「急反発」とは?

関連ニュース

ロコンドは急反発するが直近4割急落のため自律反発の見方も - 04月18日(水)15:03 

■今期大幅赤字を見込むが3年後の営業利益は前期の10倍の計画 靴&ファッションのネット通販を行うロコンド(東マ)は18日、10時頃から堅調になり、13時過ぎには1172円(74円高)と3日ぶりの反発基調となっている。
カテゴリー:

新興市場銘柄ダイジェスト:マネーフォワードが急反発、フロイントはストップ高 - 04月17日(火)15:24 

<1400> ルーデン 572 +23 一時635円まで上昇。
カテゴリー:

「ミサイル攻撃に備えよ!」106円後半~107円半ばのレンジ相場に、慶応が挑む! - 04月17日(火)07:00 

ロシアゲート問題や対中貿易戦争、さらにはシリア外交と、相変わらずトランプ米大統領の一挙手一投足に注目が集まる。そうしたなか、2018年4月9日に1ドル106円台後半だったドル円相場は、107円前半までジリ高となったものの、その後は再び106円台後半に急落。ロシアゲートをめぐるFBIの捜査状況が報じられたのが、きっかけだった。一方、10日のアジアフォーラムで中国の習近平国家主席の演説がマーケットフレンドリーな内容だったことから、米中貿易摩擦への懸念がやや和らぎ、ドル円相場は107円前半まで急反発。ところが、11日にトランプ大統領が「ロシアはシリアへのミサイル攻撃に備えよ」とツイート。シリアへの軍事攻撃を検討していることが漏れると、ドル円は106円台後半に反落した。 106円後半~107円半ばのレンジ相場。上昇トレンドの兆しを感じながらも、ここはじっくり構える早稲田大の惟光。方向感が読みづらいなか、こまめに稼いで巻き返しを図る慶応大の石油王。明治大のRWはもうすぐ始まるゴールデンウィークをにらみ、相場分析に注力する。 上昇トレンドの兆し? しばし様子見を決め込むが......(早稲田) 4月13日(金) 今週は106.60円から107.50円のあいだを行ったり来たりするレンジ相場であった。最後の金曜日においては上ヒゲが頭一つ抜きんでるような形にはなったものの、実線部分は始値にほぼ収束し...more
カテゴリー:

クリーク・アンド・リバー社は急反発して戻り歩調、19年2月期増収増益・連続増配予想 - 04月16日(月)09:14 

クリーク・アンド・リバー社(東1)はクリエイティブ分野を中心にエージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、事業領域拡大戦略を加速している。
カテゴリー:

マーケットエンタープライズは急反発 - 04月13日(金)09:46 

マーケットエンタープライズ(東マ)はネット型リユース事業を展開し、中期成長に向けて事業ドメイン拡大戦略も推進している。
カテゴリー:

【編集長の視点】ヴィスコは分割落ち安値から急反発、業績上方修正・最高純益更新幅拡大を見直して突っ込み買い - 04月18日(水)09:31 

ヴィスコ・テクノロジーズ(JQS)は、前日17日に74円高の2939円と急反発して引け、同日前場取引時間中に突っ込んだ株式分割権利落ち後安値2578円から大きく底上げした。
カテゴリー:

新日建物 急反発、18年3月期業績の上方修正を好感/新興市場スナップショット - 04月17日(火)10:54 

急反発。18年3月期の営業利益を従来予想の8.80億円から11.70億円(前期は8.35億円)に引き上げている。
カテゴリー:

【編集長の視点】スタジオアタオは年初来安値から急反発、連続最高純益更新業績を見直し売られ過ぎ - 04月16日(月)09:30 

スタジオアタオ(東マ)は、前週末13日に129円高の2148円と急反発して引け、前々日12日に突っ込んだ年初来安値2000円から急速に底上げした。
カテゴリー:

CRI・MW 急反発、18年9月期第2四半期業績を上方修正/新興市場スナップショット - 04月13日(金)10:45 

急反発。18年9月期第2四半期累計(17年10月-18年3月)の営業利益を従来予想の0.61億円から1.22億円(前年同期実績0.42億円)に引き上げている。
カテゴリー:

ラクス 急反発、3月全社売上高は33.1%増で初の6億円超え/新興市場スナップショット - 04月12日(木)10:17 

急反発。3月の全社売上高(単体)が前年同月比33.1%増の6.27億円になったと発表している。
カテゴリー:

もっと見る

「急反発」の画像

もっと見る

「急反発」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる