「成功事例」とは?

関連ニュース

スポーツと健康づくりで自治体と連携 日体大が知見生かし地域活性化に貢献 - 11月20日(月)17:04 

 日本体育大学(以下日体大)と全国の自治体がスポーツ交流や健康維持で連携 を取り、それぞれの人的資源などを有効に活用する自治体連携協定推進事業の年 次会合「NITTAIDAI × 自治体 フォーラム2017」~体育・スポー ツ・健康づくりの交流で地域を活性化する~が、11月17日、東京都千代田区の 帝国ホテルで開かれた。フォーラムには日体大から松浪健四郎理事長ら大学関係者、協定を結んでいる全国48自治体の首長らが出席。自治体側から連携事業の 事例が報告され、その後の懇親会では自治体間で熱心な情報交換が行われた。 フォーラムには全国から自治体関係者が集まった 【写真】関連情報を含む記事はこちら  冒頭の挨拶で松波理事長は「1964年の東京五輪を前に、日本は売春防止法 の成立、年金制度の確立、国民皆保険の充実など、先進国の仲間入りをするため の制度、整備を遂げた。それは東京以外の全国民に恩恵をもたらした。2020 年の東京五輪でのレガシー(遺産)づくりは何か。国民一人一人がレガシーをつ くるべきで、病気を重症化させない健康維持を自治体が考えなければならず、そ のために日体大を利用し協力を求めてほしい」と連携協定の意義を強調した。さ らに、日体大が有数の選手育成の場であることを踏まえ「20年の東京五輪では 日体大関係者で70人の代表選手を送り込み、10個の金メダルを目指す」と力強く宣言し...more
カテゴリー:

【社会】ムクドリ フン害 住民 憤慨 奈良 - 11月15日(水)23:44  newsplus

http://www.yomiuri.co.jp/local/nara/news/20171114-OYTNT50289.html ◇近鉄新大宮駅周辺 ◇響く鳴き声 対策あれこれ20年  奈良市の近鉄新大宮駅周辺で、夕方になると大群となって集まるムクドリの鳴き声やフン被害に、 自治体や住民が対応に苦慮している。 市や県などが対策を始めて約20年。撃退に向けてあの手この手で知恵を絞っているが、抜本的な解決には至っていない。 現状を探った。 ■5000羽  「ギャーギャー」。10月下旬の午後5時過ぎ。同駅上空をムクドリの群れが旋回し、鳴き声があちこちで響く。 電...
»続きを読む
カテゴリー:

【特別企画】締切迫る!GDOに学ぶAWS移行における成功の秘訣 - 11月17日(金)18:30 

マイナビニュースは、11月21日(火)、東京・新宿にて「AWSの進化がもたらす新たな可能性 ~クラウドがビジネスの未来にあたえる4つのメリットとは~ 【第4回・マイグレーション編】クラウドマイグレーションあるある事例 ~成功事例とありがちな失敗~」と題したセミナーを開催する(協賛:クラスメソッド、サイオステクノロジー)。
カテゴリー:

日本の観光大国化のカギ 地域振興のプロ集団DMOとは - 11月13日(月)19:00 

2020年に東京オリンピックが控えていることもあり、日本にやってくる外国人観光客は、今後さらに増えていくことが見込まれる。日本政策投資銀行が韓国や中国、台湾などアジア8カ国を対象に行った調査(2017年実施、対象人数:4149人)では、「今後、旅行したい国・地域はどこですか?(複数回答可)」という質問に対し、過半数を超える57%が日本の名前を挙げるなど、旅行先としての日本の人気は依然高い。しかし、ここで課題になってくるのが、「インバウンドからいかに収益をあげるか」や、「いかに各地域が旅行者を呼び込むか」という点である。特に後者については、観光が地域振興の切り札と見られていることもあり、さまざまなアイデアが実行されているが、各観光地や施設、自治体が独自におこなっている情報発信やプロモーションといった小規模なものが大半であり、どうしても効果は限定的になってしまう。まして、日本にやってきた観光客が求めるものは時とともに移り変わり、しかもどんどん細分化している。それらのニーズを汲み上げて、観光コンテンツにフィードバックするマーケティング的な取り組みは、まだほとんどされていないのが実情なのだ。■日本の観光に必要なのは地域を総合プロデュースする法人だ!こうした「日本の観光の弱点」を克服するためのポイントとして『日本政策投資銀行 Business Research 観光DMO設計・運営のポイント...more
カテゴリー:

「成功事例」の画像

もっと見る

「成功事例」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる