「性感染症」とは?

関連ニュース

【医師監修】黄色のおりもので疑われる4つの病気 異変の症状って? - 03月27日(月)20:00 

女性の体にとって、おりものは自身のからだのバロメーターになるもの。もちろん個人差はありますが、おりものは女性特有の一定サイクルで、その様子も変わります。量や色など、その時々でどのように変わって行くのかを知っておけば、自分の健康状態の把握にもつながります。 この記事の監修ドクター むさしのレディースクリニック院長 大田昌治先生 武蔵境駅北口より徒歩2分の助産師がいる産科・婦人科クリニックです。 いつも患者様に寄り添っていける産婦人科のかかりつけ医でありたいと思っています。女性のトータルライフをサポートしていきます。 http://musashino-ladies.jp そもそも正常なおりものって? 女性は、月経周期によって定期的に体の状態が変わっています。常に一定ではないのは、妊娠につながる排卵やそれに伴った子宮の準備に最適な状態を体の中で作ろうとしているから。その時々の変化の様子を知るためにも、トイレに行くたび自分のおりものの様子を確認することはとても大切なことなのです。 おりものは、子宮頸管粘液という分泌液と膣の分泌物が混ざって体外に出てくる分泌液です。膣の乾燥を防ぎ、粘膜を守りながら細菌から体を守るとともに、排卵時には精子が入りやすい状態を作ります。健康な状態のおりものの様子を知っておくと、もし異常があった場合の対処...more
in English
カテゴリー:

「黄色いおりもの」が出る原因は?病気のサインって本当? - 03月27日(月)08:15 

黄色いおりものは何かの異常のサインおりものの異常は、健康になんらかの異変があることのサインです。特に、色が普段と違う場合には何かの病気が潜んでいる可能性があるので、見落とさないようにしましょう。ここでは、黄色いおりものが出る要因やその場合の対処についてまとめてあります。黄色いおりものの原因一口に「黄色いおりもの」と言っても、病気や雑菌によるものなど要因は様々。痛みやかゆみを伴う場合もあります。病気の疑いがある時は、速やかに婦人科へかかるようにしましょう。クラミジア感染症クラミジア感染症の症状の特徴のひとつに、黄色いおりものがあります。おりものの量が増え排尿時に痛みがある場合には、クラミジア感染症の可能性が考えられます。クラミジア・トラコマチスという細菌によって引き起こされるこの感染症は、性感染症として有名です。子宮頸管炎や 卵管炎、卵管周囲炎といった症状を引き起こすことがある他、場合によっては不妊症に繋がることもあります。子宮内膜炎や卵管炎子宮内膜炎は、さまざまな細菌を原因として起こる炎症です。悪臭のある膿のような黄色いおりものが続き、発熱や下腹部痛を伴う場合もあります。同じく細菌感染などが原因として起こる卵管炎も、突然の発熱や下腹部痛、膿性のおりものが症状として現れることがあります。淋病おりものが黄色い膿のような形状で、においも強いケースは淋病の可能性があります。この場合、おりも...more
in English
カテゴリー:

彼との行為でなることも!? 女性が急性膀胱炎になりやすい理由 - 03月23日(木)16:00 

働く女性の皆さん、仕事中になかなかトイレに行けないことはありませんか? 女性は体の構造上、トイレを我慢しすぎると「急性膀胱炎」を引き起こす可能性があります。他にもさまざまな原因が考えられますが、女性の場合、性行為が原因となることも少なくありません。 今回は、急性膀胱炎とは何か、なぜ性行為でなることがあるのか、予防するにはどうすればいいのかを詳しく解説します。 ○急性膀胱炎の症状 膀胱炎とは、大腸菌やブドウ球菌などの細菌が、尿道を通って膀胱に入り、炎症を起こす病気のこと。膀胱炎には大きく分けると2種類あり、膀胱や尿道に機能的な異常や病気がなく、突発的に起こるものを「急性(単純性)膀胱炎」、糖尿病や結石などの病気が関係していて、慢性的に細菌感染が続くものを「慢性(複雑性)膀胱炎」といいます。 このうち、より一般的で、女性に多くみられるのが急性膀胱炎です。主な初期症状は、頻尿、排尿痛、尿のにごりで、残尿感、腹部膨満感などが現れることもあります。悪化すると、尿に血が混じること(血尿)もあります。 ○女性がなりやすい理由 なぜ女性に急性膀胱炎が多いのかというと、女性の体の構造に大きな理由があります。女性の尿道は男性に比べて短く、尿道口が肛門や腟に近いため、外から菌が入り込みやすいのです。 通常は、膀胱に菌が入ったからといって簡単に膀胱炎にはなりません。体が健康な状態であれば、膀...more
in English
カテゴリー:

事実は小説よりも…!現実に起こった「恋愛ドラマさながら」の修羅場 - 03月21日(火)23:00 

テレビドラマや芸能ニュースで繰り広げられる、男と女の愛憎劇。ドロドロの修羅場を眺めつつ、ポテチを食べながら「大変ね~」と人ごとのようにつぶやいている人は、幸せかもしれません。 “事実は小説よりも奇なり”とは言いますが、ドラマや映画さながらの、もしくはそれ以上の修羅場を経験している男女はけっこう多いものです。 そこで今回は、恋愛・結婚情報サイト『愛カツ(あいかつ)』編集部が恋愛結婚学研究所に依頼して実施したアンケート調査を参考に、意外と多くの人が経験している“恋愛ドラマ”の詳細についてご紹介します。   ■付き合おうとしたら相手が既婚者だと発覚した女性は半数以上! ゲス不倫をもくろむ迷惑な既婚男性たち まず、「好きだと思って付き合おうとしたら、相手から既婚者と告白されたことがありますか?」という質問に対しては、20~30代の女性423人から以下のような回答が得られました。 「ある」が231人(55%)、「ない」が192人(45%)。なんと、「ある」と答えた人が半数以上も! 付き合ってから発覚したわけではないのがせめてもの救いですが、それにしても「もっと早めに言えっつーの」とイライラしている女性が多いでしょう。 最近では、男性芸能人が既婚者であることを隠して独身の女性芸能人を熱心に口説き落とし、不倫関係に持ち込んだという芸能ニュースも世間を賑わせました。 この場合、実質的に...more
in English
カテゴリー:

約6割が避妊なし!女医が教える「望まない妊娠と性感染症予防の知識」 - 03月20日(月)10:30 

皆さんは、性行為に及ぶ際きちんと毎回避妊をしているでしょうか? 「妊娠なんてすぐしないだろうし、大丈夫……」と思い込んでいる方は要注意! 今回は、いけした女性クリニック銀座の院長である池下育子医師に、女性が避妊しないことで考えられるリスクについて伺ってきました。1:実は自分もなっているかも…性感染症 周囲に聞きにくい“避妊事情”。どんな性生活をしているのか気になりませんか? 今回『WooRis』では、30代~50代の女性500人を対象にアンケート調査をして「あなたは普段から避妊をしていますか?」と質問しました。 すると、なんと「普段から避妊をしている」という回答が得られたのはわずか35.2%(176人)のみ。3分の2にのぼる64.8%(324人)は普段から避妊をしていないということが明らかになりました。 避妊方法と感染症リスク さらに、「避妊している」と回答した176人のうち、「コンドームを使用しての避妊」は約7割の123人。あとは「ピルや基礎体温法での避妊」を行っているとのこと。また、「膣外射精での避妊」という回答が約1割ありましたが、池下医師によると「膣外射精は十分な避妊効果が得られないので“避妊している”とは言えない」とのことでした。 避妊をしていても、コンドーム以外の避妊では“性感染症”のリスクがあります。また、コンドームで避妊していたとしても「オーラルセックスがあれば“性...more
in English
カテゴリー:

【医師監修】マイコプラズマ肺炎に効く薬って? 子どもの症状とケア方法 - 03月27日(月)18:30 

マイコプラズマ肺炎は小児に多い病気ですが、薬で治すことができます。詳しくみていきましょう。 この記事の監修ドクター 北浜こどもクリニック 北浜 直 先生 医療機関併設型の病児保育やインフルエンザ等の予防接種、育児相談などお気軽にご相談下さい。 http://www.kitahama-kidsclinic.jp/ マイコプラズマは「薬」で治す! 子どもが、マイコプラズマに感染したら肺炎の恐れもあることから、心配になる親も多いでしょう。しかしそんなイメージに反して、マイコプラズマは薬で治すことができます。まずは、マイコプラズマ感染症について説明します。 マイコプラズマ感染症とは? マイコプラズマ感染症とは、「マイコプラズマ・ニューモニエ」という病原体の感染によって引き起こされる病気で、発症者の80%が成人未満です。なかでも乳幼児(0歳から4歳)の発症が40%前後を占め、5〜9歳の発症も30%前後ということで子どもに多い感染症です。 飛沫感染・接触感染するので、保育園や幼稚園でマイコプラズマをもらってくることもあります。特に小さい子どもの場合には、さまざまな物や体を口に運んだり、よだれが垂れたりしますので、感染しやすい条件を備えているでしょう。マイコプラズマ感染症には一部の抗生物質が有効です。 「マイコプラズマ感染=入院」では...more
in English
カテゴリー:

【健康】子宮頸部の「風邪」のようなもの? 8割の女性が1度は感染する「HPV」のリスク - 03月26日(日)01:13 

HPVへの感染は子宮頸部の「風邪」のようなもの? 子宮頸がん検診で異常が出ると、しばしば質問されるのがHPV(ヒトパピローマウイルス)感染との関係です。 子宮頸がんの原因のほとんどは、HPVへの感染なので、細胞に異常が出ているということはHPVに感染している可能性が高いと言えます。 感染しているかどうかは、HPV検査をすればすぐにわかります。 患者様が一番気にされるのは、どこから感染したものなのか、そして今後「消えてくれるのか」ということです。 HPVは性交渉によって感染するものなので、今までの性交渉の誰かから...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

性教育で教わらなかったかもしれない17のこと - 03月22日(水)17:51 

オーガズムに必ず達しなければいけないってわけじゃない、とか。 セックス=挿入とは限らない。 セックスは挿入することだと思っている人もいるかもしれません。でも、挿入しないでオーガズムに達する人もいます。セックスとは一つの決まっ&...more
in English
カテゴリー:

オーラルセックスで感染する病気5選 - 03月21日(火)11:00 

初めてのセックスパートナーを相手にする時は病気のことなど考えていない人が多いでしょう。しかし、オーラルセックスだけであっても感染する性病は多くあります。誤った知識を持っていると性病にかかってから後悔することになりかねません。ここでは症例の多い性病についてご紹介していきます。 オーラルセックスで感染する病気について知ることの重要性 オーラルセックスで感染する病気でよく知られているのはHIVや淋病、クラミジアです。しかし他にもヘルペスや梅毒トレポネーマなど様々な感染症があります。たとえ名前だけ知っていたとしても、その感染経路や原因、治療方法まで知っている人はごくわずかです。 感染する性病を英語の略称でSTDと呼びますが、今のうちにSTDに対する理解を深め、性病を予防するためにできることを知っておくことは大切です。自分が性病にかからなかったとしても、性病について学習しておけば、友人や家族などに性病について教えてあげることもできます。 オーラルセックスで感染する病気その1・淋菌 淋病の原因となる淋菌は基本的には粘膜に生息しているとされています。喉に淋病が感染している人にフェラチオをされると尿道に淋菌が感染することがあり、排尿時に激しい痛みを伴うようになります。 また、何日か経つと免疫細胞の死骸である白・黄色の膿も尿道から排出されるようになるため...more
in English
カテゴリー:

不幸じゃない!シングルマザーになった女子が出産から得たものとは - 03月18日(土)21:00 

「性感染症」「中絶」から続いて、今回は「出産」の話をしたいと思います。恋愛して結婚して、そして出産する……。誰もがそんなメジャーなルートを通れるわけではありません。 本人が希望しているかは別として、全く別のルートを進む場合もあります。今回はそんなビッチちゃんから学ぶお話です。 ◆なんで結婚してくれないの!?シングルマザーちゃん <プロフィール> 名前:シングルマザーちゃん 年齢:30代半ば 現在は3歳の息子を抱えるシングルマザーちゃん。彼女は結婚をしないまま出産し、産後すぐに子供を保育園に預け、今でもひとりで働きながら子供を育てています。 なぜ彼女がシングルマザーになったのか。それは、本人が「そうしよう」と思って決めたことではありませんでした。 就職を機に上京してきたシングルマザーちゃん。自分から求人に応募したり、知人に紹介してもらったり、色々な業種の職場を転々としますが、どこも長続きしません。 特別に美人というわけではありませんが、愛嬌のある顔をしており、性格は真面目。特に、問題がありそうには思えません。 しかし彼女は、真面目を通り越して、「思い込みが強すぎる、ちょっと深く付き合うには面倒なタイプ」。上京したいと思ったのも「実家を出たい」という理由から。事実はどうであれ親からの愛を実感したことがないと言っていました。 つまり、常に愛に飢えていたのです。 そんな彼女ですから...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「性感染症」の画像

もっと見る

「性感染症」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT性行為感染症...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる