「憲法改正」とは?

関連ニュース

【安倍政権】自民・船田氏 「首相3選、赤信号に」 - 04月20日(金)08:33  seijinewsplus

自民党の船田元憲法改正推進本部長代行は19日、東京都内で講演し、9月に予定される自民党総裁選に関し、「安倍晋三首相(総裁)の3選は黄信号から赤信号になっている」と述べた。そのうえで、「このまま(政府の不祥事が)続いたら3選はできない。安倍氏が総裁選前に辞めざるを得ない事態につながる」と指摘した。 毎日新聞 2018年4月19日 23時25分(最終更新 4月20日 02時28分) https://mainichi.jp/articles/20180420/k00/00m/010/143000c ...
»続きを読む
カテゴリー:

自民・船田氏:「首相3選、赤信号に」 - 04月19日(木)23:45 

 自民党の船田元憲法改正推進本部長代行は19日、東京都内で講演し、9月に予定される自民党総裁選に関し、「安倍晋三首相(総裁)の3選は黄信号から赤信号になっている」と述べた。そのうえで、「このまま(政府の不祥事が)続いたら3選はできない。安倍氏が総裁選前に辞めざるを得ない事態につながる」と指摘した。
カテゴリー:

若い世代が安倍政権を支持する雇用改善もアベノミクスとは無関係!? そもそも経済は「全然潤ってない」 - 04月19日(木)11:00 

働き方改革法案に盛り込まれていた裁量労働制に関する「不適切なデータ」、森友学園への国有地売却問題をめぐる「決済文書改ざん」、そして自衛隊の「日報隠蔽」──今、安倍政権への信頼が大きく揺らいでいる。 安倍政権が高い支持率を維持してきた最大の理由はアベノミクスによる経済成長と言われているが、政権の命綱であるこの経済政策の成果も「都合のいいデータ」によって築かれた砂上の楼閣だったとしたら──。 今、話題の一冊『アベノミクスによろしく』(インターナショナル新書)の著者・明石順平氏は「アベノミクスは大失敗だった」と断言。同書では政府や国際機関が発表した公式データを用いながら、アベノミクスの成果が幻想に過ぎないことを看破している。 なぜ、大失敗だったのか? 菅義偉官房長官への厳しい追及で一躍その名が知られた東京新聞社会部記者・望月衣塑子(いそこ)氏との対談で語る――。 前回記事では、「実質賃金が下がった理由」「実質GDP成長率は民主党政権時代の3分の1」など、アベノミクスの実態を明かしたが、この第2回では、若い世代が安倍政権を支持する理由となっている「雇用の改善」の裏側を暴く──。 *** 望月 株価上昇はアベノミクスの最もわかりやすい成果...more
カテゴリー:

(教えて 憲法)賛否呼びかけの運動、何ができるの? - 04月19日(木)01:43 

■教えて!憲法 国民投票:4 憲法改正案に賛成や反対をよびかける運動はだれでも原則として自由にできる。特定の陣営による通常の選挙運動とは違い、主権者である国民のだれもが投票を働きかけたり集会を開いたり…
カテゴリー:

自民改憲本部:与野党協議に前向きな姿勢  - 04月18日(水)20:30 

 自民党憲法改正推進本部の細田博之本部長は18日、日本記者クラブで記者会見し、憲法改正手続きを定めた国民投票法改正の与野党協議に前向きな考えを示した。細田氏は「私どもとしては、まず本体の憲法の条文を検討してくださいと言っているが、国民投票法の内容を国会で協議することはやぶさかではない」と述べた。
カテゴリー:

(教えて 憲法)SNSでの表明も自由 グレーゾーンも - 04月20日(金)00:18 

■教えて!憲法 国民投票:5 憲法改正案への賛成や反対をよびかける国民投票運動は原則、だれでも自由にできる。ただ、無制限に認めると、逆に個人の自由な意見表明が妨げられたり、国民投票が公正におこなわれな…
カテゴリー:

【週刊朝日・上田耕司、森下香枝】小泉純一郎氏独白全文公開「安倍さん、とっくに辞めてなきゃいけないはず」 - 04月19日(木)17:59  seijinewsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180419-00000014-sasahi-pol  自民党の二階俊博幹事長、山崎拓元副総裁、小池百合子東京都知事らと18日夜、東京都内で会食した小泉純一郎元首相。森友、加計疑惑疑惑、財務事務次官セクハラ問題などで火だるまになっている安倍晋三首相の政権運営、9月の総裁選について意見が交わされたという。小泉氏は11日、週刊朝日の独占取材に応じ、安倍首相について「もう引き際」、「3選はないね」「バレてる嘘をぬけぬけと…」「国民はあきれてんだよ」と言及。ついに引導を渡した。55分に及んだ独...
»続きを読む
カテゴリー:

憲法改正は日米関係に一体どれだけ響くのか 「何のためなのか」を私たちで議論していこう | 安全保障 | 東洋経済オンライン - 04月19日(木)06:00 

憲法改正ははたして必要か否か。「憲法改正に目を背ける人に伝えたい超基本」(4月18日配信)に続いて、…
カテゴリー:

【コラム】国会でバカ騒ぎする「偽リベラル」野党の正体 - 04月18日(水)23:37  seijinewsplus

昨年の総選挙では、立憲民主党を結党した枝野幸男氏らが使った「リベラル」という言葉が大きな注目を集めた。  そもそもリベラルとは、欧米で生まれた概念で、「個人の自由と権利を求める思想」というのが本来の意味だ。 だが、日本では本来の意味を離れ、「憲法9条死守」「安保法制違憲論」といった立場を指し示すときに使われるケースが多い。 「偽リベラル」とは、立憲民主党に代表される、本来の言葉の意味から遠く離れているのに「リベラル」という看板を掲げる極左ポピュリスト集団である。 それを応援しているのが、朝日...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】日米地位協定 米軍に国内法が原則適用されず 独伊と差 - 04月18日(水)14:47  newsplus

日米地位協定 米軍に国内法が原則適用されず 独伊と差 毎日新聞2018年4月18日 01時19分(最終更新 4月18日 02時27分) https://mainichi.jp/articles/20180418/k00/00m/010/166000c  相次ぐ米軍機の事故やトラブルで、在日米軍の権利などを定めた日米地位協定が改めて注目されている。米軍が特権的に振る舞う根拠となっている協定の改定を求める沖縄県は、日本と同じく第二次大戦の敗戦国であるドイツとイタリアの地位協定を調査した。その結果、不平等な協定に甘んじる日本の特異性が浮き彫りになった。  沖縄県知事公室の職員3...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「憲法改正」の画像

もっと見る

「憲法改正」の動画

Wikipedia

憲法改正(けんぽうかいせい)とは、国民統治者為政者などに国家権力の行使を信託する上で、統治者等に係る選出方法や国民への権利侵害や不作為など不適当な点や不備なところを改善するため、成文法として明示された憲法の条文を修正(追加または削除)すること。改憲(かいけん)ともいう。

日本で現在行われている憲法改正の議論については、憲法改正論議日本国憲法改正案一覧を参照。

憲法改正の目的・限界

単に憲法改正という場合は、条文の内容が国体を示すものかに関して特に言及しておらず、統治機構を改めるような実質的意味の憲法に関する改正だけではなく、形式的意味の憲法ではあるが実質的意味の憲法に含まれない条項例えば、スイス憲法旧25条の2(出血前に麻酔させることなく動物を殺すことを禁止する)の改正も含まれる。国家権力を行使するものが現状において改正を唱えると、「自分の権限を維持・拡大するための憲法改正だ」と揶揄されることがある。

憲法改正の目的

憲法典の中に改正に関する条項を準備する目的は、重要な政治体制の変更がすべて憲...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる