「応援上映」とは?

関連ニュース

役所広司、千眼美子らがアニメ&ハリウッド大作の牙城を崩す! - 05月15日(火)16:00 

GW明け最初の週末となった5月12・13日の映画動員ランキング。ファミリーやカップル、友人同士でのグループ集客を中心に稼いできたアニメ作品やハリウッド大作など、エンタメ色の強い作品がここ数週間上位を占めていたが、昭和を舞台にした邦画ドラマ2本がその牙城を崩した! 千眼美子として初出演作となる『さらば青春、されど青春。』/[c]2018 IRH Press ■ 『孤狼の血』『さらば青春、されど青春。』が初登場トップ5入り まずは、初登場3位でスタートを切った『孤狼の血』。土日2日間で動員11万3000人、興収1億4700万円をあげた。『凶悪』(13)、『日本で一番悪い奴ら』(16)の白石和彌監督のもとに、役所広司、松坂桃李、真木よう子、江口洋介ら豪華キャストが集結したハードボイルド作。昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島の架空都市・呉原を舞台に刑事、やくざ、女が生き残りを賭けて戦う生き様を描いている。 その血生臭くバイオレンスな内容や熱い男たちのドラマに惹かれたであろう40~50代の男性客が、客層の7~8割を占めたそう。松坂桃李が体当たりな演技で新境地を見せており、「無垢な感じから成長していく過程がすごい!邦画界の希望だわ」などと評判を呼んでいる。映画ファンを中心に、クチコミでじわじわ興行を伸ばしそうだ。 同じく初登場で5位にランクインしたのが『さらば青春、されど青春。』。...more
カテゴリー:

【国内映画ランキング】「名探偵コナン」興収67億突破でV5、「孤狼の血」は3位スタート - 05月14日(月)21:00 

 5月12~13日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。好調が続く「名探偵コナン ゼロの執行人」が5週連続首位を獲得。週末2日間で動員19万9000人、興収2億7700万円を稼ぎ、累計動員は519万人、興収は67億円を突破した。劇場版シリーズ最高興収記録となる68.9億円をあげた前作「名探偵コナン から紅の恋歌」まであと2億円弱に迫っており、6作連続での記録更新は間違いなさそうだ。  「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」も2位をキープ。週末2日間で動員12万8000人、興収2億0100万円をあげ、累計動員は204万人、興収は30億円を超えた。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品史上最速で30億円を突破している。また、5月18日には、MCU史上初の全国5大都市同時「絶叫&応援上映」が行われることが決定。リピーターの動員拡大でさらなるヒットが見込まれる。  新作では、「孤狼の血」が3位に初登場。同作は、柚月裕子の同名小説を役所広司、松坂桃李、江口洋介らの共演、「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督で映画化したアウトロー映画。全国337スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員11万3000人、興収1億4700万円を稼いだ。これは2016年に公開された「日本で一番悪い奴ら」の興収比205.3%の成績。客層は40代~50代が...more
カテゴリー:

マーベル映画史上初!「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」応援上映決定 - 05月12日(土)11:00 

「アベンジャーズ」シリーズ最新作「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」(公開中)の応援上映が、決定した。今年10周年を迎えたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)において、初の試みと...
カテゴリー:

『名探偵コナン ゼロの執行人』V5 6作連続での記録更新に王手 - 05月15日(火)06:00 

 12日・13日の『全国映画動員ランキング』(興行通信社調べ)は、『名探偵コナン ゼロの執行人』が、土日2日間で動員19万9000人、興行収入2億7700万円をあげ、5週連続の1位となった。累計では、動員519万人、興収67億円を突破。最終興収68.9億円をあげ、劇場版シリーズ最高興収記録をもつ前作『名探偵コナン から紅の恋歌』まであと2億円弱に迫り、6作連続での記録更新に王手をかけた。 【画像】3位スタートの『孤狼の血』ポスタービジュアル  『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、土日2日間で動員12万8000人、興収2億100万円をあげ2位をキープ。累計興収はマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品史上最速で30億円を突破した。また、18日には、MCU史上初の全国5大都市同時「絶叫&応援上映」が行われることが決定。リピーターの動員拡大でさらに数字を伸ばしそうだ。  “警察小説×仁義なき戦い”と評される柚月裕子氏の同名小説を、役所広司、松坂桃李、真木よう子、江口洋介らの出演で映画化した『孤狼の血』は3位に初登場。土日2日間で動員11万3000人、興収1億4700万円をあげ。昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島の架空都市・呉原を舞台に刑事、やくざ、女が、それぞれの正義と矜持を胸に生き残りを賭けて戦う生き様を描く。監督は『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌...more
カテゴリー:

マーベル映画史上初!「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」応援上映決定 - 05月12日(土)11:00 

 「アベンジャーズ」シリーズ最新作「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」(公開中)の応援上映が、決定した。今年10周年を迎えたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)において、初の試みとなる。  アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)、キャプテン・アメリカ(クリス・エバンス)ら、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」で分裂してしまったアベンジャーズの面々が、宇宙の半分の生命を消し去ろうとする史上最強の敵サノス(ジョシュ・ブローリン)の出現を前に再結集し、死闘を繰り広げるさまを描く。全米では4月27日に封切られ、全世界興行収入は史上最速(11日間)で10億ドルを突破し、5月11日現在、全世界興行収入歴代14位となる12億ドル超を記録している。  日本では、公開から10日で興行収入25億円(MCU史上最速)を突破している本作。シリーズ人気が高まるなか、全国5大都市での応援上映が決定した。応援上映とは、上映中観客が自由にキャラクターへの声援や拍手、絶叫することができるという応援スタイルの上映。熱心なファンやコスプレイヤーが多数存在する本作だけに、相当の盛り上がりが予想される。  応援上映は5月18日の午後6時30分から、北海道・ユナイテッド・シネマ札幌、東京・TOHOシネマズ新宿、愛知・ミッドランドスクエアシネマ、大阪・TOHOシネマズ梅田、福岡・T・ジョイ博多で行...more
カテゴリー:

「応援上映」の画像

もっと見る

「応援上映」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる