「性感染症」とは?

関連ニュース

激増中の梅毒、患者数が多い都道府県はどこ? その感染ルートとは… - 02月18日(日)15:52 

2014年以降、急増している梅毒。重症化すれば脳や心臓に合併症を引き起こし、“死に至る”とされる性感染症だが、感染しやすい都道府県はどこか? 「日本ではペニシリンの誕生以降、減少した“過去の病”扱いでした。しかし、この数年増えたのは外国人観光客のせいだといわれています。特に中国は日本の300倍の患者数といわれており、お父さんが家族の買い物中に、現地の同胞の案内で風俗街に来るとか……」(月刊「MAN-ZOKU」編集長の丹田勇人氏)
カテゴリー:

動画:「国際コンドームデー」で性感染症予防訴え、インド首都 - 02月15日(木)11:43 

【2月15日 AFP】インドの首都ニューデリーで13日、「国際コンドームデー」を記念して、ボランティアらがコンドームの扮装をしたり、大量のコンドームが無料で配布されたりした。≫続きを読む
カテゴリー:

抗生物質が効かない淋病が中国で増加中 - 02月12日(月)20:00 

「淋病(りんびょう)」は比較的感染頻度が高い性病で、自然治癒することがなく、放置すれば男性は精巣上体炎、女性は腹膜炎を引き起こすなど重篤化する危険があることが知られています。世界中で毎年7800万人が感染する最も一般的な性感染症である淋病について、現在の医療現場でよく用いられる2種類の抗生物質に抵抗性を持つ菌が中国国内で増えていることが確認されました。続きを読む...
カテゴリー:

若者の「性病」が多すぎる。日本の性教育は、いつまでタブーのままなの? - 02月06日(火)19:01 

 途中でコンドームが破れたり、もし中に出してしまったとしても、コーラで洗い流せば精子って死ぬらしいよ。 「ありえない、そんなわけないでしょっ!」て、今ならほとんどの大人が言い切れるでしょう。微塵も信じずに、笑えると思うんです。でも私が中高生の頃は、本当にこんな話をクラスメートから聞いたことがあって、実際に信じてしまったり、試したことがあると言う人もいました。学校によって差はあると思うのですが、生命の誕生や、HIVについての授業はあるけれど、具体的に性行為の正しい方法などの知識をつける授業を、中学生までに受けるのは難しいのが現状ではないでしょうか。「今の若い子たちは何を見てセックスを勉強するのか。アダルトビデオなんですね。男性目線のファンタジーが満開ですよ、あれは。AVを研究した友人によれば、コンドームを付けるシーンもない。だから、コンドームの着け方すら分かっていない子がいる。大丈夫か、って」インターネットで性の知識をつける。そうした若者が増えた結果、誤ったネット情報を頭から信じている学生もいることを、女性の人権や生命倫理、人口問題などを専門とする谷口真由美さんは、『タブー視される日本の性教育 今のままで良いか?』という記事で語っています。<女子高生の性病感染率>日本が世界トップに過去の日本性教育協会(JASE)の『若年者の性感染症の現状と予防』では、18~19歳...more
カテゴリー:

韓国の裁判所「国が米軍兵士に対する「慰安婦」の売春を奨励した」と認める - 02月17日(土)00:02  news

韓国の裁判所は米軍基地の近隣に構築された売春制度における国の役割を認め、初めて次のような判決を下した。 韓国は、米軍基地に隣接する居住地を管理する上で、売春を奨励していた。 そしてこの政策を軍事同盟の強化と外貨収入確保の必要性を理由に積極的に正当化していた。 ソウル高等裁判所の判決には「国家は性的自決権、さらには性別に表現された原告の人格そのものを、国家的目標を達成するための道具とみなし、 それにより、人権尊重の義務に違反した」と述べ、 先週、国を提訴した117人の「慰安婦」に対して賠償金を支払...
»続きを読む
カテゴリー:

【性教育】日本の性教育は時代遅れ、ユネスコは小学生に性交のリスク教育推奨 - 02月14日(水)14:15  newsplus

■長年、教育現場を悩ませた 「性教育はどこまで行うべきか?」 ※省略 ■02年の「性教育バッシング」事件で 日本の性教育は大きく後退した 1992年の学習指導要領改訂の際、折しもエイズが社会問題化。その流れで、HIV教育の重要さがフォーカスされるようになり、それに伴って小学校6年の理科で扱う人体の学習が3年生に前倒しされ、5年生に『人の発生と成長』が位置づけられた頃から、性教育に発展の兆しが見られるようになったという。 しかし皮肉なことに、この学習指導要領改訂が、性教育の歩みを後退させる引き金になり、2...
»続きを読む
カテゴリー:

妊活中、クラミジアやカンジダに…子宮周りの感染症の影響は? - 02月06日(火)21:30 

source:https://www.shutterstock.com/ 感染症とは菌やウイルスによってその部位で繁殖して様々な症状を引き起こすものです。 妊活中にも、感染症にかかる可能性はもちろんゼロではありません。 性交渉によって感染するものを性行為感染症と言い、その原因として菌やウイルスなどが挙げられます。(※1) 今回は医学博士の筆者が、頻繁に目にするような感染症についてみて行きたいと思います。  ▼妊活中、クラミジアやカンジダに…これって病気? 良く耳にする「クラミジア」や「カンジダ」ですが、これは病気かどうかと言われれば、これが原因となって発症しているものであれば“病気”の分類となります。 しかし元々の感染経路は異なります。 一般的にクラミジア感染症は、性行為感染症として扱われています。人から人への性的接触によって感染すると言われています。 また、妊娠中であれば新生児に母子感染も引き起こしてしまう可能性があります。(※2・※3) それに対してカンジダは常在菌(じょうざいきん)と言い、もともと人間と共存している菌です。 普段は免疫で押さえられているのですが、免疫が弱くなったり生体内部環境の変化によって症状を呈してしまうことがあります。(※4・※5) 関連記事:【医学博士監修】こんな症状に注意!30代女性の「生理トラブル」 ▼妊活中に感染したら、赤ちゃんや子宮に影響は...more
カテゴリー:

「性感染症」の画像

もっと見る

「性感染症」の動画

Wikipedia

関連項目 外部リンク

日本語のサイト

  • 性感染症(STD)(感染症情報センター)
  • 日本性感染症学会
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる