「恵比寿ガーデンプレイス」とは?

関連ニュース

TSUTAYA増田宗昭氏、映画コンテストの思い語る - 35年前のビデオ700本から - 11月16日(木)22:18 

TSUTAYA・CCC代表取締役社長の増田宗昭氏が16日、東京・恵比寿ガーデンプレイスで行われた「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2017」の最終審査会に出席し、同コンテストと映画への思いを語った。
カテゴリー:

ヒャダイン、“バッタリ”マツコ・デラックスに遭遇 「持ってますね」の声 - 11月10日(金)16:08 

歌手で音楽プロデューサーのヒャダインが10日アメブロを更新。プライベートで買い物中にテレビ朝日系『夜の巷を徘徊する』ロケ中のタレントのマツコ・デラックスと会った喜びをつづった。 ヒャダインは「今放送されてますがバッタリマツコデラックスさんにあってロケに参加しました」とマツコとの笑顔の2ショットを公開し「来週も放送されるらしいのでぜひみてくださいねー」と次回11月16日の放送の告知をした。 この投稿に「嬉しそうでしたね!」「マツコさんの撮影隊に遭遇するなんて持ってますね」「まさかのヒャダさん登場で吹き出してしまいました」 本番組はマツコ本人が提案する「アタシがやってる、どの番組にも似てない番組」というコンセプトのもと「スタジオでトーク」というイメージが強いマツコが、その既成概念を打破すべく夜の街を気の向くまま“徘徊”する予測不可能な自然体バラエティー。 この日のロケでは東京・恵比寿にある商業施設「恵比寿ガーデンプレイス」を徘徊。あいにくの雨だったため、敷地内にある百貨店の食品売り場で試食コーナーを巡っているときに、夕食の食材を買いに来たヒャダインに遭遇、一緒に買い物をしたという。 【関連記事】 ・マツコさん(ヒャダインオフィシャルブログ) ・ヒャダイン SMAPに提供の歌詞とメッセージ「ずっとファン」 ・ヒャダイン、平野ノラのすっぴんがすごく綺麗だと驚く ・ヒャダ...more
カテゴリー:

マツコ、ロケ中にヒャダインに遭遇「『久保みねヒャダ』に出たかった」 - 11月10日(金)10:45 

マツコ・デラックスが、毎回あてもなく気ままに夜の街を徘徊し、そこで出会った人々と交流をする『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系列24:15~ ※一部地域で異なる)。11月9日の放送では、ロケ中にヒャダインと遭遇し、マツコが彼に対して好意を持っていることをアピールする一幕があった。今回は、恵比寿を徘徊。ロケ当日はあいにくの雨模様ということで、“恵比寿ガーデンプレイス”内にある“恵比寿三越”に潜入する。まずマツコが「絨毯でも見ようかしら」と訪れたのは“IDC OTSUKA”。いろいろと物色する中で、カメラに映らないようにとフレームアウトしようとする店員。するとマツコは「なんで逃げるのよ。“お家騒動”のこととか聞かれたくないの?」と数年前に世間を騒がせた騒動について触れると、1年目だという店員は「あまり聞かれたくないです」と正直に回答していた。その後、マツコは目当ての絨毯を見てみることに。丁寧に対応してくれるベテラン店員は、“お家騒動”について「基本的な姿勢はまったく変わらないんです。いいものをなるべくお安く。幅広い価格帯でご提供したい。でもお客様は、“入りづらいんじゃないか”みたいな(雰囲気を持っている)」と語るとマツコも「本当はそんなことないんだけどね。飛び込みで行っても全然大丈夫よ……なんで私がこんなにフォローしなくちゃいけないのよ! 大塚家具はデリケート!」と笑った。そのほか、マツ...more
カテゴリー:

スプラトゥーンCMディレクターがW受賞! 第3回TSUTAYA映画コンテスト - 11月16日(木)21:07 

プロ・アマ問わず映像クリエイターと作品企画を発掘するTSUTAYA主催プログラム「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2017」(以下TCP)の最終審査会が16日、東京・恵比寿ガーデンプレイスで行われ、これまでB'zのミュージックビデオや任天堂・スプラトゥーンのCMなどを手掛けてきた映像ディレクター・針生悠伺氏(33)がグランプリとIMAGICA賞をW受賞した。
カテゴリー:

マツコ、ロケ中にヒャダインに遭遇「『久保みねヒャダ』に出たかった」 - 11月10日(金)10:48 

マツコ・デラックスが、毎回あてもなく気ままに夜の街を徘徊し、そこで出会った人々と交流をする『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系列24:15~ ※一部地域で異なる)。11月9日の放送では、ロケ中にヒャダインと遭遇し、マツコが彼に対して好意を持っていることをアピールする一幕があった。今回は、恵比寿を徘徊。ロケ当日はあいにくの雨模様ということで、“恵比寿ガーデンプレイス”内にある“恵比寿三越”に潜入する。まずマツコが「絨毯でも見ようかしら」と訪れたのは“IDC OTSUKA”。いろいろと物色する中で、カメラに映らないようにとフレームアウトしようとする店員。するとマツコは「なんで逃げるのよ。“お家騒動”のこととか聞かれたくないの?」と数年前に世間を騒がせた騒動について触れると、1年目だという店員は「あまり聞かれたくないです」と正直に回答していた。その後、マツコは目当ての絨毯を見てみることに。丁寧に対応してくれるベテラン店員は、“お家騒動”について「基本的な姿勢はまったく変わらないんです。いいものをなるべくお安く。幅広い価格帯でご提供したい。でもお客様は、“入りづらいんじゃないか”みたいな(雰囲気を持っている)」と語るとマツコも「本当はそんなことないんだけどね。飛び込みで行っても全然大丈夫よ……なんで私がこんなにフォローしなくちゃいけないのよ! 大塚家具はデリケート!」と笑った。そのほか、マツ...more
カテゴリー:

『第五回イルミネーションアワード』が決定 長崎・ハウステンボスが5年連続第1位 - 11月10日(金)09:00 

 全国5212名の夜景鑑賞士と一般投票で選ぶ『第五回イルミネーションアワード』の授賞式が9日、都内で行われた。「総合エンタテインメント部門」では、長崎・ハウステンボス「光の王国」が5年連続第1位。「イルミネーション部門」を栃木・あしかがフラワーパークが2年連続第1位を獲得。新設の「プロフェッショナルパフォーマンス部門」では三重県・なばなの里イルミネーションが第1位を受賞した。 【写真一覧】全国のイルミネーションスポット  夜景観光コンベンション・ビューローと、ぴあ株式会社が主催する同アワード。本年は、イルミネーション部門・総合エンタテインメント部門の2つに加え、新たに「プロフェッショナルパフォーマンス部門」を新設。アワードのプレゼンターとして、夜景鑑賞士3級を取得しているSKE48の高柳明音が登場し、「2017年-2018年 全国ウィンターイルミネーション」の応援大使に任命された。 ■各部門の受賞結果は以下の通り 【総合エンタテインメント部門】 第1位 ハウステンボス「光の王国」/長崎県佐世保市(5年連続単独1位) 第2位 江の島 湘南の宝石/神奈川県藤沢市(前年2位) 第3位 東京ドイツ村 ウィンターイルミネーション/千葉県袖ヶ浦市(前年3位) 第4位 伊豆ぐらんぱる公園「グランイルミ」/静岡県伊東市(前年7位)※部門移動 第5位 アパリゾート上越妙高イルミネーション/新...more
カテゴリー:

「恵比寿ガーデンプレイス」の画像

もっと見る

「恵比寿ガーデンプレイス」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる