「情報漏」とは?

関連ニュース

GSX、日立ソリューションズ・クリエイトと情報セキュリティ及びサイバーセキュリティビジネスにおける業務提携を開始 - 05月22日(月)11:00 

[GSX]  近年、度重なる情報漏えい事故は、企業のみならず消費者の生活をも脅かす脅威となっています。増加し続ける「犯罪」とそれらを抑制するための各種ガイドライン整備や要求などの「外圧」に呼応すべく、企業は対...
カテゴリー:

WikiLeaksへの情報漏洩を罪に問われたチェルシー・マニング氏がついに釈放、女性になって初めてTwitterで写真を公開 - 05月20日(土)19:00 

元・アメリカ陸軍情報分析官で機密文書をWikiLeaksに漏洩した罪で禁錮35年の実刑判決を受けたチェルシー・マニング(旧名:ブラッドリー・マニング)氏が、ついに釈放されました。晴れて自由の身となり、女性として新しい人生を歩み始めたマニング氏が、喜びの声をTwitterを通じて発信しています。続きを読む...
カテゴリー:

米国株式市場見通し:FOMC議事録に注目 - 05月20日(土)15:05 

ロシアへの機密情報漏洩や司法妨害などトランプ大統領の行動に対する疑惑が高まり、政権混乱や重要政策への影響が懸念され、投資家心理が悪化している。
カテゴリー:

【テレビ】<新潮社の中瀬ゆかり氏>文春は否定も…「やっちゃいかんという一線越えた」 - 05月18日(木)18:06 

新潮社の出版部部長で名物編集者の中瀬ゆかり氏(51)が木曜レギュラーを務めるTOKYO MX「5時に夢中」(月~金曜後5・00)で、「週刊文春」(文芸春秋)が発売前の「週刊新潮」(新潮社)の中づり広告を入手し、スクープ記事を後追いしていたとされる問題についてコメント。 文春側に対して「これはやっちゃいかんだろっていう一線を越えたんじゃないですかっていう話」と憤った。  週刊新潮は25日号で、同誌のスクープ記事を週刊文春に後追いされていたとする特集記事を掲載。出版取次業大手「トーハン」(東京)...
»続きを読む
カテゴリー:

コラム:トランプ大統領の情報漏えい、「弾劾」に値するか - 05月18日(木)14:05 

[16日 ロイター] - トランプ大統領によるツイートは、16日午前7時3分に投稿された。確かにそれには、ロシアと機密情報を共有したと書かれている。続いて「政権発足直後から、私はコミー長官らに、諜報コミュニティーに潜む情報漏えい者を探すよう求めてきた」とある。
カテゴリー:

米大統領疑惑、結束に影響ない=国防費増が重要-NATO前総長 - 05月21日(日)17:09 

 【ブリュッセル時事】北大西洋条約機構(NATO)のラスムセン前事務総長は、トランプ米大統領によるロシアへの機密情報漏えい疑惑について「米国における権力間の抑制と均衡の制度は極めて効果的に機能している」と語り、米国とNATO加盟国の結束に大きな影響はないと強調した。25日にブリュッセルで開かれるNATO首脳会議を前に、時事通信の電話インタビューに応じた。 ラスムセン氏は、米大統領選中にNATOを批判していたトランプ氏が首脳会議で改めて自らの言葉でNATOの集団防衛への関与を表明する必要があると主張。さらに、NATO加盟国が国防費を引き上げる目標の早期達成を約束することが重要だと訴えた。 NATOはラスムセン氏が事務総長を務めていた2014年の首脳会議で、加盟国の国防費を2024年までに国内総生産(GDP)比で2%に引き上げる目標で合意した。しかし、加盟国に応分の負担を求めるトランプ氏は、この目標を前倒しするよう迫っている。 一方でラスムセン氏は、9月にドイツ連邦議会(下院)選を控えていることから「トランプ氏らがドイツに強く要求し過ぎれば、反発を招く危険がある」と指摘。慎重な対応を呼び掛けた。 米国が求めている過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦におけるNATOの役割拡大については「もっと貢献できる」と賛成した。直接の軍事介入には言及せず、イラクで軍に対する訓練や基金の活用など、...more
カテゴリー:

「ボク、運命の人です。」には女子のロマンが詰まってる【今からでも観るべき春ドラマ】 - 05月20日(土)16:11 

【芸能ライター・スナイパー小林の今からでも観るべき春ドラマ Vol.6】  中盤戦を迎えた春ドラマで、今から見ても楽しい作品を選んで紹介していきます。ドラマ評で紹介するたびに思うのは、「TBS日曜劇場」は“香川照之アワー”だということ。2010年放送の「新参者」からほぼ出演しているなんて、そのうちギネス記録に届きそうな気配ではありませんか。今回も主演と絶妙な立ち位置で対決をする悪の上司役がキマっています! ●ボク、運命の人です。 毎週土曜22時放送/日本テレビ系列/出演:亀梨和也、山下智久、木村文乃、菜々緒 ◆結果、女子のロマンが詰まっていました  幸せな恋愛からほど遠い寂しい日々を送っていた青年が、謎の“神”の指示によって運命の出会いを成就させるラブコメディ。 「野ブタ。をプロデュース(日本テレビ系・2005年)」から12年ぶりの亀&山コンビの復活というだけで、ジャニーズ好きの筆者は軽く興奮。  さすが「プロポーズ大作戦(フジテレビ系・2007年)」の脚本を手がけた金子茂樹さんだけあって、山Pの良さを知っているのか彼の使いかたが上手すぎる。あのビジュアルを生かしきった“軽ノリ”は、登場しただけで思わずニヤリ。亀梨演じる正木誠をからかうようなふたりのやり取りは、ギャグを見ているようだ。 「君たちの子どもが30年後の地球を救うんだよ。地球に接近する隕石の軌道をずらして...more
カテゴリー:

文春・新潮だけではない! ライバル誌の乱れた情報合戦「あらぬ疑いをかけられて仕事を干されました」フリーライターが告白 - 05月19日(金)08:55 

 中吊り広告を事前に入手するなどして情報をパクっていたのではないか……。『週刊文春』と『週刊新潮』、いわゆる“ライバル誌”の全面対決が勃発した。雑誌やネットメディアを含め、様々な情報が錯綜する昨今。ネタの取り合いは加熱する一方だ。しかし、「情報やネタを巡った争いやトラブルは古くからメディア界隈ではよくあることだ」とフリーライターのAさん(40代前半)は話す。 「たとえば、かつてはライバル誌を股にかけて、両方で仕事をすることは業界的に“御法度”と言われていました。情報が漏れることを避けるためであり、外注スタッフとして媒体に関わる以上、“人としての筋”として業界の先達からも教えられてきました。それが崩れたのは出版不況が深刻化した数年前からです」  Aさんは数年前、中小出版社が発行するニッチなジャンルのカルチャー雑誌に携わっていた。そこでライバル誌同士の「情報合戦に巻き込まれ、仕事を干された経験がある」というのだ。 ◆疑心暗鬼の業界で「事実無根でも仕事を干されてしまった」  出版不況が叫ばれて久しい昨今。Aさんが御法度を破ったのは、媒体社側からギャラを削減されたことがきっかけだったという。フリーランスという立場では、お金を稼いで生活していくためには業界ルールにこだわってもいられなくなり、ライバル誌との両方で仕事をするようになったのだ。ライバル誌というだけに、仕事をするジャンルは同...more
カテゴリー:

ZenmuTech、データ無意味化で情報漏洩を防ぐ「ZENMU for PC」最新版(ニュース) - 05月18日(木)17:05 

 ZenmuTech(ゼンムテック)は2017年5月18日、データを無意味化することで、PCの紛失や盗難に遭っても情報漏洩にならない状態にするセキュリティソリューション「ZENMU(ゼンム)」のPC向け最新版「ZENMU for PC 3.2」を6月1日に販売開始すると発表した。
カテゴリー:

ロシア:大統領がトランプ氏の機密情報漏えいを否定 - 05月18日(木)01:16 

 ロシアのプーチン大統領は17日、米国のトランプ大統領がロシアのラブロフ外相に機密情報を漏らしたとされる疑惑について、「米国では政治的な精神の病が進行しているとしか説明のしようがない」と述べ、否定した。また、「米政府が可能と判断するなら、両者の会談録を米議会に提示する用意がある」と言明した。
カテゴリー:

もっと見る

「情報漏」の画像

もっと見る

「情報漏」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる