「急性リンパ性白血病」とは?

関連ニュース

遺伝子改変された免疫細胞が、急性リンパ性白血病を治す──イタリアの研究チームが成功 - 02月14日(水)17:00 

従来の治療では効果がないことがある急性リンパ性白血病の治療に、改変した免疫細胞を用いて腫瘍を攻撃させる手法が有効であることが、イタリアの研究チームによって実証された。このCAR-T(キメラ抗原受容体T細胞)細胞療法と呼ばれる治療は、いかに成功したのか。
カテゴリー:

【健康】がん進行・転移に食品が影響か=英研究 - 02月08日(木)21:24  newsplus

http://www.bbc.com/japanese/42984975 ジェイムズ・ギャラガー健康科学担当編集委員、BBCニュース 2018/02/08 英ケンブリッジ大学の研究者らはこのほど、食品とがんの進行・転移との関係を示す研究結果を発表した。 英科学誌「ネイチャー」に掲載された研究論文によると、アスパラギンと呼ばれる栄養素が不足すると、乳がん細胞の成長が妨げられることが動物実験で分かったという。 アスパラギンはたんぱく質を構成するアミノ酸の一種で、名前の元となったアスパラガスや鶏肉、魚介類など多くの食品に含まれている。 科学者た...
»続きを読む
カテゴリー:

「急性リンパ性白血病」の画像

もっと見る

「急性リンパ性白血病」の動画

Wikipedia

急性リンパ性白血病(きゅうせいリンパせいはっけつびょう、acute lymphoid leukemia: ALL)とは、白血病の一種

概要

リンパ球系の細胞が腫瘍化し、分化成熟能を失う疾患でのうち、骨髄に腫瘍細胞が浸潤し、末梢血中にも腫瘍細胞が認められるものが急性リンパ性白血病と呼ばれる。ただし急性リンパ性白血病でも腫瘤を形成することがある一方、悪性リンパ腫でも白血化という末梢血へのリンパ腫細胞の出現が認められることがある。つまり腫瘍化したリンパ球系細胞は白血病にも悪性リンパ腫にもなりうるのである。このためWHO分類第3版・第4版Swerdlow SH, et. al WHO classification of Tumours of Haematpietic and Lymphoid Tissue. IRAC Press, Lyon, 2008では、両者を区別しないことになった。 しかしながら、「骨髄に腫瘍細胞が浸潤し、末梢血中にも腫瘍細胞が認められる」病態は、臨床症状も含め急性白血病としてふるまうため、この病名は使用されている。

急性リンパ性白血病では、フィラデルフィア染色体(Ph...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる