「徳田章」とは?

「徳田章」の画像

もっと見る

「徳田章」の動画

Wikipedia

徳田 章(とくだ あきら、1952年2月24日 - )は、NHKの元エグゼクティブアナウンサー(現在は定年延長を利用して嘱託)。

人物

神奈川県立茅ヶ崎北陵高等学校を経て日本大学卒業後、1975年入局。

東京ではバラエティ番組を中心に様々なジャンルの番組を担当。2007年以降はNHKのど自慢の司会者として全国を回り、番組を仕切るだけではなく放送後に制作担当局が実施した「ふれあいミーティング」で、職員の1人として参加し、視聴者からの意見に耳を傾けてきたが、定年が近くなったこともあり2009年度いっぱいで引退、以後は高齢者シフトでラジオに活動の軸を移しており、2010年4月からはラジオ深夜便のアンカーに就任、宇田川清江元アンカーの担当枠を引き継いだ。

しかし、のど自慢を引き継いだ松本和也が心身のバランスを崩して休養に入ったため、2011年7月10日にわずか1年3か月で代理として司会に復帰。翌日NHK広報が上記理由により松本の後任として正式に司会復帰...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる