「性感染症」とは?

関連ニュース

クラミジア発症まで3カ月も無症状なことはある? - 09月24日(日)11:00 

クラミジアは、一般的にも知られる性感染症の一つです。感染から発症までに3カ月かかったことを疑問に感じている女性から、相談がありました。専門家達は、どのように答えているでしょうか。 クラミジアの発症に関する相談:「最後の性交渉から3カ月経ってクラミジアの症状が出ました」 『先日、右側の肋骨の下辺りに激痛を感じ、歩く振動で更に痛みが増したため救急外来を受診したところ、原因不明の痛みということで検査入院しました。1週間の入院中、胃カメラやCT検査や血液検査、婦人科の検査などありとあらゆる検査をしました。その間も痛み止めの抗生物質の点滴を打ち続け、痛みが引いたため退院することになりました。その退院の日に告げられたのが、痛みの原因がクラミジアだということでした。しかし私は現在恋人はおりません。最後の性交は、約3カ月前です。クラミジアは、1週間くらいで症状が出るものと思っておりましたが、3カ月も経って発症することはあるのでしょうか?(20代・女性)』 無症状で過ごす人も多いクラミジア クラミジアに感染していても無症状で経過する女性が多いため、知らないうちに感染域が拡大してしまうことがあるそうです。 『クラミジアは、性交渉によって感染する性感染症です。症状が出るまでに時間を要し、クラミジアに感染しても無症状で経過する人もいます。相談者さんの場合は、最後の性交渉から3カ月経っていても、...more
カテゴリー:

最近の女、性欲剥き出し過ぎ 20代女性の梅毒は6年間で7倍超 - 08月28日(月)12:58  news

http://www.sankei.com/smp/life/news/170828/lif1708280004-s1.html 性感染症の梅毒の流行が近年、勢いを増している。とりわけ、20代の女性患者が急増中であることが気がかりだ。  流行の拡大を抑えるためには、社会がこの現状を知ることが必要だ。  医療機関には、分かりやすい情報提供に力を入れてもらいたい。予防知識の普及と併せて、受診と早期治療への流れを形成していくことが急がれる。  梅毒は、細菌のスピロヘータの一種であるトレポネーマ・パリダムによって起きる。  抗生物質・ペニシリンによる治療が始...
»続きを読む
カテゴリー:

【性病】梅毒、20代女性患者が急増中 国内患者数6年間で7倍超★2 - 08月28日(月)09:56  newsplus

http://www.sankei.com/smp/life/news/170828/lif1708280004-s1.html 性感染症の梅毒の流行が近年、勢いを増している。とりわけ、20代の女性患者が急増中であることが気がかりだ。  流行の拡大を抑えるためには、社会がこの現状を知ることが必要だ。  医療機関には、分かりやすい情報提供に力を入れてもらいたい。予防知識の普及と併せて、受診と早期治療への流れを形成していくことが急がれる。  梅毒は、細菌のスピロヘータの一種であるトレポネーマ・パリダムによって起きる。  抗生物質・ペニシリンによる治療が始ま...
»続きを読む
カテゴリー:

男の子の赤ちゃんの包茎、皮はむく?むかない?性器のケアについて - 09月17日(日)20:00 

男の子の赤ちゃんは成長に伴い、性器(おちんちん)の変化が現れてきます。 特に女性である母親は、なかなか感覚などを把握することが難しく、デリケートな問題でもある包茎についても分からないことが多いと思います。 今回は、男の子の赤ちゃんの性器の変化、気になる包茎や性器の病気、正しいケアについて医師に解説していただきました。 男の子の性器の変化 生まれた時 包茎で、亀頭は見えません。陰嚢はやや色が黒ずんでいて、しわがあり、中に二つの精巣を触れることができます。これが片方しか触れないようだと、停留精巣という病気が考えられます。 9歳〜11歳頃 第二次性徴が始まり、陰茎や睾丸が大きくなり、陰毛が生え、精通(初めての射精)が起こります。 包茎について 3〜4歳 「指でむけば亀頭が見える」状態になる方が約半数と言われています。 思春期 陰茎が大きくなるにつれ、思春期に「いつの間にか勝手にむけていた」という方が多いですが、真性包茎で見た目上の理由で手術を希望される場合もあります。 文化による包茎治療率の違い 包茎を治療するかどうかは文化による違いが大きく、成人男性で包茎手術を受けているのは以下の国になります。 ・韓国:80% ・アメリカ:75% ・アジア...more
カテゴリー:

【性病】梅毒、20代女性患者が急増中 国内患者数6年間で7倍超★3 - 08月28日(月)12:51  newsplus

http://www.sankei.com/smp/life/news/170828/lif1708280004-s1.html 性感染症の梅毒の流行が近年、勢いを増している。とりわけ、20代の女性患者が急増中であることが気がかりだ。  流行の拡大を抑えるためには、社会がこの現状を知ることが必要だ。  医療機関には、分かりやすい情報提供に力を入れてもらいたい。予防知識の普及と併せて、受診と早期治療への流れを形成していくことが急がれる。  梅毒は、細菌のスピロヘータの一種であるトレポネーマ・パリダムによって起きる。  抗生物質・ペニシリンによる治療が始ま...
»続きを読む
カテゴリー:

【性病】梅毒、20代女性患者が急増中 国内患者数6年間で7倍超 - 08月28日(月)06:37  newsplus

http://www.sankei.com/smp/life/news/170828/lif1708280004-s1.html 性感染症の梅毒の流行が近年、勢いを増している。とりわけ、20代の女性患者が急増中であることが気がかりだ。  流行の拡大を抑えるためには、社会がこの現状を知ることが必要だ。  医療機関には、分かりやすい情報提供に力を入れてもらいたい。予防知識の普及と併せて、受診と早期治療への流れを形成していくことが急がれる。  梅毒は、細菌のスピロヘータの一種であるトレポネーマ・パリダムによって起きる。  抗生物質・ペニシリンによる治療が始ま...
»続きを読む
カテゴリー:

「性感染症」の画像

もっと見る

「性感染症」の動画

Wikipedia

関連項目 外部リンク

日本語のサイト

  • 性感染症(STD)(感染症情報センター)
  • 日本性感染症学会
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる