「愛用品」とは?

関連ニュース

年始の大掃除!大事な靴やアクセサリーも綺麗に復活させちゃおう♡ - 01月15日(月)17:01 

2018年を1年気持ちよく過ごすために、年末年始に大掃除をしたという方も多いのではないでしょうか。お家のお掃除も大切ですが、年始のこの機会に、あなたのお気に入りの靴やアクセサリーもピカピカに磨いてみるのもおすすめです。見違えるほどキレイになる「靴・アクセサリーなどの復活方法」をご紹介致しましょう!1.スエードの靴は「消しゴム」で復活!秋冬に大活躍するスエード素材の靴。季節にぴったりのアイテムですが「急な雨や泥汚れで真っ黒になってしまった」という経験を持つ人も多いはずです。 そんなスエード靴を救うのは、どこのご家庭にもある「消しゴム」!優しくこするだけで、蓄積汚れもキレイに落とすことができますよ! 2.赤ワインのシミには「白ワイン」を!年始はお酒を飲む機会が一気に増えますよね。思いがけずシミになりやすい赤ワインをこぼしてしまうこともあるかもしれません。そんなときは「白ワイン」が大活躍! 赤ワインのシミの上に、白ワインを染み込ませるだけで、あっという間に赤ワインのシミが消えてなくなります。お酒の席でもすぐに対処できますね♪ 3.硬くなったファスナーには「ロウソク」を塗ろうカバンや洋服のファスナーが硬くなり、開けにくくなることがあります。そんな「ファスナー」には「ロウソク」を塗り込んでみてください。 歯ブラシにロウソクをつければ、ファスナ...more
カテゴリー:

【東京】2020年「トキワ荘」復元/手塚治らが暮らした"聖地"来年着工 - 12月20日(水)21:29  newsplus

青森県弘前市出身で、講談社で雑誌「少年倶楽部」の編集を手掛けたことなどで知られる加藤謙一(1896~1975年)が、手塚治虫ら多くの漫画家を輩出した「漫画少年」を創刊して20日で70周年となる。来年1月からは弘前市立郷土文学館で企画展が始まり、その事績に改めて光が当てられる。弘前の小学校教員時代に抱いた、子どもたちへの思いを原点に、戦前戦後の日本中の子どもたちを夢中にさせた名編集者の足跡は、時の流れを経ても今なお輝きを放っている。  東京・豊島区では現在、加藤謙一が見いだした手塚治虫ら漫画家たちが暮らした...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<岡田武史元日本代表監督とメルカリ社長が語り合う!>スポーツビジネス無限の可能性...「小さなワクワク感が大事」 - 12月29日(金)08:19  mnewsplus

メルカリは今年4月、鹿島アントラーズとクラブオフィシャルスポンサー契約を結び、スポーツ業界に進出。試合後に選手の愛用品を出品するなどの新たな試みで、スポーツ界に新風を吹き込んでいる。 Jリーグ入りを目指すJFLのFC今治は5000人収容の新スタジアムを完成させるとともに、「フットボールパーク」として周辺施設を巻き込んだ新しい観戦モデルを提示しようとしている。 スポーツビジネスとは何か、スタジアムビジネスとは何か。岡田武史オーナーと小泉文明社長の熱いトークセッションは続く。(文/スポーツライター二宮...
»続きを読む
カテゴリー:

「愛用品」の画像

もっと見る

「愛用品」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる