「心不全」とは?

関連ニュース

ドキッとしたときやゾクッとしたときに寒気を感じる理由 - 11月21日(火)08:00 

焦ったときや怖い思いをしたとき、全身がサーっと冷めていく感覚を味わったことはないだろうか。体調や気温とは無関係なのに、なぜ寒気を覚えることがあるのだろう?人間の体の仕組みについて、不思議に思ったので医師に尋ねてみた。 ■原因は自律神経の異常だった! 「寒気のことを悪寒と言いますが、悪寒の原因にはいろいろなものがあります。原因を大別すると、体温に関する因子と、自律神経に関する因子になります」 と教えてくれたのは、大西内科ハートクリニック院長の大西勝也先生。 「自律神経とは、自分の意志ではコントロールできないもので、血管を開いたり締めたりする役割も担っています。寒い時には手足の血管は体温を逃がさないために締まっており、暑い時には体温を逃がすために開いています」 自律神経の異常があると、本来なら体温を下げないために血管が締まっていなくてはいけないときに、一時的に血管が開いてしまうのだという。 「結果として体温が下がり、体温を上げるためにふるえが生じます。それを、私たちは、ブルっとした寒気として感じるのです」(大西院長) 自律神経は、ストレスや睡眠不足、更年期障害などにより異常が生じることがある。ドキッとしたときやゾクッとしたときなど、緊張状態にあるときに寒気を感じるのは、自律神経の乱れが原因のようだ。 ■体がふるえるのは体温を調節するため? では、もう一つの原因である「...more
カテゴリー:

【医療】死亡患者の人工心臓に不具合、自主回収へ…90台が患者の体内に埋め込まれている 死亡との因果関係は不明 - 11月16日(木)20:37  newsplus

死亡患者の人工心臓に不具合、自主回収へ 因果関係不明  医療機器販売会社「センチュリーメディカル」(東京)は16日、同社が販売する人工心臓を自主回収すると発表した。  回収するのは「Jarvik2000植込み型補助人工心臓システム」。  2014年1月~今年11月に174台が出荷され、うち90台が患者の体内に埋め込まれている。  手術した施設で検査をして問題があれば別の機器に取り換える。  人工心臓は、重症の心不全で心臓移植を待っている患者向け。  心臓から血液を送り出す働きを補助する。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

塩見孝也・元赤軍派議長が死去 日航機よど号ハイジャック「よど号事件」を計画 - 11月15日(水)18:11 

 日航機よど号ハイジャック事件を計画した元赤軍派議長で、実刑判決を受けた塩見孝也(しおみ・たかや)氏が14日午後9時53分、心不全のため東京都小平市の病院で死去した。76歳。広島県出身。葬儀・告別式は未定。
カテゴリー:

元赤軍派議長・塩見孝也氏が心不全で死去 - 11月15日(水)15:07 

 よど号ハイジャック事件を計画したとして実刑判決を受けた元赤軍派議長の塩見孝也さんが14日、東京・清瀬市の自宅で倒れているのが見つかり、その後、亡くなっていたことが分かりました。
カテゴリー:

元赤軍派議長・塩見孝也さん死去 獄中生活後に評論活動 - 11月15日(水)13:56 

 元赤軍派議長で評論活動もしていた塩見孝也さんが14日、心不全のために亡くなった。76歳だった。葬儀は未定。 京大在学中に活動家となり、武装闘争を主張して1969年に赤軍派を結成。「よど号」ハイジャッ…
カテゴリー:

【訃報】矢竹聖俊氏(元クラレ副社長) - 11月21日(火)05:00 

 矢竹聖俊氏(やたけ・せいしゅん=元クラレ副社長)16日、心不全のため死去、89歳。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は孫、野垣鉄平(のがき・てっぺい)氏。
カテゴリー:

心不全や脳卒中の緩和ケア体制整備へ 厚労省 - 11月16日(木)18:15 

 高齢の患者が多く、呼吸困難といった苦痛も大きい心不全や脳卒中など循環器の病気について、厚生労働省は緩和ケア体制の整備にのりだす。16日に有識者による初会合を開き、望ましい施設の体制やケアの内容を検討…
カテゴリー:

【社会】元赤軍派議長・塩見孝也さん死去 よど号ハイジャック事件首謀者として実刑判決 [11/15] - 11月15日(水)15:40  seijinewsplus

元赤軍派議長 塩見孝也さん死去 日本放送協会:2017年11月15日 14時39分 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171115/k10011224341000.html 塩見孝也・元赤軍派議長 元赤軍派議長で、昭和45年のよど号ハイジャック事件の首謀者として実刑判決を受けた塩見孝也さんが14日夜、心不全のため都内の病院で亡くなりました。76歳でした。 塩見さんは広島県出身。 京都大学に入学後、昭和44年に過激派の「共産主義者同盟赤軍派」を結成して、議長に就任しました。 武装蜂起路線を掲げ、昭和45年に赤軍派のメンバーが日航機...
»続きを読む
カテゴリー:

元赤軍派議長 塩見孝也さん死去 - 11月15日(水)14:39 

元赤軍派議長で、昭和45年のよど号ハイジャック事件の首謀者として実刑判決を受けた塩見孝也さんが14日夜、心不全のため都内の病院で亡くなりました。76歳でした。
カテゴリー:

訃報:塩見元赤軍派議長が死去 よど号ハイジャック事件 - 11月15日(水)11:40 

 日航機よど号ハイジャック事件を計画した元赤軍派議長で、実刑判決を受けた塩見孝也(しおみ・たかや)氏が14日午後9時53分、心不全のため東京都小平市の病院で死去した。76歳。広島県出身。葬儀・告別式は未定。
カテゴリー:

もっと見る

「心不全」の画像

もっと見る

「心不全」の動画

Wikipedia

心不全(しんふぜん、heart failure)は、心臓の血液拍出が不十分であり、全身が必要とするだけの循環量を保てない病態を指す。

総論

心不全の症状は、主に鬱血によるものである(鬱血性心不全)。左心と右心のどちらに異常があるかによって、体循環系と肺循環系のどちらに鬱血が出現するかが変わり、これによって症状も変化する。このことから、右心不全と左心不全の区別は重要であるが、進行すると両心不全となることも多い。

また、治療内容の決定に当たっては、急性心不全と慢性心不全の区別も重要である。急性心不全に当てはまるのは例えば心筋梗塞に伴う心不全であり、慢性心不全に当てはまるのは例えば心筋症や弁膜症に伴う心不全である。 念のため付け加えると、急性心不全が終末期状態としての心不全を指しているわけではない(急性心不全は治療により完全に回復する可能性がある)。 、心臓の収縮機能は正常であるが拡張期機能が低下した心不全(HF-PEF)が、病態や治療方法の確立が急がれている。

病態 左心不全と右心不全

症状を来たす原因が、主に左心室の機能不全によるものなのか、右心室の機能不全によるものなのかによって、心不全を大きく2つに分類する方法である。厳密に区別することができない場合も多いが、病態把握や治療方針決定に有用であるため、頻繁に使用される概念であるので後述する。

左心不全

左心不全(さしんふぜん、left heart failure)は、左心系の機能不全にともなう一連の病...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる