「志尊淳」とは?

関連ニュース

真野恵里菜、スーツ姿でニッコリピース! 「文句なく可愛い」と反響 - 10月23日(月)17:45 

 女優の真野恵里菜が22日に自身のインスタグラムを更新し、刑事役に扮した際のスーツ姿でのオフショットを公開した。この投稿に、ファンからは「文句なく可愛い」「可愛い天使だ」「まのちゃんマジまのちゃん」など絶賛の声が相次いでいる。【関連】「真野恵里菜」フォトギャラリー この日の投稿で、22日に放送された『日曜ワイド「白い刑事」』(テレビ朝日)への出演を報告した真野。ドラマでは、主人公・相楽修平を演じる安田顕のバディとして、事件解決に挑む渋谷美里巡査部長役を演じた。真野はオフショットとして、スーツ姿でピースサインを片手に、笑顔を浮かべるキュートなショットをアップした。 この投稿に対して、コメント欄では「メッチャ可愛い」「制服がなんでも似合うなー」「素敵な笑顔だ」「可愛い、カッコよい」「ああーめっちゃ綺麗」「ごめん!抱きしめたい」「キリッとした姿にピースと笑顔がとても綺麗です」など、多くの感想が寄せられている。引用:https://www.instagram.com/erinamano_official/ ■関連記事真野恵里菜が登場『この世にたやすい仕事はない』会見フォトギャラリー坂口健太郎、真野恵里菜ら登場『君と100回目の恋』舞台挨拶の様子中条あやみ×志尊淳×小関裕太『覆面系ノイズ』、“切キュン”場面写真を一挙解禁知念侑李×中川大志×小松菜奈『坂道のアポロン』初映像解禁&公開日決定
カテゴリー:

浜野謙太、ガチョーンから演歌歌手へ! - 10月21日(土)17:00 

NHK総合で放送中の「植木等とのぼせもん」(毎週土曜夜8:15-8:43)が、10月21日に最終回を迎える。 【写真を見る】浜野謙太は「とと姉ちゃん」に続き、川栄李奈に恋心を抱く役どころ 本作は「スーダラ節」や「無責任男」で時代の寵児(ちょうじ)となった植木等(山本耕史)と、付き人兼運転手として植木を支え続け、後に自身も大活躍する小松政夫(志尊淳)の物語。 山内圭哉らが、ハナ肇とクレージーキャッツの演奏を再現したことでも話題になっていた。 そんな中、「ガチョーン」でおなじみの谷啓を演じていた浜野謙太は、11月12日(日)スタートのプレミアムドラマ「男の操」に主演する。 業田良家のコミックを映像化した同ドラマで、浜野は売れない演歌歌手・五木みさおを演じる。男手一つで娘のあわれ(粟野咲莉)を養うみさおが、亡き妻・純子(倉科カナ)に誓った「紅白歌合戦に出場する」という夢に向かって、奮闘するストーリーだ。 浜野は主演決定に際し、「こんなかませ犬男優が主役をやらせてもらうなんてめちゃくちゃ恐縮なんですが、原作のあまりの素晴らしさに男浜野36歳、腹を決めました」とコメント。 「植木等とのぼせもん」では、星野源が率いていたバンドSAKEROCK(2015年に解散)時代に演奏していたトロンボーンの腕前を発揮していたが、今回は演歌。どんな姿が見られるのか、注目を集めている。 また、「男の操」には連続...more
カテゴリー:

中条あやみ主演『覆面系ノイズ』志尊淳&小関裕太との胸キュンシーンを収めた場面写真が解禁! - 10月20日(金)16:31 

(C)2017映画「覆面系ノイズ」製作委員会 中条あやみが主演を務め、志尊淳、小関裕太と共演することで話題の映画『覆面系ノイズ』から、片想いが交錯する恋模様や、圧巻のライブシーンなどを収めた場面写真が、一挙に解禁された。 >場面写真を見る 福山リョウコによる同名漫画を基にする本作は、初恋の人で...
カテゴリー:

父は宮沢和史 俳優デビューした宮沢氷魚「憧れは阿部寛」 - 10月20日(金)11:00 

「大好きな作品、しかも、注目される続編でデビューできることは、本当にうれしいです。初めて綾野剛さんにお会いしたときは、あまりの感動で心臓が止まるかと思いました!」 そう語るのは、ドラマ『コウノドリ』(TBS系・金曜22時〜)の第2シリーズで研修医・赤西吾郎を演じる宮沢氷魚(23)。今も伸び続けているという184センチの長身を生かし、モデルとしてキャリアを積んできた。そこへ舞い込んだのが、念願のドラマ出演。 「撮影は楽しいし、演じていて気持ちいい。今まで感じたことのないような高揚感です」(宮沢・以下同) 父は、元『THE BOOM』の宮沢和史。演じる役柄に、父と同じ芸能界に入った自分との共通点を感じているという。 「赤西は、高名な産婦人科医の父と同じ医師の道に進みましたが、産科の専門医になるかどうか決めかねている。まるで自分の分身のようで。僕自身が日々、父に対して抱いている感情を素直に投影すればいいのかなあと思いました。父からは、『失敗するのは当たり前なんだから、堂々と、自信を持ってやれ!』と励まされて。うれしかったですね」 目指したい理想の役者像、夢は? 「阿部寛さんの大ファンなんです。阿部さんが、自分にしかできない役というのを確立されたように、『宮沢氷魚にしか演じられない』と言われるような役者になるのが夢です。そしていつか、得意の英語力を生かして、世界で活躍できるスタ...more
カテゴリー:

切ない片思い… 中条あやみ×志尊淳×小関裕太「覆面系ノイズ」場面写真一挙公開 - 10月20日(金)07:00 

中条あやみが主演し、志尊淳、小関裕太と共演した映画「覆面系ノイズ」の場面写真が、一挙に披露された。今作は登場人物がそれぞれに秘めた“伝えられない思い”を、音楽や歌声にのせ相手に届けるという、切な...
カテゴリー:

「植木等とのぼせもん」最終回。植木がクレージーキャッツの呪縛から吹っ切れる。サヨナラ、サヨナラ - 10月23日(月)09:45 

9月から放送されてきたNHK総合の土曜ドラマ「植木等とのぼせもん」が、10月21日、ついに最終回を迎えた。前回、植木等の付き人を務めてきた小松政夫は、晴れて独り立ちが許された。最終回では、すっかり人気者になった小松と、クレージーキャッツから離れて活躍するようになった植木のその後が描かれた。紅白のステージに向かう師を、弟子が送り出す1977年に舞台『王将』に主演した植木(山本耕史)。楽屋へ久々にあいさつに訪れた小松(志尊淳)が、母親のハツエ(富田靖子)を初めて植木に引き合わせる。そのとき、母に乱暴な口を聞く小松を、植木がたしなめると、居合わせた植木の父・徹誠(伊東四朗)が「息子はいつまで経っても息子ですな」と笑いながら母に声をかけた。「スーダラ節」の歌詞に違和感を抱きつつも、無責任男のキャラクターで一世を風靡した植木は、50歳にしてようやくシリアスな役を演じるようになった。しかし、そんな彼に、徹誠は「おまえはさ、無責任やっていたときのほうが本当のおまえだったのかもしれないな」と意味深なことを言い残し、まもなくしてこの世を去る。このあと、小松と旧知の人々のその後が描かれる。かつての片思いの相手、みよ子(武田玲奈)は、親友の元俳優・久野征四郎(中島歩)と結婚し、スナックを構えていた。小松が高倉健主演の映画「居酒屋兆治」に出演し、植木が黒澤明監督の大作「乱」に抜擢された1980年代半ばのこ...more
カテゴリー:

「植木等とのぼせもん」7話。植木から小松政夫が独立を許されるシーンにグッときた。そして今夜最終回 - 10月21日(土)09:45 

試練を乗り越えた小松、独り立ちを許されるクレージーキャッツの植木等(山本耕史)に弟子入りした松崎雅臣青年(志尊淳)は、運転手兼付き人として植木を支えながら、やがて少しずつテレビや舞台に出させてもらうようになり、小松政夫の芸名も与えられた。先週、10月14日放送の第7回では、植木が小松を独り立ちさせるため、大阪でのクレージー公演の幕間の5分間を彼ひとりでつなげるという試練を与える。公演が始まってからというもの、小松はあれやこれやネタを披露するも、客にさっぱりウケない。クレージーのリーダーのハナ肇(山内圭哉)は見かねて、小松を降板させようとするも、植木が「もう一回だけ頼むよ」と懇願して、最後のチャンスが与えられる。追い詰められた小松に、わざわざ大阪まで憧れの女性・鎌田みよ子(武田玲奈)が面会に来てくれた。すでにみよ子にはフラれていた小松だが、彼女から「私、ずっとまっちゃんのファンだからね。だから、きっとこの世界で一人前になるって約束よ」と励まされる。このあと、小松は宿泊先のテレビでたまたま淀川長治が映画を解説するのを見て、これだとひらめく。翌日のステージでは、顔に太い眉とメガネを描いて登場、淀川長治の口調を真似ながら、その前のクレージーの出し物について「この作品、じつはねえ、構想5年、総予算30億円、リハーサル1日、怖いですねえ、怖いですねえ」と解説を始めた。これに会場はドッと沸く。こ...more
カテゴリー:

山本耕史「結婚して楽しみが増えた」 「さんざん1人の時間を過ごしてきたので」 - 10月20日(金)11:02 

 映画『パーティで女の子に話しかけるには』のジャパンプレミアイベントが19日、東京都内で行われ、ジョン・キャメロン・ミッチェル監督、ゲストとして俳優の山本耕史が登壇した。  映画のタイトルにちなみ「今は奥さんとなった堀北(真希)さんに(交際を申し込む)声を掛ける時は緊張した?」と尋ねられた山本は「緊張があったらできない。分かんないけど自信…、自信じゃないな。怖くないというか。若い頃の恋愛って何も怖くなかったりするじゃないですか。そういう意味では近いものがあったかな」と振り返った。  「普段、自宅で一緒に映画を見るか?」と聞かれると「お互いの趣味がびっくりするぐらい違うので。なかなか僕が見たいというのを見てくれなかったり。僕がこれはな…と思うのを(妻が)見ていたりする。ただ強制的に『頼むからこれを見てくれ』というのはありますが」と説明した。  昨年12月には第1子が誕生。山本は「かわいいですよ。外で飲むよりは家に帰る…? そうですね。今まで1人の時は、遊びにしても仕事にしても、自分のためにという感じだったけど、今は自分だけじゃないし、それはそれで楽しいので」と幸せいっぱいの様子。  無理して外出を控えているわけでないとしつつ「意外と家飲みっていいんだなと。家だと飲み過ぎることもない。ビール1杯、焼酎を1、2杯ロックで飲むだけ。今のほうが体調的に楽ですね」と話した。  「奥さんの作るお...more
カテゴリー:

山本耕史ヘドウィグ仲間と再会 「同士みたいに思っている」 - 10月20日(金)10:52 

 映画『パーティで女の子に話しかけるには』のジャパンプレミアが19日、東京都内で行われ、ジョン・キャメロン・ミッチェル監督が登場。花束贈呈ゲストとして俳優の山本耕史が駆け付けた。  ミッチェル監督は、舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」への出演と、本作のプロモーションのため7年ぶりに来日。山本は2007年から3年連続で、同舞台でヘドウィグ役を演じ、ミッチェル監督とは08年のジョイントライブで共演した。  久々の再会をハグで喜び合った2人。山本は「ジョンはとても優しい人。舞台のヘドウィグは、なるべくジョンが演じたヘドウィグに近づけてやろうとしました。僕は勝手に同士みたいに思っています」としみじみ語った。  ミッチェル監督も「世界中のヘドウィグを演じた人、皆が姉妹、きょうだいなんです。お互いに目が合っただけで分かり合えるし、どれぐらい大変かも分かる。役者人生の中で一番大変。だからこそヘドウィグを演じた後は、全く他の役を恐れる必要がなくなるんです」と語った。  イベント終盤に、ミッチェル監督が山本に何やら耳打ち。すると2人は、突然「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の劇中歌「オリジン・オブ・ラブ」をデュエットで披露した。まさかのサプライズに観客も感激。手拍子で一体となった会場は、温かい雰囲気に包まれた。  新作の『パーティで女の子に話しかけるには』は、パンクなのに内気な少年エ...more
カテゴリー:

「覆面系ノイズ」志尊淳&小関裕太のセッションも、片思いが交錯する新カット - 10月20日(金)07:00 

福山リョウコ原作による実写映画「覆面系ノイズ」の場面カットが公開された。
カテゴリー:

もっと見る

「志尊淳」の画像

もっと見る

「志尊淳」の動画

Wikipedia

外部リンク
  • ワタナベエンターテイメントによる公式プロフィール
  • 志尊淳オフィシャルブログ SHISON JUN OFFICIAL BLOG
  • weibo公式アカウント - weibo
  • LINE公式アカウント - LINE
  • ワタナベエンターテイメントスクール

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる