「徹底検証」とは?

関連ニュース

筑波大×河合塾、学問について語る「学問本オーサービジット」高校生募集 - 12月12日(火)10:15 

 河合塾が運営する高校生応援Webサイト「みらいぶプラス」と筑波大学人文社会系は、高校生と学問について語り合う「学問本オーサービジット」の2017年度参加希望者を募集している。対象は高校生で3~8名程度のグループを募集。費用は筑波大学が負担する。 「学問本オーサービジット」は、筑波大学人文社会系の教員が執筆したさまざまな学問の本について、本の著者(オーサー)が、高校の図書室などを訪問(ビジット)して高校生と学問について語り合う企画。出前授業とは異なり、事前に読了した本を通して自由に意見を交わすことで、受験などでは出会えない学問のワクワク感を知ってもらうことが目的。 2017年度の対象書籍と著者は、人文系では青木三郎氏「ことばのエクササイズ」、五十嵐沙千子氏「他者性の時代~モダニズムの彼方へ」、佐藤吉幸氏「脱原発の哲学」など8冊。社会系では近藤康史氏「社会民主主義は生き残れるか:政党組織の条件」、竹中佳彦氏「徹底検証 日本の右傾化」、土井隆義氏「つながりを煽られる子どもたち―ネット依存といじめ問題を考える」など8冊。本と講師の一覧は、みらいぶプラスのWebサイトで見ることができる。 募集対象は、部活・クラスのメンバーや気の合う仲間同士などの高校生グループ。人数に制限はないが3~8名程度が適しているという。実施期間は、2017年11月下旬から2018年2月の間で、具体的な日時は著者と応...more
カテゴリー:

【産経/阿比留瑠比】朝日新聞の抗議、いつか見た光景 3年前の「吉田調書」は謝罪・記事取り消し…モリカケは?【また他紙批判】[12/08] - 12月08日(金)10:13  seijinewsplus

2017.12.8 06:00 http://www.sankei.com/premium/news/171208/prm1712080008-n1.html いつか見たような展開だな、それにしても朝日新聞は本当に抗議が好きなのだな、と感じている。朝日が『徹底検証「森友・加計事件」朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』の著者で、文芸評論家の小川栄太郎氏に謝罪や訂正、賠償を求める申入書を送っていた件についてである。 (以降ソースにて) 参考) ★★★産経新聞社政治部編集委員 阿比留瑠比氏デマ敗訴例★★★ ■2017.7.10 産経新聞・阿比留瑠比編集委員に裁判所が名誉毀損で賠償命令 民...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】朝日新聞が足立議員らに送った申入書 封筒の宛名書きに「衆議員」 中学生レベルの字も - 11月30日(木)20:05  news

暴言を吐いた足立康史議員と本を出版した小川榮太郎氏に対して朝日新聞が抗議している件について、申入書に謎の表現があったことが分かった。 足立康史議員が公開した封筒の写真を見てみよう。 足立康史@adachiyasushi 光栄だったのは、あの小川榮太郎さんが議員会館にお越し下さったこと。 短時間でしたが、朝日新聞との最終戦争を戦い抜くために、貴重なご意見を賜りました。 写真は私への申入書の封筒。衆議員には二人で苦笑するしかありませんでした。 そこには「衆議員議員」という意味不明な言葉が書かれている。 よ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ブーメラン】朝日新聞がバッシングへの抗議開始も「まず慰安婦捏造を謝罪しろ」の大合唱 - 11月24日(金)00:57  newsplus

 朝日新聞社は21日、同社の社説記事を「捏造」だとTwitter上でつぶやいた日本維新の会・足立康史衆議院議員(52)に抗議して、発言を撤回するよう求める申入書を発表した。 「朝日新聞が沈黙を破り、今週から一挙に反撃を始めたようです」と説明するのはある新聞記者だ。 「同社は同21日に、『徹底検証『森友・加計事件』 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』の著者・小川榮太郎氏(50)にも名誉・信用を傷つけられたと、謝罪と該当部分の訂正、損害賠償を求めています。 他にも同日に『月刊正論』(産經新聞社)12月号の高山正...
»続きを読む
カテゴリー:

朝日新聞記者「憲法が公布され女性参政権につながったこの日、私は男子トイレに入り便器を磨いた」の謎が判明 - 11月22日(水)08:05  seijinewsplus

http://ksl-live.com/blog12250 朝日新聞の連載「〇〇をたどって」がヤバい事になっている。書き出しから唐突で意味が不明だ。 11月3日。71年前に日本国憲法が公布され、女性参政権の実現につながったこの日、私は初めて男子トイレに入り、便器を磨いた。 出典:(「教育再生」をたどって:1)先生はトイレ掃除で「便教会」:朝日新聞デジタル 20日からの新連載「教育再生をたどって」の初回は、素手でトイレを掃除する「便教会」に関する記事であったが、何をどう取材すればこんな書き出しになるのだろうか? 実は...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】元NMB48須藤凜々花、水着MV裏話を赤裸々告白「言っていいの?」 - 12月12日(火)05:03  mnewsplus

【須藤凜々花/モデルプレス=12月12日】元NMB48の須藤凜々花が11日に放送されたバラエティ番組「名医のTHE太鼓判!」(TBS、毎週月曜よる7時より)に出演。胸の悩みを打ち明けた。 ◆須藤凜々花「パット2枚入れてて…」赤裸々告白 同番組は、芸能人の私生活に密着し、日々の生活習慣や「体に良い」と信じてやっている健康法を最強医師団が「太鼓判」もしくは「ダメ」でジャッジする医療ウォッチングバラエティ。今回は「ストレスで寿命は縮まるのか余命宣告SP」と題し、“ストレス芸能人”たちを密着・徹底検証した。 母と弟の3人で暮...
»続きを読む
カテゴリー:

【無茶言うな】 小川栄太郎、朝日新聞の申し入れに「恥を知って下さい」という趣旨の反論文を送付 - 12月07日(木)00:25  news

小川栄太郎氏が朝日新聞の申し入れに反論 森友・加計問題報道 「朝日新聞よ、恥を知りなさい」 文芸評論家の小川栄太郎氏は6日、10月に出版した自著 「徹底検証『森友・加計事件』朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」(飛鳥新社) をめぐり、朝日新聞社から受けていた謝罪や訂正、賠償を求める申入書への回答書を発送し、 自身が代表理事を務める「日本平和学研究所」のホームページで公表した。 小川氏は朝日に対し「抽象的な苦情の羅列に過ぎない」などと反論した。全文は以下の通り。 朝日新聞よ、新聞社として恥...
»続きを読む
カテゴリー:

【朝日新聞】文芸評論家の小川栄太郎氏に「謝罪と賠償求める」 - 11月26日(日)10:10  newsplus

 文芸評論家の小川栄太郎氏は21日、10月に出版した自著「徹底検証『森友・加計事件』朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」(飛鳥新社)をめぐり、朝日新聞社から同日付で抗議を受けたことを明らかにした。 同書の一部内容について、朝日新聞は小川氏と同書発行元の飛鳥新社宛ての申入書の中で「事実に反する」と指摘したうえで、謝罪や賠償を求めている。  同書の中で小川氏は、「総理のご意向」などと書かれた文部科学省の文書があることを報じた朝日新聞社の報道について、「『総理の意向』でないことが分かってしまう部分を...
»続きを読む
カテゴリー:

朝日新聞がバッシングへの抗議開始も「まず慰安婦捏造を謝罪しろ」の大合唱 - 11月23日(木)21:27  liveplus

 朝日新聞社は21日、同社の社説記事を「捏造」だとTwitter上でつぶやいた日本維新の会・足立康史衆議院議員(52)に抗議して、発言を撤回するよう求める申入書を発表した。「朝日新聞が沈黙を破り、今週から一挙に反撃を始めたようです」と説明するのはある新聞記者だ。 「同社は同21日に、『徹底検証『森友・加計事件』 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』の著者・小川榮太郎氏(50)にも名誉・信用を傷つけられたと、謝罪と該当部分の訂正、損害賠償を求めています。他にも同日に『月刊正論』(産經新聞社)12月号の高山正之氏...
»続きを読む
カテゴリー:

「徹底検証『森友・加計事件』」巡る朝日新聞からの抗議に、小川榮太郎氏「反論を書くのが楽しみ」 - 11月21日(火)22:08  seijinewsplus

http://www.buzznews.jp/?p=2113024 朝日新聞が11月21日、「徹底検証『森友・加計事件』朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」著者の小川榮太郎氏及び出版元の飛鳥新社に対し「厳重に抗議するとともに、謝罪や訂正を求める申入書を送った」と発表しています。 朝日新聞ではこのように述べ、小川氏と飛鳥新社に対し2週間以内の回答を求めるとしてWebサイト上で「申入書」を公開しています。 朝日新聞「本社は申入書で、入手した文書について「『総理の意向』でないことが分かってしまう部分を全て隠蔽」した事実はないと反論。「NHK...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「徹底検証」の画像

もっと見る

「徹底検証」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる