「心不全」とは?

関連ニュース

傑作ドラマ「アンナチュラル」面白い、面白すぎる1話を解剖してみる - 01月19日(金)11:00 

石原さとみ主演、野木亜紀子脚本の金曜ドラマ『アンナチュラル』。不自然死究明研究所、通称UDIラボを舞台に、死因究明のスペシャリストたちが活躍する新感覚の法医学ミステリー。先週放送された第1話は放送開始直後からツイッターには「面白い!」「めっちゃ面白い!」「面白すぎる!」という声が相次ぎ、終わる頃には「傑作!」「天才!」「シーズン2希望!」などの声が溢れかえった。視聴率は12.6%、上々の滑り出しだ。なんといっても脚本がいいまず、なんといっても野木の脚本が良い。架空の組織であるUDIラボの説明と登場人物たちのキャラクターを異常に手際良く明かしていくオープニングから(出勤ボードの使い方!)、文字通りストーリーが二転三転し続けて視聴者は振り回されっぱなし。しかも、ご都合主義っぽい部分や無理やりな部分が見当たらない。何度も「おおっ、こうくるか!」「えーっ、ああ、そうかー!」と思わされて、ラストは「参りました!」という感じだった。法医解剖医・三澄ミコト(石原)が勤務するUDIラボに持ち込まれたのは、突然死したサラリーマン・高野島渡(野村修一)の遺体。彼の両親が「虚血性心疾患(心不全)」という渡の死因に納得がいかず、UDIラボに究明を依頼したのだ。ミコト、臨床検査技師の東海林夕子(市川実日子)、バイトの記録員・久部六郎(窪田正孝)の3人からなる三澄班が遺体の解剖に取り組むが、心臓には何の異常も...more
カテゴリー:

【書評】なぜ救急車を呼ぶと、「痛くない死に方」ができないのか - 01月18日(木)21:01 

ほぼ日刊で書評や映画評を届けてくれる無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんですが、今回取り上げた書籍は、メルマガ『長尾和宏の「痛くない死に方」』の発行者で2,000人以上を看取った医師にして日本尊厳死協会副理事でもある長尾和宏氏の著書。誰しも逃れられない「死」について綴られた衝撃作です。 『痛くない死に方』 長尾和宏・著 ブックマン社 すごい本である。体裁が。真っ赤なカバーに『痛くない死に方』の黒文字。医師・長尾和宏が書いている。4年前にも『「平穏死」10の条件』というベストセラーがある。在宅看取り、平穏死という言葉を知る人は増えたが、医療者(医療業務に従事する者)の空気はあまり変わっていないと感じているという。 著者による定義。 日本語の尊厳死=自然死=平穏死(不治かつ末期の状態において、本人が望んだ場合、不要な延命治療をせずに、自然な最期を迎えること) 日本語の尊厳死=欧米では当たり前のことなので該当する言葉はない 日本語の安楽死=英語の「尊厳ある」死 欧米の安楽死=日本では殺人罪 著者は欧米の安楽死には賛同しない。尊厳死・平穏死と比べて自然な死とは言い難いからだ。日本においては必要性を感じていない。なぜなら、日本は緩和ケアの技術に優れ、在宅医療制度も整備された世界で唯一の国だからである。上手に緩和ケアの恩恵に浴せれば、寿命を全うし...more
カテゴリー:

俳優の灰地順さん死去 - 01月16日(火)11:47 

 灰地 順さん(はいち・じゅん、本名黒田昌司=くろだ・しょうじ=俳優)12日午前7時23分、うっ血性心不全のため死去、91歳。広島県出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻和子(かずこ)さん。 映画「ドグラ・マグラ」「太陽」や多くのテレビドラマに出演した。 【時事通信社】
カテゴリー:

深水三章さん送る会に船越英一郎、布施博ら300人 - 01月15日(月)20:14 

 映画「楢山節考」「うなぎ」など今村昌平監督の作品に出演し、昨年12月に虚血性心不全のため70歳で亡くなった俳優深水三章(しんすい・さんしょう)さん(本名・深水三章=ふかみ・みつあき)を送る会が、15日、東京・京王プラザホテルで行われ、…
カテゴリー:

石原さとみ主演『アンナチュラル』初回視聴率は12.7% - 01月15日(月)09:34 

 女優・石原さとみが主演するTBS系連続ドラマ『アンナチュラル』(毎週金曜 後10:00)の第一話が12日に放送され、初回視聴率が12.7%だったことがわかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 【写真】窪田正孝、市川実日子らが登壇した制作発表の模様  同ドラマは主人公・三澄ミコト(石原)ら死因究明のスペシャリストが集う『不自然死究明研究所(UDIラボ)』で働く人々の人間ドラマと、そこに運び込まれた遺体の謎を解く1話完結ミステリー。『逃げるは恥だが役に立つ』(同局系)も手掛けた人気脚本家・野木亜紀子氏によるオリジナル作品となる。  第1話ではある日、一人暮らしで突然死した息子・高野島渡の死因を調べてほしいと中年夫婦がUDIにやってくる。警察医の見立ては「虚血性心疾患」(心不全)だったが、健康で若い高野島が心不全という死因は、素人目にも、あまりにも不自然。なにか、ほかの原因があるのではないかと疑うものの警察は聞き入れてくれなかったという。  ミコトたちは、さっそく、解剖に取り掛かると心臓にはなんの異状もなく、代わりに、急性腎不全の症状が見つかる。ミコトたちは、薬毒物死を疑い、詳細な検査にかけるが、死因となった毒物が何かがどうしても特定できない。そんな折、高野島と一緒に仕事をしていた若い女性同僚が、高野島が亡くなった翌日に、原因不明の突然死を遂げていたことが判明するというあら...more
カテゴリー:

【訃報】徳重博之氏(元日本製鋼所専務) - 01月19日(金)05:00 

徳重博之氏(とくしげ・ひろゆき=元日本製鋼所専務)17日、急性心不全のため死去、87歳。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男、啓司(けいじ)氏。
カテゴリー:

俳優・灰地順さん死去 91歳 - 01月16日(火)13:16 

 俳優の灰地順(はいち・じゅん、本名:黒田昌司 くろだ・しょうじ)さんが12日午前7時23分、うっ血性心不全のため亡くなった。91歳。  灰地さんは広島県出身。映画『ドクラ・マグラ』『太陽』など多くの作品に出演した。 【関連記事】 俳優の井之上隆志さん死去 56歳 『ドクターX』『相棒』などに出演 俳優・泉政行さんが死去 35歳 『仮面ライダー555』『科捜研の女』など出演 胃がん公表から1年・・・黒木奈々アナ死去 32歳 (15年09月19日) 漫画家・つかじ俊さん、がんで死去 27歳 BABYMETAL“神バンド”ギタリスト・藤岡幹大さん36歳で急死 天体観測中に落下 (18年01月09日)
カテゴリー:

【訃報】俳優の灰地順さん死去 - 01月16日(火)11:45  mnewsplus

1/16(火) 11:44配信 時事通信  灰地 順さん(はいち・じゅん、本名黒田昌司=くろだ・しょうじ=俳優)12日午前7時23分、うっ血性心不全のため死去、91歳。  広島県出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻和子(かずこ)さん。  映画「ドグラ・マグラ」「太陽」や多くのテレビドラマに出演した。  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000046-jij-soci ...
»続きを読む
カテゴリー:

続々始まる冬ドラマ!「アンナチュラル」が1位発進! 【視聴熱】1/8-14ウィークリーランキング - 01月15日(月)18:50 

webサイト「ザテレビジョン」では、1月15日に「視聴熱(※)」ウィークリーランキング(対象期間=1月8日~14日)を発表した。 【写真を見る】1位はYOSHIKIが出演したあの番組。1月8日~14日“視聴熱”ウィークリーランキング バラエティー部門 ■ 人物ランキング 嵐が5大ドームツアーを完走! 1位 嵐/2位 東方神起/3位 チャンミン 嵐…1月14日、5大ドームツアー「ARASHI LIVE TOUR 2017-2018『untitled』」の京セラドーム大阪公演が行われ、これで全公演が終了した。また同日は、「ニノさん」(毎週日曜昼0:45-1:15ほか、日本テレビほか)がオンエア。「復活劇場~ニノさんとナニモノさん~」と題し、昔は超有名人だった人が登場した。さらに、櫻井翔が池上彰とタッグを組む特番の第3弾「櫻井翔×池上彰 教科書で学べないニッポンの想定外」(日本テレビ系)が、2月6日(火)夜7時より放送されることが決定した。 ■ ドラマランキング 「アンナチュラル」が1位発進! 1位 アンナチュラル/2位 西郷どん/3位 99.9-刑事専門弁護士- SEASON II アンナチュラル…石原さとみ主演の連続ドラマが、1月12日に放送開始。アンナチュラル・デス(不自然な死)の死因を究明する法医解剖医を描く。第1話は、心不全で亡くなった男性の親から依頼を受け、男性の恋人が劇薬毒...more
カテゴリー:

【ドラマ】『アンナチュラル』脚本に主題歌、演出…全てが「鳥肌モノ」と絶賛の嵐 - 01月13日(土)21:12  mnewsplus

2018/01/13 15:00 『アンナチュラル』脚本に主題歌、演出…全てが「鳥肌モノ」と絶賛の嵐 脚本家は『逃げ恥』の野木亜希子氏、石原さとみ主演で放送前から注目を集めていた本作。初回放送に賞賛の声が殺到 女優の石原さとみが主演を務め、大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』や『重版出来!』などの脚本を手掛けた野木亜希子氏が脚本を担当するなど、放送前から注目を集めていたTBS系火曜ドラマ『アンナチュラル』 12日に待望の初回放送を迎えると、インターネット上には本作を絶賛する声が溢れている。 ■死と向き合い、未...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「心不全」の画像

もっと見る

「心不全」の動画

Wikipedia

心不全(しんふぜん、heart failure)は、心臓の血液拍出が不十分であり、全身が必要とするだけの循環量を保てない病態を指す。

総論

心不全の症状は、主に鬱血によるものである(鬱血性心不全)。左心と右心のどちらに異常があるかによって、体循環系と肺循環系のどちらに鬱血が出現するかが変わり、これによって症状も変化する。このことから、右心不全と左心不全の区別は重要であるが、進行すると両心不全となることも多い。

また、治療内容の決定に当たっては、急性心不全と慢性心不全の区別も重要である。急性心不全に当てはまるのは例えば心筋梗塞に伴う心不全であり、慢性心不全に当てはまるのは例えば心筋症や弁膜症に伴う心不全である。 念のため付け加えると、急性心不全が終末期状態としての心不全を指しているわけではない(急性心不全は治療により完全に回復する可能性がある)。 、心臓の収縮機能は正常であるが拡張期機能が低下した心不全(HF-PEF)が、病態や治療方法の確立が急がれている。

病態 左心不全と右心不全

症状を来たす原因が、主に左心室の機能不全によるものなのか、右心室の機能不全によるものなのかによって、心不全を大きく2つに分類する方法である。厳密に区別することができない場合も多いが、病態把握や治療方針決定に有用であるため、頻繁に使用される概念であるので後述する。

左心不全

左心不全(さしんふぜん、left heart failure)は、左心系の機能不全にともなう一連の病...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる