「志尊淳」とは?

関連ニュース

松田龍平、豊田利晃監督作に16年ぶり単独主演!野田洋次郎の出演も決定 - 08月16日(水)05:00 

 俳優の松田龍平が、脱サラ棋士・瀬川晶司五段の自伝的小説を豊田利晃監督が映画化する「泣き虫しょったんの奇跡(仮題)」に主演することが明らかになった。瀬川五段に扮する松田にとっては、「青い春」以来16年ぶりに豊田作品で単独主演を務めることになる。また、瀬川の好敵手で親友の鈴木悠野を、プライベートでも松田と仲が良い人気ロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎が演じることも発表された。 ・【フォトギャラリー】松田龍平、野田洋次郎の写真はこちら  「青い春」を皮切りに、「ナイン・ソウルズ」「I'M FLASH!」と豊田作品に出演を重ねてきた松田が、豊田監督と再びがっぷり四つに組む日がやってきた。幼い頃から将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川晶司が、「26歳の誕生日を迎えるまでに四段昇格できないものは退会」という新進棋士奨励会の規定により社会の荒波に放り出されながらも、周囲に支えられながら第二の人生を賭け、再び夢を実現させるため、ひたむきな努力を続ける姿が描かれる。  メガホンをとる豊田監督もまた、17歳まで新進棋士奨励会に所属していたという。それだけに「少年時代、将棋の世界に生きていた僕は将棋を憎んでいました。原作を読んだとき、その憎しみが消えていくように涙がでました。もう一度、謙虚に、将棋の世界を見つめ直したいと思っています。映画監督20年目にふさわしい作品にしたいと思っ...more
カテゴリー:

山本彩・中川翔子ら昭和の歌姫演じる NHKドラマ『のぼせもん』 - 08月14日(月)18:26 

 昭和を代表するスターの故・植木等さんと、彼の付き人兼運転手で、後に自身も俳優・コメディアンとして活躍する小松政夫の師弟関係の実話を描く、NHK・土曜ドラマ『植木等とのぼせもん』(9月2日スタート、毎週土曜 後8:15、全8回)の配役が追加発表された。 【写真】劇中に登場するクレイジーキャッツほか  「スーダラ節」を熱唱し、「無責任男」を身体を張って演じ、画面で、ステージで、多くの人々を魅了し続けた「明るい昭和」を象徴する男、植木等役を山本耕史。植木の付き人兼運転手として働き、「親父さん」と慕っていた小松=松崎雅臣役を志尊淳が演じる。  新たに発表されたのは、ドラマの見せ場のひとつ、昭和30年代に絶大な人気を誇ったバラエティー番組『シャボン玉ホリデー』の再現シーンに欠かせない昭和を代表する女性歌手たちの配役。  園まり役にNMB48の山本彩(第5回から登場予定)、伊東ゆかり役に中川翔子(第2回から登場予定)、奥村チヨ役に鈴木愛理(第2回から登場予定)、ザ・ピーナッツ役に双子の鈴木みな・まりあ(第1回から登場予定)。  山本は「昭和を代表する歌手である園まりさんの役を演じることができて、とても光栄に思います。私がドラマの中で歌わせていただいた『逢いたくて逢いたくて』は、私よりもずっと前に生まれた曲ですが、この役を演じさせていただいたことによって、当時の歌謡の世界を感じること...more
カテゴリー:

志尊淳「素の状態で楽しんだ」 根岸拓哉&大久保祥太郎と北海道で男子旅 - 08月13日(日)06:50 

 注目の若手俳優3人がロードバイクで日本各地を旅するDlifeのオリジナル番組『男子旅』。2016年8月、スペシャル番組としてスタートし、大好評を博したことからレギュラー番組として全10回をオンエア。そして、2017年の夏、Dlife開局5周年スペシャル番組として、さらにパワーアップして帰ってきた。今回は、同じ事務所でプライベートでも仲がいいという志尊淳(22)、根岸拓哉(21)、大久保祥太郎(21)の3人が、神宿る処、北海道・神威岬を目指し、洞爺湖から積丹半島を駆け抜ける。雄大な大自然を舞台に、さらに絆を深めた3人が、旅の思い出を熱く語った。【関連】Dlife『男子旅』志尊淳、根岸拓哉、大久保祥太郎インタビュー写真&旅の様子 北の大地に降り立った3人は、羊蹄山の元で川遊びやツリーハウスを堪能し、ウニや話題のシメパフェに舌鼓。さらに、積丹ブルーの息を呑む絶景を求めて海に潜り、神秘の世界にも挑んだ。「これでいいのかな?と思うくらい、仕事を忘れて素の状態で旅を楽しんだ」という志尊。「確かにほぼ普段の姿」と大久保が同意すると、一方で、「普段の会話がたくさん見られるので、そこはちょっと恥ずかしかった」と照れる根岸。「時折、真面目な顔をすると笑ってしまう」という3人は、今回の旅で“素の自分”をさらけだしたようだ。 最年長ということでリーダーを務める志尊と、ちょっとふざけるのが好きな弟キャラの...more
カテゴリー:

婚約者を殺してしまった!?アラフォー女2人の逃亡劇に意外な結末が - 08月11日(金)12:00 

テレビ東京系列にて、8月11日24時12分より『下北沢ダイハード』の第4話が放送。今回は喜安浩平(ブルドッキングヘッドロック)が脚本、緒川たまきが主演を務める「夜逃げする女」。本作は、小劇場の聖地・下北沢を舞台に“人生最悪の1日”をテーマにしたパニック・コメディー。毎回、設定も登場人物も変わる1話完結型のドラマを、11人の劇作家がオリジナリティー豊かに書き下ろす。総合演出は、Perfumeや星野源ら人気アーティストのミュージック・ビデオをはじめ、ドラマ『かもしれない女優たち』の演出や、『カルテット』のエンディング映像などでも知られる関和亮。その他、スミスや山岸聖太など、話題のクリエイターたちが演出を務める。また、同ドラマは毎回、古田新太演じるスナックの常連・ジョン幕練(じょんまくれん)と、小池栄子演じる店のママのやりとりからスタート。下北沢で起きたさまざまな“人生最悪の一日”に詳しいジョン幕練がグラスを傾け、カウンター越しのママに「ねえ、知ってる? 最近下北沢で起こったこんな話……」と語りかける場面から、各エピソードに繋がっていく。<「夜逃げする女」あらすじ>小さな古着屋を営む須田類(緒川)と共同経営者の椎名照美(酒井若菜)のもとに、貸した300万円を返せと原田利夫(山西惇)が現れる。店のためにお金を使ってしまった類と照美には返す当てがない。照美と結婚するつもりの原田は「返せないな...more
カテゴリー:

武田玲奈、船を下りて昭和の美容師に! - 08月10日(木)22:00 

MBSで7月31日、TBSでは8月2日に最終回を迎えたドラマ「マジで航海してます。」で、飯豊まりえと共に主演を務めていた武田玲奈が、9月2日(土)スタートの「植木等とのぼせもん」(毎週土曜夜8:15-8:45、NHK総合)に出演する。 【写真を見る】武田玲奈の美容師姿が解禁!/(C)NHK 本作は小松政夫の著書を原案に、山本耕史主演でドラマ化したもの。 「スーダラ節」や「無責任男」で時代の寵児(ちょうじ)となった植木等(山本)と、付き人兼運転手として植木を支え続け、後に小松政夫として活躍する松崎雅臣(志尊淳)。師弟以上の強い絆で結ばれた2人が、激動の昭和を駆け抜ける。 「マジで航海してます。」では、外航船員を目指す女子大生を好演していた武田。今回は一転、美容院で働き、ある人物との恋の気配も漂わせる女性・鎌田みよ子を演じる。 武田がNHKのドラマに出演するのは、初めてのこと。 出演決定に際し「大変うれしく思っております」とコメントを寄せた武田は、「素晴らしい出演者の皆さん、スタッフの皆さんの中でお芝居をさせていただくことに喜びを感じながら、一生懸命、鎌田みよ子を演じたいと思います」と意気込む。 【関連記事】 ・武田玲奈、クールな男装モデルに変身 ・武田玲奈「憧れは満島ひかりさん」二十歳を迎え女優業にまい進 ・中条あやみ、志尊淳らが切なく見詰める“片思い”の相手とは? ・“航海士目指...more
カテゴリー:

NHKドラマに、山本彩&鈴木愛理仲良しコンビが参戦! - 08月15日(火)08:00 

NHK総合で9月2日(土)にスタートするドラマ「植木等とのぼせもん」(毎週土曜夜8:15-8:45)に、山本彩(NMB48)、中川翔子、鈴木愛理らの出演が決まった。 【写真を見る】山本彩、大人な“肩出し”赤ドレスで登場!/(C)NHK 本作は小松政夫の著書を原案に、山本耕史主演でドラマ化したもの。 「スーダラ節」や「無責任男」で時代の寵児(ちょうじ)となった植木等(山本)と、付き人兼運転手として植木を支え続け、後に小松政夫として活躍する松崎雅臣(志尊淳)。師弟以上の強い絆で結ばれた2人が、激動の昭和を駆け抜ける。 本作の見どころの一つが、当時のテレビバラエティーや映画の、熱気ある撮影風景の描写だ。今回、その重要なシーンを彩るキャスティングが発表された。 山本彩が演じるのは、昭和を代表する歌手・園まり。同じく歌手の奥村チヨ役に鈴木愛理が抜てきされた他、伊東ゆかり役を中川翔子と、歌唱力に定評がある華やかなキャストが名を連ねる。 山本と鈴木は、ブログに2ショット写真を上げるなど、気心の知れた間柄。“仲良しコンビ”の共演となる。 また、ザ・ピーナッツを演じるのは、ミスタードーナツのCMなどで話題になった双子ハーフタレントの鈴木みな・まりあ。2人はことし歌手デビューを果たしたばかりだが、今作のために3カ月にわたる歌のレッスンを行い、劇中で名曲「ふりむかないで」を披露する。 制作統括の佐野元彦...more
カテゴリー:

志尊淳「本当に恥ずかしい」男子旅で素の表情 - 08月14日(月)17:03 

同じ事務所に所属する若手俳優・志尊淳、根岸拓哉、大久保祥太郎。養成所時代からの同期で同じクラスだったという志尊と大久保。また、志尊と根岸は地元が一緒という3人それぞれ旧知の間柄だ。そんな3人が、8月18日(金)夜11時から放送される「Dlife開局5周年スペシャル 男子旅~北海道・ニセコ~」に出演。旅の感想や思い出、さらに普段テレビでは見ることのできないお互いの印象などを語ってもらった。 【写真を見る】高身長の根岸拓哉がひときわ目立つ ――3人での旅は初めてですか? 志尊:3人での仕事というのはあまりなくて。 根岸:ちょっと照れくさかったよね、3人であらためてお仕事というのは。 志尊:これでいいのかと思うくらい、カメラが回っていることも意識せず、普段の感じで旅をさせていただいたので、だから純粋に楽しめましたし、仕事という意識がないから、「これ平気かな」と思う部分はあるんですけど、そのくらい素の状態で楽しめたなというのはありました。 大久保:7年前くらいから知っているので、知り尽くしているくらいの感覚です。ブレーキをかけるときもありますけど、でも3人でいるとそれが崩れるので仕事なのかプライベートなのか不思議な感覚のまま旅をしてました。 根岸:普段の関係性で普段の会話というのがすごく多く見られると思うので、そこは恥ずかしかったですね、終わってみると(笑)。 志尊:本当に恥ずかしい。3人...more
カテゴリー:

第4話脚本・喜安浩平「下北沢ダイハード」に新風を吹き込む!? - 08月11日(金)22:44 

テレビ東京で放送中のドラマ24「下北沢ダイハード~人生最悪の一日~」。小劇場で活躍する人気劇作家が脚本を書き下ろし・・・というサブカル色・ニッチさ・趣味性がドラマの特徴だが、8月11日(金)放送の第4話「夜逃げする女」は、趣きが少し異なって見える。 【写真を見る】「夜逃げする女」出演=緒川たまき、酒井若菜、志尊淳、山西惇 /(C)「下北沢ダイハード」製作委員会 出演に緒川たまき、酒井若菜、志尊淳、山西惇、脚本担当は喜安浩平、そして関和亮が演出する。 脚本に絞ってみれば、担当の喜安浩平は、劇団ブルドッキングヘッドロックの主宰・作・演出家と整理紹介されているが、ケラリーノ・サンドロヴィッチ主宰の人気劇団「ナイロン100℃」に所属し、アニメ「はじめの一歩」幕之内一歩役、「テニスの王子様」海堂薫役の声優を務めた役者であり、映画では「桐島、部活やめるってよ」(吉田大八と共同)、ももいろクローバーZ出演の「幕が上がる」、岡田将生、染谷将太、成海璃子、松岡茉優ら出演の「ストレイヤーズ・クロニクル」(瀬々敬久と共同)の脚本を手掛けている。 こうして並べてみるだけで、「下北沢ダイハード」では最大のメジャー感を抱かせる。さて、その中身はどうなるか? 第4話あらすじは次のとおり。 20年間下北沢に住み続ける須田類(緒川たまき)と椎名照美(酒井若菜)は、下北沢の小さな古着屋を共同経営している。ある日、類の...more
カテゴリー:

『下北沢ダイハード』 超ド級の深夜コメディが描く「シモキタの光と影」 - 08月11日(金)07:00 

(C)テレビ東京「最悪の一日」を描くというコンセプトで、気鋭の劇作家11名が脚本を担当し話題のドラマ『下北沢ダイハード』(テレビ東京系)。第一話「裸で誘拐された男」、第二話「違法風俗店の男」、第三話「夫が女装する女」……と各話のタイトルを見るだけで「なんじゃそれ!」と叫びたくなる切れ味の本作は、ネット上でも大きな話題に。この記事では今夜に放送が迫った第四話のあらすじと、超ド急の深夜コメディドラマに込めた制作陣の思いを紹介したい。■第四話は「夜逃げ」がテーマ(C)テレビ東京公式サイトのあらすじを確認すると……20年間下北沢に住み続ける須田類(緒川たまき)と椎名照美(酒井若菜)は、2人で下北沢の小さな古着屋を共同経営している。ある日、類の元に照美の恋人である原田利夫(山西惇)が現れ、300万円の返済を迫った。原田に対し音信不通の状態であった照美は、店の奥に隠れていた。なぜなら、その300万円は店の経営のために使ってしまったのであった。金が返せないなら結婚する、と言う原田。耐えかねた照美が姿を現すが、結婚して照美を下北沢から連れ出そうとする原田に、照美は下北沢を離れる気はないと突っぱねる。それでもしつこく結婚を迫る原田に、類は後ろからビンテージのブーツを何度も何度も振り下ろす。原田は頭から血を流し、動かなくなり…。(C)テレビ東...more
カテゴリー:

吉本実憂、国民的美少女コンテストで初心にかえる「賞が全てじゃない」 - 08月10日(木)18:36 

女優の吉本実憂が9日、8日に開催されたオスカープロモーション主催『第15回全日本国民的美少女コンテスト』にプレゼンター等で登壇したことを自身のブログで報告。ファイナリスト達へのメッセージや感じたことをつづり、女優・剛力彩芽とのツーショットも公開した。 吉本はまず「人前に出るって表現できる場でもあるから楽しいけどやっぱりどこか心が疲れたりするから休んでほしいって思ってた。本当にお疲れ様でした」と出場者達にねぎらいの言葉をかけた。 続けて「賞が全てじゃないと思っています。もちろん受賞者された方は賞を大切にして頂きたいですが、受賞できなかった方も終わりではないと思います」と意見を述べ「自分の意思をもって素敵な選択をし続けていって 楽しくお仕事をしていってくれたらいいなぁと思っています」と熱いメッセージをつづった。 さらに「ステージに立っているファイナリストの皆さんを見ていて初心に返ることができました。大切にしようって思ったこと、後悔していることも心に浮かびました」と告白。「私は何があっても表現というものは続けていきたいと思っています。苦しいことも沢山あるけどそれすらも楽しさに変えて頑張ります。つくったものが人の心にしっかりと届くように」と改めて自身の女優としての決意をしっかりと語った。 最後は「彩芽おねぇちゃんと!」とコメントし剛力とのツーショットを公開。「大好き」「お優し...more
カテゴリー:

もっと見る

「志尊淳」の画像

もっと見る

「志尊淳」の動画

Wikipedia

外部リンク
  • ワタナベエンターテイメントによる公式プロフィール
  • 志尊淳オフィシャルブログ SHISON JUN OFFICIAL BLOG
  • weibo公式アカウント - weibo
  • LINE公式アカウント - LINE
  • ワタナベエンターテイメントスクール

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる