「意匠」とは?

関連ニュース

デートにもぴったり!天の川イルミに包まれながら素敵な夜を過ごせるお店 - 09月26日(火)13:00 

ダイニングバーの吉祥寺 SUN Tama Bar(サンタマバー)は、約3000枚の紅葉と1500球のLEDイルミネーションで秋の夜空を再現した幻想的なイベント『秋イルミ☆ 紅葉【MOMIJI】AKI NO YONAGA(秋の夜長)』を10月、11月の期間限定で開催する。 【写真を見る】紅葉とライトが織りなす幻想的な空間はデートにもぴったり 6月、7月には宙に浮く50灯のキャンドルを飾ったイベント「吉祥寺 キャンドルナイト」が、「まるでラプンツェルみたい!」と女性の間で話題に。季節ごとにテーマを変えてイベントを企画して楽しませるSUN Tama Barが、今回手掛けるのは“秋イルミ”。思わず写真を撮りたくなる、インスタ映えすること間違いなしのイベントだ。メニューにも意匠を凝らし、栗やカボチャ、抹茶のリキュールを使った秋限定のオリジナルカクテルメニューを提供する。 ■ 天候を気にせず秋の夜長を楽しもう 約10坪の空間に約3000枚の紅葉と1500球のジュエリーライト(LEDイルミネーション)で再現した天の川を飾った空間は、まるで「秋の夜空」のような幻想的な雰囲気。店内のイルミネーションイベントなので、天候や気温を気にすることなく、秋の夜長をゆったりと楽しむことができる。 ■ ロマンティックな雰囲気にぴったりのお酒も充実 凍らせたフルーツを氷代わりに使ったカクテルやヨーグルトのお酒を使っ...more
カテゴリー:

「文学的失語」に見舞われた芥川賞作家 6年ぶりの新作を語る(1) - 09月25日(月)19:00 

作家は、大きく分けて2種類いる。速ければ年に数作ものペースで新作を量産できるタイプと、一つの作品を仕上げるのに長い時間を要する寡作なタイプである。8月に『岩塩の女王』(新潮社刊)を刊行した諏訪哲史さんはまちがいなく後者。2007年に『アサッテの人』で群像新人文学賞と芥川賞を受賞し、華々しくデビューした諏訪さんだが、前作『領土』を2011年に刊行して以降、実に6年もの間、小説の発表がなかった。この「沈黙の6年」をどのように過ごし、新作『岩塩の女王』を書き上げたのか。諏訪哲史、新刊JPにも6年ぶりの登場である。(インタビュー・記事/山田洋介)――まずお聞きしたいのは、諏訪さんが陥っていたという「文学的失語」についてです。前作『領土』を書いた後、小説の言葉がまったく出てこなくなってしまったそうですが、これはどういう状態だったのでしょうか。当時のインタビューでは語られなかったことだけに驚きでした。諏訪:『領土』が出た時、僕自身はこれからも書ける、とやる気満々でした。ただ、当時のインタビューで「次は恋愛小説の長編を書きたい」と話したと思うのですが、取りかかってみるとこれがまったくうまくいかなかったんです。書けないかというとそんなことはなくて、初めはどんどん書けて一時は300枚近くにもなったのですが、どの時点で読み返しても納得がいかない。しかもどんどん悪く見えてくる。今回の本に収録されている「...more
カテゴリー:

インテリアコーディネートのコツとは? 簡単におしゃれな統一感を出す方法 - 09月21日(木)15:00 

部屋のインテリアをおしゃれに見せるには統一感が大切。誰もが知っていることだと思いますが、実際にインテリアの統一感はどうすれば出せるのか、そもそも何をどうやってインテリアをコーディネートするのか? と思う人もいるでしょう。ワンルームの一人暮らしの部屋に置いてある家具といえば、ベッド、ローテーブル、収納ラックやテレビ、それにノートパソコン程度。「家電や家具はみな形や色がバラバラで、これでどうやって統一感を出すのか?」そう思って当然なのかもしれません。今回はそんなバラバラの家具や家電でも大丈夫! 統一感を出しておしゃれな部屋にするためのインテリアコーディネート術をお教えします。 ■インテリアコーディネートで統一感を出すためには? インテリアは、色・素材・質感・フォルム(形)・デザインなどの要素によって、印象が大きく左右されます。では、この要素を全て同じにすれば統一感があるというのでしょうか? もちろん違います。例えば色を考えてみましょう。白一色の部屋や茶色一色の部屋を想像してみてください。確かに色は統一されていますが、統一感があるおしゃれな部屋でしょうか? 白一色の部屋も茶色一色の部屋も何だか不自然ですね。 では、イメージの中で白い部屋に茶色のデスクと収納棚を置いてみましょう。これは不自然ではありません。でもイマイチ物足りないと思うことも。では...more
カテゴリー:

FRONTEO、特許庁による人工知能技術を活用した商標登録出願における審査業務の高度化・効率化実証的研究事業を受託 - 09月19日(火)15:30 

[株式会社FRONTEO] 【背景】 特許庁では特許行政事務における事務処理量が増大する中、平成28年度より、特許や商標、意匠の出願審査などの業務で人工知能技術を活用する可能性の検討を進めてきました。 本事業は、年々出願件数が顕...
カテゴリー:

Official: さらにスポーティーに洗練!! トヨタ「ランドクルーザー プラド」用のカスタマイズパーツがTRDから登場!! - 09月18日(月)17:00 

Filed under: SUV, トヨタ, チューナー, アフターマーケット, ディーゼル, オフロード【ギャラリー】2017 Toyota Landcruiser Prado TRD10TRD(ティー・アール・ディー) ブランドでモータースポーツ活動及びカスタマイズパーツ展開を行うトヨタテクノクラフトは、2017年9月12日よりトヨタ「ランドクルーザー プラド」のマイナーチェンジにあわせTRDパーツの発売を開始した。 新たなデザインで発売されたフロントスポイラー(9万8,000円・塗装済)は、イグニッション連動で自動点灯するLEDがバンパーエッジで光るのが特徴だ。夜間だけではなく日中も点灯するので、TRDのスポーティーなデザインのスポイラーと相まって独自の存在感を演出できる。 なお、装着することで、地上高が約60mmダウン、全長が約10mmプラスとなる。またLEDなしのモデルや未塗装のモデルもラインナップされている。 リヤバンパースポイラーも新しいデザインに進化した。エアスクープのような意匠が盛り込まれているのがTRDらしいスポーティーな印象を与えてくれる。なお、装着することで、地上高が約60mmダウン、全長が約10mmプラスになる。 また、フロントスポイラ―とリアバンパースポイラーをセットにしたエアロパーツセットも用意されているので、トータルコーディネートする場合はエアロパー...more
カテゴリー:

カラシニコフ氏の巨像、台座の意匠にドイツ製ライフル使用発覚で修正へ - 09月26日(火)11:19 

AK-47などの小銃設計などで知られ、2013年に亡くなったミハイル・カラシニコフ氏の業績を称えるため、彼がAK-47を手にした姿を模した7.5mの石像がモスクワに作られたそうだ。
カテゴリー:

[宝石の国]テレビアニメの追加キャストに上田麗奈、生天目仁美 YURiKAがOP担当 - 09月25日(月)12:06 

 10月にスタートするテレビアニメ「宝石の国」に声優の上田麗奈さん、生天目仁美さんが出演することが分かった。宝石の体を持つ生物が登場するアニメで、植田さんは若手のホープ・ヘミモルファイト、生天目さんは工芸意匠係を務めるスフェンをそれぞれ演……
カテゴリー:

Twitterで約50,000超リツイート! 「かわいい!」と話題の366日を花の形・香り・色・性質から表す花個紋印鑑♡ - 09月20日(水)10:38 

でじまむワーカーズの、同社が企画・制作した“366日の花個紋”のライセンス商品である花個紋印鑑「366日の花ずかん *」が、発売からわずか10日間で約2,000本の売上を達成しました。1日に1つずつ「その日」を祝福する「しるし」女性6名でWEB制作を主な業務としている、滋賀県の(有)でじまむワーカーズが制作した「366日の花個紋」のライセンス商品、「花ずかん」(花個紋印鑑)が「かわいい!」とSNSで話題になっています。「366日の花個紋」は、花をテーマにしたバースデーシンボル。1日に1つずつ、その季節に咲く花や日本の伝統行事、節句、戦後恒例化したイベントにちなんだ花を紋として表したものです。そして、その花の形や香り、色、性質といった植物本来の特徴と、歴史、風習などの文化的意味、紋の意匠によって象徴されるイメージなどから「個意ことば」が作成されました。コミュニケーションツールとしての「366日の花個紋」花個紋に附属している「個意ことば」が当たっているとtwitterで話題となり、45,000超のリツイートを記録。自分や友人などの花個紋を教えあったりして、楽しんでいるようです。特に有名人の花個紋を調べて、「当たっている!」と話題になっています。販売概要インターネットのはんこ屋さん「印鑑はんこSHOPハンコズ」にて販売されています。https://www.hanakomon.jp/366...more
カテゴリー:

「中秋の名月」を楽しもう、月の裏側も観察…日本科学未来館のお月見 - 09月19日(火)13:45 

 日本科学未来館は9月13日~10月6日、「中秋の名月 未来館でお月見!2017」を開催している。直径6メートルの球体ディスプレイ「Geo-Cosmos(ジオ・コスモス)」での月の上映やパネル展示、ミニトークが行われている。 毎年恒例のお月見イベントでは、未来館のシンボル展示「Geo-Cosmos(ジオ・コスモス)」に月周回衛星「かぐや」がとらえた月面のデータを映し出す。地上からは見ることができない月の裏側も含めた、未来館でしか味わえない昼間の「お月見」を楽しめる。 土星には「タイタン」や「エンケラドゥス」など、62個の衛星が見つかっている。パネル展示では、アメリカ航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)の土星探査機「カッシーニ」がたどった軌跡とともに、土星の衛星やリング誕生の話、特に注目されている2つの衛星について紹介する。 サイエンス・ミニトークでは、太古の地球の環境や、生命が誕生したようすを理解する手がかりが見つかると期待されている、地球に似た環境を持つ土星の衛星「タイタン」の魅力を、最新の研究成果とともに深掘りしていく。平日は午前11時半~午前11時45分、土日祝日は午後3時半~午後3時45分まで。事前申込み不要。◆中秋の名月 未来館でお月見!2017開催期間:2017年9月13日(水)~10月6日(金) ※火曜は休館日開催場所:日本科学未来館(東京都江東区青海2-3...more
カテゴリー:

大正時代の洋風古民家を利用。世田谷区の「読書空間みかも」が話題! - 09月16日(土)08:00 

あなたは普段どこで読書をしていますか?自宅、カフェ、図書館…など様々でしょうが、緑豊かな東京都世田谷区奥沢の住宅街の中に、読書にもってこいのスポットがあることはご存知でしょうか。その名も、「読書空間みかも」。大正時代に建てられたレトロな建物は雰囲気十分。奥沢の豊かな緑とも相成って、集中して読書をするには最高の環境ですよ! 世田谷区奥沢に佇む「読書空間みかも」 桜とイカリをあしらったドア 世田谷区奥沢の緑深い閑静な住宅街にある、洋館風の木造平屋建てのお宅。このあたりは大正時代に海軍の将校や佐官が暮らした、通称「海軍村」。「イカリと桜」をあしらった玄関の扉の意匠に、その名残がうかがえる。 大正13年に産声を上げたこのレトロな空気感ただよう建築物の戸を開けると、「読書空間みかも」の静謐な空間が広がっている。 大正時代の香りが漂う世界へ 選りすぐりのモノが展示・販売されている玄関を通り抜けると、和室と洋間の続き間へ。 みかもにある本はすべて購入可能で、木の書棚には古書店翠光堂がみかもの雰囲気にあわせてセレクトした本が並ぶ。 レトロな雰囲気の洋間 書棚の本にはノスタルジックな書籍がずらり 和室の窓は滑車を使ってロープで上下に開閉する仕組み。カタカタと音がして、ゆっくり開いていく。その情景は昔の時間に戻ったかのよう。現在、この様式の窓自体が珍しく、稼動する窓としては希少だとか。 上げ下け...more
カテゴリー:

もっと見る

「意匠」の画像

もっと見る

「意匠」の動画

Wikipedia

  • redirectデザイン...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる