「忽那汐里」とは?

関連ニュース

「デッドプール2」撮影でスタントの女性が事故死 - 08月16日(水)13:00 

 世界的に大ヒットした映画「デッドプール」の続編の撮影中に、スタントをしていた女性が死亡するという痛ましい事件が発生した。ハリウッド・レポーター紙が報じている。  「デッドプール2(仮題)」は、6月末からデビッド・リーチ監督(「ジョン・ウィック」「アトミック・ブロンド」)のもと、カナダのバンクーバーでクランクインをしていた。関係者によれば8月14日(現地時間)、オートバイを使ったスタントに臨んだ女性が、運転中にコントロールを失い建物に激突。その後、死去したという。  主演とプロデューサーを兼ねるライアン・レイノルズは、即座に声明を発表。「本日、『デッドプール』の撮影中に不幸にもクルーのひとりを亡くしてしまいました。みんなが悲しみに打ちのめされていますが、彼女の家族や愛する人たちがいま感じている悲しみや説明のつかない痛みには到底及びません。彼女がこの世において接触したすべての人たちに、心からお悔やみを申し上げます」。  現在、バンクーバー警察は事故原因を究明中で、米俳優組合も独自に調査を行うとしている。「デッドプール2(仮題)」は、2018年6月1日に全米で公開予定。 【作品情報】 ・デッドプール 【関連記事】 ・ライアン・レイノルズ「デッドプール2」現場写真をSNSで公開 ・忽那汐里ハリウッド本格進出!「デッドプール2」に重要な役どころで出演 ・「デッドプール2」悪役にジ...more
カテゴリー:

『デッドプール2』撮影中にスタント女性が事故死 R・レイノルズが追悼コメント - 08月15日(火)12:30 

 カナダのバンクーバーで現地時間14日、ライアン・レイノルズがタイトルロールを演じる大ヒット映画『デッドプール』の続編のアクションシーン撮影中に、スタントダブルの女性ジョイ・SJ・ハリスがオートバイで事故に遭い死去したことが明らかになった。Us WeeklyやDeadlineなどの海外メディアが伝えた。【関連】前作『デッドプール』フォトギャラリー Deadlineによると、ジョイはプロのロードレーサーとのことだが、スタントとして映画作品に参加したのは『デッドプール』第2弾が初めてだったという。ジョイはザジー・ビーツ演じるドミノのスタントダブルだったとのこと。屋外での撮影でジョイがバイクのコントロールを失い、ビルの全面ガラスに衝突したという。そのシーンでドミノがヘルメットをかぶっていないため、ジョイもヘルメットなしでバイクを運転していたとのことだ。 今回の事故を受けて主演のライアンは声明を発表。事故が起き、死者が出たことを伝えると「我々は失意にあり、ショックを受け、大きな打撃を受けています…。彼女のご家族や愛する人々が現在、抱えている悲痛は計り知れません。心からお悔やみ申し上げます」と哀悼の意を表した。 監督を務めるデヴィッド・リーチも「今回の悲劇について僕も作品に携わるクルーも気持ちを表す言葉が見つかりません。この辛い時期にご家族やご友人達のお心を察し、お悔やみ申し上げます」と、声...more
カテゴリー:

今夜放送「1942年のプレイボール」の主人公は元祖・二刀流。4兄弟と野球と戦争と - 08月12日(土)10:00 

夏の甲子園、昨日の第1試合では中京大中京(愛知)が、広陵(広島)に敗れた。中京大中京は、中京商業学校だった戦前からの強豪校で、戦後、名称を中京商業高校、中京高校、現在の中京大学付属中京高校と変えながら、夏の大会ではこれまでに優勝7回、春のセンバツも含めると11回を数え、全国最多を誇る。なかでも1931年から33年にかけて達成した夏の甲子園3連覇は、いまなお大会唯一の記録だ。この記録が達成された1933年の大会は、明石中学(兵庫)との準決勝で、中京商業のエース吉田正男が延長27回を投げ切り、決勝進出を決めたことで記憶される。このとき捕手として出場し、吉田とバッテリーを組んだのは野口明という後年プロでも活躍した選手である。中京商業が次に夏の甲子園で優勝したのは1937年。翌38年春の選抜大会にも優勝する。この2大会ではエース野口二郎が快投、とりわけ38年春は全4試合4完封という活躍ぶりを見せた。ここにあげた野口明と野口二郎は兄弟である。彼らにはさらに昇、渉という弟がいた。4人はいずれも中京商業出身で、プロに進んでいる。今夜7時半からNHK総合で放送される土曜スペシャルドラマ「1942年のプレイボール」(名古屋放送局制作)では、この野口兄弟の青年時代が、次男の二郎を主人公にして描かれる。この記事では、二郎と明を中心に、彼らの横顔を紹介してみたい。ドラマのネタバレになるような記述もあるかも...more
カテゴリー:

【芸能】河北麻友子の温泉混浴写真流出に「脇が甘い」はひどい!! 繰り返される香里奈、夏目三久の写真事件 - 08月12日(土)07:54  mnewsplus

 7月29日発売の『実話ナックルズ』(ミリオン出版)に、『アノ「イッテQ」レギュラーか 混浴全裸ニャン2 衝撃流出17枚』という見出しで、両目が黒線で伏せられた男女が全裸で混浴温泉に一緒に浸かっている写真やキス写真が17枚掲載された。  記事中には、「河●麻●子」と表記されている他、同誌発売前から『世界の果てまでイッテQ!』や『ヒルナンデス!』(ともに日本テレビ系)などの人気バラエティ番組に出演している某タレントの衝撃写真が流出すると囁かれていたことから、河北麻友子(25)ではという見方が強まっている。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

勝地涼&忽那汐里、主役不在のイベントである共演者を発見! - 08月09日(水)17:40 

NHK総合にて8月12日(土)に放送される、土曜ドラマスペシャル「1942年のプレイボール」(夜7:30-8:45)の完成試写会が行われ、出演する勝地涼、忽那汐里の他、脚本を務めた八津弘幸らが登壇した。 【写真を見る】美脚! 忽那汐里がミニスカートで登場 本作は、戦争という時代の荒波に翻弄(ほんろう)されながらも青春を野球に燃やした、4兄弟の物語。実在した野球選手・野口二郎の史実を基に作られている。 クランクイン前には“野球合宿”が行われたそうで、勝地は「30歳にもなって、“まじかー!”と思いましたよね」と苦笑い。だが、「敬語禁止」を掲げるなど、兄弟役の太賀、斎藤嘉樹、福山康平と親交を深めたという。 一方、勝地の婚約者・喜美子を演じる忽那は、「共演者の方と、ご飯に行ったのが楽しかったです」と名古屋での撮影を満喫した様子。 イベントには不在だった本作の主演・太賀とは14~15歳の時に共演しているといい、「その時と印象は全く変わらないですね。ものすごく熱い人です。シーンの合間にも、芝居の話をしていました」と明かした。 また、観客席に三男・昇役の斎藤が紛れ込んでいるというサプライズも。 質疑応答の場面で「斎藤嘉樹さんの印象は?」と自ら質問した斎藤に、勝地は「彼は僕らと話している時と、忽那さんと話している時でテンションが違うんです」と、真剣なまなざしで回答。 すると斎藤は「すみません! お...more
カテゴリー:

【芸能】安田大サーカスHIRO、激やせ(写真あり) - 08月15日(火)14:50  mnewsplus

お笑いトリオ・安田大サーカスのメンバーのHIRO(40)が13日、自身の公式ブログでダイエットの成果を報告し、「微妙やけど少し出てきたなぁ」と鎖骨が見えてきたことを伝えた。 ファンから「すごい! 鎖骨だぁー!」「痩せたね!」といったコメントが寄せられている。 6月末に高血圧による左脳室内出血のため入院していたHIROは、入院を機に食事療法やウォーキングなどで健康な体を取り戻すことに励んでいるようで、「入院した時は135キロ」とつづっていた体重は12日のブログによると「115.8キロ」まで減ったそう。 13日には「鎖骨...
»続きを読む
カテゴリー:

太賀インタビュー(2)特別合宿でエモーショナルな雰囲気に…!? - 08月12日(土)10:00 

8月12日(土)夜7時30分より、NHK総合にて土曜ドラマスペシャル「1942年のプレイボール」が放送される。 【写真を見る】忽那汐里の“マドンナ”っぷりにも注目!/(C)NHK 本作は戦争という時代の荒波に翻弄(ほんろう)されながらも青春を野球に燃やした、4兄弟の物語。NHKドラマ初主演の太賀に加え、勝地涼、斎藤嘉樹、福山康平の4人が演じる、兄弟の絆を描く。 4人はクランクインを前に、2泊3日の「合宿」を敢行したという。太賀にインタビューを行い、その時のエピソードや、作品の見どころを聞いた。 ──「合宿」では、兄弟役としての絆を深められたのでしょうか? そうですね。みんな、「合宿があってよかったね」って口をそろえて言うんです。兄弟役になりきるためには、みんなでトランプをやったり、一緒にご飯を食べる時間が重要なんだなと、あらためて思いましたね。 ──4人でどのような話をされたのですか? 19歳でまだ若い福山くんの話を、お兄ちゃん(役のキャスト)たちがいじっている感じですね。ここでは言えない、くだらない話で盛り上がっていました(笑)。 それから、それぞれの仕事の状況についても話しましたね。同じ仕事をしているけれど世代のずれている、そんな4人で話すのは、面白かったです。 ──刺激を受けたことはありますか? 勝地さんは、本当に“達者”な役者さんだなと思いました。演じられる役の幅が広いです...more
カテゴリー:

太賀インタビュー(1)「支えられるって、こういうことか」 - 08月12日(土)09:30 

8月12日(土)夜7時30分より、NHK総合にて土曜ドラマスペシャル「1942年のプレイボール」が放送される。 【写真を見る】きれいな“細マッチョ”に仕上がっている太賀に注目!/(C)NHK 本作は、戦争という時代の荒波に翻弄(ほんろう)されながらも青春を野球に燃やした、4兄弟の物語。実在した野球選手・野口二郎の史実を基に作られている。 主人公で次男の二郎(太賀)は、職業野球チームのエースとして活躍していた。そこへ、かつて名投手と言われた兄・明(勝地涼)が、満州から帰国。だが、明は手榴弾の投げ過ぎで肩を壊していた。二郎はすっかり自信を失ってしまった明に、自分を取り戻してほしいと必死になる。 二郎は“鉄腕”と賞賛された名選手。NHKドラマ初主演にして難役に挑んだ太賀に、役作りや、作品の魅力について話を聞いた。 ──二郎を演じる上で、苦労したことはありますか? 僕には野球経験がほとんどなかったので、クランクインの2カ月前から、野球指導の先生のもと練習を始めました。 二郎は、野球少年や高校球児とは違う、職業野球(プロ野球)の選手です。野球選手の体は長年の練習で少しずつ作り上げられていくものですが、素人の自分でも少しでも近づければ…と思って練習しましたね。フォームを自分の体に覚えさせていく、地味な作業を繰り返しました。 ──他のお仕事もある中、野球の練習をするのは大変だったのでは? そう...more
カテゴリー:

ブロードウェイで日本人が成功する秘訣 - 08月10日(木)14:34 

 女優の米倉涼子(42)が2日、米NY・ブロードウェイミュージカルの来日公演『CHICAGO(シカゴ)』のプレスコールに登場した。セクシーな衣装に身を包み、ジャズの名曲とともに超一流のダンサーたちと織りなすゴージャスなパフォーマンスで魅了。ブロードウェイでも長く愛され続けている『シカゴ』のメインキャストとして、堂々としたステージングを披露した。そんな彼女の成功の理由を探ってみた。 【画像】カーテンコールにキャストとともに堂々と登場する米倉涼子    日本人俳優が国際的に活躍する機会が多くなっている。ミュージカル『シカゴ』で、2012年にブロードウェイデビューした米倉涼子も、その1人。先ごろ18年公開予定の『デッドプール2』で忽那汐里(24)がキャスティングされたことが発表されたのが記憶に新しいが、日本人俳優がハリウッドで活躍するケースは珍しくなくなってきた。  だが、舞台は別。生身の演技を目の前の観客の前で披露する舞台劇は、俳優が持ちうる演技力を試されるだけに、二の足を踏む俳優が少なくない。ましてやブロードウェイミュージカルとなると、そこに英語力が求められるばかりか、歌唱力、ダンス、アドリブなど、演者としての才能全てが必要となる。しかもブロードウェイの客は世界一厳しく、反響が悪いとすぐに役者が降板、最悪の場合はその演目自体が打ち切りとなる。米倉がブロードウェイ進出を果たした後...more
カテゴリー:

勝地涼、実在のプロ野球選手演じるための合宿は4人相部屋「正直、マジか~っ」 - 08月09日(水)16:00 

 NHKの土曜ドラマスペシャル「1942年のプレイボール」の完成試写会が8月9日、東京・渋谷区の同局で行われ、出演の勝地涼と忽那汐里が会見した。 ・【フォトギャラリー】この日の会見、その他の写真はこちら  第二次世界大戦の波に翻ろうされながらも、通算237勝を上げ打者としても6シーズンで規定打席に達した“元祖二刀流”の次男・二郎をはじめ、全員がプロ野球選手になった野口4兄弟のきずなを描く。二郎役で主演の太賀は海外での仕事のため欠席し、ビデオで「野球はほとんど未経験なので、クランクイン前の2カ月間、みっちり練習しました。少しでも皆さまに伝わるものがあれば」とメッセージを寄せた。  今年5月末からの1カ月間、名古屋近郊での撮影を前に4兄弟による野球合宿が行われたという。その際は全員が同じ部屋でまくらを並べたそうで、長男・明に扮した勝地は「10代の頃に地方ロケで相部屋というのはあったけれど、もう30歳なので正直、『マジか~』って思った」と苦笑いだ。  それでも、「兄弟だから敬語は使わないルールをつくったんです。あの時間があったから、誰かがいない時の撮影でも顔を思い出しながらできたし、良かった」と述懐。二郎は延長28回を1人で投げ抜くなど鉄腕として鳴らしたが、「資料を読むと、その前日は兄弟で飲みすぎて二日酔いだったという意外と人間っぽい感じもあった。明も普段は寡黙だが、飲んだら明る...more
カテゴリー:

もっと見る

「忽那汐里」の画像

もっと見る

「忽那汐里」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる