「感染経路」とは?

関連ニュース

【医師取材】手足口病の予防法は? 主な感染経路3つと適切な対処法 - 11月20日(月)11:24 

5歳以下の子どもが90%という感染症「手足口病」。今回は手足口病の特徴や症状、感染経路、そして予防方法をご紹介します。 この記事の取材先ドクター 武田クリニック 武田寿之院長 当院では、出来る限り患者さんの目線になってお話を伺うことを大切にしています。 ささいなことでも何でも相談していただき、本当の意味での「家庭医」を目指しております。 http://www.nerima-med.or.jp/kikan/byoin/kobetsu_base.php?id=235/ 手足口病の特徴とは 手足口病とは 手足口病は、ウイルス感染症の一種です。特徴的な発疹が、口の中や手足などに現れるため、病名の由来となっています。毎年の報告では、感染者のおよそ90%前後は「5歳以下」が占めています。そのため、乳幼児のご家庭では特に注意したい病気と言えるでしょう。 複数回かかってしまう事も 手足口病の特徴として「複数回かかってしまうケース」があります。それは、原因ウイルスが「エンテロウイルス」と「コクサッキーウイルス」など、複数の種類あることが理由です。また、夏場は免疫が落ちやすいので、それも複数回かかる理由として挙げられるでしょう。 夏の時期に大流行 手足口病は、流行時期も特徴的です。具体的には、例年7月下旬にピークを...more
カテゴリー:

冬の外出に注意!風邪予防のため「妊娠中に避けたいスポット」は? - 11月17日(金)22:30 

source:https://pixta.jp/ 季節の変わり目でぐっと冷え込む日も増えてきましたね。この時期、妊婦さんは風邪に気をつけている方も多いと思います。 そこで今回は看護師の筆者が、風邪予防のために“妊娠中に避けるべきスポット”をご紹介します。 また、どうしても避けることが難しかったり行かなければならないところがある場合に、どうやって風邪を予防していくかをご紹介します。 風邪などに感染しやすいスポットとは? 妊娠前に普通に行っていた場所でも妊娠中は、風邪の原因となるウイルスをもらってしまう場合があります。風邪などに感染しやすいスポットはどこでしょう? (1)人がたくさんいるところ 具体的には以下のようなところが考えられます。 ・休日のスーパー・デパート ・アミューズメントパーク ・平日通勤ラッシュ帯の電車やバスなど公共交通機関 厚生労働省は風邪などの感染予防として人混みを避けるようにと明言しています。(※1) 人混みには、風邪の菌をもっていても元気だからわからない人、病み上がりの人、もしくはまだ風邪をひいているけれど外せない用事で出てきてしまった人など、“不特定多数”の人がいます。 そのため、人がたくさんいるところには、風邪の菌がいると思っていたほうが良さそうです。 (2)不特定多数の人が使用する個室 具体的には以下のようなところが当てはまります。 ・カラオケ...more
カテゴリー:

【WHO】第2のエボラ熱か?東アフリカで「マールブルグ病」流行のおそれ 死亡率最大88% - 11月08日(水)13:44  newsplus

世界保健機関(WHO)は7日、アフリカ東部ウガンダとケニアの国境地帯で、マールブルグ病が発生し、これまでに医療関係者ふたりを含む5人が感染し、3人が死亡したと明らかにした。マールブルグ病は、感染経路が明らかにされておらず、重症化するとエボラ出血熱によく似た症状を引き起こし、死亡率は最大88%だ。 WHOの発表によると先月17日、ケニアとの国境に近いウガンダ東部の山岳地帯に住む50歳の女性が発熱や出血、下痢などの症状で死亡。保健機関が提出した血液サンプルをウイルス研究所で分析した結果、マールブルグウイルスを検出...
»続きを読む
カテゴリー:

家族全滅も!? 「ノロウイルスの被害が拡大する」NG行動3つ - 11月18日(土)21:30 

source:https://www.shutterstock.com/ 毎年、冬になると猛威を振るう「ノロウイルス感染症」。 2015年~2017年の“月別ノロウイルス検出状況”を国立感染症研究所が調査したところ、2016年の12月が最もノロウイルスの検出が多いという結果が出ていました。(※1) 今年もノロウイルスの検出率が高くなる可能性が十分にあります! そこで今回は、ノロウイルスに感染したらどのように行動すれば被害が最小限で済むのか、対処法とあわせてご紹介します。 下痢だけじゃない!幼い子どもの「ノロウイルス感染症状」 ノロウイルスに感染した際の諸症状は嘔気(吐き気)、嘔吐、下痢です。 赤ちゃんの時期にノロウイルスに感染した際にも症状は同じですが、赤ちゃんを含む子どもでは“嘔吐が多い”のが特徴となります。(※2) 1日に数回、ひどい場合は1日に10回以上も嘔吐や下痢をしてしまい、症状持続時間は十数時間から長くても1日、2日とされています。(※2) いつの間にか家族全員に感染!? 「ノロの被害が拡大するNG行動」3つ (1)自分への感染対策をしない 赤ちゃんが突然吐くと、ついつい“素手”で対応してしまうかと思いますが、その対応はNG! ノロウイルスは接触、飛沫感染という感染経路で感染する可能性が高く、赤ちゃんの吐いた物や下痢になっているウンチを直接触る、あるいはそれらを吸...more
カテゴリー:

ノロウイルスは空気感染する?潜伏期間は?症状は? - 11月17日(金)11:00 

子どもと一緒に下校している友達がノロウイルスに感染したため、心配しているという相談が寄せられました。ノロウイルスの感染経路、潜伏期間や症状について、医師や看護師の答えを見てみましょう。 10歳児のパパからの相談:「空気感染について」 『私は10歳の子どもの親です。最近子どものお友達が、腹痛や下痢、嘔吐が酷くて、夜に救急車で運ばれました。原因はノロウイルスに感染していたためでした。わが子はそのお友達と一緒に下校しているので感染が心配です。ノロウイルスは空気感染もするのでしょうか。もし感染した場合は、どれくらいの潜伏期間で発症しますか。また発症した際はどのような症状が出るのか教えて下さい。(40代・男性)』 空気感染はしない、潜伏期間は1~2日 ノロウイルスは、ウイルスが口に入ることで感染し、空気感染はしないようです。潜伏期間は1~2日とされています。 『ノロウイルスの潜伏期間は、1〜2日と比較的短いです。しかしながら、結核や水疱瘡のように空気感染するような病気ではありません。具体的には、ウイルスの付着したものを口から摂取することで感染が拡大します。(小児科専門医)』 『例えば感染者の使ったお箸を使って食事を共有した、ウイルスが付着した手に触れて手洗いをすることなく何かものを食べた、などです。お子さんは10歳とのことであまりないかとは思いますが、おもちゃをなめ...more
カテゴリー:

「感染経路」の画像

もっと見る

「感染経路」の動画

Wikipedia

感染経路(かんせんけいろ、)は、感染を生じた個体や環境中に存在する病原体が、未感染の個体に到達して新たに感染を起こす経路をいう。病原体によっては複数の感染経路を介して感染を生じる場合もある。伝染病をはじめとした集団感染や院内感染予防など感染管理上は病原体を突き止め感染源を割り出すことも重要だが、何よりも感染経路を絶たなければ終息は図れない。

主要な感染経路

''以下に感染経路における感染症の例が挙げられているが、感染経路が複数ある場合があり1対1の関係ではないことに注意が必要である。''

接触感染(直接感染)

皮膚粘膜の接触、または医療従事者の手や聴診器などの器具、その他手すりなど患者周囲の物体表面を介しての間接的な接触で病原体が付着し、その結果感染が成立するもの。

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる