「心筋梗塞」とは?

関連ニュース

訃報:麻生泰久さん80歳=書の評論家 - 05月21日(月)17:12 

 麻生泰久さん80歳(あそう・やすひさ=書の評論家)16日、急性心筋梗塞(こうそく)のため死去。葬儀は近親者で営んだ。お別れの会を後日開く。喪主は妻祐子(ゆうこ)さん。(共同)
カテゴリー:

入社したら条件が違う…リストラ候補者が陥った罠とは?『ヘッドハンター』第6話 - 05月21日(月)05:00 

江口洋介が主演を務めるドラマ『ヘッドハンター』(テレビ東京系、毎週月曜22:00~)の第6話が、5月21日に放送。今回は、悪徳ヘッドハンターを追い詰めるため、黒澤(江口)とライバル関係にある赤城響子(小池栄子)が協力し合うことになる。“働くこと”をテーマにした本格作品を制作する新ドラマ枠「ドラマBiz」の第1弾として放送中の本作には、『ガイアの夜明け』で案内人を務める江口、ナレーターを務める杉本哲太、そして『カンブリア宮殿』でサブインタビュアーを務める小池という、同局の経済番組の“顔”である3人が出演。作中では、労働環境を背景にビジネスの“今”を切り取り、ビジネス人材のスカウトを生業とする、サーチ会社「SAGASU」の社長で、ヘッドハンター界の異端児・黒澤(江口)が、人のため、企業のため、そして自分のために奮闘する姿が描かれている第6話では、老舗事務機器メーカー「タマル精機」人事部の芥川紘一(宅間孝行)が、会社の業績悪化によりリストラを宣告する日々を送っていた。そんなある日、退社した元上司の川端敏夫(春海四方)が芥川の前に姿を現したかと思いきや、急性心筋梗塞で突然倒れ意識不明の重体になってしまう。川端の妻・妙子は夫が悪質なヘッドハンターに騙され、転職先で悩みを抱えていたらしく、芥川に相談しに行ったのではないかという。助けを求められた芥川は、妙子と共に、業界から悪質業者の一掃を図ろう...more
カテゴリー:

西城秀樹は洋楽ロックもメタルもアニソンも歌った! 日本歌謡界の地平を開いた功績をたどる - 05月19日(土)15:55 

<文/山野車輪 連載第29回> 日本語ロック、洋楽カヴァーのオリジネイターだった西城秀樹 『鬼神童子ZENKI』でお馴染みのマンガ家=黒岩よしひろ先生が、5月8日に心筋梗塞により亡くなっていたことが、16日に報じられた( […]
カテゴリー:

日本全国「長生きできる都道府県」はどこ? - 05月17日(木)10:30 

 47都道府県を詳細データで検証した結果、驚きの事実が発覚。あなたの住む地域は長寿ですか。それとも……。  日本人男性の平均寿命は80.98歳で、女性は87.14歳。これは厚生労働省が昨年発表したデータだが、もう一つ大切な健康指標がある。「日常生活に制限のない期間」――いわゆる「健康寿命」である。簡単に言うと、病院や人の世話にならず、自立して生活できる平均的な年齢のことで、厚労省が3年ごとに調査している。この春に発表された報道資料によると、健康寿命は男性が72.14歳で女性は74.79歳。つまり、男性なら72歳くらいまでは釣りやゴルフも楽しめ、買い物も自分で車を運転して行ける。また、病院や医師の厄介になることもあまりない。いわゆる“元気な老人”でいられる平均的な期間だ。病気で寝込みがちになったり、子どもや介護士の世話にならずに生活できる。医療ジャーナリストの牧潤二氏が説明する。「いくら長生きしても、寝たきりや要介護ではどうしようもない。最近はこう考えて健康寿命を延ばす努力をする人が増えています」  国や地方自治体も、健康寿命を延ばすことに力を入れている。病院や薬、介護にかかる医療費が抑えられるからだ。「健康データは県や市区町村ごとに公表するケースが多いのですが、これも自治体同士で競わせ、医療費を軽減させる苦肉の策でしょう」(前同)  ちなみに、4月17日に厚労省が公表し...more
カテゴリー:

【訃報】漫画家、黒岩よしひろさん死去。鬼神童子ZENKI、変幻戦忍アスカなど★2 - 05月16日(水)19:25  newsplus

http://kuroiwa-yosihiro.cocolog-nifty.com/blog/ 大切なお知らせ 黒岩よしひろの妻です。 大切なお知らせがあります。 2018年5月8日、夫の黒岩よしひろが心筋梗塞のため永眠いたしました。 すぐにお伝えしなければと思いましたが、あまりにも突然のことでご報告が遅くなりました。 葬儀は親族のみで行いました。 生前お世話になった方や、直接お伝えしなければならない方もいらっしゃると思いますが、 多くの方に伝わるインターネットでのご報告とさせていただきました。 黒岩よしひろの作品を愛し、応援してく...
»続きを読む
カテゴリー:

あなたの血管が危ない!コレステロール&中性脂肪改善方法とは? - 05月21日(月)05:00 

渡部建(アンジャッシュ)と山瀬まみがMCを務める『名医のTHE太鼓判!』(TBS系)が、5月21日(月)19時から放送される。今回は、石井明美、中山秀征、ハイヒール・モモコ、湯原昌幸、LiLiCoをゲストに迎え、好評企画が進化した「コレステロール&中性脂肪改善SP」と題しておくる。レギュラー出演者は、児嶋一哉(アンジャッシュ)、FUJIWARA(原西孝幸・藤本敏史)。コレステロールと中性脂肪に異常があると、血管に悪影響を及ぼす。ひどい場合には心筋梗塞・脳梗塞という命に関わる疾患に結びつくという。そこで、芸能人の私生活に密着して徹底調査。仕事柄、外見とイメージを大切にする芸能人たちの健康面はどうなっているのか? 関連リンク 事件事故、犯罪の実態とは?リアルな警察活動の最前線をリポート 広末涼子の手料理に「もう一回やり直せ」と言える男とは? 『情熱大陸』絶滅寸前のワシを救え!猛禽類専門の獣医師が送る怒涛の日常 大久保佳代子、女性として満たされ「DカップからGカップに」? 若手イケメン俳優・健太郎、...more
カテゴリー:

西城秀樹は洋楽ロックもメタルもアニソンも歌った! 日本歌謡界の地平を開いた功績をたどる - 05月19日(土)15:55 

<文/山野車輪 連載第29回> ◆日本語ロック、洋楽カヴァーのオリジネイターだった西城秀樹 『鬼神童子ZENKI』でお馴染みのマンガ家=黒岩よしひろ先生が、5月8日に心筋梗塞により亡くなっていたことが、16日に報じられた(享年55)。同日の16日に、多数のヒット曲で一時代を築いた歌手=西城秀樹氏(以下、ヒデキ)も、急性心不全のため亡くなった(享年63)。  今週は、ヒデキの急逝の話題で持ちきりだ。と言うのも、氏はかつてトップアイドルとして君臨していたのだから当然のことだろう。歌謡曲界における氏の業績は非常に大きい。  71年生まれの筆者は、幼少時、「ヒデキ、感激!!」のTVCMでお馴染み「ハウスバーモントカレー」の甘口を食べて育った世代だし、歌番組での「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」におけるアグレッシヴな振り付けも記憶に残っている。  とは言え、物心つく前の頃の記憶であり、そもそも筆者はマンガやアニメが好きな子どもだったことで、歌謡曲界で活躍する芸能人=西城秀樹に対する思い入れは薄かった。そして、若い世代から見れば、単に昔有名だった元アイドル歌手という認識ではないだろうか。  ではなぜ本連載でヒデキを取り上げるのか。それは、氏がアイドルという枠におさまらず、日本の歌謡曲に洋楽ロックを取り入れた先駆者であり、歌謡メタルの源流に位置するロック歌手だからだ。 ◆“...more
カテゴリー:

“静かなる殺し屋” 高血圧の恐怖 5/18 3:09更新 - 05月18日(金)03:09 

国内の推定患者数は約4000万人…。自覚症状もないまま脳卒中や心筋梗塞など突然死を引きおこす病「高血圧」。予防のための「食」と「簡単体操」から睡眠中に潜む高血圧リスクの回避術まで、おなじみ“血管先生”がわかりやすく解説します。
カテゴリー:

【健康】体内時計とうつの関係性が明らかに 英最新研究 - 05月16日(水)22:41  newsplus

http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-44135384 2018/05/16 ジェイムズ・ギャラガー健康科学編集委員 BBCニュース 体内時計の不調が気分障害のリスクを高める可能性があることが、英グラスゴー大学の研究チームによる調査で明らかになった。 体内時計はほぼ全ての細胞に存在しており、身体組織の日々のリズムをつかさどっている。 医学雑誌ランセットに掲載された研究によると、9万1000人を対象に調査した結果、体内時計の不調がうつや双極性障害などと関係していることが明らかになった。 研究者たちは、人々...
»続きを読む
カテゴリー:

“静かなる殺し屋”高血圧の恐怖 5/16 19:11更新 - 05月16日(水)19:11 

国内の推定患者数は約4000万人…自覚症状もないまま脳卒中や心筋梗塞など突然死を引きおこす病、「高血圧」。“ヒートショック”など寒い季節にリスクが高くなると言われる高血圧、実はこれからの季節が要注意なんだとか。そのワケとは?
カテゴリー:

もっと見る

「心筋梗塞」の画像

もっと見る

「心筋梗塞」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる