「心肺停」とは?

関連ニュース

治療で重いアレルギー症状、全国で子供9人 11/19 19:09更新 - 11月19日(日)19:09 

神奈川県で、牛乳アレルギーの子供が、治療中に一時心肺停止になった問題を受け、他の医療施設でも同じような治療を受けるなどして9人の子供に重いアレルギー症状が出ていたことがわかった。
カテゴリー:

飲酒米兵の米軍トラックが軽トラックと衝突、61歳男性死亡 那覇市泊の国道58号 - 11月19日(日)12:39 

 19日午前5時25分ごろ、那覇市泊の国道58号の交差点で、飲酒運転をしていた男性米兵の米軍トラックが浦添市方面から那覇市久茂地向けに走行中、交差点を右折しようとしていた軽トラックと衝突した。軽トラックを運転していた男性(61)は心肺停止の状態で救急搬送されたが、午前6時55分に死亡が確認された...
カテゴリー:

『コウノドリ』死産に続く「母体死亡」 産科医療の辛い事例に感謝の声も - 11月18日(土)16:00 

(©ニュースサイトしらべぇ)妊産婦を取り巻く環境をリアルに描き、様々なテーマにおいて「生命誕生の奇跡」を考えさせられる、TBS系ドラマ『コウノドリ』。17日放送の第6話では、産科医療の現場で日々葛藤する医師たちにスポットが当てられた。今クールから1人前の産科医として活躍している下屋(松岡茉優)と、一人の妊婦をめぐる悲しい出来事に多くの反響が寄せられている。■「母体死亡」に直面する下屋医師下屋は、応援要請を受けて派遣された先のこはる産婦人科にて、切迫早産で入院中の妊婦・神谷カエ(福田麻由子)と出会う。同い年で同じ「かえ」という名前の彼女に、下屋は親近感を抱いていた。下屋はカエの様子に少し違和感を感じ、こはる産婦人科の院長に伝えるも「週明けに検査をしておく」と返され、ペルソナへと戻る。しかし、下屋が戻ってから間もなく、カエは心肺停止の状態でペルソナへ緊急搬送される。下屋が睨んでいた「甲状腺」に異常が生じており、容態が急変したというのだ。救命チームと連携し、「さくら」と名付けられた赤ちゃんは一命を取り留めたものの、カエの心拍は戻らず。我が子が産声をあげるその隣で、カエは息を引き取った。■「救命へ」下屋の一大決心後悔と無念さに苛まれる下屋は、仕事にも支障をきたしサクラ(綾野剛)と四宮(星野源)から休暇をとるよう指示される。様々な葛藤の中で、産科医として成長するために下屋は「救命」...more
カテゴリー:

高齢者の救命:本人望めば蘇生中止 消防庁委託研究班提言 - 11月18日(土)12:23 

 増加する高齢者の救急搬送を受け、総務省消防庁から委託された研究班が、持病や老衰で終末期にある介護施設などの高齢入所者が心肺停止した場合の対応手順案をまとめた。本人の事前意思と医師の指示がセットで確認できた場合は蘇生処置の中止を認めており、研究班は高齢者の蘇生処置を巡る法整備をにらんだ議論の高まりを期待している。
カテゴリー:

『コウノドリ』第6話、松岡茉優の大きな決断に「涙が止まらない」 - 11月18日(土)10:30 

 綾野剛と星野源が出演しているドラマ『コウノドリ』(TBS系/毎週金曜22時)の第6話が17日に放送された。松岡茉優演じる産婦人科医の下屋加江が、大きな決断を下す姿が描かれ、SNSでは「下屋先生に感情移入しすぎて涙止まらなさすぎてヤバかった、今週のコウノドリえげつない……」「ずっと泣いてたわ。下屋って芯が強いし、見習わなきゃって思う。 ほんといいドラマだな」と、大きな反響を集めた。【関連】「松岡茉優」フォトギャラリー 下屋は、ピンチヒッターとしてこはる産婦人科へ赴き、そこで切迫早産で入院している神谷カエと出会った。この病院で唯一の入院患者であるカエの不安を取り除くために積極的に相談に乗っていた下屋は、名前も年齢も同じことから意気投合し、次第に仲良くなっていく。そんな中、下屋はカエの様子に違和感を感じ、こはる産婦人科の院長にそのことを報告するも、「週明けに検査する」とだけ言われてしまう。ペルソナに戻った下屋だったが、その時、こはる産婦人科から、カエが心肺停止状態で運び込まれてきたのだった…。 切迫早産の妊婦と出会ったことで、産科医としてのあり方を考えた下屋に、SNSでは「下屋先生の成長への大きな一歩 頑張れ、下屋先生!!」「かえさんの悲しさと、下屋の決断・意思の強さと、産科の優しさと色々なところで涙した」というコメントが寄せられ、多くの感動を呼んだ。 また、次回の予告で吉田羊演じる小...more
カテゴリー:

食物アレルギーの子、経口治療で8人重症 学会調査 - 11月19日(日)17:11 

 食物アレルギー治療の臨床研究に参加した子どもが一時心肺停止になった問題に関連し、全国でほかの子ども8人も検査や治療で重い症状が出ていたことが19日、わかった。宇都宮市で開かれた日本小児アレルギー学会…
カテゴリー:

【沖縄】米軍車両と衝突、60代男性死亡 米兵の呼気からアルコール 那覇市 - 11月19日(日)12:02  newsplus

那覇署などによると、19日午前5時25分ごろ、那覇市泊の国道58号の交差点で、 南下していた米軍車両と北上車線から交差点を右折しようとした60代男性が運転する軽トラックが衝突した。 60代男性は心肺停止の状態で救急搬送されたが、死亡が確認された。 那覇署によると、米軍車両を運転していた20代の男性米兵も軽傷を負ったが、命に別条はないという。 搬送先の病院で、男性米兵の呼気から基準値の3倍以上のアルコールが検出されたという。 同署は男性米兵からも事情を聴くなどして調べている。 以下ソース:沖縄...
»続きを読む
カテゴリー:

【高齢者の救命】本人望めば蘇生中止 消防庁委託研究班提言 - 11月18日(土)13:30  newsplus

高齢者の救命 本人望めば蘇生中止 消防庁委託研究班提言 毎日新聞2017年11月18日 12時23分(最終更新 11月18日 12時23分) https://mainichi.jp/articles/20171118/k00/00e/040/286000c  増加する高齢者の救急搬送を受け、総務省消防庁から委託された研究班が、持病や老衰で終末期にある介護施設などの高齢入所者が心肺停止した場合の対応手順案をまとめた。本人の事前意思と医師の指示がセットで確認できた場合は蘇生処置の中止を認めており、研究班は高齢者の蘇生処置を巡る法整備をにらんだ議論の高まりを期待している。  近年...
»続きを読む
カテゴリー:

高齢者の救命:本人望めば蘇生中止 消防庁委託研究班提言 - 11月18日(土)12:02 

 増加する高齢者の救急搬送を受け、総務省消防庁から委託された研究班が、持病や老衰で終末期にある介護施設などの高齢入所者が心肺停止した場合の対応手順案をまとめた。本人の事前意思と医師の指示がセットで確認できた場合は蘇生処置の中止を認めており、研究班は高齢者の蘇生処置を巡る法整備をにらんだ議論の高まりを期待している。
カテゴリー:

伐採作業中の50代男性死亡 八峰町 - 11月17日(金)20:57 

 17日午前9時半ごろ、秋田県八峰町峰浜石川字一ノ渡の私有林で、伐採作業中の上小阿仁村沖田面字野中、会社員鈴木兼一さん(59)が木の下敷きになり、心肺停止状態で能代市内の病院に搬送されたが、約4時間後…
カテゴリー:

もっと見る

「心肺停」の画像

もっと見る

「心肺停」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる