「情報漏」とは?

関連ニュース

【THE PAGE】《安倍政権5年》NSC設置に秘密保護法、共謀罪……防衛体制を整備[10/20] - 10月20日(金)22:50  seijinewsplus

10/20(金) 22:30配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171020-00000012-wordleaf-pol 約5年にわたる安倍政権で、日本の安全保障政策は大きく変わりました。2014年7月に集団的自衛権の行使を容認する方針を閣議決定。翌2015年9月には、その方針を盛り込んだ安保関連法を成立させました。同法は10法案を一括改正した平和安全法制整備法と国際平和支援法からなるものでした。そのほか、特定秘密保護法(2013年)、共謀罪の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法(2017年)が成立、2014年には武器輸出三原則も見直しました。安全保障問題...
»続きを読む
カテゴリー:

大手工具メーカー元社員 秘密情報漏えいの疑いで逮捕 - 10月19日(木)17:15 

ネジを作る特殊な工具で世界トップシェアの愛知県の大手工具メーカーに勤めていた62歳の元社員が会社の技術の秘密情報を不正に持ち出したとして不正競争防止法違反の疑いで逮捕されました。調べに対し、元社員は「競合会社に勤める中国人の知り合いに漏らした」と供述しているということで、警察は情報の流出先などについて調べています。
カテゴリー:

「博多金塊事件と捜査情報漏えい」 「粘り強く取材続ける」 西日本新聞社に新聞協会賞授与 - 10月18日(水)06:00 

日本新聞協会が主催する第70回新聞大会が17日、広島市で開かれた。2017年度の新聞協会賞の授賞式もあり、「博多金...
カテゴリー:

【第70回新聞大会】「責務胸にジャーナリズムの公共的使命を果たす」 大会決議採択 - 10月17日(火)21:29  newsplus

 日本新聞協会の第70回新聞大会が17日午後、新聞、通信、放送各社の代表者らが参加し広島市で開かれた。同協会会長の白石興二郎・読売新聞グループ本社会長のあいさつの後、「言論・報道活動を通じて、国民の安心・安全な生活に寄与するとともに、自由で平和な社会の実現を目指す。新聞に課せられた責務を胸に刻み、ジャーナリズムの公共的な使命を果たすことを誓う」との大会決議を採択した。  その後の研究座談会は白石氏の司会で岡田直敏・日本経済新聞社社長、広瀬兼三・北海道新聞社社長、岡谷義則・中国新聞社社長、柴田建哉・...
»続きを読む
カテゴリー:

「GUARDIANWALL Webファミリー」の新バージョン 「GUARDIANWALL WebFilter」Ver1.1を提供開始 - 10月17日(火)10:00 

[キヤノンITソリューションズ株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/1375/359/resize/d1375-359-994458-2.jpg ]  巧妙化、高度化した標的型攻撃が日々増加しており、「情報漏えい対策」は企業にとって大きな課題となっています。また、働き方改革に...
カテゴリー:

検出をすり抜ける脅威、ファイルレス攻撃が増加(下)(検出をすり抜ける脅威、ファイルレス攻撃が増加) - 10月20日(金)06:00 

 米Virsec Systemsの創業者でCTOのSatya Gupta氏によると、米大手信用情報会社Equifaxで最近起きた情報漏えい事件も、ファイルレス攻撃の事例だった。この事件では、Apache Strutsのコマンドインジェクションの脆弱性が利用されたという。
カテゴリー:

セキュリティの原理原則をまとめた教育テキスト「セキュリティブック」 好評につき、2017年10月18日(水)よりセキュリティブックをAmazonのKindleストア、楽天Koboで無償提供開始 - 10月18日(水)11:00 

[MOTEX] [画像1: https://prtimes.jp/i/10736/68/resize/d10736-68-927559-0.jpg ]  MOTEXは社会的問題である「情報漏えい」の解決、防止に貢献していく“NO MORE 情報漏えいプロジェクト”を2014年10月に発...
カテゴリー:

教授が試験問題を受験者に漏洩…どんな罪に問われる? - 10月17日(火)22:31 

ある大学の名誉教授が日本語ワープロ検定の試験問題を事前に受検者に漏洩していたとの報道がありました。 問題の漏洩や受験者のカンニングなどはしばしば発覚しますが、法的にはどういった問題点があるのか解説してみたいと思います。   ■問題漏洩にはどんな法的問題があるのか まず、今回の日本語ワープロ検定試験を主催しているのは同試験の検定協会である民間の機関です。 これを前提として、試験問題の漏洩によりどのような被害が誰に生じているかについて考える必要があります。本件の漏洩行為により被害を被っているのは、この日本語ワープロ検定試験を実施している検定協会自体です。 一般的に検定試験は、合格者に一定の能力を有することが保証されることに社会的意義が認められます。 しかし、試験問題の漏洩行為が行われることにより、試験が有する適正な審査基準という機能が失われ、試験の信用性や社会的価値が損なわれることになります。その結果、検定試験の受験者が減少し、これを主催者の事業活動に支障をきたす場合があります。 このような、人や法人の業務を妨害する行為について、刑法は、「虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて人の業務を妨害した者は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する(刑法233条後段)」と定めています(業務妨害罪)。特に本件では、偽計を用いて業務を妨害したとして、偽計業務妨害罪(刑法233条後段)が...more
カテゴリー:

キヤノンITS、「GUARDIANWALL WebFilter」の最新版を提供開始 - 10月17日(火)13:02 

キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は10月17日、Web情報漏えい対策・フィルタリングソリューション「GUARDIANWALL Webファミリー」の新バージョン「GUARDIANWALL WebFilter」の最新版「Ver1.1」を同30日から提供開始すると発表した。最新版は標的型攻撃などの外部攻撃対策機能を強化したという。価格は税別で、15万円(25ユーザー)。
カテゴリー:

副業って会社に無断でやっていいの? 内緒にしていてもやっぱりバレるの? - 10月14日(土)08:30 

※2010/07/20掲載記事の再掲です。 過去に富士通や東芝などの上場企業が一部社員の副業を容認し、話題になった。最近は「会社員の副業術」のような特集を雑誌で見かけることも多い。会社の給料がなかなか上がらない昨今、スキマ時間を生かして副収入を得たいと思うのは当然のことだろう。だが、実際には副業を容認していない会社のほうがまだまだ圧倒的に多く、堂々と稼げないビジネスパーソンが大半なのではないだろうか。そこで、もし仮に、会社に無断で副業をしたらどうなるのか? 社会保険労務士の田治米洋平氏(たじめ労働法務事務所)に聞いた。 「副業を容認していない」会社は約半数にのぼる 自分の会社は副業がアリかナシか、皆さんはご存知だろうか。2005年に行われた厚生労働省の調査によれば、回答のあった50.4%の企業が従業員の副業を「禁止」し、28.5%が「許可が必要」、4.5%が「届出が必要」となっている。つまり83.4%の企業が「無断で副業」を禁止している状況だ。やはりビジネスパーソンにとって、副業容認のお墨付きを得るまでのハードルはなかなかに高いのである。 「多くの会社で副業を禁止しているのは、"社員が副業をする事によって、会社が不利益を被る事を防止するため"という理由が一番です。例えば、次に挙げるような場合は「不正競争防止法」に抵触するおそれがあります」(たじめ労働法務事務所・田治米洋平氏...more
カテゴリー:

もっと見る

「情報漏」の画像

もっと見る

「情報漏」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる