「悪徳商法」とは?

関連ニュース

スルガ銀行のデート商法やサブリース詐欺の債権回収は住吉会だったw 悪徳商法のメガバンクかよww - 04月16日(月)22:17  news

東京地裁で審理中のデート商法裁判、女性が原告でつまりデートに誘いマンションの投資を 進めるというもの。フロンティアの澤田俊之と融資をしたスルガ銀行が売買代金返還訴訟を 起こされています。 こうした安易な融資についてスルガ銀行に金融庁による金融庁検査が入っています。 そしてデート商法のフロンティア、旧商工ファンドの名簿を暴力団から仕入れ、債権回収事業や 不動産投資を行っているが代表の中之瀬誠一が二年前に就任するまでは、社名もいずみ住販といい、 総会屋グループ小峰五郎こと故小泉幸雄が代表だった...
»続きを読む
カテゴリー:

「老人ホームランキング」があてにならないワケ - 04月09日(月)08:51 

 雑誌やネットニュースなどでよく目にする「老人ホーム&高齢者住宅ランキング」。自身の老後のためばかりではなく、少しずつ介護が必要になってきた両親のために安心で快適な住まいを探すための手がかりとして、これらのランキングを頼る40代、50代も少なくないだろう。  こうしたランキング形式の記事の多くは、事業者アンケートをもとに作成されている。一見すると信ぴょう性が高く、平等性があるように思えるが、自身でも社会福祉士や介護支援専門員といった資格を持ち、高齢者住宅の現場を知る経営コンサルタントの濱田孝一氏は、「ランキングには意味がない」とバッサリと切り捨てる。 「事業者へのアンケートでは、老人ホームや高齢者住宅の良し悪しは見えてきません。その理由はふたつあります。ひとつは、高額な老人ホームや高齢者住宅ほど上位に来やすいこと。もうひとつは、アンケートの中身や内容について、第三者によるチェックが甘いことです」  高額な老人ホームや高齢者住宅ほど上位に来やすいというのは、どういうことか。濱田氏は『ミシュランガイド』で考えてみるとわかりやすいと指摘する。 「ミシュランガイドにあるような『一度は行ってみたいお店』は、庶民が気軽には行けないような高級店が並びます。『ボーナスが出たら行ってみよう』と思える飲食店ならまだしも、毎日利用する(暮らす)ことになる老人ホームや高齢者住宅では、同じ理屈は通用...more
カテゴリー:

「悪徳商法」の画像

もっと見る

「悪徳商法」の動画

Wikipedia

悪徳商法(あくとくしょうほう)は、販売者が不当利益を得るような、社会通念上問題のある商売方法の通称。警察庁では、「一般消費者を対象に、組織的・反復的に敢行される商取引で、その商法自体に違法又は不当な手段・方法が組み込まれたもの」を、悪質商法と呼んでいる。問題商法(もんだいしょうほう)とも呼ばれる。

類型 利殖商法

未公開株」「海外事業への出資」「絶対に儲かる」などを謳って実態のない投資話を持ち掛け出資金として多額の金を騙し取る手口。日本各地の消費生活センター等に寄せられた被害件数は2011年から2013年までに7539件(68.0%)減少したが、高齢者(65才以上)比率が68.5%から70.5%まで高まった。消費者庁によると、2012年までの調べで利殖商法に関する生活相談が増加しており、怪しい社債や換金性に乏しい外国通貨(イラク・ディナールスーダン・ポンドなど)の取引をもちかけるケースが急増した。

アポイントメント商法

景品受...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる