000円)、「世界のクラフトジン」(ジントニック850円、ジンソーダorロック800円)、「クラフトビール」(800円)と価格もリーズナブル。 そして、優しい笑顔で迎えてくれる女性店主・黄 小晃(こう しょうこう)さんとの会話も楽しんでほしい。“黄ちゃん”の愛称で親しまれる店主は、台湾人とのハーフで関東育ち。福岡に来てからは、薬院「とどろき酒店 薬院stand!」の立ち上げに携わるなど、お酒の知識が豊富なので、イチオシの一杯を聞いてみよう。 [酒場 みんなの黄ちゃん]福岡県福岡市中央区警固1-3...more
カテゴリー:

もっと見る

「我が家」の画像

もっと見る

「我が家」の動画

Wikipedia

我が家(わがや)は、日本のお笑いグループ。ワタナベエンターテインメント所属。2003年結成。コント漫才どちらもするが、独特のローテーション漫才というものも行う。

メンバー
  • 坪倉由幸(つぼくら よしゆき) 1977年9月9日生。大ボケ担当(ネタによっては小ボケ)、谷田部に対してはツッコミ担当。リーダー。
  • 杉山裕之(すぎやま ひろゆき) 1977年4月23日生。ツッコミ担当(一部のコントではボケ担当)。
  • 谷田部俊(やたべ しゅん) 1977年12月14日生。ボケ担当(ネタによっては大ボケ)。
概要

杉山と谷田部は中学校からの同級生で、我が家の結成以前に「ルーキーズ」というコンビを組み、レッスン料が安いという理由で俳優の養成所に入っていた。その後、同じ養成所に俳優志望として入っていた坪倉が加入し、我が家が誕生した。トリオ名はトリオを結成した居酒屋「我家(わがや)」(JR中央線 東中野)の店名からとった麻布台...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる